転職のコツ

転職の成功を引き寄せる!強みを伝える自己分析のススメ

転職の成功を引き寄せる!強みを伝える自己分析のススメの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

転職を成功させている人がしていることの1つは、
「徹底した自己分析」なんです。

この記事では、
「転職成功を引き寄せる、自己分析のコツ」
をお伝えします。

転職の成功を最終的に引き寄せるのは徹底した自己分析

Aさん
最近受けた面接は、最終面接まで残ったのに不採用でした。

どうして、他の応募者に決まってしまったのでしょうか。。。!?

シュン
そうですね。。。最終面接まで残ったのなら、同じような実力の応募者が1つの椅子を争うようなものです。

面接官も採否の判断には苦労したと思いますよ。

そんな時にどこで差がつくかというと、「その応募者だけの強みは何か?」ということです。

Aさん
なるほど、ライバルに差をつけるには自分だけの強みが必要というわけですか…
シュン
そうです。

他の応募者に差をつけるためには、Aさんだけの「経験」「強み」をしっかりアピールする必要があるんです。

Aさん
たしかにおっしゃる通りだと思います。

ただ、私に魅力的な「強み」があるのか自信がないですが…

シュン
そうでしょうか!?Aさんは、徹底した自己分析をしましたか?

社会人経験があるなら、全く強みがないということはありえません。

それはきっと、転職の自己分析が十分にできていないだけだと思います。

Aさん
自己分析は一応しましたが、足りないのかな。。。
シュン
もしも、30分や1時間足らずで自己分析を終えていたら、自己分析不足と言えます。

転職を考えているなら、1日か2日、、、もしくはそれ以上、徹底的に自分と向き合う時間を取ってみることをおすすめします。

そうすれば、自分の魅力・強みが自己分析によって見えてきますよ

スポンサードリンク

転職で内定をもらうため必要なのは『徹底した自己分析』

転職で内定をもらうため必要なのは『徹底した自己分析』の画像

転職活動で大切なことは「他の応募者にはない自分だけ強みを、応募企業に魅力的に提示すること」です。それを可能にするのは、徹底した自己分析なのです。

 

例えば、自社商品の良さや魅力を、よく知らないままにプレゼンを行うことはありませんよね。

仮に行なった場合、そのプレゼンを聞く人には全くその魅力が伝わりません。まして、「使ってみたい」「買ってみたい」なんて絶対に思ってもらえないはずです。

  • こんな機能が他社よりも優れています
  • こんな時に便利です
  • こんなメリットがありますよ
  • 使わないと損ですよ

と、その商品の良さや魅力を分かりやすく伝える必要があるのです。

 

これと一緒で、自分の強みや魅力を理解できていない状態で面接を受けても、採用してもらえる確率は低いです。

まずは、「徹底した自己分析」をして転職活動に備えましょう。

スポンサードリンク

転職の自己分析を進める時に押さえておきたい4つのポイント

転職の自己分析を進める時に押さえておきたい4つのポイントの画像

それでは、具体的にどうやって自己分析を行えば良いのでしょう?

実は、転職の自己分析を進めるときに気をつけておきたいポイントは4つに絞られます。

  • 書きやすいものから順番に
  • 具体的・詳細に書く
  • 時間をとって集中して行なう
  • 見直してブラッシュアップする

自己分析は、「書くことが見当たらない…」と考えこんでしまうと一向に進まないので、書きやすいものスタートしましょう。

なにかを書き進めるうちに、「そういえば、あんなことがあった」「こんなこともあるな」と記憶が蘇ることが多いものだからです。

 

また、なるべくたっぷりと時間をとって、具体的に書き出すのもポイント。転職の自己分析は、書類作成や面接対策にもしっかり役立つので、じっくり取り組んで損はありませんよ。

そして、転職活動中も気がついたことがあれば、その都度ブラッシュアップしていくことも大切ですね。

スポンサードリンク

これだけはやっておきたい「転職の自己分析」おすすめの項目まとめ

これだけはやっておきたい「転職の自己分析」おすすめの項目まとめ

ここからは、「これだけはやっておくべき自己分析の項目」をお話していきます。

  • 情報がゴチャゴチャするのを防ぐ
  • 後から情報を付け足しやすくする

これらの理由から、自己分析は項目別にしっかり分けて進めるのがおすすめです。

「性格・行動特性」

どんな性格・行動をよくとるか?
(ヒューマンスキルは?)

「興味」

  • 自分の興味のあることは?
  • 充実感を得られるのはどんなとき?
  • 不満足に陥るのはどんなとき?
「価値観」

  • 自分の価値観とは?
  • 転職で何を1番に成し遂げたい?
「職務経験」

  • 在職期間
  • 勤務先名
  • 所属部署
  • 勤務地
  • 役職
  • 職務内容
  • 職務実績
「研修等」

  • 研修の内容
  • 研修の期間
  • どんな機関の研修か
「スキル・キャリア」

  • 免許
  • 資格
  • 取得年月日
  • どう役立ったか?
  • 今後どう役立つか?
  • 評価されたこと
  • 周りに喜ばれたこと
「できること・やりたいこと」

  • 転職先でできること
  • 転職先でやりたいこと
「今後の目標」

  • 5年後の自分はどうありたい?
  • 10年後の自分はどうありたい?

自分の強みを自己分析で客観視できれば転職成功は近い

自分の強みを自己分析で客観視できれば転職成功は近い

いかがでしたか?転職の自己分析は、「職務経験を思い出す事」と思っている方が多いですが、重要なのはそれだけではありません。

  • 自分の性格
  • 価値観
  • 今後の目標

なども含めた、ついつい見逃してしまうことをしっかり拾い上げて「自分」という人間を客観視することが大切です。

そうすれば、転職で必要な「強み」「魅力」に気付けることはもちろんですが、今後の人生を考えるきっかけにもなるはずです。

「他の応募者に負けないように!」と考えることはもちろん大切ですが、自分だけの「強み」「魅力」を自己分析で見つけて、それを面接官に伝えられるように取り組んでみてくださいね。

 

こちらの記事では、転職をするときに「まずやること」をまとめてお話しています。合わせてご覧ください。

はじめての転職。知っておきたい「まずやること」まとめの画像
はじめての転職。知っておきたい「まずやること」まとめ 転職をするときに「まずやること」は何!? 転職失敗を防ぐためにまずやりたいことは「転職理由を明...
スポンサードリンク