転職のコツ

妻子持ちが転職するときは「情報収集」からスタートしよう

妻子持ちが転職するときは「情報収集」からスタートしようの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

妻や子供がいると、転職したくても一歩踏み出すのに勇気がいりますよね。失敗だけはしたくないはずです。

この記事では、
「妻子持ちの転職を進めるコツ」
についてお伝えしますね。

妻子持ちで転職に失敗したらと思うとなかなか踏み出せない!

Aさん
転職を考えているんですが…

妻子持ちなので、もし転職に失敗したらどうしよう…って考えてしまいます。

不安で勇気がでないのが悩みです。

シュン
なるほど、、、家族がいると「経済的なこと」「将来的なこと」など、転職するにも悩みは深いですよね…
Aさん
そうなんです…どうしたら、安心して転職できるでしょうか?
シュン
実は、そんな不安を感じているときにおすすめなのは、まずは転職活動をしてみることなんですよ。
Aさん
え、いきなりですか!?
シュン
はい。 、、、と言っても、ここで言う転職活動というのは、

在職しながら必要な情報を集めるということなんです。

転職後を予測することが目的なので、その方法を詳しくお話ししていきますね。

妻子持ちの転職は「情報収集」から始めてみよう

妻子持ちの転職は「情報収集」から始めてみよう

家族がいるのに転職に失敗したら…

転職したいけど、妻に反対されたらどうしよう…

転職で給料が下がったら、妻子がいるのにやっていけない…

妻子持ちの人が転職するときは、こんなふうに自分だけでなく家族のことが頭に浮かんで、大きな不安を感じるはずです。

とくに、「給料面」「会社の将来性」などは家族の幸せに直結することなので、転職するときは慎重に検討しないといけませんよね。

しかし、妻子持ちで転職する不安点をいくらひとりで悩んでみても、ベストな答えが出るとは限りません。

そこで、転職前に必ずしたいのが、「転職後を予測するための情報収集」です。

妻子持ちの転職が不安な理由は、

「転職したら、今より悪くなるかもしれない」

「転職したら、どうなるかわからない」

という予測できない未来にありますよね。

裏を返せば、転職後の自分、家族の姿がある程度予測できれば、それほど不安を感じることはないはず。そのための情報収集をはじめてようというわけです。

それでは早速、その方法。。。と言いたいところですが、情報収集以前にクリアにしておきたいポイントもあるんです。

妻子持ちで家族がいる人に多い、転職失敗に結びつくポイントなので、まずは次の3つをチェックしてみてください。

家族に相談せずに転職を進めてしまうのはNG。後でトラブルも!?

家族に相談せずに転職を進めてしまうのはNG。後でトラブルも!?

妻子持ちの人の中には、

妻に心配かけたくないから、転職が決まってから打ち明けよう…

こんなふうに考えて、転職を家族に相談しない人もいるかもしれません。

しかし、自分が転職することでなんらかの影響が生じる家族には、前もって相談しておくことをおすすめします。

というのは、「ずっと円満な家庭だったのに、相談なしで転職を進めたことがきっかけで亀裂が入ってしまった」という話をたまに聞くことがあるからです。

様々な転職事例を見てきましたが、ぼくの印象としては、家族に転職を快諾してもらっている人のほうが、転職はうまくいっていると感じます。

「転職先の内定がとれたのに、家族が反対している」というケースも実際にあるので、家族には転職を相談しておいたほうが良いです。

未経験職に転職するなら、厳しい展開になることも覚悟しておこう

未経験職に転職するなら、厳しい展開になることも覚悟しておこう

今回の転職で、

未経験職にチャレンジしたい

キャリアチェンジして1からやり直したい

異業種で働いてみたい

こんなふうに、未経験分野に転職を考えているなら、厳しい展開になる可能性があることも前もって把握しておいたほうが良いですね。

とくに妻子持ちで転職する場合は、

転職先がなかなか決まらない

未経験職に挑戦したはいいけどやっぱり無理

給料が大幅ダウンして後悔

となってしまったら、家庭にも大きな影響が出てしまいますよね。

未経験分野への転職は、こうした状態になってしまうリスクはあるので、きちんと情報収集するなどして、後悔しないように転職活動を進めましょう。

また、20代ならキャリアチェンジや異業種に挑戦するチャンスはまだまだありますが、30代になるとシビアな面が出てきます。

自分の年齢も意識して、まずは「必ず転職を成功させるんだ」という気持ちをもって転職活動に臨むことが大切です。

「妻子のために転職する」だけでなく自分のためにもなる転職をしよう

「妻子のために転職する」だけでなく自分のためにもなる転職をしよう

妻子持ちの人が転職する場合、

「子供のために給料が今より良いところに」

「家族の将来を考えると、転職が必要だと感じる」

こんなふうに、子供や家族のためを考えて転職を考える人は多いはずです。

この考え自体はすばらしいことですが、「とにかく給料さえ良ければ…」「将来性があるからこの会社がいい」というように、自分の仕事に対する目標やモチベーションを度外視した転職先の選択は、あまりおすすめできることではありません。

転職する先の仕事に対して「もっと成長したい」「もっと貢献したい」と思う要素があったほうが、昇給や昇進は早いですし、次に繋がりますよね。

自分のためになる転職先を検討することは、結果的に妻子のためになるので、自分の気持ちもよく考えることは必要です。

「転職後を予測するための情報収集」

「転職後を予測するための情報収集」

それではここからは、転職後を予測するための情報収集の仕方をお話ししていきますね。

先にお話ししたように、妻子持ちの転職で不安なのは、予測できない未来です。

「転職したら、今より給料が下がるかも…」

「未経験の仕事に転職できるのかわからない…」

こんな感じだと思いますが、これらは情報収集の精度を高めることで、ある程度までは予測することができるんです。

それを可能にするのは、キャリアアドバイザーのカウンセリングです。

転職エージェントを使って、キャリアアドバイザーとコネクションを持てば、

どんな求人に応募できるか

希望は叶えられそうか

給料はどのくらいアップできそうか

転職すべきなのか

などを転職市場をよく知るプロ目線で教えてくれます。

そうすれば、自分が転職すると、どうなるかがイメージしやすくなるので、妻子持ちで転職する不安も、かなり軽減するというわけです。

求人を紹介してもらうことで、自分が応募できる仕事がある程度は把握できますし、年収や待遇面も現実的な数字で出てきます。

転職後を予測できれば決断はしやすいですし、家族にとっても安心だと思うので、まずはキャリアアドバイザーに相談してみてください。

でも、キャリアアドバイザーに相談したら、転職しなきゃダメなじゃない!?

と思う人もいるかもしれませんが、きちんとしたエージェントは、転職を無理強いすることはありません。

まずはカウンセリングをしてもらって、その後に転職するか検討するのも全然アリなので、気負わずに利用してみるといいですよ。

情報収集に適したおすすめの転職エージェント

ちなみに、安心して相談できるのは、やはり大手の転職エージェントです。

大手のほうが、質の高いキャリアアドバイザーが多いですし、利用者の満足度を高めることで、顧客満足度の高さを売りにしているケースもあります。

なので、転職エージェントは、まずは大手を選べば間違いありません。

 

なかでも20代の方におすすめできるのが、大手マイナビワークスが運営している「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代限定(24〜29歳)でサポートしているサービスなので、ターゲットを20代に絞った企業の求人が多く、希望に合う求人を紹介してもらいやすいです。

マイナビが手がけているだけあって、キャリアアドバイザーの対応も親切丁寧。転職に不安があっても相談しやすいです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト