転職の仕方

正直もう辞めたい…職場に居づらいときの対処法3ステップ。

正直もう辞めたい…職場に居づらいときの対処法3ステップ。の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「職場に居づらくて辞めたい…」
どうしたらいいのか悩みますよね。

この記事では、
「職場に居づらいときの対処法」
についてお伝えしますね。

『職場に居づらい、もう辞めたい…』でも踏み出せないのがストレス

  • 『新人よりも仕事ができなくて、職場に居づらい…』
  • 『大きなミスをしてしまって、会社にいるのが辛い…』
  • 『職場恋愛、人間関係のトラブルで居づらい…』

こんなふうに、職場に居づらい!と悩んでいませんか?

毎日、落ち着かない職場で仕事を続けるのはストレスですよね。

 

しかし、「辞めたい…」と思っても、

こんなことで辞めたらくやしいし、逃げに思われるかも…

そもそも、会社を辞めるのは不安だ…

と、ジレンマに陥ると思います。

 

日々いろいろな方の転職の悩みと向き合っていますが、「辞めたいけどそうもいかない…どっち付かずでストレス」という人は本当に多いと感じます。

 

ここからは、どう対処したらいいのか?、次の3つのポイントに分けてお話ししようと思います。

  • 現職で解決策があるのか冷静に考える
  • 職場に居づらいから辞めるのはNG!目的を持つ
  • 前向きに考えるために転職活動してみる

なにかひとつでも参考になれば嬉しいです!

今の環境で職場に居づらい悩みは解決できる?冷静に対処法を考えよう

今の環境で職場に居づらい悩みは解決できる?冷静に対処法を考えよう

「逃げの転職をしても良い結果にならない」

こんな話を聞いたことはありませんか?

職場に居づらいから辞めるのは逃げになるかも…と不安に思う人は多いのではないでしょうか。

 

たしかに、

  • 嫌なことがあったから辞める
  • 不満の解決だけを理由に転職する

この場合、転職先でも似たようなことに悩まされるケースが多いです。

 

しかし、まず考えるべきことは、「職場に居づらい理由を、この先自力で解決できるのか?(または解決するモチベーションが保てるのか)」ということです。

 

例えば、大きなミスをして職場に居づらくなった場合、

  • それを取り返せるチャンスがあるか
  • 周りの理解度はあるのか
  • 自分のモチベーションはどうか

など、解決できる可能性を考えてみることが大切です。

なぜかというと、自力で解決できない理由に悩むのは、ハッキリ言えば時間の無駄だからです。

 

人間関係が原因で職場に居づらくなった場合も、「良い関係に修復する余地はあるか?」など、今後の可能性を考えてみてください。

「相手が異動したり、辞めるのを待つしかない」など、運任せではなく、自分で解決できることがポイントです。

 

その結果、

  • 自力解決が可能
  • 解決までにきちんとモチベーションを保てる

と判断するなら、現職を続けたほうがあなたのためです。

 

しかし、自分の力では解決できないのであれば、新しい環境でがんばったほうがプラスになる場合もあります。

以下は、リクナビが調査した「退職理由の本音」の一部ですが、

  1. 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%
  2. 労働時間・環境が不満だった 14%
  3. 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%
  4. 給与が低かった 12%
  5. 仕事内容が面白くなかった 9%
  6. 社長がワンマンだった 7%
  7. 社風が合わなかった 6%
  8. 会社の経営方針・経営状況が変化した 6%
  9. キャリアアップしたかった 6%
  10. 昇進・評価が不満だった 4%

引用データ:「退職理由のホンネランキング」リクナビネクストより一部抜粋

このように、転職する人の大半は、人間関係や職場に対する不満が原因で会社を辞めているという現実があります。

つまり、不満を自己解決できなかったり、モチベーションを保てないのは珍しいことではありません。

 

不満がキッカケで転職をしても、成功する人はしますし、新しいチャンスを掴んでいる人もいます。

 

ですから、「職場に居づらいから辞める=逃げ、よくないこと」とは思わずに、まずは不満を解決できるかどうかを基準に転職を考えてみると良いですよ。

職場に居づらいから辞めるという転職理由はNG。自分なりの目的を持とう

職場に居づらいから辞めるという転職理由はNG。自分なりの目的を持とう

転職を考えるなら、転職に対して明確で前向きな目的を持つことが大切です。

「職場に居づらいから、新しい職場に移りたい」というのが本音だったとしても、

  • 転職することで何を変えたいか
  • 転職して何を叶えたいか

を考えてみてください。

そうすれば、「不満を解決するためだけの転職⇒目的のある前向きな転職」にすることができます。

 

一度、これまでの自分の仕事内容やキャリアと向き合って、転職理由を組み立ててみると良いですね。

例えば、以下のような流れになると、目的がある前向きな思いを伝えることができます。

  1. 自分はこんなふうに仕事がしたい
  2. しかし、前職(現職)ではそれが実現しなかった
  3. だから、御社に転職してそれを実現したい
  4. これまで培った経験やスキルを活かして貢献したい

転職の「目的」や「自分ができること」を明確にして、転職理由を練ってみましょう。

 

これを今のうちにやっておけば、転職活動の「軸」が見えてきますし、転職に対して前向きになれます。

 

仕事を辞めるきっかけは、「職場に居づらい」という不満でも、それを前向きに考えることで、転職成功は叶えられます。

まずは、自分の仕事やキャリアときちんと向き合ってみることが大切です。

前向きになるには在職しながら下調べ(転職活動)するのがおすすめ

前向きになるには在職しながら下調べの転職活動するのがおすすめ

冒頭でもお話ししたように、

会社に居づらい…

でも、辞めるのも踏み出せない…

というジレンマに陥っている人は多いと思います。

 

そんなときこそ、転職活動をしてみるのがおすすめです。

転職活動と言っても、「転職するかどうかを決める下調べ」がメイン。

在職中に行うのがポイントです。

 

実は、

  • どんな企業に転職できそうか?
  • 給料はどのくらい確保できるか?
  • 自分の経験やスキルに合う仕事はあるか?

などは、ある程度が下調べで予測できます。

 

下調べの結果、自分が納得できる形で転職できそうなら、転職したほうが良いですよね。

居づらい職場で辛い思いをしているよりも、何倍もプラスです。

 

転職に踏み出せないのは、「転職後にどうなるか分からない」という不安があるです。

ですからまずは、下調べをして、転職後の見通しを立ててみると良いですよ。

きちんと下調べをするにはエージェントサービスを使うのがおすすめ

でも、下調べをするにはどうしたらいいんだろう!?

と悩む人もいますよね。

 

求人サイトを見たりハローワークに足を運んだり、会社HPをチェックしたり…と、やれることはたくさんありますが、きちんと下調べをして予測を立てるには、エージェントサービスを活用したほうが確実性が高まります。

 

転職サイトには、キャリアアドバイザーが直接転職サポートをしてくれるエージェントサービスがあります。

  • 希望やスキルに合う求人を探して紹介してくれる
  • 企業の情報を細かく教えてくれる
  • キャリアプランのカウンセリングをしてくれる

など、転職の下調べに最適な情報を得ることができるので、これを活用しない手はありません。

 

エージェントサービスは、「転職する準備が整ってから使うもの」と思っている人は多いですが、下調べの段階から活用したほうが、転職後の予測が立ちやすくおすすめです。

うまく活用して、賢く転職活動をスタートさせてください。

 

ちなみに、20代の方におすすめできるエージェントは、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sです。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、20代にマッチする求人が多く、とても丁寧なサポートが最大の魅力です。

今後のキャリアや転職の悩みも相談しやすく、20代ならここは外せません。

また、マイナビジョブ20’sだけの求人が充実しているのもおすすめポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト




そして30代以上の方に登録していただきたいのが、『JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)』です。

JAC Recruitment

日本で30年以上転職サポートを行っているサービスで、

  • 30代以上のミドルの転職
  • 専門職・マネジメント職
  • 日系・外資系企業への転職

などに強いエージェントです。

JAC Recruitmentを使えば、30代までに培った経験を生かした転職が可能です。

ホームページはハイクラスを押し出していますが、未経験でキャリアアップしたい場合や異業種への転職も丁寧にサポートしてくれます。

30代以上の転職には外せないエージェントですから、必ず登録しておきましょう。もちろん、サービスはすべて無料です。

⇒JAC Recruitment公式サイト

 

 

シュン

いかがでしたか?

「職場に居づらい、辞めたい…」と思いながら仕事を続けるよりも、転職することでプラスになるケースもあります。

まずは、居づらい理由が解決可能かどうかを考え、自分のこれまでのキャリアとよく向き合ってみてください。

そして、

などのエージェントを活用して、下調べを進めてみると良いですよ。