転職のコツ

転職は何年目からがベスト!?転職時期に迷ったときの考え方

転職は何年目からがベスト!?転職時期に迷ったときの考え方の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「転職は何年目からがベストなんだろう…」
こんなふうに転職のタイミングを悩んでいませんか?

この記事では、
「転職時期に迷ったときの考え方」
をお伝えしますね。

何年目からがベスト!?転職で評価されやすいのは何年目?

Aさん
今の会社に入社して2年目なんですが、転職を考えているんです。

でも、入社何年目からが評価されやすいとかあるんでしょうか?
ベストな時期を知りたいです。

シュン
そうですね。。。職務経験は「3年」が評価の目安になることが多い印象です。

ただし、ベストな時期は、

  • 年代
  • 未経験職・経験職をどちらを目指すか
  • 転職求人の流れ

によってかなり変わるので、必ずしも3年が当てはまるとも限らないんです…

詳しくお話ししますね。

スポンサードリンク

「入社3年目からOK」ではなく、自分のベストな時期を知ることが大事

「入社3年目からOK」ではなく、自分のベストな時期を知ることが大事

転職を考えると、Aさんのように「入社何年目からがベストな評価をもらえるのだろう」と転職時期を迷う人も多いと思います。

また、現職に入社後1〜2年で転職を考えている場合、勤続年数を不安に感じて転職時期を見計らっている人もいるのではないでしょうか?

 

そこで目安になるのが、一般的な企業が職務経験を高く評価する「3年以上」という数字です。

3年以上の経験があれば、現職のキャリアをきちんと評価してもらえる可能性は高いと言えるので、3年を目処に転職をするのはひとつの方法と言えます。

 

しかし、転職は入社3年目からがベストかと言われたら、そう単純なことではないんです。

ベストな転職時期は、「目指す転職先」「年代」によって大きく変わるので、必ずしも「3年以上経ってから転職すべき」とも言えないというわけなんですね。

 

ということでここからは、年代や目指す転職先を考えた上で転職時期を検討する方法をお話ししていきます。「入社3年目だからOK」ではなく、自分にとってなにがベストかを見極めるのがポイントです。

スポンサードリンク

「年代」によって何年目からが転職のベスト時期かは変わる

「年代」によって何年目からが転職のベスト時期かは変わる

話を先に進める前に、このデータを見てください。

初めて転職した年齢のデータ画像

これは、「初めて転職した年齢」を調査した結果をグラフにしたものなのですが、25歳前後が最も多いことが分かりますよね。

グラフ上は30歳までですが、35歳までに90%以上の人が最初の転職をしているということも分かっています。

 

ここから何が読み取れるかというと、25歳前後までは「第二新卒」の求人に応募できるので転職者が集中していると予測でき、35歳以降は、企業の採用基準が厳しくなるので転職者が減っていることも想像できます。

 

つまり、「入社何年目が転職時期としてベストか?」を考えることも必要ですが、年代によって転職しやすい時期、難しくなってしまう時期を意識することも大切なんですね。

 

大まかに、

  • 25歳前後=第二新卒枠に応募できる時期
  • 30歳前後まで=未経験分野に挑戦できる時期
  • 35歳前後から=豊富な経験や高いスキル、マネジメント力などが必要になる時期

このように分けることができることを押さえておくと良いですね。

 

例えば「新卒入社した会社で2年程度しか職務経験がない…」という場合、まだ20代前半なので第二新卒枠の求人に応募すれば、新しい職種や業界にチャレンジできる可能性はかなり高いということになります。

また、「今33歳で去年転職したばかりだけど、どうしても仕事が合わない…」という場合は、3年の職務経験を積むために36歳まで我慢するよりは、30代前半のうちに行動を起こしたほうが仕事選びがしやすいケースもあるんです。

 

このように、転職を成功させるには年齢的なアドバンテージ・制約も関係してくることを頭に入れておきましょうね。

スポンサードリンク

「未経験職 or 経験職」どちらを目指すかで何年目がベストかは変わる

「未経験職 or 経験職」どちらを目指すかで何年目がベストかは変わる

転職は何年目がベストかは、

  • 未経験職への転職を目指すのか
  • 経験職への転職を目指すのか

によっても、その考え方は変わってきます。

経験職に転職する場合は、基本的に職務経験をたくさん積んでいるほうが有利になるので、3年目からが評価は高くなります。

 

しかし、未経験職に転職する場合、これまでのキャリアを一旦リセットするイメージなので、必ずしも職務経験が評価されるわけではなくなります。

未経験分野に挑戦しやすいのは20代なので、職務経験が何年かというよりは、30歳になる前に行動を起こすのがベストというケースもあるというわけです。

 

また、経験職に転職する場合でも、応募する企業がどんな人材を求めているかで「職務経験3年以上」というアドバンテージの評価は大きく変わることもあります。

いずれにしても、応募企業についてきちんと下調べをすることが転職を成功させる鍵ですね。

何年目からがベストか以上に転職求人の流れをつかめるかが大切

何年目からがベストか以上に転職求人の流れをつかめるかが大切

さてここまで、「年代」「未経験職か経験職か」を考えた上で、自分にとってベストな時期を判断することが大切、とお話ししてきましたが、

結局、自分にとって何年目がベストなんだろう…

と迷ってしまった人もいるかもしれません。

ベストな転職タイミングを見つけるのは難しいことなので、悩むのも無理はないと思います…

 

ぼくの個人的な意見としては、「何年目から評価されやすいか」を考えるよりも「自分にとって良い求人を逃さないこと」に注力したほうが、良い形で転職できると考えています。

 

求人というのは、同じ案件がいつまでもあるわけではなく流動的なものです。今日、自分にとってベストな求人があっても、1年後、1ヶ月後、もしくは明日、その求人に出会える保証はありません。

ですから、自分に合った求人探しや情報収集を日頃からして、

  • この会社で働いてみたい!
  • 自分の希望にピッタリ!

という求人があれば、たとえ職務経験が3年に満たなくても、その時点で応募していくことが大切

自分に合った求人がないかどうかは、常にチェックしておくことがおすすめですね。

スポンサードリンク

転職活動で情報収集するときは転職エージェントを使ったほうが有利

職活動の情報収集をするときは転職エージェントを使ったほうが有利

情報収集をするときは、求人サイトやハローワークを使うのもひとつの手ですが、おすすめは転職エージェントを使うことです。

エージェントサービスのほうが、担当のキャリアアドバイザーが直接求人を探し出してくれるので、自分に合った求人情報を得やすいですし、気になった求人について詳細な情報を聞き出しやすく便利です。

 

実際に応募する場合も、推薦してもらえるチャンスがありますし、面接をセッティングしてもらうこともできるので、転職活動が有利になると言えます。

エージェントサービスは一切無料で利用できるので、キャリアアドバイザーとコネクションはもっておくことをおすすめします。

 

おすすめできるエージェントサービスについては、以下の記事が詳しいので参考にしてくださいね。

情報収集におすすめ!登録しておきたい転職エージェントまとめ。の画像
情報収集におすすめ!登録しておきたい転職エージェントまとめ。 自分にフィットした情報を集めるために転職エージェントを活用しよう! 転職を考えたとき、まずは最初にやっておきたいのが「情報...
スポンサードリンク