転職のコツ

【転職を失敗したくない人へ】注意したい失敗例と4つの対処法

【転職を失敗したくない人へ】注意したい失敗例と4つの対処法の画像
シュン
はじめまして!
この記事は、転職成功プランナーのシュンが担当します。

「転職に失敗したくない…なかなか一歩が踏み出せない」そんなあなたへ

Aさん
転職を考えているのですが、

絶対に失敗したくないんです。

シュン
なるほど。せっかく転職したのに失敗してしまったら、精神的にもキャリア的にもダメージが大きいですからね。。。
Aさん
失敗を考えると、なかなか一歩が踏み出せなくて。。。

どうしたら失敗を避けられるのでしょうか?

シュン
失敗を避けるには、事前に代表的な転職失敗例を頭にいれておくことが大切です。

そして、

  • 同じ業界で働く人の話を聞く
  • 面接では業務の流れを確認する
  • 労働条件はよく確認する
  • 情報収集とマッチングはプロにまかせる

このあたりを意識してみてください。

詳しくお話ししていくので、参考にしていただけたら嬉しいです。

失敗したくないなら頭に入れておこう!代表的な「転職失敗例」

あなたもAさんのように「転職したいけど、絶対に失敗したくない!」とお悩みではないでしょうか?

転職は、今後のキャリアを左右したり、生活をガラリと変えるターニングポイント。失敗だけはしたくないですよね。

失敗を恐れるあまり「身動きがとれない」という人もいるはずです。

 

そこで知っておきたいのが、代表的な転職失敗例です。

転職失敗の状況は、だいたい次の5つに分かれます。

つまり、代表的な失敗例を押さえておけば、失敗を回避しやすくなるというわけです。

転職失敗談も集めたので、一緒に見ていきましょう。

転職失敗例1:給料が違う・少ない

面接で説明された給与額と違っていました。前の会社は給与が不満で辞めたのに収入はほとんど変わっていません。むしろ残業が増えた分、給与は下がったと言えるかもしれません。転職にかけた時間と努力が無駄に思えて仕事にも身が入らない状態です。(20代男性)

転職の失敗例として非常に多いのが、

  • 給料が想定と違う
  • 年収が下がってしまった

ということです。

面接時に受けた説明や求人情報の内容と実際の給与や労働条件が異なっていた、というのは、割とよくあるパターンです。

 

また、転職で年収が下がってしまい、「生活が苦しい」「家族を養えない」という失敗談もよく聞きます。

給与は、転職の失敗・成功を左右する大切な要素です。

「転職して後悔したことTOP10」のデータを見てみても、「給料が希望と異なる」は堂々の一位です。

転職して後悔したことTOP10

  1. 給料が希望と異なる
  2. 経営者や社員と合わない
  3. 社風が合わない

引用データ:DODAより一部抜粋 

給与面については、事前にきちんと確認するなどして、転職に失敗するリスクを減らしましょう。

転職失敗例2:残業が多い・休日が少ない

転職に失敗したと思うのは、異常なほどの残業の多さです。給与は上がりましたが、体が辛いので2度目の転職を考えています。(30代男性)

どう考えても最初に聞いていたより残業時間が多い。土日休みのはずがほとんど土曜は休めない。仕事をダラダラ引き伸ばすやりかたにもうんざり。(28歳女性)

面接等で残業の頻度、休日に関する説明は受けることがほとんどですが、実際に入社してみたら

  • 想定よりも残業が長い
  • 休みを取りにくい
  • 休日出勤が多い

など、ズレがあることも。そのため、転職先の残業の多さ、休日の少なさに驚いて、転職失敗を感じるケースも多いです。

転職失敗例3:人間関係が悪い

とにかく人間関係が最悪な職場でした。社長がワンマンで短気なせいでいつも社内はピリピリムード、社員同士も足の引っ張り合いが日常茶飯事で精神をすり減らす毎日でした。こりゃ転職に失敗したと思いました。(26歳男性)

  • 社長のやりかたに疑問を感じる
  • 上司や先輩社員とうまくいかない
  • 職場の雰囲気が悪い

など、人間関係がうまくいかないことも、非常に多い転職失敗談です。

 

会社には、それぞれ独自の文化や社風がありますし、一緒に働く社員同士とはいえ「合う・合わない」はあります。

人間関係や社風は、入社してみないことには分からない部分も多いため、失敗を防ぎにくい要素とも言えます。

 

しかし、「転職して良かったことTOP10」のデータを見てみると、

「転職して良かったことTOP10」

  1. 給料がアップした
  2. 社風があう
  3. 周囲の人に恵まれている

引用データ:DODAより一部抜粋 

このように、社風や人間関係は満足度につながりやすいため、転職先の雰囲気、人間関係についてはできるかぎりの情報収集をする努力が大切です。

転職失敗例4:活躍できない

年収アップとキャリアアップを目論んで転職しましたが、フタを開けてみると仕事についていけない。自分が思っていたよりもレベルが高く、肩身が狭い思いをしています。ジョブホッパーと言われそうで不安ですが、もう一度転職を考えています。(29歳男性)

転職して環境が変わると、当然仕事の進め方や働き方も変わります。活躍できるはずが、

  • 仕事についていけない
  • 結果を出せない
  • 居心地が悪い

このような状況になり、転職に失敗したと考える人もいます。

 

とくに、年収アップ・キャリアアップを目的に転職した場合、周囲の期待も大きいため、仕事がうまくいかないと、大きなプレッシャーを感じてしまいます。

プレッシャーがストレスを生み、人間関係にも亀裂を生み、悪循環になるケースもあるので、本当に自分が活躍できる場かどうかはきちんと見極めて転職することも大切です。

転職失敗例5:希望する仕事ができない

以前から憧れていた業界に転職できましたが、やることは雑用ばかり。希望した仕事は全くできていません。正直イメージしていた仕事とギャップも感じるので、こんなことなら転職しなきゃよかったと思っています。(32歳女性)

誰しも、自分がやりたい仕事、憧れの業界で働きたいものです。

しかし、実際に働いてみると、理想と現実には大きなギャップがあったり、やりたい仕事を任せてもらえないこともあります。

 

また、転職の目的がブレていると、転職が失敗しやすいことも頭に入れておいてください。

とりあえず転職を決めた私が悪いのですが、この仕事をこれからずっと続けていきたいとは思えません。もっとちゃんと考えて転職先を決めれば良かった。(25歳女性)

すべてパーフェクトに満足できる転職はそうそうありませんが、「なんのための転職か」は最低限ハッキリさせておきましょう。

転職を失敗したくないならやっておきたい3つのポイント

さてここまで、代表的な転職失敗例を見てきました。

これらを頭にいれておくだけでも、失敗を未然に防げるはずです。

 

続いては、転職を失敗したくないならやっておきたい3つのポイントをお伝えしていきます。

  • 同じ業界で働く人の話を聞く
  • 面接では業務の流れを確認する
  • 情報収集とマッチングはプロにまかせる

サクッとチェックしておきましょう。

失敗したくないなら「同じ業界で働く人の話を聞いてみよう」

転職が失敗してしまう大きな理由は、「自分のイメージと実際の仕事・職場のギャップ」にあります。

  • 転職したら給料が上がるかもしれない⇒想定よりも低かった
  • 自分がやりたい仕事ができるかもしれない⇒雑用ばかりだった
  • 煩わしい人間関係から開放されるかもしれない⇒ワンマン社長だった

この差が大きければ大きいほど、「転職に失敗してしまった」という感覚が強くなるわけです。

 

また、転職する人の大半は、「転職すれば良い方向に進む」という強い期待があるため、どうしても現実と理想にギャップがうまれやすくなってしまいます。

ですので、転職で失敗したくないなら、転職先の業界で働く人の話に耳を傾けるようにしてください。

 

1番良いのは、転職先の社員と会話をしてみたり、同じ業界で働く人の話を聞くことです。

リアルな職場情報、良いこと悪いこと、自分のイメージと差がないかを確認できるからです。

 

転職先の社員と話すのは難しいかもしれませんが、転職先と同じ業界で働く知り合いがいるようなら、一度は話を聞いてみてください。

転職に失敗する可能性をグッと低くすることができるはずです。

 

もしも、「そんな人は知り合いにいない!」という人は、Twitterなどを活用して、転職先と同じ業界で働くひと、同じ業務をしている人を検索してフォローしてみるのもおすすめです。

仕事の愚痴をつぶやいていたり、生活スタイルが垣間見えるので、参考になるはずですよ。

失敗したくないなら「転職面接では業務の流れを確認する」

転職に失敗したくないなら、面接時に「業務の流れ」「1日の流れ」を必ず確認するようにしてください。

 

先にお話したように、転職が失敗する理由は、「自分のイメージと実際の仕事・職場のギャップ」にあります。

業務の流れや1日の流れを確認しておけば、そのギャップを縮めることができます。

 

もちろん、面接官がどれだけ詳しく話してくれるかにもよりますが、

  • 仕事の進め方
  • 社風や会社の文化
  • 残業の程度

などは、必ず見え隠れするはずです。

1日の流れをリラックスして話してくれるということは、風通しのよい職場なのかもしれませんし、逆にあまり残業について語ろうとしないのであれば、残業が多いことを悟られたくないのかもしれません。

 

基本的には、質問に対して答えを濁す場合はなにかがある、と言えるので、「なにか質問がありますか?」と聞かれたら、積極的に業務の流れや1日の流れを確認しましょう。

失敗したくないなら「転職の情報収集とマッチングはプロにまかせる」

何度もお話ししていますが、転職が失敗する理由は、「自分のイメージと実際の仕事・職場のギャップ」にあります。

どうしてギャップが生まれるかというと、

  • 適切な情報収集ができていない
  • 仕事とのマッチングがうまくいっていない

この2つの理由があります。

つまり、きちんと情報収集してマッチングに気をつければ、転職が失敗する可能性をグッと低くできるわけです。

 

ですので、自分を過信せずに、転職エージェントなど「転職のプロ」の客観的な目線を活用しましょう。

 

転職エージェントに相談すれば、

  • どんな仕事(求人)が合っているか
  • スキルや経験に沿った求人はどれか
  • 年収アップや待遇アップは可能か

などを、担当のキャリアアドバイザー(カウンセラー)が膨大なデータから弾き出してくれます。

そのうえで求人を紹介してくれるので、失敗が少ない転職に結びつくわけです。

 

また、キャリアアドバイザーは、紹介する求人企業の採用担当者とつながっているので、職場の雰囲気や残業の頻度、上司や社長の人柄などもリサーチしています。

つまり、情報収集の面でも、エージェントサービスをつかうメリットは非常に大きいんですね。

 

ただし、転職エージェントと言ってもピンからキリまでいろいろありますから、大手で転職サポート実績がきちんとあるサービスを使ってください。

転職サポートが手厚い実績のあるエージェント3社

まず、20代の方におすすめできるのは、大手マイナビが手がけている「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代転職限定(24歳から29歳まで)でサポートしているので、

  • 20代に特化した求人が多く集まっている
  • サポートやノウハウがしっかりしている
  • マイナビだけの求人も多い

など、20代にはプラスのポイントが盛りだくさんです。

キャリアアドバイザーも「20代専任」なので、対応も親切丁寧。転職に不安がある場合でも相談しやすいです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト




そして30代以上の方に登録していただきたいのが、『JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)』です。

JAC Recruitment

日本で30年以上転職サポートを行っているサービスで、

  • 30代以上のミドルの転職
  • 専門職・マネジメント職
  • 日系・外資系企業への転職

などに強いエージェントです。

JAC Recruitmentを使えば、30代までに培った経験を生かした転職が可能です。

ホームページはハイクラスを押し出していますが、未経験でキャリアアップしたい場合や異業種への転職も丁寧にサポートしてくれます。

30代以上の転職には外せないエージェントですから、必ず登録しておきましょう。もちろん、サービスはすべて無料です。

⇒JAC Recruitment公式サイト

 

 

いかがでしたでしょうか?

転職を失敗したくない人のために、転職失敗例やすべきことをお話ししてきました。

  • 同じ業界で働く人の話を聞く
  • 面接では業務の流れを確認する
  • 情報収集とマッチングはプロにまかせる

これらをおさえて転職活動を進めれば、失敗のリスクをググッと減らせるはずです。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

【この記事でご紹介した転職エージェント】