IT転職

WEBデザイナーを辞めたい…転職するときの注意点まとめ。

WEBデザイナーを辞めたい…転職するときの注意点まとめ。の画像
シュン
アドバイザーのシュンです。

「WEBデザイナーを辞めたい…」と悩んでいませんか?

この記事では、
「転職するときの注意点」
を3つにまとめてお伝えしますね。

仕事は過酷なのに給料は少ない…WEBデザイナーを辞めたい!

Aさん
WEBデザイナーをしているんですが、、、
正直言って、もう辞めたいと思っているんです。
シュン
なるほど…
辞めたい理由って、どんなことですか?
Aさん
仕事は大変なのに給料は低いままで、これじゃあ将来が不安で…
シュン
確かに、WEBデザイナーは過酷な仕事量に対して収入に見合わない、とよく言われますね。

もし転職を進めるなら

  • 早めに行動する
  • プラスαの能力を身につける
  • 未経験職への転職は難しいことを頭に入れておく

この3つを押さえておいたほうが良いです。

詳しくお話ししていきますね。

WEBデザイナーを辞めたいときに考えたい3つのポイント

WEBデザイナーを辞めたいときに考えたい3つのポイント

あなたもAさんのように、「WEBデザイナーを辞めたい…」と悩んでいるのではないでしょうか?

仕事内容や職場環境、人間関係、など、辞めたい理由はそれぞれだとは思いますが、WEBデザイナーはAさんのように「仕事は過酷なわりに給料は安い」と不満を持っている人は多いと思います。

 

以下は、WEB制作関連職種の平均年収を比較したデータなのですが、、、

  • WEBプロデューサー・プランナー 平均年収575万円
  • WEBディレクター 平均年収503万円
  • WEBデザイナー 平均年収312万円
  • WEB制作関連職種全体 平均年収463万円

(参照データ:livedoor newsより一部抜粋

WEBデザイナーは平均を大きく下回っていることが分かりますよね。

年収がすべてではありませんが、先行きが不安になる大きな要素だと思いますし、「長時間労働」「休みが少ない」など、過酷な労働環境だと、今後も続けていけるのかどうか自信がもてなくなって当然ですよね。

 

しかし、これまでWEBデザイナーとして積んだキャリアに見切りをつけて転身するには、しっかり準備をすることが大切です。ここからは、転職を進める前に頭に入れておいたほうが良い3つのポイントをお話ししていくので、参考にしてくださいね。

WEBデザイナーを辞めたいのなら転職は早めに進めたほうが有利

WEBデザイナーを辞めたいのなら転職は早めに進めたほうが有利

WEBデザイナーを辞めて、

  • 全く別の職種を目指したい
  • 違う業界に転身したい

こう考えているなら、少しでも早めに転職活動を開始したほうが有利になる可能性は高いと言えます。

 

なぜかというと、未経験者を採用する企業は、一般的に「若い人材」を欲しがるからなんです。

未経験ということは、入社後の成長も大きな評価基準になるので、「30代の応募者」と「20代の応募者」がいたら、どうしても20代の若さに期待が集まるというわけですね。

 

また、同じWEB関連の仕事に転職しようと考えている場合でも、WEB系の特別なスキルを持っていたり、大きな評価を得ていれば、重宝されるかもしれませんが、そうでない限りは仕事を一から覚え直すイメージの転職になります。

そうなったときも、若ければ若いほうが経験やスキルを積み直しやすいという利点があるので、WEBデザイナーを辞めたいなら早めに転職活動を開始したほうが良いですね。

WEBデザイナーを辞めたいならプラスアルファの能力を身に着けておく

WEBデザイナーを辞めたいならプラスアルファの能力を身に着けておく

すでに感じているとは思いますが、多くのWEBデザイナーの現状は、仕事は過酷な割に給料が少ないという、キャリア的には先行きが怪しい状態です。

これは、ご存知ようにクラウドソーシングが急激に発達するなどで、仕事自体が減ったり単価が減少しているという背景があります。

ですから、WEB関連の仕事に転職を考えている場合も、WEBデザインに限らず、

  • WEB全体の知識を得る勉強をしておく
  • 今後伸びると予想されるプラットフォームを使いこなせるようにしておく

などの努力がプラスに働くはずです。

 

また、未経験職に転職したい場合も、「知識、経験がないので一から頑張りたい」という意気込みだけだと、採用される可能性は低いままなので、

WEBデザイナーとして積んだ経験や知識を未経験職でも活かせないか?

リンクする部分はないか?

と考えてみたり、特定の転職したい分野が決まっているなら、今のうちから知識を得る努力をしておいたほうが良いですね。

WEBデザイナーを辞めて転身するのは難しい。成功させる人はこれまでの経験・スキルをうまくアピールしている

WEBデザイナーを辞めて未経験職への転職は難しいことを頭に入れておく

冒頭でもお話ししたように、これまで積んだWEBデザイナーとしてのキャリアに見切りをつけて転身するのは、決して簡単なことではありません。

しかし、未経験の業種・職種に転職した人の割合を調べたデータを見てみると、

  • 異業種へ転職した人 57%
  • 異職種へ転職した人 34%

参照データ:DODAより一部抜粋

このように、異業種への転職は半数以上、異職種でも3割以上が転職を成功させていることがわかります。

未経験職に転職を成功させる人は、「これまでの経験やスキルを次に活かせることをうまくアピールできている」という共通点があるので、これを意識してWEBデザイナーとしてのキャリアを振り返ってみると良いですね。

WEBデザイナーを辞めて転職するには情報収集が欠かせない!

ここまで、WEBデザイナーを辞めて転職を進める前に頭に入れておいたほうが良い3つのポイントをお話ししてきました。

もしかすると、

言っていることは分かるけど、具体的にどう動き出したら良いのか分からないな…

WEBデザイナー経験を活かせるかどうかも不安…

こんなふうに思ったかもしれません。

 

そんなときは、転職サイトのエージェントサービスを活用して情報収集してみると良いですね。

「転職エージェントは仕事を紹介してもらうサービスでしょ?」と思っている人は多いかもしれませんが、実は、情報収集の段階で使っておいたほうが、今後の転職活動の進め方がはっきりするのでおすすめなんです。

 

エージェントの担当者(キャリアアドバイザー)と話をしておけば、

  • WEBデザイナー経験を活かせる求人が把握できる
  • 転職後の給料や待遇などの目安を知ることができる
  • そもそも転職して良いのかが分かる

こんなふうに、転職活動の見通しが立ちやすくなります。

 

見通しが明るければ、エージェントにそのまま転職活動を進めれば良いですし、希望に合う転職ができそうになければ、対策を相談することもできます。

WEBデザイナーを辞めてしまう前に、最低限これからの見通しは立てておいたほうが安心なので、今のうちに情報収集をしておいたほうが良いですよ。

 

シュン

いかがでしたか?

WEBデザイナーを辞めたいときの転職の注意点を3つに絞ってお話ししてきました。

これまでやってきた仕事を辞めて転身するのは簡単なことではないですが、準備をしっかりすれば良い形で転職ができるはずです。お伝えしたように、在職中に情報収集をきちんとしておくと良いですよ!

 

最後に、WEBデザイナーの転職におすすめできるエージェントサービスをお伝えするので、参考にしてくださいね。

未経験職に転身したいWEBデザイナーにおすすめのエージェントはDODA

WEBデザイナーから未経験職に挑戦したいなら「DODA」を使うと良いですね。

転職エージェントDODA

転職支援の歴史が長いサービスだけあって、経験豊富で親切なキャリアアドバイザーが多く、的確なアドバイスがもらえます。

求人情報も多数紹介してもらえるので仕事探しの幅も広がるのもおすすめの理由です。

DODAに登録しておくと、スカウトサービス(企業からオファーが届くサービス)も利用できるので、転職を考えているならうまく活用しましょう。

公式【DODA】

 

WEB業界に転職したいWEBデザイナーにおすすめのエージェントは「ギークリー」

IT転職専門のぎークリー

ギークリーの強みは、IT求人と転職者を独自マッチング方法で結びつけて求人を探しだしてくれることです。

「なかなか良い求人に出会えない」「自分の経験やスキルを活かせる求人がよくわからない」というケースでも、キャリアアドバイザーが丁寧にカウンセリングをしてくれるので、仕事探しがしやすいはずです。

IT・WEB業界に精通しているキャリアアドバイザーが多いので、豊富な知識から最適なキャリアプランを提示してくれますよ。

ただし、関東エリアに特化しているので、その点だけは注意して活用してくださいね。

公式【ギークリー】