20代転職のコツ

転職したい24歳は考えておきたい『とっても大切な3つのこと』

転職したいけど、
なかなか踏み出せない…

このように悩んでいませんか?

24歳で転職を考えているということは、

  • 大卒なら2年程度
  • 高卒なら5〜6年

社会人経験を積んでいるはずです。

仕事にも慣れてきたこの時期に、

  • 不満を我慢していたけどそろそろ状況を変えたい
  • 2年仕事を続けたけど自分には向いてないと思う
  • 他にやりたいことが見つかったので挑戦したい

このように、自分の仕事について「これからどうしようかな?」と思いを巡らせる人も多いはずです。

シュン
シュン
はじめまして!転職成功プランナーのシュンです。

この記事では、そんな「24歳で転職に悩む方」に向けて、転職をするなら必ず考えておきたい3つのことをお伝えしていきます。

  1. 第二新卒の需要は増えている
  2. 転職活動で気をつけたいポイント
  3. 希望する職種によって求められる資質は違う
  4. 企業が求める人材像にマッチすることが大切

24歳前後の第二新卒者は需要が大きい=転職チャンスが多い

まず最初に考えておきたいのは、24歳前後の転職者は需要が大きいということです。

いざ転職をしようと思っても、

まだまだ経験もスキルも足りないと思うし、
24歳で転職は不安だな…

と悩む人は多いと思いますが、20代で早めの転職を狙うなら「24歳」という年齢は良いタイミングと言えます。

 

それはなぜかというと、世間的には「第二新卒」の転職者を求める企業が年々多くなっているので24歳前後は転職がしやすい状態にあるからです。

以前はどちらかといえば、「最低3年以上経験を積まないと転職は厳しい」という風潮でしたが、現在は「第二新卒だからこそ採用したい」と考える企業が増えています。

転職市場の動向としては、24歳の第二新卒者に対する需要は高まっているというわけです。

もちろん、きちんと準備をする必要はありますが、この転職チャンスを活かすことは賢い選択かもしれません。

24歳の転職活動で気をつけておきたいポイント

「24歳の第二新卒者は転職しやすい状況にある」とお伝えしましたが、注意したいポイントもあります。

適当に転職活動を進めても、自分の希望どおりに転職は進みません。

逆に、第二新卒者を狙うブラック企業の餌食になってしまう…なんてこともあります。

 

そこで、24歳の転職成功させるためのポイントとして押さえたいのが、

  • 希望する職種によって企業が求める資質は違うこと
  • 企業のニーズにマッチした人材だとアピールすること

この2つです。

 

新卒の就活は、「やる気や熱意」「自分中心の売込み」で内定を取れることもありますが、転職では自分勝手な自己PRばかり展開しても採用担当者の心には響きません。

 

やる気や熱意があることは前提条件で、そこに、応募企業が求める

  • 人物像
  • 経験
  • スキル

これらをきちんと見極めて、企業のニーズに合わせたアピールをすることが大事です。

 

第二新卒者を受け入れる企業は、経験やスキルよりも「人物像」や「素直さ・謙虚さ」を重要視する傾向にはありますが、どんな些細なことでも構わないので「自分はプラスになる存在」というアピールをすることが大切です。

 

「まだ24歳だし、売りになる経験やスキルを持ち合わせていない…」と不安になる人もいると思いますが、そこをきちんとアピールすることがライバルと差をつけるポイントになるのでぜひ考えてみてください。

 

24歳の転職活動は、

「やる気・熱意のアピールが7割」

「経験・スキルのアピールが3割」

くらいの気持ちで臨むのがおすすめです。

希望する職種によって企業が24歳転職者に求める資質は違う

24歳で転職を考えている人の中には、

  • 若い内にキャリアチェンジしたい
  • 第二新卒のチャンスを活かして異業種に…

というように、職種や業種を変えようと考えている人もいるはずです。

 

同業種・同職種に転職する場合でも、新卒の就職とは違って社会人経験があるので、

  • 応募する職種や業界で求められる資質を理解しておく
  • これまでの経験から活かせるものを取捨選択しておく

この2つが大事になってきます。

「この職種では、こんなスキルや性格が求められている」ということをきちんと下調べして、企業のニーズに沿ったアピールをすることが必要です。

 

また、24歳の転職で失敗する人の多くは、

  • 自分のアピールしたいことのみを伝えている
  • 転職したらどう貢献できるかを示せていない

この2つに陥っていることが多いです。

応募する企業が求めていることをよく下調べしないと、いくら能力や適性があっても、的はずれなアピールを繰り返して相手にはそれが伝わりません。

 

つまり、職種別に企業が求めそうな資質を知っておくことが大切です。

ここからは、代表的な職種別に「求められる資質」をまとめてみたので、チェックしてみてくださいね。

企業が「営業や販売」に求める24歳転職者の資質とは?

  • 積極性があり新規顧客開拓を行える
  • 仕事に対する目標達成意識が強い
  • 顧客に明るい笑顔で対応できる
  • 顧客のニーズをキャッチできる

とくに営業職の場合は、精神面の強さを期待されます。

実績を求める企業も多いので、これまでの仕事ぶりを整理しておくことは必須です。

 

また、営業や販売が未経験の場合は「コミュニケーション力」「目標達成力」をアピールしていきましょう。

企業が「事務職」に求める24歳転職者の資質とは?

  • PCのスキルが高い(WORD、EXCEL、PowerPointなどのオフィス系は必須)
  • 社員や顧客のことを気遣える
  • 積極的に自ら仕事を実行できる
  • どんな仕事にも工夫や改善の努力ができる

事務職は、カバーする仕事の範囲が広いだけに、様々な能力を期待されます。

部門が分かれている場合は、専門的な知識も要求されます。

 

また、事務職が未経験の人は「事務は指示通りに動いていればいい」というイメージがあるかもしれません。

しかし、仕事への向上心が無いと、多岐に渡る事務業務をこなせないことを頭に入れておきましょうね。

企業が「技術系職」に求める24歳転職者の資質とは?

  • 技術を常に磨く姿勢がある
  • チームを組む場合は組織への適応力がある
  • コミュニケーション能力がある
  • 柔軟な新しい考え方を持っている

技術系職種は、やはり技術力を中心に経験やスキルの有無を期待されます。

専門性が高ければ高いほどに、これまでの経験を具体的に伝える必要があります。

 

未経験の場合は、前職を振り返って活かせる経験を伝えるのがベターですが、「新人を積極的に採用したい」と考える企業もあるので、コミュニケーション力や柔軟な考え方を示してアピールするのもおすすめです。

企業が求める人物像にマッチするかが24歳転職では重要!

さてここまで、「職種別の求められる資質」をお話してきました。

どんなポイントをアピールすれば良いか、見えてきたでしょうか?

 

しかし、24歳の転職でもうひとつ押さえておきたいのが、「応募企業の求める人物像にマッチしているか」です。

 

職種別に必要な資質はどんな企業でも似通っていますが、「求めている人物像」になると、それぞれの企業で細かく異なります。

例えば同じ営業職でも、

  • A社「新規開拓ができる精神的に強い人がほしい」
  • B社「既存営業をしっかりこなす信頼度の高い人がほしい」

というように、「人物像」が違うとアピールポイントがかなり異なることが分かりますよね。

 

A社に対して、「私は周りからの信頼が厚く、安心して仕事を任せられると評判でした」とアピールをしても、大きな評価には結びつきません。

本当に難しいのは、企業が求める人物像とのマッチングです。

企業が求める人物像を理解して24歳の転職を成功させる方法とは?

企業が求める人物像は、求人票や企業HPからはボンヤリとしか読み取ることができません。

例えば、

この企業は、既存営業を募集しているから、信頼できる人物だということをアピールしたらいいかな、、、

と企業情報から判断しても、企業の本音は、実は将来的には新規開拓の担当も視野に入れている…というケースが無いとも言い切れません。

 

ですから、細かい企業情報を収集するために、転職支援サービスを活用するのがおすすめです。

転職支援サービスというのは、キャリアアドバイザーという担当者が、

  • 希望に合った求人紹介
  • 応募企業の求める人物像の情報提供
  • 面接対策や応募書類のアドバイス
  • 応募企業との交渉

などを無料で行なってくれるサービスです。

求人を出している企業がお金を払う仕組みなので、転職者は無料でサービスを利用でき、企業情報を深く知ることができます。

 

キャリアアドバイザーは、企業の採用担当者に求人背景などを聞き出していたり、企業訪問をしています。

つまり、

  • 求めている人物像
  • 詳しい仕事内容
  • 職場の雰囲気
  • 上司の人柄

などを把握しているので、詳しい企業情報を教えてもらうことができるというわけです。

 

とくに24歳の転職は、”転職”自体が初めの人が多いと思うので、右も左も分からない状態だと思います。

これだと、転職活動をうまく進めるのは難しいですよね。

 

また、24歳で転職に失敗してしまうと、やり直しが難しくなりますし、20代の貴重な時間を棒に振るのは本当に勿体ないです。

 

ですから、キャリアアドバイザーを有効に活用して、

  • 自分に合った会社を選ぶ
  • 企業が求める人物像を把握する
  • 企業の詳細情報を集める

などして、転職活動を進めると良いですよ。

20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切

また、24歳の転職では、大手のエージェントのなかでも「20代の転職に強いサービス」を選びましょう。

20代の転職に特化しているエージェントのほうが、

  • 転職先を紹介してもらいやすい
  • 良い条件で転職しやすい
  • 経験不足でも内定が得やすい

などのメリットがあるからです。

 

大手マイナビ系列の「マイナビジョブ20’s」は、名前のとおり20代の転職に特化したエージェントサービスです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代の転職を専門的にサポートしているので、

  • 20代に特化した求人が多い
  • 不安や悩みの相談がしやすい
  • はじめての転職に最適

安心して利用できるエージェントサービスです。

サービスの対象地域は、

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

リクルートエージェント
公式サイト≫