転職のコツ

『転職のやり方がわからない人限定記事』最初におさえるべき3つのポイント

『転職のやり方がわからない人限定記事』最初におさえるべき3つのポイントの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「転職のやり方がわからない」と悩んでいませんか?

この記事では、転職活動をはじめるなら押さえておきたい3つのポイントをお伝えします。

「正しい転職のやり方って!?転職活動のやり方がわからない。。。」

Aさん
転職したいのですが、正しい「転職のやり方」がわからないんです。。。
シュン
なるほど…

やり方がわからず、なかなか前に進めないというわけですね。

Aさん
そうなんです、、、

どうしたらいいのでしょうか!?

シュン
それならまずは、次の3つのポイントをおさえることから始めましょう。

  • 転職の流れをつかむ
  • 失敗しない5つのコツを知る
  • ひとりで転職を進めない

詳しくお話ししていくので、参考にしていただけたら嬉しいです!

転職のやり方がわからないなら「転職の流れ」をつかむことが大切

あなたもAさんのように、「転職のやり方がわからない」と悩んでいるのではないでしょうか?

初めて転職する場合や、過去に転職を失敗している場合、

  • なにからはじめたらいいわけ?
  • 成功させるにはどうしたらいい?

と不安になりますよね。

 

そんな場合はまず最初に、転職活動の流れをつかむことから始めましょう。

一般的にはこのような形で転職活動は進んでいきます。

  1. 転職を考える
  2. 自己分析をする
  3. 情報収集をする
  4. 求人に応募する
  5. 書類通過後面接をする
  6. 内定
  7. 退職をする
  8. 新しい会社へ

それぞれのフェーズで注意したいポイントをまとめたので、詳しく見ていきましょう。

転職を考える

転職を考えたときにまず最初にするべきことは、

  • 大まかなスケジュールを立てる
  • 本当に転職が最善の選択か考える
  • 就業規則などで退職ルールを確認しておく

この3つです。

 

最低でも、

  • 転職をいつまでに決めるか
  • 退職する時期
  • 情報収集に費やせる時間

などのスケジュールは立ててみてください。

思い通りに進まないケースは多いですが、期日目標が全くないと転職活動はダレます。

モチベーションも長くは続かないので、必ずスケジューリングをしてみることをおすすめしています。

 

そして、退職を切り出してから後悔しないために、一度落ち着いて「本当に転職が必要か、最善の選択か」を考える時間をとることも大切です。

迷いがあると、転職活動に集中できないので、気持ちの整理をしておきたいところですね。

 

また、転職活動を始める時点で、退職に関するルールを確認しておくことも忘れずに。

大抵は、「2〜3ヶ月前に退職を申し出る」などの就業規則が設けられているので、退職をスムーズに行うためにもチェックしましょうね。

退職

順番は前後しますが、退職に関する注意したいポイントは以下の3つです。

  • 引き継ぎや残りの仕事は責任をもってやる
  • まずは上司に相談⇒退職届を出す
  • 転職を決めているなら意志は崩さない

 

スケジューリングをする段階で、引き継ぎや残りの仕事はどのくらいかかりそうかなども考えておいたほうが良いです。

 

そして、退職を切り出す場合は、まずは直属の上司に相談をするのがマナーとされています。

会社によっては、引き止めにあったり、退職手続きがスムーズに行われないケースもあるので、転職の意志を崩さない決意をしておくことも重要ですね。

自己分析をする

転職のやり方がわからなくても、「転職活動のスタート=求人情報サイトを見て仕事を探すこと」だと思っている人は多いかもしれません。

 

しかし、転職活動のスタートは、「自己分析」です。

自己分析がきちんとできていないと、膨大な情報から自分に最適な求人を探し出せないので、転職活動がうまくいきません。

  • 転職する自分なりの目的はなにか
  • 経験やスキル、転職先でどんな貢献ができるか
  • 将来の目標と実現に向けてどんな行動をするのか

このあたりを明確にしておくと良いですね。

情報収集をする

転職する目的や自分の強みや弱みが見えてきたら、情報収集へと進みましょう。

基本的には、

  • 求人情報サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク

などを使って情報収集をするわけですが、1つのツールに頼らず、なるべく幅広い情報を集めるのがポイントです。

 

情報収集で大切なのは、仕事内容や待遇だけでなく、

  • 転職したい業界のこと
  • 業界や会社の将来性
  • 職場の雰囲気や社風

などにも注意を向けることです。

この段階で転職の目的がブレていたり、情報収集がきちんとできていないと、転職が失敗する可能性が高くなってしまいます。

転職を成功させるには「情報収集までの過程が非常に大切」と思っておいたほうが良いですね。

求人に応募する

求人への応募は、「スピーディーかつ積極的に」これが合言葉です。

 

中途採用は、いつ良い求人が出るか、いつまで募集をしているか、が予測しにくいです。

良い求人を見つけても、次の日には応募が締め切られていることもあるので、素早い決断と積極性が転職チャンスを高める鍵になります。

 

また、人材大手のパーソルキャリアが調べたデータでは、

転職成功者の平均応募者数は17.7社

1社内定を得るには、5社面接を受ける必要があり、18社書類を送る必要がある

引用データ:DODA

このような結果が出ているようなので、参考にしてください。

 

もちろん、1社だけ応募して内定を決めている人もいるので、必ずしも何十社も応募する必要があるわけはありません。

しかし、転職活動の賢いやり方としては、20社程度の候補を探し出すつもりで臨むと気が楽になるはずです。

書類通過後面接をする

転職活動の山場と言える面接に関しては、

  • 事前に面接対策をどれだけ行えるか
  • 企業研究・業界研究ができているか
  • 相手(企業側)の気持ちになれるか

で採否は大きく変わってきます。

 

面接対策や企業研究に関しては、自己流のやり方では限界があります。

転職エージェントのキャリアアドバイザーに、面接の練習や情報提供を頼ってみるのがおすすめです。

 

応募する企業の採用担当者に刺さる自己PRなどをアドバイスしてもらえば、面接で好印象を残せる確率はグンとアップします。

面接までは進めても、なかなか内定が出ないときは、

  • 相手(企業側)の気持ちを考えているか
  • 客観的な自己評価ができているか

をチェックしてみると良いですね。

内定

内定が出たら注意すべきポイントは、以下の3つです。

  • 労働契約は書面で内容を確認する
  • 入社日をきちんと確認(相談)する
  • 保留したい場合は理由に注意する

 

面接時に言われたことと相違がないか、不明点がないか、必ず確認してから内定を受諾しましょう。

また、退職日との兼ね合いもあるので、入社日の確認や相談も大切です。

 

他に結果待ちがある場合は、数日は保留が可能な場合もありますが、なるべく早く返事をする必要があります。

このあたりは調整が難しいとは思いますが、事前にスケジュールを組んで、なるべく保留しない形にするのが理想ですね。

転職のやり方わからない不安を解決!転職を失敗に終わらせない5つのコツ

さてここまで、転職の流れについて見てきました。

「転職のやり方が全くわからない…」という人も、イメージが膨らんだのではないでしょうか?

 

ところで、転職活動で怖いのは、転職に失敗してしまうことですよね。

ここからは、転職を失敗に終わらせないために押さえておきたい5つのコツをお伝えします。

頭に入れておいて損はないので読んでみてください。

「なぜ転職するのか?」目的を明確にすれば軸ができる

転職に失敗する人の多くは、なぜ転職するのか「転職の目的」が曖昧です。

目的があやふやだと、転職活動の軸がブレるので、

  • どんな求人を選んでいいかわからない
  • 転職に対して不安がつのる
  • 採用が決まってから後悔する

などの失敗に繋がりやすくなります。

 

たとえ、「残業が嫌だから転職する」「人間関係が悪いから転職する」など、ネガティブな目的でも、軸が定まっていれば転職活動で迷子になることはないので、

「なぜ自分は転職するのか?」

を1歩踏み込んで考えることから始めましょう。

退職活動は「スマートかつしっかり」

転職のやり方を考える上で大切なのは、退職活動もセットで考えることです。

内定が決まっても、退職活動を疎かにしていた為に、

  • 現職が辞められず内定取り消しになった
  • 引き継ぎに時間がかかり転職先に迷惑をかけた

こうなってしまうと、転職は失敗に終わってしまいます。

 

先にお話ししたように、就業規則を確認したり、転職スケジュールに退職活動も組み込んでおくことは必須です。

スマートな退職を心がけられるかどうかで、転職の成功率も変わってきますよ。

自己分析のコツは「客観性」

ところであなたは、自己分析に自信がありますか?

実は、自己分析がうまくできていないために、「自分のスキルや経験が本当にマッチする求人」を見逃している人は非常に多いです。

 

ここで大切なのは、自己分析には客観性が欠かせないということです。

もしかすると、自分では気が付かない強みがあるかもしれませんし、逆に弱みがあるかもしれません。

それを知っているのと知らないのとでは、転職のチャンスさえ変わってくるわけです。

 

とくに、キャリアチェンジをしたり情報が少ない求人に転職する場合は、自分が積み上げたスキルや経験をどう活かせるのか、さらに予測しにくいはずです。

ですので、客観性はとても大事。自己分析をする段階で、転職エージェントを活用して客観的なアドバイスをもらうのがおすすめです。

退職理由は「前向きに捉える」

転職活動であなたのイメージを大きく左右するのは、退職理由です。

正しい転職のやり方としては、前向きな退職理由を用意しておくということが大切。そうしないと、採用担当者に好印象を与えることができません。

 

「純粋にキャリアアップがしたい」という場合は、そのままの前向きな気持ちをアピールすれば問題ありませんが、

  • 残業が多く休日が少ないから辞めたい
  • 劣悪な人間関係から開放されたい
  • 仕事のプレッシャーがきつく耐えられない

このようにネガティブな退職理由の場合は、前向きに捉える準備をしておきましょう。

 

ネガティブな退職理由を軸に、

「では、自分にとってどんな環境がベストなのか?」

「その環境が手に入ったら、どう活躍できるか?」

これらを考えることで、ポジティブな理由を見つけることができます。

ネガティブな退職理由を取り繕うのではなく、ポジティブな退職理由を探し出すイメージでいきましょう。

自分のことだけでなく「応募する企業の気持ちを考える」

先ほど、自己分析は客観性が大切だとお話ししました。

それに似ていますが、転職の正しいやり方として押さえておきたいのが、

  • 応募企業の気持ちを考える
  • ニーズに注目する

ということです。

 

結局、転職活動の採否は、どれだけ企業側のニーズ(こんな人材がほしい)とマッチしているかで決まることが多いです。

スペックが高い人材でも、企業のニーズに合わなければ、なかなか採用されないわけです。

 

裏を返すと、応募する企業の気持ちやニーズをどれだけ理解できるかが、転職成功の鍵になるんですね。

 

転職活動をしていると、自分の要望や不安など「自分のことだけ」に気持ちをフォーカスしがちですが、転職を成功させるには、応募する企業の気持ちに寄り添う必要があります。

求人票や会社情報などを見るときは、「この求人企業は、どんなニーズをもっているのか」を常に考える癖をつけると、自己PRや面接応対のレベルがあがるはずです。

やり方がわからないなら転職活動をひとりで進めないことが大切

最後3つめのポイントとしてお伝えしたいのが、転職活動はひとりで進めないほうが良いということです。

ここまで、転職の流れや失敗しないコツをお話ししましたが、転職のやり方がわからないと悩んでいるなら、このままひとりで転職活動を進めるのはおすすめできません。

もしかすると、そもそも、

  • 仕事を辞めてから転職活動すべきかわからない
  • 転職の目的を考えてはいるけど曖昧

という人も多いでしょうから、ひとりで悩まずにエージェントに相談したほうが安心です。

 

一度でもキャリアアドバイザーに会っておけば、自分に合う求人を紹介してもらえるのはもちろん、

  • 仕事を辞めるタイミング
  • 自己分析や転職の目的
  • 希望が叶うかどうか

などが明確になりやすいです。

転職のやり方についても、転職者それぞれに最適な方法があるので、詳しい人に助言をもらったほうが、スケジュールも立てやすくなります。

 

転職エージェントに登録したからと言って、今すぐに転職しなくてはいけないわけではありませんし、料金がかかるわけでもありません。(エージェントのサービスは基本すべて無料です。)

キャリアアドバイザーと繋がりを作っておけば、転職活動も進めやすいので、まず一歩を踏み出すなら、エージェントに登録しておくことからはじめると良いですね。

情報収集におすすめできる転職エージェントとは!?

ちなみに、20代の方におすすめできる転職支援サービスは、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sです。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、20代にマッチする求人が多く、とても丁寧なサポートが最大の魅力です。

今後のキャリアや転職の悩みも相談しやすく、20代ならここは外せません。

また、マイナビジョブ20’sだけの求人が充実しているのもおすすめポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト