20代転職のコツ

転職で人生をリセットしたい20代へ【必ず知っておきたい3つのこと】

新卒で入ったこの会社、仕事にやりがいは無いし人間関係も悪い
転職してリセットできないかな。。。
毎日残業でクタクタ…上司に怒られてばかりで辞めたい。
転職して人生をやりなおしたい。。。

このように「リセットしてすべてやりなおせたら」と思っていませんか?

その一方で、

「仕事を辞めるのは逃げや甘えかもしれない」

「転職するにしても自信がない」

と不安を感じている人もいるかもしれません。

シュン
シュン
はじめまして!転職成功プランナーのシュンです。

実はぼくも24歳のときに第二新卒として「リセット転職」を経験しています。

ぼくの場合、転職をきっかけに良い方向に進みましたし、若いうちに今後の人生を考えるきっかけを持てたのは大きなプラスでした。

なので、「リセットしてやりなおしたい」と思うことは、決して悪いことではないと感じます。

むしろ、20代だからこそリセット転職はしやすいはずです。

 

ですが、転職にはリスクやマイナスがあるのも事実。

この記事では、ぼくの転職経験をもとにリセット転職をするなら知っておきたい3つのことをお話ししていきます。

シュン
わかりやすくお話ししていくので、ぜひチェックしてみてください。

20代のリセット転職ですべて白紙に戻るわけではない【マイナスも理解する】

先ほど、「20代だからこそリセット転職はしやすい」とお話ししました。

それはなぜかというと、以下のような理由があるからです。

  • 「第二新卒者」として転職できる可能性がある
  • 未経験分野、職種や業界を変える転職は、若いほうが有利
  • 若いほうが環境の変化に早く順応できる

 

しかし、いくらリセットすると言っても、ゲームのリセットボタンを押して白紙の状態に戻せるわけではないということは知っておいてください。

新卒のように1からやりなおせるつもりでいると、思い通りにいかないこともあります。

例えば「第二新卒」として転職する場合、リセットできるとは言え、新卒の就活時に比べれば職種や業界の選択肢は明らかに減ります。

さらに、新卒で入社した会社を数年で辞めるため、

  • どうして転職したいか
  • なぜ会社を辞めるのか
  • これまでの実績

これらをきちんと説明する必要もあります。

 

また、リセット転職をすれば、

「会社で感じている不満は解消できる」

「自分の希望に沿った仕事ができるはず」

「今よりも良い職場が待っている」

このように考えている人もいるかもしれませんが、必ずしも転職をすれば不満が解決するわけでもありません。

どんな職場にも、長所短所があり、大なり小なり人間関係のトラブルや不満もあります。

 

ですので、リセット転職を成功させるためにも、

  • 安易な気持ちで転職活動は進めない
  • きちんと準備をする
  • リセットを「逃げ」につかわない
  • 転職はあくまでも「前向き」が基本

これらを頭に入れて転職活動を進めてみてください。

転職して人生をリセットしたい20代は「本当に大切なこと」を考えてみる

ところで、「転職をすれば不満が解決するわけではない」とお話ししましたが、

そうは言うけど、不満があるからリセット転職がしたいんだけど、、、

と思った方もいるはずです。

 

たしかにその通り、転職で不満を解決しようとするのは悪いことではありません。

ですが、

  • すべての不満を解決するのは難しい
  • すべての希望を叶えるのは現実的ではない

ということは知っておくべきです。

自分にとってなにが大切かを把握した上で転職活動に臨む必要があります。

例えば、リセット転職をしたいからには様々な希望があるはずです。

  • もっと給料を上げたい
  • 残業の少ない職場がいい
  • 人間関係で苦労したくない
  • こんな仕事をやりたい
  • 若い人が多い職場がいい

とくに20代は様々な要望があると思いますが、それらにきちんと優先順位をつけて、転職活動で何を優先すべきかをクリアにしておくことが大切です。

 

なぜなら、「やりたい仕事」に就くために転職活動を始めたはずが、いつの間にか、

「この求人は給料が高いな」

「この会社なら楽しく仕事ができそう」

このように目移りして、転職の目的があやふやになってしまうことがあります。

その結果、本来の目的からズレた転職をして後悔するケースは非常に多いです。

ですので、転職活動の軸となる「自分にとって本当に大切なこと」はきちんと決めておきましょう。

 

リセットする目的が明確になれば、転職活動は格段に進みやすくなります。

シュン
転職の失敗も防げるので、ぜひ考えてみてください。

何度もリセットするのはNG。20代のリセット転職は無駄撃ちできない

最後3つ目のポイントとしてお話ししたいのが、転職がしやすい20代とはいえ、何度もリセット転職をしないように気をつけたほうが良いということです。

近年は、転職自体珍しいことではありませんし、今後はますます一度も転職せずに定年まで働くことが稀になっていきます。

しかし、キャリアアップ型の転職とは異なるリセット型の転職の場合は、転職のたびに経験やスキルを積みなおすイメージなので、なかなかキャリアのプラスになりません。

つまり、何度も繰り返すのは大きなマイナスになってしまうんです。

 

オンラインゲームの世界でも、せっかくレベル20まで上げたのに、またレベル1からやりなおしていたら周りからはどんどん遅れていきますよね。

さらに、リセット転職を繰り返すほど企業の採用担当者の信用度は落ちるので、転職自体が難しくなる側面もあります。

 

採用担当者に「転職歴、何回目から気になりますか?」という調査をしたデータによれば、

【転職歴、何回目から気になりますか?】

  1. 3回目 40%
  2. 4回目 16%
  3. 気にならない 15%
  4. 5回 12%
  5. 2回 8%
  6. 6回 4%
  7. 1回・7〜9回 2%
  8. 10回以上 1%

引用データ:リクナビNEXTより抜粋 

このように「3回目」と回答した採用担当者がずば抜けて多いことが分かっています。

 

1度転職に失敗してしまうと、20代で2回目の転職をすることになり、その後のキャリアアップ等に影響が出てしまいます。

ですので、1回目の転職はとても重要です。

絶対にリセット転職で失敗しないように、

  • きちんと情報収集をする
  • 「転職の軸」に沿った転職先選び

これらを徹底しましょうね。

「転職の軸に沿った転職先選びって難しそう…」20代のリセット転職が不安なら

さてここまで、リセット転職をするときに考えておきたい3つのポイントをお話ししましたが、もしかすると、

転職の軸に沿った転職先選びって言うけど難しい。。。
どうやって情報収集したらいいの?

と不安な方も多いかもしれません。

 

そこでおすすめしたいのは、自分ひとりで情報収集をせずにエージェントを活用するということです。

転職サイトやウェブ上では得られない情報や求人を仕入れましょう。

 

転職エージェントの担当者に相談しておけば、要望に沿った求人を紹介してもらえるだけでなく、求人企業の内部情報(残業の状態や職場環境など)を教えてもらえます。

  • 残業ってどのくらいあるの?
  • 職場環境は?上司ってどんな人?
  • 給料交渉はできる?

など、情報収集の精度がアップします。

また、企業ごとに面接対策、転職のコツをレクチャーしてもらえるので、エージェントを賢く活用して転職先を探しましょう。

20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切

また、リセット転職をしたいなら、大手のエージェントのなかでも「20代の転職に強いサービス」を選ぶことが大切です。

20代の転職に特化しているエージェントのほうが、

  • 転職先を紹介してもらいやすい
  • 良い条件で転職しやすい
  • 経験不足でも内定が得やすい

などのメリットがあるからです。

 

大手マイナビ系列の「マイナビジョブ20’s」は、名前のとおり20代の転職に特化したエージェントサービスです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代の転職を専門的にサポートしているので、

  • 20代に特化した求人が多い
  • 不安や悩みの相談がしやすい
  • はじめての転職に最適

安心して利用できるエージェントサービスです。

サービスの対象地域は、

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト