転職の仕方

「転職に自信がない…」そんな時に知ってほしい2つのこと

「転職に自信がない…」そんな時に知ってほしい2つのことの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

転職に自信が持てたらいいのに…って思いますよね。

この記事では、
「自信がもてないときに知っておいてほしいこと」
をお話ししていきます。この記事では、

転職したいけど自信がもてない。。。どうしたらいいの!?

Aさん
転職をしようと思っているのですが、自信がもてなくてなかなか踏み出せないんです。。。

どうしたら自信を持って転職できますか?

シュン
なるほど。。。そのお気持ちはよく分かります。

そんなときは、なにが不安なのかをハッキリさせることが大切です。

  • 経歴
  • スキル
  • 転職理由

。。。など、いろいろありますよね。

「転職に自信がもてない具体的な理由」にハッキリさせれば、自信を持つキッカケをつくることはできますよ。

転職に自信がもてない時は理由を具体的に考えることが大切

転職に自信がもてない時は理由を具体的に考えることが大切

「転職したいけど、自信がもてない。。。」その気持ち、よく分かります。

転職は、これまでのキャリアや経験を認められないと叶わないものです。「もし、自分のキャリアに価値がないと判断されたらどうしよう…」と不安になる人も多いはずです。

 

そこでどうしたら良いかというと、転職に自信が持てないときは、まずは「自信がもてない具体的な理由」を考えてみてください。

こんな感じです。

  • 自分の経歴に自信がもてない
  • スキルに自信がない
  • 面接で何を話せばいいか自信がない
  • そもそも転職できるか自信がない

など、何に対して自信を持てないのかをできるだけ明確にすることが大切です。

 

そうすれば、「転職活動で弱点になるかもしれないポイント」が見えてきますよね。そうしたら、

  • 経歴がネックになるかもしれない…
  • 資格がないことがマイナスかも…
  • 面接でうまく話せないかもしれない…
  • 年齢的に厳しいかもしれない…

こんな風に、「◯◯に自信がもてない」を「◯◯が転職では弱点になるかもしれない」に置き換えて考えてみます。

こうすることで、「転職で対策すべきポイント」が可視化できます。

なんとなく「転職に自信がない…」ではなくて、それを自分の弱点だと認識しないと対策すらできませんよね。

 

中途半端に転職に自信がある人は、転職活動がうまくいかないと分かってはじめて、自分の弱点が何かと悩むことになります。

それに対して、「転職に自信がない、不安…」という気持ちが強くても、しっかり分析して準備をすれば、対策は遥かにしやすいです。その結果、転職活動がスムーズに進むことも多いですよ。

転職したいけど自信がないなら知っておきたい2つのポイント

転職したいけど自信がないなら知っておきたい2つのポイント

さて、ここからは「転職に自信が無い…」と一歩が踏み出せない人に、どうしても伝えたい2つのポイントをお話していきます。

大まかに言うと、

  • 転職者のほとんどは不安を抱えながら転職活動をしている
  • 自分目線の自己評価はあまりあてにならない

ということですね。もう少し詳しくお話ししていきますね。

自信がない・不安を抱えている転職者は珍しくない!

多くの転職者は、何かしら不安を抱えながら転職活動をしています。そして、転職に都合の悪い転職理由(早期離職や人間関係が原因の転職など)を抱えている人も多いです。

しかし、それでも転職を決心している人はちゃんと内定を得ていますし、時間はかかっても職を見つけています。

 

逆に、「転職に自信たっぷり、不安は全くない」という人は稀です。

たしかに、自信があれば応募企業に頼もしく映るかもしれませんが、必ずしも「自信がみなぎっている人」が選考で有利になるとも限りません。

ですから、過剰に「転職は自信を持たないといけない」と思わなくても大丈夫ですよ。

自分目線の自己評価はあてにならない可能性が高い!

30代転職で採用されない人の特徴は一緒に働きたいとは思えない人

また、自分自身の「経歴やスキル」「人柄」「転職理由」などを自分目線で評価しても、それがあてになるとは限りません。

 

なぜかというと、転職するときの評価は、他人(応募企業)がするものだからです。

つまり、自分自身が抱く自分への評価や、今の会社が下している評価が、転職する企業にも当てはまるとは限らないということです。

いくら今の会社で高評価の人材でも、転職後にまったく結果を出せず評価を下げることもありますし、その逆もあり得ます。

 

先ほどの「転職活動で自分の弱点になるかもしれないポイント」を例にすると、

「少ない経歴がネックになるかもしれない…」という評価は、見る人によっては「フレッシュな人材がほしいから最適かも…」という評価に。
「年齢的に厳しいかもしれない…」という評価は、見る人によっては「若い人よりも落ち着いた年代にこのポストは任せたい」という評価に。

こんなことがあるというわけです。

もちろんマイナスに見られる可能性もあるのは否定できませんが、転職でどういう評価を受けるかは、ある程度「応募企業が求めるニーズ次第」ということは覚えておきましょう。

転職に自信がなくても、応募企業のニーズをしっかり見極めることが大切ということが分かるはずです。

転職に自信がない時は転職支援サービスを利用して応募企業のニーズを知る

転職に自信がない時は転職支援サービスを利用して応募企業のニーズを知る

転職に自信がない場合の具体的に対策としては、

  • マイナスポイントが本当に評価を下げるのかを客観的に知る
  • マイナスポイントが「マイナスにはならない」求人を探す

これらを注力していくことをおすすめします。

 

「マイナスポイント(弱点)」の対策は必要ですが、本当に評価をさげるかどうかを客観的に知ることは大切です。また、転職の採否を握っているのは「応募企業の評価」「応募企業のニーズ」です。

 

ですから、客観的な意見を集めるために転職支援サービスを利用しましょう。

 

転職支援サービスというのは、求人サイトのような「求人を検索するサイト」ではなく、登録するとキャリアアドバイザーという担当者が直接転職活動をサポートしてくれるサービスです。

  • 希望に沿った求人紹介
  • 書類や面接のアドバイス
  • 転職の不安や悩み相談
  • 応募企業の詳細な情報提供

などを無料で行なってくれるので、転職を有利に進めるためには欠かせません。

 

なぜ転職支援サービスを利用すべきかというと、キャリアアドバイザーは求人企業の採用担当者と打ち合わせや企業訪問をしているので、「採用の条件」「求人背景」「職場の雰囲気」などを前もって下調べしています。

その上で、あなたの希望条件や経歴、スキルに合った求人を紹介してくれます。

つまり、自分自身の弱点がマイナスに働かない求人を効率的に探せるというわけです。

 

 

キャリアアドバイザーには、「こういうことが理由で転職に自信がない…」ということを相談しておけば配慮してくれますし、面接対策や応募書類のチェックもしてくれるので、安心して転職に臨めるはずですよ。

転職に自信がないなら利用したい相談しやすい転職支援サービスは!?

まず、20代の方におすすめできる相談しやすい転職支援サービスは、「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代の転職(24歳から29歳の転職者)に限定してサポートしているので、マッチした求人を紹介してもらいやすいです。

担当してくれるキャリアアドバイザーは20代転職のスペシャリストなので、相談しやすく悩みを打ち明けやすいのもおすすめの理由です。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、上記対応エリア以外で転職する20代の方、30代以上の方におすすめしたいのが、大手リクルートキャリアが運営している「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント

人材業界最大手のサービスだけあって、

  • 求人の数が圧倒的に多い
  • 企業とのつながりが強い
  • 転職成功事例が多い

ので、安心して利用できます。

キャリアアドバイザーが親切に対応してくれるので、相談しやすいですよ。

また、サポートエリアも広いので、主要都市だけでなく全国で使いやすいサービスです。「リクルートに登録しておけば間違いない」と言う声が多いので、まずはここを活用すると良いですね。

⇒リクルートエージェント公式サイト