20代転職のコツ

29歳で未経験職へ転職するためのコツを解説【成功を引き寄せる】

この記事を読んでいるということは、

29歳で未経験職に転職するのは厳しい?
転職したいけど、29歳で転職失敗はこわい…。

このように悩んでいるのではないでしょうか?

もうすぐ30代に突入するだけに、転職やキャリアチェンジは慎重になりますよね。

シュン
シュン
はじめまして!転職成功プランナーのシュンです。

ぼくも20代で転職経験があるので、不安な気持ちは理解できます。

 

しかし、結論から言うと、未経験職へ転職したいなら29歳の今がチャンスです。この時期を逃してしまうと、キャリアチェンジなどの転職は厳しくなる一方です。

 

そこでこの記事では、未経験職への転職を不安に感じている方に向けて、

  • 29歳はチャンスと言える理由
  • 企業が29歳の転職者に期待するポイント
  • 転職に不安を感じたときにやるべきこと

以上3つのトピックスをお伝えします。

シュン
シュン
悩んでいるより動いてみることが大切です。
参考にしていだけたら嬉しいです。

「29歳は未経験職へ転職するチャンス」と言える理由

では、「どうして29歳は未経験職へ転職するチャンスと言えるのか」その理由からお話ししていきます。

「どうして29歳は未経験職へ転職するチャンスと言えるのか」

それはズバリ、30代以降になると未経験者を採用する企業がグッと減ってしまうからです。

 

未経験者を積極的に採用する企業も、

  • 「できれば若い人材がほしい」
  • 「年齢的には20代まで」

このように考えているケースが少なくありません。

こうした傾向は、年齢別【異業種・異職種への転職者の割合】をリサーチしたデータにも表れていて、

【異業種転職者の割合】

  • 25〜29歳 63.4%
  • 30〜34歳 54.0%

【異職種転職者の割合】

  • 25〜29歳 36.7%
  • 30〜34歳 28.8%

引用データ:「異業種・異職種転職の実態」DODAより一部抜粋

このように、20代と30代では約10%もの開きがあります。

29歳と30歳は年齢的に1年しか変わりませんが、「30歳」で線引きをしているケースは多く、年齢で落とされることも増えます。

 

ですので、29歳で「未経験職へ転職したい」「キャリアチェンジを叶えたい」と思っているなら、今がチャンス。

シュン
シュン
少しでも転職を考えているなら、29歳のうちに動き出すことをおすすめします。

転職歴が増えるとマイナス!?おさえておきたい転職回数の印象

29歳で転職を考えている方のなかには、

  • 「これで2回目の転職。転職歴が増えて不安」
  • 「20代で3回の転職は多すぎ!?」

このように、転職回数が増えることを不安に思っている方もいるかもしれません。

 

20代の転職回数に関しては、「3回」がひとつの目安になることを頭に入れておいてください。

 

その根拠は、以下のデータ結果にあります。

Q:転職歴は何回目くらいから気になりますか?

  1. 3回     36%
  2. 5回     18%
  3. 4回     12%
  4. 2回      8%
  5. 1回      8%
  6. 6回      4%
  7. 10回以上   3%
  8. 気にならない 11%

参照データ:転職歴は何回目くらいから気になりますか?リクナビNEXT

これは、「転職歴は何回目くらいから気になるか」を採用担当者にアンケート調査したデータです。

3回目の割合がずば抜けて高いですよね。

つまり、転職歴3回目以降はマイナスに働く可能性が高くなると言えるわけです。

 

ですので、29歳の転職が「3回目以降の転職」の場合は、あらかじめ転職歴に注目を集めることを意識して、

  • どうして転職をする必要があったのか
  • 転職して得たこと・気づいたこと
  • 転職後はどうしていきたいか

このあたりのフォローを練っておくと安心です。

短期間で転職を繰り返した過去があっても、転職理由に一貫性を持たせたり、「今度は腰を据えて働きたい」という思いを伝えれば、20代には転職チャンスがたくさんあります。

「転職から何を学んで、これからどう活かすのか」を積極的に伝えましょう。

 

逆に「はじめての転職」「転職回数が1〜2回目」という場合は、転職回数を気にせずに

  • どうして未経験職に転職したいのか
  • 転職後はどんなキャリアを積みたいか

この2点をきちんと伝えられるように準備しておくことをおすすめします。

企業が29歳の未経験転職者に期待する3つのポイント

29歳で未経験の転職を成功させるには、「企業は未経験者に何を期待しているか」を知る必要があります。

企業が29歳の未経験転職者に期待する3つのポイント

なぜなら、いくらスキルが高く経験が豊富でも、求人企業のニーズとかけ離れたアピールをしたら採用されないからです。

 

ここからは、未経験者が採用されるのはどんなケースが多いのかをお伝えしていきます。

主な3つのケースを見ていきましょう。

異業種や異職種のスキル・経験を持つ人材が必要なケース

 

異業種・異職種のスキルや経験を持つ人材が必要なケース

1つめは、「異業種・異職種のスキルや経験をもつ人材が必要になった場合」です。

求人の年齢制限は「企業が発しているメッセージ」で感じ取る画像

例えば、会社が新規事業を立ち上げるとき、社内に

  • その事業に詳しい人材
  • その技術を持った人材

がいないケースがありますよね。

そんな場合に、新規事業の業種・職種経験がある人材、または全くの未経験者を積極的に迎え入れるケースです。

 

この場合、未経験でも「これまでに積んだ経験」「スキル」が重宝されることが多いので、前職の実績や経験がプラスに働き、高待遇で転職できるチャンスもあります。

新しい風を取り込んで既成概念に囚われない取り組みが必要なケース

2つめは、企業が新しい風を取り入れたい場合、既成概念にとらわれない取り組みが必要になった場合です。

新しい風を取り込んで既成概念に囚われない取り組みが必要なケース

例えば、「これまで社内にいないような人材」「別の経験を積んだ人材」を意図的に採用して、会社を活性化したい場合。

もしくは、新しいアイデアをもつ人材や既成概念に囚われない人材を取り入れて新しい風を吹かせたい場合、などです。

 

業種は限られますが、ウェブサービス・クリエイティブ系の企業ではこうした採用活動は行われやすいので、29歳で、

  • 「新しいチャレンジがしたい」
  • 「一味違ったキャリアを築きたい」

という場合は歓迎されるはずです。

事業や会社組織の安定化を目的とした採用

最後3つ目は、

  • 「単純に人員補充・増員をしたい」
  • 「新人を育てていきたい」
  • 「人手不足を解消したい」

といった、事業や会社組織の安定化を目的とした採用です。

「未経験者歓迎の求人」で最も多いケースと言えます。

異業種や異職種の人材を取り入れて会社組織を活性化させたい

この場合、経験やスキルが一度リセットされるイメージですが、29歳で未経験職に転職するなら、「1からがんばる・手取り足取り教えてもらう」という姿勢はNGです。

 

20代前半なら、「何もわからないのでこれから勉強します」という姿勢で通用するかもしれませんが、社会人経験を積んだ29歳を採用する企業は、ある程度の

  • 即戦力性
  • 自立性

を求めています。

また、未経験歓迎の求人を出す企業のなかには、あえて異業種・異職種の人材を採用して、その経験を利用したいと考えているケースもあります。

 

ですので、これまでの経験から活かせることをきちんと考えて応募書類や面接の対策をしましょう。

「29歳で転職失敗はこわい」不安なときこそ転職活動を始めてみる

冒頭でもお話しましたが、

転職したいけど、29歳で転職失敗はこわい…。
失敗したらキャリアが台無しになってしまうかも。。。

このように、転職が失敗しないか不安を感じている方は多いはずです。

とくに、29歳まで転職経験がない場合や、同じ業界に長く勤めている方はなかなか一歩が踏み出せませんよね(ぼくもそうでした)。

 

そこでおすすめしたいのは、「まずは小さく転職活動をはじめてみる」ということです。

まずは小さく転職活動をはじめてみるイメージ画像

ただし、転職活動と言っても、仕事をすぐに辞めたり、退職届を出してしまうのではなく、転職後の可能性を予測することがポイントです。

 

29歳の転職に不安を感じる背景には、

「この先どうなるかわからない」

「成功するとは限らない」

こんなイメージがあるはずなので、在職中にきちんと情報を集めて「転職後の自分」を予測することからはじめるのがセオリーです。

 

情報収集をして、

  • どんな職場に転職できる確率が高いか
  • 希望や要望は叶うのか
  • 給料や待遇はどうなるか

など現実的な予測ができれば、転職に対する不安はグッと和らぎます。

シュン
シュン
転職に対する不安は、悩めば悩むだけ大きくなってしまうので、悩むくらいならまずは情報収集に力を注ぎましょう。

「転職後の自分」を予測するための情報収集のしかた

では、「転職後の自分」を予測するにはどのような情報収集が有効なのでしょうか。

どんな企業に転職できるかなんて、自分にはわからない。。。
給料や待遇の予測も難しい…。

このように思う方が多いはずです。

 

ズバリおすすめは、求人情報サイトと転職エージェント系のサービスの併用です。

29歳で転職を考えている方の大半は、リクナビNEXTなどの「求人情報サイト」で転職先を探しているかもしれません。

しかし、それだけでは情報収集が不十分です。

 

キャリアアドバイザーやコンサルタントに相談できるエージェントも活用すれば、現実的な線の

  • どんな職場に転職できる確率が高いか
  • 希望や要望は叶うのか
  • 給料や待遇はどうなるか

などは予測してもらえます。

そうすれば転職に対する不安は軽減されるので、エージェント系サービスを賢く活用していきましょう。

シュン
シュン
29歳で未経験職への転職は失敗できませんよね。
使えるものはどんどん活用して転職成功率を高めましょう。

20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切

ただし、転職エージェントは20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切です。

20代の転職に特化しているエージェントのほうが、

  • 転職先を紹介してもらいやすい
  • 良い条件で転職しやすい
  • 経験不足でも内定が得やすい

などのメリットがあるからです。

 

大手マイナビ系列の「マイナビジョブ20’s」は、名前のとおり20代の転職に特化したエージェントサービスです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代の転職を専門的にサポートしているので、

  • 社会人経験が少なくても応募できる求人が多い
  • 第二新卒でも相談しやすい
  • はじめての転職に最適

安心して利用できるエージェントサービスです。

サービスの対象地域は、

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

リクルートエージェント
公式サイト≫