転職の仕方

「職場で馬鹿にされる…」仕事を辞めたくなったら捉え方をチェンジ!

「職場で馬鹿にされる…」仕事を辞めたくなったら捉え方をチェンジ!の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「職場で馬鹿にされる…」これは辛いですよね。

この記事では、仕事を辞めたくなったときの対処法についてお伝えします。

『職場で馬鹿にされて辛い…辞めてしまいたいけど不安』

Aさん
職場で馬鹿にされて苦痛なんです。

たしかに自分は仕事ができるほうではありませんが、、、

自分なりには努力しています…

シュン
なるほど、それは辛いですね。
Aさん
仕事だけじゃなく、プライベートについても小馬鹿にされるので、本当にストレスです。

このまま続くようなら、いっそ辞めてしまいたいんですが、、、

やっぱり不安で。

シュン
そうですよね。

なかなか解決は難しいとは思いますが、「相手の言動をどう捉えるか」を考えて直してみると良いかもしれません。

詳しくお話していきますね。

 

職場で馬鹿にされても言い返したり改善を求めるのは難しい

職場で馬鹿にされても言い返したり改善を求めるのは難しい

Aさんのように、「職場で馬鹿にされて仕事を続けるのが辛い、辞めてしまいたい」と悩んでいませんか?

毎日通う職場で、自分の働きぶりやプライベートを馬鹿にされるのは、本当につらいですよね。

  • 「上司や先輩に仕事ができないことを小馬鹿にされてやる気がでない」
  • 「ストレス発散するかのように馬鹿にしてくるので本当に頭にくる」
  • 「職場でも飲み会でも決まって自分がバカにされるのでつらい」

など、ひどい話を聞くこともあります。

しかし、言い返したり改善を求めるのは難しいのが実情ではないでしょうか。

 

とくに、気が弱かったりおとなしいイメージで通っていると、なるべく波風を立てたくないはずです。

 

とはいえ、仕事を辞めたいくらい辛い思いをしているなら、そのまま放置しておいて良いわけがありません。

仕事に支障が出るかもしれないですし、ストレスで精神的に参ってしまうことも…

 

まずは、”言動の捉え方”を変えて、気持ちを切り替える努力をしてみましょう。

自分に対する評価が低いから職場で馬鹿にされると感じる!?

「職場で馬鹿にされる」と感じるのは自分に対する評価が低いから!?

まず最初に知っておいてほしいのが、職場で馬鹿にされるとあなたが感じる背景には、自己評価が低い可能性があることです。

 

「それってどういうこと?」と思うかもしれませんが、

例えば先輩に「頼んだ書類作成、もう少し早く進めてもらえない?」とぶっきらぼうに言われたとします。

それに対して、Aさんは、

Aさん

急いでるんだろうな…

早めに終わらせて提出しよう。

と感じたのに対し、Bさんは、

Bさん

仕事が遅いってことか…

使えないやつって思われてるのかな…

こんなふうに感じたとします。

 

同じことを言われたのに、それぞれ受け取り方に大きな差がありますよね。

自己評価が低いと、自分に向けられた言葉に対して、

  • 自分は責められている」
  • 「馬鹿にされている」

と、マイナスの感情を抱きやすくなってしまいます。

先輩には馬鹿にする意図がなくても、「馬鹿にされている」と思い込んでしまうというわけです。

 

もちろん、明らかに見下すような態度で注意されれば、誰もが「馬鹿にされている」と感じるでしょう。

しかし、相手の言動をどう捉えるかで、自分の気持ちは全く変わってきます。

  • 自分はどうせできないやつだ
  • 周りから馬鹿にされているんだ

という評価を、自分自身で下していないでしょうか?

ぜひ、チェックしてみてください。

職場で言われたことを客観的に受け止めるクセをつける

職場で言われたことを客観的に受け止めるクセをつける
でも、、、どうしても馬鹿にされているように感じてしまうんだけど…

という場合は、職場で言われたことをなるべく客観的に受け止めるように心がけてみてください。

 

客観視できるようになれば、先ほどの先輩の注意も、

  • 急いでるってことだから、早く仕上げて期待に応えよう
  • 先輩も上司に注意されて、焦っているのかもしれない
  • なにか嫌なことがあってぶっきらぼうな言い方になったのかもしれない

など、さまざまな仮説が立てられます。

どれが正解というよりは、「自分が悪い、馬鹿にされている」という思考から抜け出すことが大切です。

客観視するクセをつけるのは、非常におすすめです。

職場で人を馬鹿にする人も自分に自信がない可能性が高い

職場で人を馬鹿にする人も自分に自信がない可能性が高い

もうひとつ押さえておきたいのは、職場で人を馬鹿にするような人は、自分に対しても自信がない場合が多いということです。

 

上下関係や成績、仕事の速さなどを物差しに優越感を得たい人は、裏を返せば、他人を出し抜きたいという気持ちが強い人です。

また、人を馬鹿にして面白がっているのは、それ以外に職場で面白いことがない、仕事にやりがいを感じていない、という表れかもしれません。

 

本当に仕事が出来る人は、周りからの人望が厚いですよね。人を馬鹿にするような態度は見せないはずです。

 

以上を踏まえても、人を馬鹿にする人と同じ思考回路にならないように、そして、自分を守るためにも、なるべく相手にしないことも大切です。

それでも職場で馬鹿にされることが辛くて辞めたいときは?

それでも職場で馬鹿にされることが辛くて辞めたいときは?

そうは言っても、

  • 「やっぱり職場にいるのが辛くて辞めたい…」
  • 「仕事にも支障をきたしていて続けられない…」

という気持ちが強いのであれば、転職を考えるのもひとつの方法です。

 

以下の「転職者を調査した退職理由のデータ」を見てもわかるように、人間関係は、常に転職理由の上位に入るポピュラーなものです。

【退職理由のホンネランキング】

  1. 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった 23%
  2. 労働時間・環境が不満だった 14%
  3. 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった 13%
  4. 給与が低かった 12%
  5. 仕事内容が面白くなかった 9%

引用データ:「退職理由のホンネランキングベスト10」リクナビNEXTより一部抜粋

人間関係で足を引っ張られている、と感じるなら、職場を変えることを視野に入れるのもひとつの方法です。

まずは情報収集!転職できるかどうかを予測して動き出そう

まずは情報収集!転職できるかどうかを予測して動き出そう

しかし、「馬鹿にされて辞めたい!」という感情にまかせて、次が決まらないうちに辞めてしまうのはNGです。

まずは情報収集をして、どんな転職先があるかを冷静に見極めた上で具体的な行動に移したほうが安全です。

 

具体的には、エージェントを使って情報を集めることから始めるのがおすすめです。

【転職エージェントとは!?】

エージェントというのは、キャリアアドバイザーという担当者が、

  • 希望やスキルに見合う求人を紹介
  • 面接や書類選考の対策
  • 企業の詳しい情報提供

など、無料の転職サポートをしてくれるサービスのことです。

エージェントの担当者(キャリアアドバイザー)は、あなたの経験やスキルを見て転職先情報を集めてくれます。

いくつか仕事を紹介してもらうことで、

  • どんな転職先があるか
  • 給料や待遇はどの程度期待できそうか
  • 希望はどれくらい叶いそうか

などはある程度予想することができます。

 

いきなり仕事を辞めてしまうと、「転職先がなかなか見つからず、あり合わせの職場に転職…。給料も待遇も大幅ダウン」ということもあり得ます。

今のうちにきちんと情報収集をして、転職の可能性を探っておくと良いですよ。

情報収集に使うべきおすすめのエージェント3選。

それでは最後に、情報収集におすすめできる転職エージェントをお伝えしておきますね。

 

まず、20代の方におすすめできるのは、大手マイナビが手がけている「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代転職限定(24歳から29歳まで)でサポートしているので、

  • 20代に特化した求人が多く集まっている
  • サポートやノウハウがしっかりしている
  • マイナビだけの求人も多い

など、20代にはプラスのポイントが盛りだくさんです。

キャリアアドバイザーも「20代専任」なので、対応も親切丁寧。転職に不安がある場合でも相談しやすいです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト




そして30代以上の方に登録していただきたいのが、『JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)』です。

JAC Recruitment

日本で30年以上転職サポートを行っているサービスで、

  • 30代以上のミドルの転職
  • 専門職・マネジメント職
  • 日系・外資系企業への転職

などに強いエージェントです。

JAC Recruitmentを使えば、30代までに培った経験を生かした転職が可能です。

ホームページはハイクラスを押し出していますが、未経験でキャリアアップしたい場合や異業種への転職も丁寧にサポートしてくれます。

30代以上の転職には外せないエージェントですから、必ず登録しておきましょう。もちろん、サービスはすべて無料です。

⇒JAC Recruitment公式サイト

 

 

シュン

いかがでしたか?

今回は、職場で馬鹿にされて辛いときの対処法をお話ししてきました。

相手の言動をどう捉えるかをよく考えて、客観的に受け取れるように努力してみてください。

 

また、転職を考えているなら、まずは情報収集をすることが大事です。

お話ししたように、

などのエージェントを上手く活用すると良いですよ。