転職のコツ

もっと自分らしく働く!32歳の転職を成功させるコツ。

もっと自分らしく働く!32歳の転職を成功させるコツ。の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「32歳の転職を成功させるにはどうしたらいいのか…」
不安になりますよね。

この記事では、
「32歳の転職を成功させるコツ」
をお話しますね。

32歳の転職を成功させるためにはどうすればいいの!?

Aさん
私は今年で32歳になったのですが、転職を考えているんです。

でも、このタイミングで成功できるか不安で、なかなか踏み出せなくて。

転職を成功させるコツってありますか?

シュン
なるほど、32歳の転職を成功させるコツですね。

まず、32歳で転職をするのはタイミング的はベストとも言える時期です。

そして、次の3つがコツですね。

転職理由を明確にしてブレずに進む

スピーディーに転職するのが成功率を高める

培った経験は魅力的にアピールする

詳しくお話していきますね。

実は32歳の転職は成功する人が多いって本当!?

「いよいよ30代か…」と気持ちを新たに30歳を迎えた人も多いと思いますが、少し落ち着きを取り戻すのが32歳という年齢ではないでしょうか。

とはいえ、うかうかしていると35歳は目前ですし、「転職をするなら今が最後のチャンスかもしれない」と転職を志す人も多いはずです。

しかし、転職は若いほうが有利と言いますし、28〜30歳が最も転職のニーズがある年代というのが通説です。タイミング的に、「32歳の転職は少し遅いかも!?」と不安を感じる方もいるかもしれませんね。

しかし実は、32歳の転職は、平均的にもっとも成功率が高い年齢なのです。

転職成功の平均年齢は31.8歳。32歳前後がもっとも成功している

「転職成功者の年齢調査」というデータによると、転職に成功した人の平均年齢は、31.8歳。つまり、32歳前後で転職に成功する人が最も多いことが分かっています。

イメージ的には「20代が有利なんじゃない?」という人が多いと思いますが、同データで年代別の転職成功者の割合を見ても、こんな結果が出ています。

ここ8年間で、25歳〜29歳の転職成功者の割合は、約10%減っているのに対して、

30歳〜34歳 ほぼ横ばい
35歳〜39歳 6.5%上昇
40歳以上   約10%上昇

と、ミドル層以降の成功率が増えているのです。

つまり、30代以降の転職者を求める企業は確実に増えていて、転職に成功する可能性が以前より増しているというわけです。

もちろん、転職する業界やあなたの経験やスキルに左右されるのも確かですが、経験やスキルをしっかり積んだ32歳の今だからこそ、自分らしく働ける場に転職できるチャンスだとも言えます。

ここからは、32歳の転職を成功させるコツを3つに絞ってお話していきますね。

32歳の転職理由をハッキリさせてブレずに進もう

32歳で転職を成功させている人の特徴と言えるのが、転職する理由を明確にしているということです。

こういうやりたい仕事がある

この分野で経験を積みたい

こんな不満を解決して前に進みたい

前向きな理由なら尚良いですが、たとえ不満やネガティブな理由でも、何を軸に転職を進めるかが決まっている人は強いです。

それに対して、「なんとなく良い会社に転職できたらいい」「今よりも良い給料でやりがいのある仕事ができたらいい」というように、どこか漠然とした理由だと、求人選びの時点で軸がブレてしまっていることが多いです。

その結果、転職する理由がよくわからないままに進めて「なかなか内定が取れない」「転職したけど不満」というように失敗してしまうのです。

とくに32歳で転職する場合は、その転職先で腰を据えて充実した30代を送りたいところです。なぜ転職するのかをハッキリさせて、ブレずに進むのが転職を成功させるコツと言えますね。

もしも転職理由がハッキリしているなら、転職が成功しやすい人ですからどんどん進めるべきですし、理由がブレてしまいそうなら、よく考えてから転職活動を開始するといいですよ。

ダラダラ長引かせないスピーティーさが32歳の転職を成功させる

次に大切なのは、32歳の転職活動はなるべく長引かせずに、スピーディーに済ませるのが転職成功のコツだということです。

これを裏付けるのは、リクナビネクストが発表している「30代前半転職の実態調査」のデータです。

これを参考にすると、30代前半の転職者は、

転職活動1〜3ヶ月の間に4割が転職を成功させている

応募企業社数は1〜5社で内定を得ている人が5割以上

というように、とにかくスピーディーに転職を決めているケースが圧倒的なのです。

そもそも転職活動は、かなり神経や体力を使うものですし、長い期間をかけて行なうと、あなたの状況も随分変わってしまいます。いつまでも32歳というわけでもありませんよね。

また転職活動中は、現職に対しては、「辞めるわけだし…」という気持ちから力を注ぎにくいですし、かといって転職先が未定だとなかなか気持ちの切り替えができません。

これが長引くと、あなたにとって良いことではないので、転職を決めたら1〜3ヶ月で結果を出すことを目標にするのがおすすめです。

そうすれば、データが示しているように32歳の転職が成功しやすくなりますよ。

培った経験を魅力的にアピールすることが32歳の転職を成功に導く

32歳で転職を考えている人は、

経験職でキャリアアップしたい人

未経験分野に新たにチャレンジしたい人

大まかにこの2通りに分かれるはずです。

経験職へ転職するほうが評価はされやすく、32歳で未経験分野への転職は、それなりに難しい、ということは何となくお分かりかと思います。

しかし、いずれのケースでも32歳まで培ってきた経験やスキル、人間力などを適切に魅力的にアピールすることが、転職を成功させるためには欠かせないコツなのは確かです。

どういうことかというと、たとえ未経験分野の仕事でも、これまでの経験やスキルが全く役に立たないということはありません。

あなたの経験やスキルを

どういう角度から見るか

いかに魅力的に見せられるか

を適切に考えてアピールすれば、転職の成功は随分変わってくるということなのです。

経験職でキャリアアップのために転職するときも同様で、たとえ良い成績を残していても、それをただ羅列しただけでは、あなたらしさや良さが伝わりきりません。

32歳で様々な経験を積んでいるからこそ、

応募企業の求める人材像をしっかり把握する

そこに合った経験やスキルを強調して魅力的に伝える

ということを意識して転職活動を進めることが、転職を成功させる最も重要なコツと言えますね。

しかし、「応募企業の求める人材像を把握して、それを自分の経験やスキルと結びつけて魅力的にアピールする」というのは、言葉では簡単ですが、実際はなかなか難しいことです。

そこでおすすめなのは、転職エージェントを利用してキャリアアドバイザーに相談しながら転職を進めることです。

転職エージェントを利用したほうが32歳の転職はスムーズに進む

転職エージェントというのは、登録をすると、

希望や経験・スキルに合致した求人紹介

応募企業の詳細な情報提供

自己分析などキャリアカウンセリング

応募企業とのやり取りや年収交渉

などを、キャリアアドバイザーといわれる担当者が無料でサポートしてくれるサービスのことです。

キャリアアドバイザーに相談すれば、32歳の転職で使える経験やスキルを客観的に判断してもらえますし、希望や経験を加味した上で求人を探し出してもらえるので、効率的に自分に合った形で転職活動を進めることができます。

つまり、求人企業が求める人材像と、あなたの希望や経験・スキルが上手く噛み合った形になる可能性が高いということですから、当然内定率は上がるというわけですね。

また転職エージェントは、一般的には遅くとも3ヶ月程度で転職内定までサポートを完了したいと考えるので、転職をスピーディーに行なうためにもキャリアアドバイザーにサポートしてもらうのは有利ですよ。

とくにおすすめできる転職エージェントは、30代前半の転職に力を入れている「DODA」です。

人材業界大手のパーソルキャリア(旧:インテリジェンス)が運営している「DODA」は、転職支援に歴史があるサービスのため、経験豊富なキャリアアドバイザーが多く、とても親切で的確なサポートをしてもらえます。

32歳の転職では、経験値の高いキャリアアドバイザーに経験やスキルを見てもらって求人を紹介してもらったほうが確実です。

そういう意味で、DODAのサービスが最もおすすめできますね。

公式【DODA】

 

シュン

いかがでしたか?
32歳の転職を成功させるコツをお話してきました。

先にお話しように、32歳の転職は成功率が高いですし、自分らしく働ける場を目指すのも良いタイミングと言えます。

転職理由を明確にしてブレずに進む

スピーディーに転職するのが成功率を高める

培った経験は魅力的にアピールする

これら3つのコツを参考して、転職を進めていきましょうね。