転職のコツ

都会に疲れた…地元に帰りたい!Uターン・Jターン転職するか迷ったときの対処法

都会に疲れた…地元に帰りたい!Uターン・Jターン転職するか迷ったときの対処法
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「地元に帰って転職したい…」と悩んでいませんか?

この記事では、Uターン・Jターン転職するか迷ったときの対処法をお伝えします。

「地元に帰りたい…。でも、Uターン転職が成功するか不安。」

Aさん
実は、都会の生活にすっかり疲れてしまって、、、

地元に帰りたいんです。

シュン
なるほど。Uターン転職がしたいというわけですね。
Aさん
はい、、、

でも、本当に地元に帰っていいか悩みますし、そもそも転職を成功させられるか不安なんです。

いったいどうしたらいいのでしょうか?

シュン
まずは、

  • 地元に帰るメリット
  • 地元に帰るデメリット

をよく考えてみることが大切です。

Uターン転職を成功させるためにやっておきたいことも詳しくお話ししますね!

地元に帰りたいなら知っておきたいUターン転職するメリット&デメリット

あなたもAさんのように「地元に帰りたい」と悩んでいるのではないでしょうか?

一度は都会に出たものの、

  • 都会の生活や仕事に疲れ果てた
  • このまま都会で暮らすことに疑問を感じた
  • 地元の良さが分かってきた

このような理由で、UターンもしくはJターンを考える方は多いはずです。

Uターンとは:地方から都市部へ移住した者が再び地方の生まれ故郷に戻る現象。人の流れを地図上に見立ててアルファベットのUの字を描くような移動のためにこう呼ばれる。

Jターンとは:出身地とは別の地方に移り住む、特に都市部から田舎に移り住むことを指す。

しかし、地元に帰るということは、非常に大きな決断です。悩むのも当然ですよね。

そこで大切になるのが、メリット・デメリット両面を考えて転職を進めることです。

ここからは、地元に帰る良い面・悪い面をお伝えするので、チェックしていきましょう。

地元へ転職するメリット1:都市部よりも生活コストがかからない

Uターン転職をする大きなメリットのひとつは、都会に比べると生活コストがかからないということではないでしょうか。

基本的には、地元より都会のほうがお金がかかります。

ランチ代ひとつをとっても、地元のほうが安いお店が多いのではないでしょうか。

 

なかでも家賃に関しては、東京や大阪などの都会と地方を比較するとかなりの差があることがわかります。

例として、東京都と岩手県でもっとも賃貸の人気が高いエリアの平均家賃を比較してみると、

  • 岩手県盛岡市 1DK 5.55万円
  • 東京都新宿区 1DK 12.98万円

出典:HOME’Sより https://www.homes.co.jp/chintai/iwate/price/

このように倍以上の差があります。

同じ家賃を払っても、地方に住めばワンランク上の生活ができる可能性があるんですね。

生活コストが下がれば、稼いだお金は趣味やプライベートに回しやすくなります。精神的な余裕も生まれるはずです。

地元へ転職するメリット2:Uターンは様々なサポートを受けられる可能性がある

ここ数年、田舎への移住に注目が集まっていることをご存知の方は多いと思います。

過疎化が進む地域では、若者を呼び込むために様々なUターンサポートを展開しています。

自治体によっては、移住フェアを開催していたり、

  • 移住体験
  • 転入の奨励金
  • 家賃助成

など、様々なサポートを展開しています。

こうしたサポートを利用できるチャンスがあるのも、地元に帰るメリットではないでしょうか。

「地元に帰ることで、地元の人に喜ばれる」という側面があることも知っておきましょうね。

地元へ転職するメリット3:通勤ラッシュのストレスがない

都会で働く上で非常に大きなストレスとなるのが、通勤ラッシュ・帰宅ラッシュですよね。

満員の通勤電車に、もみくちゃの帰宅ラッシュ。。。こんな生活にうんざりしている方は多いはずです。

地元に帰れば、都市部のような異常な通勤ラッシュ・帰宅ラッシュはないでしょうから、ストレスが相当減るはずです。

地元へ転職するメリット4:親や地元の友達の側で暮らせる

  • 親の近くに暮らせる
  • 地元の友人と頻繁に会えるようになる
  • 濃い人間関係がつくりやすくなる

ということも、地元にUターン転職する大きなメリットではないでしょうか。

 

なんだかんだで、血のつながった親、昔から仲の良い友人は大切な存在ですし、地元の人間関係は強固です。

そんな人達と、正月やお盆くらいしか顔を合わせられないのは、よく考えれば非常に寂しいことですよね。

 

親はいつまでも元気とは限りませんし、いくら地元の友人でも顔を合わせる機会が減れば疎遠になるものです。

地元に帰ることで、人間関係が充実したり幸福度も増すかもしれません。

地元へ転職するメリット5:精神的にゆとりを持って暮らせる・地元の良いところに気づける

十代のころは「地元を出て都会に行きたい」という気持ちが強かったとしても、都会で暮らすうちに、

  • 離れてみて地元の良さに気づいた
  • 地元に帰りたくなった
  • ゆったり生活がしたくなった

このように思う人は多いのではないでしょうか。

都会の目まぐるしい生活に疲れていると、地元のほのぼのした雰囲気に癒やされますよね。

精神的なゆとりを持って暮らせるのも、地元へUターン転職する大きなメリットではないでしょうか。

地元へ転職するデメリット1:年収ダウンの可能性が高い

地元へUターン転職するデメリットのひとつは、年収が下がる可能性が高いということです。

以下のデータは、例として関東全体の平均年収額と、北海道・東北全体の平均年収額を比較してみたものです。

  • 関東全体の平均年収 440万円
  • 北海道・東北全体の平均年収 377万円

出典:DODAより一部抜粋して掲載

このように、首都圏と地方を比べると60万円以上の差が生まれています。

同じような仕事に転職するにしても、地元へ帰ると年収がダウンする可能性が高いことは頭に入れておくべきですね。

地元へ転職するデメリット2:希望の仕事に転職できないかもしれない

もうひとつ気になるデメリットは、地元にUターン転職をすると、

  • 希望する仕事に転職できないかもしれない
  • 転職先が限定されるかもしれない

ということです。

予想はつくと思いますが、都市部と比べて地元は求人数自体が少ない傾向にあります。

求人サイト「リクナビNEXT」で、エリア別の求人掲載数を見てみても、

  • 関東 6051件
  • 関西 2618件
  • 北海道 757件
  • 東北 918件
  • 北信越 1161件
  • 東海 2276件
  • 中国・四国 1124
  • 九州・沖縄 1452件

(2018年7月11日時点)
出典:リクナビNEXT

このように、首都圏とは大きな差があることが分かります。

求人数が少ないということは、当然希望に見合う仕事も少ないということですから、このあたりは覚悟しておいたほうが良いですね。

地元へ転職するデメリット3:一度Uターンしたら再び都会に出るのは難しい

それほど頻繁にあるケースではありませんが、1度Uターン転職をしたあとに、再び都会に転職するのは難しいということは押さえておきましょう。

地元に帰りたいと思ってUターンしたものの、

やっぱり都会の生活が自分には合っているかも、、、

このように思い直し再び都市部に転職を考える、ということも無きにしもあらずです。

しかし、Uターン転職後にもう一度都市部に出るとなると、

  • 転職理由に困る
  • 転職回数が無駄に増える
  • まとまったお金がかかる

など非常にマイナスです。後悔のないように転職と向き合うことが大切です。

地元に帰りたい!Uターン転職をしたいと思ったら必ずやっておきたいこと

さてここまで、地元に帰ってUターン転職をする良い面・悪い面を見てきました。

様々なメリットがあるUターン転職ですが、

  • 給料が下がるかもしれない
  • 仕事が少ない
  • 再び都会に出るのは難しい

こうしたデメリットを考えると不安だと思います。

そこで必ずやっておきたいのが、「きちんと情報収集をして転職の見通しを立てておく」ということです。

 

仕事を辞めて地元に帰ってしまってから、「転職先がない」「給料が激減して逆にきつい」「やっぱり都会がよかった」と後悔しても、時すでに遅しです。こうなる原因は、事前の情報収集不足にあります。

きちんと情報を集めて、ある程度見通しを立ててから、都会生活に別れを告げましょう。

 

地元の友達に連絡して働き口がないか探ってみたり、まとまった休みが取れるなら実家に数日帰省して、地元のハローワークに行ってみるのも良いでしょう。

また、全国に拠点を持つエージェントサービスに登録しておくのもおすすめです。

 

リクルートが運営している「リクルートエージェント」は、業界最大手の転職サービスだけあって、幅広いエリアで転職サポートをしてくれます。

リクルートキャリア・リクルートエージェント

エージェント系のサービスを活用すれば、

  • 給料の維持
  • 希望する仕事探し
  • 条件交渉

などで有利になりやすいので、登録しておいて損はありません。情報収集が捗ります。

⇒リクルートエージェント公式サイト

 

シュン

いかがでしたか?地元へのUターン転職を成功させるために考えたいことをお伝えしました。

地元には、都会にはない魅力があります。

Uターン転職をするなら、メリットとデメリットをよく考えて、きちんと情報収集をしておきましょうね。

情報収集には、リクルートエージェントなどのエージェントサービスを積極的に活用しましょう。