転職の仕方

どっちが正解?転職先を決めてから退職・退職してから転職

どっちが正解?転職先を決めてから退職・退職してから転職の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「転職先を決めてから退職したらいいのか、それとも今すぐ辞めるべきか…」
これは悩みますよね。。。

この記事では、
「転職するときの退職タイミングの考え方」
をお伝えします。

転職の退職タイミングは基本は「転職先を決めてから退職」

転職を決意したときに悩む人が多いのが、

転職先を決めてから退職したらいいかな!?
退職してから転職活動したらいいかな!?

という2つの選択です。

基本的には、在職中に転職活動をしたほうがリスクが少なくおすすめできますが、あなたが置かれている状況によっては、「退職してから転職活動に集中したほうがいい」そんなケースもあります。

 

どちらを選んだ場合も、それぞれにメリット・デメリットはありますから、「転職先を決めてから退職」か「退職してから転職」かを悩んでいるなら、メリットが多い方を選択しましょう

 

ここからは、

  • 退職してから転職活動が向いている人
  • 転職先を決めてから退職したほうが向いている人

それぞれの特徴をまとめた上で、メリットとデメリットをお話していきます。悩んだときに参考にしてくださいね。

 

ただし、ひとつだけ注意したいのは、退職してから転職すると決めた場合は、「退職の意志を会社側に伝えた時点で後戻りはできなくなる」ということです。

後悔だけはしないように、勢いに任せずに慎重に決断しましょうね。

スポンサードリンク

「退職してから転職活動が向いている」のはどんな人!?

「退職してから転職活動が向いている」のはどんな人!?
  • 現職がとにかく忙しくて転職活動時間が捻出できない
  • 応募可能な求人が多くある
  • 経済的に余裕がある
  • 資格などを身に着けたい

これらの条件が当てはまるのなら、退職してから転職活動が向いている人と言えます。

現職がとにかく忙しくて転職活動時間が捻出できない

転職することをすでに固く決意しているのに、肝心の転職活動が全くできない!という状況では、一向に前に進みませんよね。

 

経済的に余裕があるのであれば、退職してから転職活動をしたほうが、片手間に取り組むよりは満足いく転職ができる可能性は高いかもしれません。

ただし、転職活動に割く時間は、工夫次第で作り出すことが可能な場合が多いです。その努力が足りないと思うなら、トライしてからでも遅くはないですよ!

応募可能な求人が多くある

自分が応募可能だと思われる求人や、応募してみたい求人が多数ある場合は、転職活動が長期化する可能性が低いと考えられます。

もちろん、実際に転職活動を開始してみないことには分かりませんが、退職してからでもリスクが低く、落ち着いて転職活動ができるかもしれません。

この見極めは、後でお話しする「転職エージェントを利用する」を参考にしてくださいね。

経済的に余裕がある

退職してからの転職活動で、1番の不安になることが「経済的に苦しくなること」です。

経済的に余裕があるのであれば、退職してからでもじっくり転職活動するのはアリではないでしょうか。

 

しかし、余裕があるからといって、ダラダラ先延ばしにしてしまうと、ブランクが出来てマイナスに繋がります。

スケジュールをしっかり組んで、計画的に行動することが転職活動を成功させる秘訣です。

資格などを身に着けたい

転職に必要な資格やスキルをどうしても身に着けたい!という場合も、この条件に入ります。

身につけたい資格次第なので一概にはいえませんが、その資格は本当にブランクを作ってまで取得する価値があるのかは、しっかり見極めてください。

ブランク明けに求職活動を開始したとき、思っていた状況と違う結果になるのだけは絶対に避けたいところです。

退職してから転職活動をするメリットとは!?

退職してから転職活動をするメリットは、なんといっても転職活動に専念できることです。

  • しっかり転職の準備ができるので良い転職につながりやすい
  • 面接のスケジューリングがしやすい
  • すぐに入社できるのでスピーディーに対応できる

こうしたメリットを最大限に活かして、短期間で効率的に転職成功を目指すのがセオリーです。

スポンサードリンク

「転職先を決めてから退職が向いている」のはどんな人?

「転職先を決めてから退職が向いている」のはどんな人?
  • 現職を続けながらでも転職活動は十分にできそう
  • 転職で希望する条件が厳しめ
  • 経済的に心配
  • 寮や会社の借上げ住宅に住んでいる

これらの条件があるなら、転職先を決めてから退職したほうがリスクは少ないと言えます。

現職を続けながらでも転職活動は十分にできそう

現職を続けながらでも転職活動が出来そうなら、まずは情報収集をはじめてみましょう。

例え少ない時間でも、自分なりにスケジュールを組んで取り組めば、「転職する」という強い目的があれば、転職活動の序盤は十分にこなせるはずです。

実際に在職しながら転職活動をして困るのは、「どうしても面接時間を確保できない」という事態です。

こうなった場合は、退職してから転職活動をすることを視野に入れたり、応募企業に面接時間を調整してもらえないかコンタクトを取ってみましょう。

転職で希望する条件が厳しめ・経済的に心配

転職の希望条件で「これは絶対にゆずれない」というものが多く、ハードルが高めであれば、転職活動はなかなかスムーズにはいかない可能性があります。

退職してしまってからだと、絶対にゆずれないという条件があるのに転職活動が長引かせたくないために当初の条件を妥協せざる得なくなることも。

転職活動の長期化は、経済的にも不安が募るので、在職中に転職活動を行なったほうが遥かにリスクは少ないと言えます。

寮や会社の借上げ住宅に住んでいる

そして、忘れてはいけないのが住まいの問題です。寮や会社の借上げ住宅に住んでいる場合は、退職すると退去しなくてはいけません。

引越しと転職を同時にこなすのは非常に大変です。

精神的にも肉体的にも大きな負担がかかるので、在職中に転職活動を進めていくほうが賢いと言えます。

転職先を決めてから退職するメリットとは?

転職先を決めてから退職するメリットは、なんといっても、安定した収入が確保できることです。

  • 転職活動中に気が変わっても現職に留まれる
  • 収入が安定しているので焦らずに転職活動ができる
  • ブランクを作らずに済むので安心

ただし、安心感が転職活動を長引かせてしまうことにも繋がるので、計画をしっかりたてて期限までに転職活動を終わらせるように動くことが大切です。

スポンサードリンク

転職活動はスケジュールをしっかり組んで計画的に進めよう!

転職活動はスケジュールをしっかり組んで計画的に進めよう!
  • 「転職先を決めてから退職」
  • 「退職してから転職活動」

どちらを選択するにしても、「転職活動のスケジュールをしっかり組んで、計画的に行動する」これが転職成功には欠かせません。

 

転職活動を計画的に進めるには、転職エージェントに登録しておくことも大切です。

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーという担当者があなたの転職をサポートしてくれます。

  • 希望に沿った求人紹介
  • 転職の不安や悩み相談
  • 転職のスケジューリング
  • キャリアプランの相談

などを無料で行なってくれるので、転職先を決めてから退職するか、退職してから転職活動をするか悩んでいるなら、
まずはキャリアアドバイザーに相談してみるのはおすすめです。

 

以下の記事では、相談しやすい転職エージェントをまとめているので、参考にしてください。

情報収集におすすめ!登録しておきたい転職エージェントまとめ。の画像
情報収集におすすめ!登録しておきたい転職エージェントまとめ。 自分にフィットした情報を集めるために転職エージェントを活用しよう! 転職を考えたとき、まずは最初にやっておきたいのが「情報...

 

また、こちらの記事では「転職活動はまず何をしたらいいか?」についてお話しているので、合わせてご覧ください。

はじめての転職。知っておきたい「まずやること」まとめの画像
はじめての転職。知っておきたい「まずやること」まとめ 転職をするときに「まずやること」は何!? 転職失敗を防ぐためにまずやりたいことは「転職理由を明...
スポンサードリンク