転職のコツ

早く転職したい時こそ絶対にやってはいけない3つのポイント【焦りは禁物】

なかなか転職活動が進まない。
早く転職したいのに、モヤモヤした気分。。。
こんな会社は今すぐ辞めて、早く転職したい。。。
毎日が苦痛だな。。。

このようにお悩みではありませんか?

早く転職したいのに物事が前に進まないと、だんだん焦りに変わってきますよね。。。

シュン
シュン
はじめまして!転職成功プランナーのシュンです。

ぼくも転職活動が進まずヤキモキした経験があるので、悩む気持ちは理解できます。

 

ですが、早く転職したいときこそ「やってはいけないNGポイント」に気を配ることが大切です。

NGポイントを無視してがむしゃらに転職活動を進めてしまうと、あとで「こんなはずじゃなかった」と後悔してしまうかもしれません。

転職は大きな決断ですので、満足できる形で新しい職場探しに全力を尽くしましょう。

 

というわけでこの記事では、頭に入れておくべき「早く転職したいときにやってはいけない3つのNGポイント」をお話ししていきます。

  1. とにかく退職してしまうのはNG
  2. なんとなく転職先を決めるのはNG
  3. エージェントを何十社も登録するのはNG
シュン
シュン
難しくはないので、ぜひチェックしてみてください!

「早く転職したい⇒まず退職はNG!」リスクが高い

まずひとつ目のNGポイントは、「早く転職したいからといって、後先考えずに退職してしまうのはNG」だということです。

早く転職したい⇒まず退職はNG!リスクが高い転職に…

どうしてかというと、転職先が決まる前(見通しが全く立っていない状態)に会社を辞めてしまうと、

  • ブランクができる可能性がある
  • 経済的に困る可能性がある
  • 転職活動に焦りが生まれる

このようなリスクが高まるからです。

もちろん、会社を退職すれば「転職活動に割ける時間が増える」などのメリットもありますが、「経済的な不安」「ブランクをつくるマイナス」「焦り」など、リスクのほうが大きいと言えます。

例えば、

  1. 会社を辞めたが転職先が見つからない
  2. 焦りから大幅な妥協をして転職先を決めてしまう
  3. 年収や待遇がダウン、転職を後悔する

このような状況に陥るケースも少なくないので、現職を辞めるのは転職先が決まった後に設定しておくことをおすすめします。

 

在職中に転職先を決めることで、

  • 仮に転職先が決まらなくても現職がある
  • ブランク期間がほぼゼロで転職できる
  • じっくり時間をかけて転職活動ができる

こうしたメリットがあります。

シュン
シュン

仕事をしながら転職活動を進めるのは簡単ではありませんが、

「スケジュール管理を徹底して時間を確保する」

「転職エージェントを賢く活用する」

などして、「一日も早く自分が満足できる形で転職すること」を目標にがんばっていきましょう。 

退職後に転職活動をしたほうが良いケースもある

ただし以下の場合は、「退職後に転職活動をするべき・してもいいケース」です。

  • 会社がブラックで体力的・精神的に厳しい
  • 転職活動に割ける時間が全く確保できない
  • 経済的にかなり余裕がある
シュン
シュン
「早く転職したいから退職する」ではなく、自分の状況をよく考えてリスクの少ない方法を選択しましょう!

「転職理由が不明瞭・企業研究が適当」なんとなく転職先を決めるのはNG

続いてのNGポイントは、早く転職したいからといって、

  • 転職理由が不明瞭
  • 企業研究(情報収集)が適当

このように、なんとなく転職先を決めてしまうのはNGだということです。

「転職理由が不明瞭、なんとなく求人を探して」転職するのはNG

なぜなら、転職理由が不明瞭で情報収集が適当だと、「年収がアップする」「休日が多い」「良い雰囲気の職場」など、安易な理由で転職先を決めることになり転職後に後悔する確率が高くなるからです。(※給与アップや休日数の多さが最大の目的なら、当然意味は違ってきます。)

 

「転職理由」は、言い換えると「次の職場で叶えたい希望」ですよね。

例えば、人間関係に悩んで転職する場合は、「人間関係の良い職場に転職するのが希望」というわけです。

転職理由がはっきりしないまま転職活動を進めると、

  • どんな職場に転職すべきかが見えない
  • 面接などで自己PRが難しくなる
  • 現職を辞めることが目的になってしまう

このように、転職が進まない原因、または失敗する原因になりかねません。

 

ですので、早く転職したいのであれば、転職理由を明確にすることから始めましょう。

シュン
シュン
ブレない転職理由が、転職活動の「軸」になります。

情報収集を疎かにすると転職活動の効率は悪くなる

また、早く転職したいからといって、情報収集をおろそかするのは大きなマイナスです。

早く転職したいからと「企業研究せず応募」はNG

なぜなら、転職活動の効率が悪くなってしまうからです。

応募企業には各々、

  • 求人を出す理由
  • 求める人材像
  • 採否のポイント

があります。

情報収集を疎かにすると、当然これらが予測できず、企業のニーズにマッチしない確率が高くなってしまいます。

 

例えば、あなたの家にポスティングされたチラシを見て、「こんなチラシを家に入れても即ゴミ箱行きなのに」と思ったことはありませんか?

「チラシの内容」と「あなたの求めるもの」が合致しなければ、それはただの紙クズですよね。

転職活動もこれと一緒で、きちんと情報収集をして企業のニーズ(求めるもの)を理解したアピールをしないと、採用担当者は振り向いてくれません。

 

ですので、早く転職したい場合は、

  • 経験やスキルが生きる職場なのか?
  • 求人内容は自分に合っているか?(仕事内容や年齢など)
  • 転職理由(希望)を満たすことができるか?

最低限これら3つのポイントを意識して情報収集をしておきましょう。

情報収集にきちんと時間をかけることで、

  1. 自分に合った仕事・職場に応募できる
  2. 求人企業のニーズに応えられる
  3. 転職成功率が上がる
シュン
シュン
このような「良い流れ」ができるはずです。

早く転職したいのになかなか進まないときの対処法

さてここまで、2つのNGポイントをお話ししてきましたが、最後のNGポイントに進む前に、

早く転職したいのになかなか進まない。。。

このように「転職活動がなかなか進まない」という状況を抜け出す方法をお伝えしておきます。

 

それはズバリ、

  • とりあえず行動する
  • スモールステップを意識する

この2つです。

 

実は「転職活動がなかなか前に進まない」というのは、よくあることです。

なぜなら、人間は「恒常性」(ホメオスタシス)という性質をもっているからです。

恒常性は、生物のもつ重要な性質のひとつ。生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず、生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指す。

参照元:wikipedia

簡単に言えば、「自分の環境をある一定の状態にキープし続ける傾向」ですね。

 

つまり、これまでと違う行動(転職活動)をしようとすると、恒常性が邪魔をしてなかなか前に進めないというわけです。

とくに転職は、

  • これまで毎日通っていた職場を変える
  • 慣れ親しんだ人間関係を変える
  • ルーチン化した仕事内容を変える

このように「大きな変化」を伴うイベントなので、恒常性に打ち勝つのは想像以上に大変なことなのです。

「とりあえず」「スモールステップ」を意識する

そこでおすすめしたいのが、

  • とりあえず行動
  • スモールステップ

を意識するということです。

 

例えば、自転車は「最初の一漕ぎ」に大きな力を使いますよね。

しかし、漕ぎ出してしまえば小さな力でどんどん前に進んでいくはずです。大変なのは最初だけです。

 

「早く転職したいのになかなか進まない」と悩む方の大半は、「転職をするための行動が伴っていない」ケースが多いと言えるので、まずは

  • 簡単なことをとりあえず始める
  • それを積み重ねる

ということが大切です。

  • 経歴の棚卸しをしてみる
  • 空き時間に応募書類を作成する
  • 転職エージェントに登録する

など、スモールステップを積み重ねていきましょう。

 

スモールステップには、「作業興奮の原理」といって、

とにかくなにか手を動かすなどして作業を始めると、次第に気分が乗ってきて、やる気が出てくる。

このような効果を得る狙いもあります。

シュン
シュン
いきなり何十社応募、何社面接というのではなく、簡単にできることを始めることをおすすめします。

早く転職するために「何十社と転職エージェントを利用」するのはNG

最後のNGポイントは、早く転職したいからといって何十社もエージェントに登録するのはNGだということです。

早く転職するために「何十社と転職エージェントを利用」するのはNG

先ほどもお話ししたように、転職エージェントなどの「転職サービス」は、賢く活用するべきです。

担当のキャリアアドバイザーが「仕事探し」「面接対策」「企業とのやり取り」までサポートしてくれるので、使わない手はありません。

 

しかし、登録数が多すぎると転職活動の足を引っ張ることになりかねないので注意が必要です。

 

転職エージェントに登録を済ませると、キャリアアドバイザーやコンサルタントとやり取りが始まりますが、何十社ものエージェントを相手にするのは非常に大変です。

もちろん、登録しているエージェント数が多いだけ転職チャンスは増えますが、在職中は限られた時間で転職活動をする必要があるので、

  • どのエージェントとも親密になれない
  • どの担当者を優先すべきか迷いが生まれる
  • 選択肢が多すぎることが悩みの種になってしまう

こうしたデメリットが生まれてしまいます。

早く転職したい場合、転職エージェントは欠かせないツールですが、そのツールに振り回されてしまったら意味がありませんよね。

 

個人差があるので一概には言えませんが、転職エージェントはだいたい3社程度、多くても5社程度登録しておくのがベターです。

シュン
シュン
もしも転職エージェントに登録していないなら、まずは1社登録してキャリアアドバイザーの話を聞いてみてください。

あなたの状況を見て、「早く転職するにはどうしたらいいか」を具体的に教えてくれるはずです。

転職エージェント選びは、

  • 大手の信頼できるサービスを使う
  • 自分にマッチするサービスを使う(年代やサポートエリア)

この2つを心がけることがポイントになります。

大手のエージェントサービスは、

  • 対応が素早い
  • 転職ノウハウが蓄積されている
  • 求人企業と深いつながりをもっている

などの理由で「早く転職できる環境」が整っているので、使わない手はありません。

また、それぞれエージェントサービスごとに「得意な年代」「対応地域」が異なるケースが多いので、しっかりチェックしましょう。

 

20代の方におすすめできるのは、 大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

その名の通り、24歳〜29歳の20代の転職者を専門にしているエージェントです。

  • 20代特化の独占求人が多い
  • サポートが手厚い
  • 転職先をスピーディーに探してくれる

こんなプラスがあります。

大手マイナビのサービスだけあってキャリアアドバイザーのレベルは高く、とても安心感のあるエージェントです。

「早く転職したい」などの希望も相談しやすいので、20代なら必ず登録しておきましょう。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、上記対応エリア以外で転職する20代の方、30代以上の方におすすめしたいのが、大手リクルートキャリアが運営している「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント

人材業界最大手のサービスだけあって、

  • 求人の数が圧倒的に多い
  • 企業とのつながりが強い
  • 転職成功事例が多い

ので、安心して利用できます。

キャリアアドバイザーが親切に対応してくれるので、相談しやすいですよ。

また、サポートエリアも広いので、主要都市だけでなく全国で使いやすいサービスです。「リクルートに登録しておけば間違いない」と言う声が多いので、まずはここを活用すると良いですね。

⇒リクルートエージェント公式サイト

 

いかがでしたでしょうか?「早く転職したいならやってはいけない3つNGポイント」をお話ししました。

「転職者の80%は転職後になんらかのギャップを感じている」というデータもあるので、NGポイントを頭に入れて、焦らずに転職活動を進めてください。

シュン
シュン
転職成功をお祈りしています!
紹介した転職エージェント