転職の仕方

がんばったけど教師を辞めたい・・・転職を成功させるには◯◯を意識しよう

がんばったけど教師を辞めたい・・・転職を成功させるには◯◯を意識しようの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「教師の仕事を辞めたい…」と悩んでいませんか?

でも、転職できるか不安になりますよね。

この記事では、
「教師を辞めて転職を成功させるために意識してほしいこと」
についてお伝えします。

教師として働くMさんの悩み相談。「頑張ったけど教師を辞めたい…」

教師として働く27歳のMさんから、以下のような「教師を辞めたい」という悩み相談をもらいました。

はじめまして。27歳の男性教師です。

幼い頃から教師を志していたので、自分なりにここまで一生懸命がんばってきた自負はあります。

しかし、私の指導力不足なのか、子どもは言うことを聞かずに学級崩壊気味、さらに先月は大きな失敗をしてしまい、保護者にクレームを入れられてしまいました。

 

学校側には「ちゃんとしてくれ」と注意され、周りの教師から「できないやつ」呼ばわりされています。

仕事もやることがありすぎてパンク状態です。授業準備に会議、部活動…いつまでたっても要領よくこなせません。

 

すっかり自信喪失してしまい、学校に行くのが辛くてしょうがありません。

春までと思っていましたが、1日もはやく辞めたい気持ちでいっぱいです。

 

ただ、私には教師経験しかありませんし、他にやりたい仕事も見つかっていません。

どうやって次の仕事を見つけたら良いのでしょうか?

(※本人の了承を得て掲載、内容は一部変更しております。)

教師の離職率は高い!?辞めたい理由とよく向き合っておくことが大切

あなたもMさんのように、教師を辞めたいと思っているのではないでしょうか?

実は、教師などが該当する教育・学習支援業界は、離職率がとても高いことがわかっています。

【業界別の離職率ランキング】

  1. 宿泊業・飲食サービス 52.3%
  2. 教育・学習支援 48.6%
  3. 生活関連・娯楽 48.5%
  4. 小売業 39.4%
  5. 医療・福祉 38.8%

引用データ:厚生労働省より一部抜粋

このように、48.6%と半数近くが離職する結果となっているんです。

「3年で3割辞めればブラック」と言われるので、かなり高い数字であることがわかりますよね。

 

教師は、子ども・生徒を指導するやりがいがある仕事の反面、

  • 子ども・生徒とコミュニケーションがうまくとれない
  • 労働時間が長いわりに給料に反映されない
  • 保護者との関係がうまくいかない

こうした場合は、ストレスを抱えやすいと言えます。

 

転職時は不満等を解決する必要があるので、辞めたい理由とよく向き合っておくことはとても大切です。

 

また、ランキングを見てもらうとわかりますが、人を相手にする職業は離職率が高い傾向にありますよね。

次の仕事を選ぶときは、「積極的に人と関わりたいか?」をよく考えて転職活動を進めるようにしたほうが、ストレスは少ない環境で働けるかもしれません。

教師を辞めて転職を成功させたいなら「会社の利益」を意識しよう

私には教師経験しかありませんし、他にやりたい仕事も見つかっていません。

このあと、どうやって次の仕事を見つけたら良いのでしょうか?

Mさんもこのように言っていますが、「教師経験しかないので転職できるか不安」と思っている人は多いはずです。

 

現在は公務員として教師をしている方が多いと思いますが、実は、公務員の一般企業への転職は通常よりハードルが高いと言われています。

これはなぜかというと、民間企業と公務員では、働き方に大きな違いがあるからです。

 

その違いは何かというと、”利益をきちんと意識できているかどうか”です。

 

基本的に教師の仕事は、学校の利益を生むというよりは、「子どもの指導がうまくいった」「生徒を正しく導いた」などに重きを置く仕事です。

それに対して民間企業は、会社の利益がなにより重要です。

 

つまり民間企業へ転職する場合、なによりも会社に利益を生む人が高く評価されやすいというわけです。

当たり前のようですが、なかなか意識できていない人は多いんですね。

 

ですから、今のうちに「どうしたら会社の利益を創出できるのだろう」という意識を定着させるようにしましょう。

 

転職活動では、

  • 私はこういう面で会社に貢献ができます
  • こんな利益を会社に与えることができます

という自己PRができないと、採用担当者はなかなか興味をもってくれません。

「会社の利益を意識する」。これだけは頭に入れておきましょうね。

評価されやすいポイントを押さえる!教師を辞めたくても経験やスキルは活かそう

もうひとつ意識した方が良いのは、

  • 教師としての経験を活かす
  • 教師経験が評価されやすいポイントを押さえる

ということです。

 

教師を辞めるとなると、

ただ、私には教師経験しかありませんし、他にやりたい仕事も見つかっていません。

このあと、どうやって次の仕事を見つけたら良いのでしょうか?

Mさんのように、「教師経験しかないから自分にはアピールできるポイントが何も無い」と考える人が多いと思います。

 

しかし、教師経験を次に活かそうという姿勢を見せないと、面接官や採用担当者に「このひとは、いったい何をしてきた人なんだろう…」という印象を与えてしまいます。

 

ですから、教師経験が評価されやすいポイントを押さえて、それを活かす努力をしましょう。

例えば、

  • コミュニケーション力が高い
  • 教えることに長けている
  • 特定の分野で知識が深い(数学教師は数学、英語教師は英語…)

などは、教師経験があるからこそアピールに信頼性が生まれるポイントです。

こうした評価されやすいポイントを軸に転職先を探せば、教師経験やスキルを活かせる仕事は意外にたくさん見つかるはずです。

ぜひ、チャレンジしてみてくださいね。

教師を辞めて転職活動をするときは「信頼できる情報源」を確保することが大切

では、転職先を探すときは、具体的にどう動けば良いのでしょうか。

 

まずやっておきたいのは、きちんとした情報を集めるために、信頼できる情報源を確保することです。

  • 求人サイト
  • ハローワーク
  • 転職エージェント
  • 友人や知人の紹介
  • 企業ホームページ

など、情報の仕入先それぞれに良い部分はありますが、とくに力を入れるべきは転職エージェントの活用です。

 

転職活動は、あなたの「希望やスペック」と、「企業が求めている人材像」ぴったりフィットしたときに、もっとも良い形で採用が決まります。

 

つまり、中途半端な情報を元に転職をしても上手くいかないことが多いです。

例えば、企業の内部情報をきちんと把握しなかったために、働き始めてから「こんなはずじゃなかったのに」ということになります。

 

これを回避するには、まずはエージェントを使って「自分の希望」と「企業のニーズ」がマッチしている求人を、プロ目線で紹介してもらうのが1番です。

その後に面接を受ける企業を精査すれば、効率的かつスピーディーに転職活動は進みます。

 

求人サイトや企業HPを見てひとりで仕事を探しても、内部情報までは分かりませんし、ハローワークもそこまで求人企業の内情を把握してはいません。

複数のツールを使って情報を集めるのは良いことですが、軸にするのはエージェント情報がおすすめですよ。

教師からの転職で情報収集におすすめの転職エージェントとは!?

では、どんな転職エージェントを使えば良いのでしょう?

ポイントになるのは、

  • 大手の信頼できるサービスを使う
  • 自分にマッチするサービスを使う(年代やサポートエリア)

この2つです。

大手サービスのほうが求人数が多く転職ノウハウがきちんとしているので安心です。また、それぞれサービスごとに得意な年代や地域があるので、きちんと見極めることが大切です。

 

まずは、20代の方におすすめできるのは、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sです。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、マッチする求人が多く、とても丁寧に相談にのってもらえます。

マイナビジョブ20’sだけの求人が充実しているのもおすすめポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト

 

「小学校教師を辞めたい…」先生を辞めて転職を成功させるポイント。の画像
「小学校教師を辞めたい…」先生を辞めて転職を成功させるポイント。 「小学校教師を辞めたい…」でも、転職できるのか不安…。 離職率が高い!?小学校教師を辞めたい人...
『中学校教師を辞めて転職したい』辞める前に考えておきたい3つの事。の画像
『中学校教師を辞めて転職したい』辞める前に考えておきたい3つの事。 教師の離職率はとても高い。中学校教師を辞めたい人も多い!? 『生徒とうまくコミュニケーションが取れない…指導力の無...