20代転職

ライバルと差がつく!20代前半の転職を成功させる方法

ライバルと差がつく! 20代前半の転職を成功させる方法の画像
シュン
アドバイザーのシュンです。

20代前半の転職は、社会人経験が浅いだけに不安になりますよね。

この記事では、
「20代前半の転職を成功させる方法」
をお伝えしますね。

20代前半の転職を成功させるにはどうしたらいいの!?

Aさん
私、新卒で入社した会社に、まだ2年しか勤めていないのですが、、、転職を考えているんです。

20代前半で転職を成功させるにはどうしたらいいのでしょうか?

シュン
なるほど、20代前半の転職ですね。

はじめての転職だと思うので、いろいろと不安なことが多いですよね。。。

Aさん
そうなんです…
シュン

転職成功のポイントを3つあげると、

  • やる気と熱意をしっかり伝える
  • 企業は20代前半に何を求めているか知る
  • 20代前半に強いエージェントを使う

これが、ライバルと差をつける方法ですね。

もう少し詳しくお話ししていきますね。

20代前半の転職はマイナス!?過度に気にする必要がない理由とは?

20代前半の転職はマイナス!?過度に気にする必要がない理由とは?

この記事を読んでくださっているあなたも、20代前半の転職を考えている最中だと思います。

実はぼくも24歳で転職した経験があるので、不安な気持ちがよくわかります。

仮に転職理由は前向きなものだったとしても、「新卒で入社した会社を数年で転職…大丈夫かな!?」と不安を感じているのではないでしょうか?

 

それはきっと、

  • 社会人経験の少ない
  • スキルが足りない
  • 早期離職がマイナスになるかもしれない

という思いがあるからだと思います。

 

しかし結論から言えば、20代前半の転職は、社会人経験やスキルが足りなくても、それが大きな問題になることは少ないです。

職歴1年未満などの早期離職はマイナスになりますが、きちんと今後のビジョン(どう成長していきたいか)を持って転職を進めれば、振り向いてくれる企業はたくさんあります。

 

とくに、20代前半から25歳くらいまでは、第二新卒枠の求人に応募できますし、受け入れる企業側も「経験やスキルが不足している」という事実を把握した上で採用を考えています。

 

ですから、過度に20代前半の転職をマイナスと考えないで、転職を成功させるコツを掴むことに注力するといいですよ。

ここからは、冒頭でお話しした「転職を成功させる3つのポイント」をお伝えしていきますね。

「強い意思と熱意」20代前半の転職にはこれが必要!

「強い意思と熱意」20代前半の転職にはこれが必要!

最初のポイントは、20代前半で転職するには強い意思と熱意が必要だということです。

「そんなの当たり前じゃない!?」と思うかもしれませんが、これには、20代前半の転職者は職務経験やスキルが未熟ということが関係しているんです。

 

どういうことかというと、20代前半の応募者は、採用する企業にとっては経験値やスキルがそれほど期待できない存在。さらに社会人経験が少ないために、似たような経験、スキルを持っている20代前半の応募者はとても多いんですね。

つまり、企業側は採否の判断がとても難しいわけです。

採用担当

この応募者も似たような経験だし、あの応募者も。。。

あまり違いがないかな…

採用担当者の目には、こんなふうに映ってしまいます。

 

そんなとき、差別化できる要素は強い意思・熱意です。

経験やスキルは、急に身につくものではないですが、

  • 自分だけの応募したい理由
  • この仕事にかける思い
  • 転職してどうしていきたいか

は、すぐにでも言葉にこめてアピールできますよね。

20代前半で転職を成功させるには、転職にかける強い意思や熱意をはっきりさせておきましょう。

これが、応募書類や面接でライバルと差がつく1つ目のポイントです。

『企業は20代前半の転職者に何を求めているか』を意識する

『企業は20代前半の転職者に何を求めているか』を意識する

先ほど、「企業は、20代前半の転職者には経験やスキルを期待していない」とお話ししましたよね。

では企業は、20代前半の転職者に対して何を期待しているのでしょうか。

それは、

  • 新卒にはないビジネスマナーや社会人経験
  • 新しい企業や仕事への適応力
  • 新しい風を吹かせてくれるフレッシュさ

主にこれら3つのニーズが高いと言えます。

これらを意識して転職活動を進めることで、ライバルと差をつけるアプローチができるようになります。

 

経験やスキルはなくても、ビジネスマナーを心得ていたり、社会人経験を積んでいることで、企業は一から指導する手間が省けます。

つまり転職活動では、マナーを徹底したり、これまでの社会人経験で学んだことをアピールするのは有効、ということですね。

 

また、仕事に素早く適応できることを期待されたり、20代前半の社員が入社することで「会社にフレッシュな空気を取り込みたい」と考える会社も多いので、強い意志や熱意と合わせて元気な面もアピールしていきましょう。

 

このように、応募する企業が何を期待しているかを考えることは、転職成功に欠かせない大切なことです。

求人企業によって「求める人材像」は変わってくるので、すべて同じアプローチではなく企業に合わせた自分の売り込みを考えればライバルと差がつきますよ。

20代前半の転職に強い転職エージェントを使って自分に合った求人を集める!

20代前半の転職に強い転職エージェントを使って自分に合った求人を集める!

最後3つ目のポイントは、20代前半の転職を成功させるために、「自分に合った求人をできるだけ多く集めることが大切」ということです。

いくら転職に強い意思や熱意があっても、それをアピールする企業選びを間違っていたら良い結果は出ません。

 

20代前半の転職では、自分の希望や経験、スキルに見合った条件の求人を見つけ出すのはなかなか難しいことです。

  • 「第二新卒枠の求人」
  • 「未経験歓迎求人」
  • 「20代歓迎求人」

など、候補になる求人は多いですが、企業のニーズを考慮しながら求人選びをしないと転職活動が長引く事も十分に考えられます。

 

ですから、効率的に求人を集めるにはエージェントサービスをうまく活用するのがおすすめです。

とくに20代前半の転職に特化している転職エージェントを利用すれば、あなたの状況に合った求人を幅広く集めることができます。

転職エージェントというのは、

  • 希望や経験・スキルに沿った求人紹介
  • 応募企業の詳細な情報
  • 面接や書類の対策やアドバイス
  • 自己分析やキャリアカウンセリング

などをキャリアアドバイザーという担当者が無料でサポートしてくれるサービスのことですね。

 

キャリアアドバイザーに相談しておくと、希望やこれまでの経験などを考慮した求人を探し出して紹介してくれます。

また、応募企業について詳細な情報を教えてもらえるので、企業が何を求めているのかも把握しやすくなるというわけです。

 

20代前半の転職では、転職自体がはじめての方も多いはずです。

書類や面接対策、今後のキャリアについてキャリアアドバイザーに相談しておくと、転職が良い方向に進むと思います。

ぼくも24歳で転職ではエージェントを利用して転職を決めましたが、自分ひとりで求人を集めたり、企業研究をするよりも、密度の濃い情報を集めることができたので、とくに面接では役立ちました。

 

ライバルになる応募者が転職エージェントを使っていたら、情報収集の面で不利になる恐れもあるので、まずはキャリアアドバイザーとコネクションを持っておくといいですよ。

20代の転職におすすめの転職エージェントは!?

20代の転職におすすめできるのは、大手マイナビワークスが展開している「マイナビジョブ20’s」というエージェントサービスです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代転職を限定でサポートしているエージェントサービスだけあって、幅広い求人を集めることができますし、20代専門のキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので安心です。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、上記サポートエリア以外で転職する方におすすめできる「リクルートエージェント」

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」というレベルのサービスを受けることができます。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」と言えるので、登録しておいて損のないエージェントです。

⇒リクルートエージェント公式サイト