転職の悩み

「人見知りだから今の仕事を辞めたい」転職するときに考えたい3つのこと

「人見知りだから今の仕事を辞めたい」転職するときに考えたい3つのことの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「転職したいけど、人見知りだから不安。。。」こんなふうに悩んでいませんか?

この記事では、人見知りの方が転職するなら考えてほしい3つのことについてお伝えしますね。

「人見知りで仕事がつらい…転職したいけど、どんな仕事を選んだらいい?どう転職を進めるべき?」

Aさん
実は、人見知りのわたしには今の仕事がとても辛くて、、、

辞めて転職しようと思っているんです。

シュン
なるほど。。。人見知りですか。
Aさん
ただ、転職をするにしても、どんな仕事を選んだらいいか迷ってしまって。

それに、転職をどう進めたらいいのか不安で。。。

シュン
なるほど、たしかに仕事選びや転職活動は不安ですよね。

まずは、人見知りでも働きやすそうな仕事についてお話しをしたあと、

転職で気をつけてほしい以下のポイントについてもお話ししますね。

  • 人見知りは第一印象と人間味に注目する
  • 事前に応募先企業の情報をきちんと集める

ひとつでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

転職するなら押さえておきたい「人見知りが働きやすい向いている仕事」について

あなたもAさんのように「人見知りはどんな仕事に転職したらいい?」「人見知りだから今の仕事を辞めたい」と悩んでいるのではないでしょうか?

 

持って生まれた性格もあるので、人見知りはなかなか直りませんよね。

シャイな日本の国民性も手伝って、「人付き合いが苦手」「なるべく人と関わりたくない」と思って仕事をしている人は多いのかもしれません。

 

転職するなら悩むのが、

  • 「人見知りでも働きやすい仕事とはなにか?」
  • 「人見知りに向いているのはどんな仕事か?」

ということではないでしょうか?

 

外に出て働く以上、必ず人間関係は生まれるので、人付き合いが全くない仕事というのはなかなか無いのが実情です。

しかし、業界や会社をきちんと選べば、人見知りでも働きやすい職場は必ず見つかるはずです。

 

とくにおすすめしたいのが、

  • 製造業界
  • IT業界

この2つですね。

人見知りでも自信をもって働きやすい「製造業界」

製造業界の仕事は、基本的には「目の前の作業を正確にこなすこと」で一定の評価を得られます。

ルーチンワークになるので、仕事に刺激や変化を求める人には不向きかもしれませんが、一度慣れてしまえば、人見知りでも自信を持って働きやすい業界と言えます。

離職率も低い傾向にあるので、最低限の人間関係さえ築ければ、長く働きやすいのも魅力ではないでしょうか。

人見知りでもスキルを伸ばせる「IT業界」

プログラマなどのIT系エンジニア、グラフィックデザイナーなどのクリエイティブ系の仕事なども、人見知りには働きやすい環境と言えます。

人間関係はさほど求められないでしょうし、技術さえしっかりしていれば仕事に困ることはないはずです。

スキルをコツコツ伸ばせば評価される点でもおすすめと言えます。

 

製造業界やIT業界以外でも、コツコツやって評価される仕事であれば、人見知りでも転職しやすいはずです。

 

ただし、基本的に転職は、

  • これまでの経験やスキルを活かすこと
  • 転職後にすく職務に貢献できること

が求められます。

 

ですから、例えば、「営業」⇒「製造業」へと転職するのであれば、これまでの営業経験をどう活かせるか、なにか接点はないか、などはきちんと考えておいてください。

また、未経験者を積極的に採用している企業に的を絞って転職活動をするのもひとつの方法と言えますよ。

人見知りで転職が不安なときは「第一印象と人間味に注目する」

人見知りだと、転職活動も不安が大きいですよね。

  • うまく自己PRができない
  • 面接で頭が真っ白になってしまう
  • 面接官や採用担当者に好印象を与えられない

など、悩む人は多いのではないでしょうか。

 

たしかに人見知りの性格は、上に挙げたように転職活動でマイナスに働くこともあります。

しかし、きちんとポイントを押さえれば、そこまで心配する必要もないんです。

気をつけるべきは、

  • 「第一印象」
  • 「人間味」

この2つです。

第一印象だけは人一倍気を使うことが大切

先にお話ししたように、転職活動では経験やスキルが求められます。

しかし、それ以上に、面接官や採用担当者に与える第一印象が採否に大きく影響します。

 

そもそも、履歴書の第一印象で良い印象を与えられないと、面接にはすら呼ばれませんよね。

仮に面接へと進んでも、第一印象が悪ければ、短い面接時間でそれを覆すのは至難の業です。

 

つまり、人見知りの人は、第一印象に気を使うことがとても大切と言えるんです。

例えば、履歴書に貼る一枚の写真は、あなたの印象を大きく左右しますから、多少お金がかかっても写真専門店で撮ってもらったり、

面接官は最初の3〜5分であなたの印象を決めてしまうので、面接のシミュレーションを何度も行うなど、

必ず、良い第一印象を残す努力はしておきましょう。

相手の人間味と自分の人間味をうまく活用する

また、人見知りだと、面接官の目を見て話せなかったり、頭が真っ白になることを心配する人も多いと思います。

そんなときは「相手の人間味」「自分の人間味」に注目するのがおすすめです。

 

面接官や採用担当者も、家に帰れば普通の人間です。

家に帰れば奥さんに叱られている面接官もいるでしょうし、彼女の尻に敷かれている採用担当者もいるはずです。

よく観察すれば、ネクタイが曲がっていたり、気になる癖があったり、、、

面接官だって完璧な人間ではありません。

 

そんな「相手の人間くさい部分」を探してみてください。

少しでも面接官に親近感が沸けば、緊張は和らぎますし、人見知りでも話しやすくなるはずです。

 

そして、自分が緊張していることや人見知りなことは、事前に相手に伝えてしまうのもひとつの方法と言えます。

自己紹介のときにでも、

面接の時間を作ってくださったことを感謝しております。

実はかなり緊張していまして。。。

とさり気なく伝えてしまえば、気分はかなり楽になるはずです。(※ただし、人見知りが採否に影響を与えそうな職種の場合は控えたほうが無難かもしれません)

人見知りが転職するときは事前に応募先企業の情報をきちんと集めることが大切

転職活動を進めるなら、応募先企業の細かい情報がきちんと集まる環境を整えておくことがなによりも大切です。

なぜかというと、

  • 職場環境(どんな人間関係の職場か)
  • 細かい仕事の内容
  • 上司の人柄

などを事前に知って転職をしたほうが、人見知りには安心だからです。

 

どんな職場で働くのかを細かく知っていたほうが、転職活動もしやすいですよね。

先にお話したように、「製造業関連」「IT業界」はおすすめですが、人間関係や働きやすさは、企業それぞれで異なるものです。

求人票や企業ホームページだけではわからない部分は多いので、自分自身で細かい情報を集める努力はしておきましょう。

 

方法としては、リクナビNEXTなどの求人サイトだけを使うのではなく、転職サイトが運営しているエージェントサービスを併用するのがおすすめです。

エージェント系のサービスなら、担当者が紹介する求人企業を訪問するなど情報を収集しているので、

  • 職場環境(どんな人間関係の職場か)
  • 細かい仕事の内容
  • 上司の人柄

などを事細かく教えてもらうことも可能です。

面接で好印象を与える回答や、逆にNGな回答についてもアドバイスをもらえるので非常に便利です。

 

また、人見知りでも働きやすい求人を探してもらうこともできますから、エージェントサービスはうまく活用してください。

はやめにエージェントと繋がりを作っておいたほうが転職活動はスムーズに進むはずですよ。

情報収集におすすめできる転職エージェントとは!?

ちなみに、20代の方におすすめできる転職支援サービスは、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sです。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、20代にマッチする求人が多く、とても丁寧なサポートが最大の魅力です。

今後のキャリアや転職の悩みも相談しやすく、20代ならここは外せません。

また、マイナビジョブ20’sだけの求人が充実しているのもおすすめポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト