20代転職のコツ

【転職失敗】20代で転職に失敗してしまう5つの理由&改善策

【転職失敗】20代で転職に失敗してしまう5つの理由&改善策の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

誰もが「転職を失敗したくない」と思っているはずです。

この記事では、20代で転職失敗する5つの理由と改善策をお伝えします。

転職に失敗しないか不安を感じている20代のあなたへ

Aさん
今の会社を辞めたいけど、転職に失敗するのがこわい。。。

このような不安を感じている20代のかた、多いのではないでしょうか?

 

20代は、さまざまなチャレンジができ、キャリア的にも大切な時期。もっとも転職がしやすい年代です。

しかしその反面、転職に失敗してしまうと、そのダメージは大きいのも確かです。

やり直しは効いても、失敗が後々大きな差になるケースもあります。

転職がしたくても、失敗には慎重になりますよね。

 

そこでこの記事では、

  • 20代で転職に失敗してしまう主な理由
  • おさえておきたい『失敗しないための3つの対策』

を解説していきます。

シュン
詳しくお話ししていくので、参考にしていただけたら嬉しいです。

どうして失敗するの?『20代の転職が失敗する4つの理由』

では最初に、20代で転職に失敗する理由をササッと見ていきましょう。

  • 理想を追い求めてしまう
  • ネガティブな転職をする
  • とりあえず辞めてしまう
  • 目の前の餌に釣られてしまう

主にこれら4つの理由があるので、チェックしてみてください。

理想を追い求めてしまう

20代の転職失敗で多いのが、理想と現実のギャップです。

  • やりたい仕事ができない
  • 求めていたものと違う
  • 思っていたよりも辛い

など、理想とのギャップを理由に転職活動をすると、なかなか次の仕事が決まらなかったり、転職先でも同じような不満を抱えるケースが多いです。

 

もちろん、何らかの不満を解決するのが「転職」なので、理想とのギャップを理由に転職するのは間違いというわけではありません。

逆に、「いくら努力してもここでは成長できない」と確信できるなら、早めに第二新卒として転職したほうが、軌道修正しやすいかもしれません。

 

しかし、20代中盤くらいまでは、やりたい仕事ができなかったり、仕事に慣れずに苦労したり、思うような活躍ができないのは珍しいことではありません。

理想とのギャップを詰めていく過程が大事ですので、理想を追い求めてすぎていないかはよく考えてみてください。

転職を繰り返して評価を下げてしまう、「ジョブホッパー」になってしまう可能性もあるので注意が必要です。

関連記事:『理想と現実のギャップが大きすぎて仕事を辞めたい…』対処法まとめ

ネガティブな転職をする

  • 退職理由がネガティブ
  • 前職(現職)の不平不満を口にする
  • 転職を周りのせいにする

このように、ネガティブな姿勢で転職活動をすると、「転職先がなかなか見つからない」「ブランクが伸びてしまう」「転職先の条件が下がってしまう」など、転職が失敗する可能性が高くなります。

 

当然ですが、転職活動でネガティブな姿勢は、非常にマイナスです。

例えば、あなたが会社の社長で、面接に来た20代の求職者が以下のような発言をしたら、どう思うでしょうか。

「希望する仕事をやらせてもらえず転職を決意しました。」

「前職は、残業があまりに多く耐えきれずに退職しました。」

「手柄を横取りする上司だったのでしかたなく転職を決意しました。」

同情出来る部分はあっても、「この人を雇いたい」とは思わないはずです。

「うちに入社したい!という意欲はないわけ?」「後ろ向きで頼りないな」と感じるのではないでしょうか。

 

また、「残業が多い」「人間関係がつらい」「仕事が厳しい」など、今の環境からとにかく逃れたいという気持ちが強いと、転職の目的が「逃げ」になってしまうのも問題です。

逃げを目的にしている求職者は、高い評価を得られません。

仮に転職できたとしても、

  • 年収や待遇がダウンしてしまう
  • さらに労働環境が悪化してしまう
  • キャリアのプラスにならない

など、転職に失敗する可能性が高くなってしまいます。

無計画にとりあえず辞めてしまう

もしかしたら、

とりあえず今の仕事は辞めてしまおうかな

このように考えているなら注意が必要です。

 

仕事があまりにきつかったり、ブラック企業で働いているなら話は別ですが、転職先を決める前に現職を辞めてしまうと、転職失敗のリスク高めてしまいます。

どうしてかというと、ブランクをつくってしまったり、採用担当者に退職が無計画に映るかもしれないからです。

 

ある程度ブランクが長くなると、「はやく転職先を決めなくてはいけない」という焦りが生まれ、結局希望していない仕事に就いてしまう、なんてこともあります。

 

また、20代は比較的転職がしやすい年代なので、「辞めてもすぐに次が決まるはず」と考えている人は多いかもしれませんが、転職活動は平均的に2〜3ヶ月はかかると言われています。

思うように転職活動が進まず、半年〜1年ブランクが空く可能性もあるので、きちんと計画を立てて退職をしたほうが良いですね。

関連記事:転職活動で半年のブランクができたとき考えたい大切な事

目の前の餌に釣られてしまう

転職活動をしていると、当初の目的を忘れ、目の前の餌に釣られて転職先を決めてしまうことがあります。

例えば、以前から気になっていた業界に転職するのが目的だったのに、

  • 給料があがる
  • 良いオフィスで仕事ができる
  • ネームバリューがある

などの理由で、全く別な業界へ転職してしまうケースです。

 

もちろん、給料や動労環境を重視するのは悪いことではありません。

しかし、目の前の餌に釣られて目的を見失うと、転職後に「こんなはずじゃなかった」と後悔する可能性が高くなります。

 

とくに20代の転職では、目の前のプラスに意識が向きやすいので、長期的な視野で転職活動を考えてみることも大切です。

今20代ということは、少なくとも今後30年以上は仕事をするわけですよね。

 

例えば、転職で一時的に給料がグンと上がっても、激務で休みも取れずに1年で体を壊してしまったら、残りの29年のキャリアは台無しになってしまいます。

ですので、長い目で見てプラスになる転職を考えてみることも非常に大切ですよ。

20代の転職者は必見!『転職に失敗しないための3つの対策』

さてここまで、20代の転職が失敗する主な4つの理由を見てきました。

  • 理想を追い求めてしまう
  • ネガティブな転職をする
  • とりあえず辞めてしまう
  • 目の前の餌に釣られてしまう

いかがでしたか?「なるほどな」「注意しなくちゃ」と思った部分はありましたでしょうか。

シュン
では次に、転職に失敗しないための3つの対策をお話ししていきますね。

転職活動はポジティブに進めれば失敗しない

まずは、転職活動はポジティブに進めることをおすすめします。

先にお話ししたように、退職理由がネガティブだったり、逃げが目的になると、それだけで転職は失敗しやすくなります。

採用担当者にネガティブなパワーが伝わったり、目的がブレてしまうためですね。

 

逆に、転職をポジティブに捉えて進めば、魅力的な退職理由を伝えられるようになりますし、転職の目的も明確になるので、自分に合った求人を選びやすくなります。

すると、20代の転職が成功する可能性はグンと高くなるわけです。

 

もちろん、転職のきっかけ自体は、会社の不平不満や人間関係のトラブルなど、ネガティブな理由でも構いません。

しかし、一度転職すると決めたら、

  • 自分はどんな強みをもっているのか
  • その強みを転職先でどう活かせるか
  • 今後はどのような人材になりたいのか

などをよく考えて、ポジティブな思考に切り替えましょう。

きちんと情報収集をすれば転職失敗は防げる

次に、きちんと情報収集をすることが大切です。

転職に失敗する理由は人それぞれですが、結局は、適切な情報を集められないことが原因で、

  • 転職先でミスマッチが起こる
  • ブラック企業に捕まってしまう
  • なかなか転職先が決まらない(ブランクができる)

などの失敗は起こってしまいます。

「もっとよく調べていればミスマッチはなかったのに」「情報源をもっと開拓しておけばこんなことにはならなかった」という失敗は、すべて情報収集不足が原因です。

 

つまり、情報収集に力を入れることで、20代の転職の失敗は、ある程度まで防ぐことができるわけです。

 

このあたりは、転職エージェントを積極的に活用して、キャリアアドバイザーにサポートしてもらいましょう。

関連記事:20代転職者が安心して利用できる転職エージェントまとめ。

20代転職者が安心して利用できる転職エージェントまとめ。の画像
20代転職者が安心して利用できる転職エージェントまとめ。 「20代の不安」に向き合ってくれる転職エージェントを使おう 20代の転職を、不安に感じている方は多いと思い...

ちなみに、マイナビが運営しているマイナビジョブ20’sというエージェントサービスは、20代の転職を専門にしているので、マッチする求人が見つかりやすいです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

に限定されますが、20代の転職にはもっとも強いエージェントです。

また、人材系の最大手リクルートエージェントは、求人数が10万件と最大級。サポートエリアも広く、情報収集の強い味方なので、必ず登録しておいたほうが良いですよ。

客観的な意見を取り入れて転職失敗のリスクを減らそう

そして、転職活動はひとりで進めようと思わず、客観的な意見を取り入れることも大切です。

 

理想を追い求めすぎてしまったり、面接等でネガティブな発言をしてしまうのは、自分を客観視できていないからです。

また、目の前の餌に釣られて転職を進めてしまったり、転職先が決まらずにとりあえず辞めてしまうのも、視野が狭いためです。

客観的な意見を取り入れることで、

  • どの程度までは理想を追い求めても良いか
  • ポジティブな印象を残すにはどうしたらいいか
  • 転職活動の見通しはどんな感じか

などが見えてきやすいですし、長期的なキャリアビジョンを描けるようになります。

 

先にお話ししたように、20代は企業のニーズが高く転職がしやすい時期なので、なるべく広い視野をもって転職活動を進めたほうが、チャンスは大きくなります。

前の章と同様、キャリアアドバイザーを賢く利用して、客観的な意見を取り入れていきましょう。

今回の記事のまとめ

いかがでしたか?

20代で転職に失敗しないための対策をお伝えしました。

理想を追い求めすぎたり、ネガティブな姿勢で転職活動を進めていないでしょうか?

無計画に仕事を辞めてしまったり、目の前の餌に釣られずに、

  • ポジティブな姿勢で転職を進める
  • 情報収集に力を入れる
  • 客観的な意見を取り入れる

これらを意識して転職活動を進めてみてください。

転職を失敗しないためには、キャリアアドバイザーのサポートを賢く活用することも大切ですよ。

【この記事でご紹介した転職エージェント】