転職の仕方

失恋に破局…社内恋愛が原因で転職したい。転職理由の考え方

失恋に破局…社内恋愛が原因で転職したい。転職理由の考え方の画像
マミ
転職成功プランナーのマミです。

「社内恋愛でトラブル…顔を合わせるのが辛い…」
これは毎日憂鬱ですよね。。。

この記事では、
「社内恋愛が原因で転職したいときの対処法」
をお伝えしますね。

社内恋愛の失恋が原因で転職したい…転職理由はどうしよう!?

Aさん
実は、社内恋愛の末に破局してしまって…相手に毎日会うのがとても辛くて…

こんな状態は耐えられないので、転職を考えているんです。

マミ
そうなんですね…社内恋愛はうまくいかないと辛いですよね。。。
Aさん
でも、転職理由をどうしたらいいのか悩んでしまって…

失恋が原因だなんて言えませんし…

マミ
気持ちの整理は大変だと思いますが、社内恋愛の失敗を糧にして転職で自分を高めるイメージを持って転職活動をしていきましょう。

 

転職理由は、「現職では解決できないことを御社で叶えたい」という姿勢が大切です。

詳しくお話していきますね。

実は社内恋愛の失恋が原因で転職を悩む人は多い!?社内恋愛実情

実は社内恋愛が原因で転職を悩む人は多い!?社内恋愛の実情

会社は、恋愛をする場ではなく仕事をする場。恋愛やプライベートを持ち込みすぎるのはマナー違反です。

とはいえ、、、社内にステキな人、仕事ができる人がいれば気になるものですし、恋が芽生えることもありますよね。

 

「社内恋愛はリスクがある」と言われますが、人を好きになる気持ちをコントロールするなんて、そんなの難しいですよね。

実際、社内恋愛は珍しいことではないことがデータとしても表れています。

 

下記は、出会いのきっかけをアンケート調査した結果ですが、

現在の彼(彼女)との出会いは何がきっかけでしたか?

  1. 職場の同僚・先輩・後輩  24.1%
  2. 友人・知人の紹介     19.6%
  3. 学校の同級生・先輩・後輩 16.1%
  4. インターネット       9.7%
  5. 部活が一緒         7.7%

参照元:アニヴェルセル http://www.anniversaire.co.jp/brand/pr/soken1/report09.html

このように、「職場の同僚や先輩、後輩」が1位。

さらに、「社内恋愛はあり」と答えた人は48.3%、「実際に付き合った経験がある」と答えた人は40.7%というデータもあるんです。

 

つまり、社内恋愛を経験している人は多いので、それだけ失恋や破局を経験する人も多いと言えるのではないでしょうか。

 

もしも、「社内恋愛で転職を考えているのは自分だけかも…」と悩んでいるなら、案外周りにも同じ悩みを抱えている人はいるかもしれません。

特別なコトと思わずに、転職を含めて自分にとってベストな道を探していきましょうね。

「社内恋愛で失恋…転職したい…」こんな理由はありなの?

「社内恋愛に失敗して転職したい…」こんな理由はあり?

転職を考えているあなたはきっと、「社内恋愛が理由で転職を考えるなんて、アリなの?」と思っているはずです。

プライベートとは切り離して考えるのが社会人では?と思う気持ちもあるかもしれません。

 

これに対する答えはとても難しいですが、これだけは言えます。

社内恋愛の失恋や破局、別れ、嫉妬、、、なども、結局は人間関係のトラブルです。

 

実は、転職者の退職理由の本音を調査したデータでは、3割以上の人が人間関係を理由に転職しているという結果が出ているんです。(参照元:リクナビNEXT http://next.rikunabi.com/01/honne2007/honne2007_01.html)

 

それだけ、人間関係のトラブルはストレスが多く仕事に悪影響を与えるものなので、場合によっては転職をして一度人間関係を白紙に戻したほうが、良い方向に進むことも多いです。

 

失恋・破局した相手と顔を合わせるのすら辛い…
社内恋愛の失敗が知れ渡って居心地が悪い…

など、精神的につらかったり仕事に悪影響があるのなら、転職を考えるのも立派なキャリア・マネジメントです。

転職理由をよく考えてポジティブな転職活動ができれば、良い転職につなげることも可能ですよ。

社内恋愛の失恋を前向きに!転職理由の考え方

社内恋愛の失敗を前向きに!転職理由の考え方

では、転職原因が社内恋愛の場合は、どんな転職理由にしたら良いのでしょう!?

 

まず、転職する応募企業に対しては、「現職では解決できないことを御社で叶えたい」という姿勢を持つことが大切です。

 

そして、現職を辞めるときも、失恋や破局など社内恋愛を退職理由に持ち出す必要はないので、

  • 今よりもステップアップしたい
  • これからはこんな仕事をしていきたい
  • どうしてもやりたいことがある

など、現職を続けている限りは叶わない前向きな思いを伝えれば問題ありません。

 

内心は複雑な気持ちがあっても、転職理由にネガティブなことを持ち出すと良いことはひとつもないので、今後どうしていきたいかというポジティブな気持ちに焦点を合わせましょう。

また、せっかく転職するのですから、

  • 社内恋愛で失恋した以外に解決したい現職の不満はないか?
  • 転職先ではなにを叶えたいか!?

をじっくり考えてみると、たとえ失恋が転職のきっかけでも、自分を高めることはできますよ。

転職をスムーズに進めるにはキャリアアドバイザーに相談しよう

転職をスムーズに進めるにはキャリアアドバイザーに相談しよう

そうは言っても、転職理由がうまくまとまらない、そもそもどんな求人に応募できるか分からない…という人も多いかもしれません。

仕事をしながらの転職活動は大変ですし、前向きになれずに悩んでいるなら、

  • 自分の状況を整理するため
  • 求人を効率的に集めるため

に転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

 

転職エージェントというのは、会員登録をすると、

  • 希望や経験・スキルに見合った求人紹介
  • 転職の悩みや不安相談
  • 書類や面接のアドバイス
  • 求人企業の詳しい情報提供

などをキャリアアドバイザーという担当者が無料でサポートしてくれるサービスのことです。

 

キャリアアドバイザーは様々な転職相談を受けているので、人間関係で転職する場合でも状況に合わせた的確なアドバイスをくれます。

そして、応募する企業に響く転職理由を一緒に考えてくれるので、頭を悩ませずに済むのもおすすめの理由ですね。

 

「社内恋愛の相手と会わなくなるなら、どんな転職先でもいい」と考えて転職を進めてしまうと、結局別の不満ができて早期離職…という可能性もあります。

転職先企業の深い情報を教えてくれるキャリアアドバイザーのサポートは欠かせません。

 

冒頭でもお話ししたように、社内恋愛、失恋をきっかけに自分を高めるイメージで転職を進めていきましょうね。

転職相談がしやすいおすすめの転職エージェントは!?

では、数ある転職支援サービスのなかで、どこを使ったらいいのでしょうか。

ポイントは、

  • 大手の信頼できるサービスを使う
  • 自分にマッチするサービスを使う(年代やサポートエリア)

この2つです。

大手サービスのほうが、求人数が多く転職ノウハウがきちんとしているので安心ですし、様々な転職事例を経験しているキャリアアドバイザーが多いので人間関係の悩みを相談しやすいです。

 

とくに20代の方におすすめできるのは、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sです。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、マッチする求人が多く、とても丁寧に相談にのってもらえます。

キャリアアドバイザーも20代専任なので、人間関係の悩みも相談しやすいです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト