転職の悩み

「辛い…トラック運転手を辞めたい」異業種に転職する3つのコツ

「辛い…トラック運転手を辞めたい」異業種に転職する3つのコツの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「トラック運転手を辞めたい」と悩んでいませんか?

この記事では、トラック運転手から転職するコツについてお伝えしますね。

「トラック運転手を辞めたい!でもドライバー経験しかないから転職は難しい!?」

Aさん
実は、トラック運転手を辞めたいと思っているんです。

長時間労働や時間厳守プレッシャー、辛いことも多くて。。。

シュン
そうなんですね。

別な業界へ転職を考えているのでしょうか?

Aさん
はい。。。

ただ、トラックドライバー経験しかないので、他の仕事に転職できるか不安です。

どうしたらいいのでしょうか?

シュン
大切なことは、次の3つを押さえて転職活動を進めることです。

  • 異業種への転職は早めがカギ
  • トラック運転手の強みを活かす
  • 転職活動のコツやマナーをつかむ

詳しくお話ししていくので参考にしていただけると嬉しいです。

知っておきたい!トラック運転手を辞めたい人に多い3つの悩み

あなたもAさんのように「トラック運転手を辞めたい」と悩んでいるのではないでしょうか?

 

運送業界や物流業界は、なにかとネガティブなニュースが話題になることも多いですよね。

すべての企業がそういうわけではありませんが、過酷な現場で働いているトラックドライバーは多いのかもしれません。

 

転職のコツをお話しする前に、トラック運転手を辞めたい人に多い悩みを少し見ていくことにしましょう。

あなたも同じような悩みを抱えていませんか?

長時間労働がつらい

運送業界や物流業界は、慢性的な人手不足、それに対して仕事の量は増えていく、というバランスの悪い状態が続いていると言われています。

そのため、長時間労働を強いられるトラック運転手は増え、耐えきれずに辞める、というケースが多いです。

 

さらに、時間を厳守しなければいけないプレッシャーや、食事や休憩がとれない、家族との時間が作れないストレスなどを理由に転職を考えるドライバーも非常に多いです。

仕事内容に対して給料が高くない

以前は「稼げる仕事」とされてきたトラック運転手ですが、現在の平均的な年収額は、300万円台から400万円台といわれています。

もちろん、地方か首都圏か、大企業か中小企業か、など働く環境によって給料の差はありますが、過酷な労働に見合った給料がもらえないことを不満に転職を考えるトラック運転手は多いようです。

長く続けられるか将来が不安

  • 「体力が続くのか」
  • 「このまま40代、50代になったときにやっていけるのか」

など、将来に対して不安を感じて転職を決意するケースも見受けられます。

 

また、運送業界や物流業界はいわゆる過渡期に差し掛かっているため、今後どうなるのか、不透明な部分に不安を感じているトラック運転手も多いのかもしれません。

トラック運転手を辞めて異業種へ転職するなら「早めの転職活動」がカギ

さてここまでトラック運転手を辞めたい人に多い悩みを見てきました。

  • 長時間労働
  • 給料
  • 将来性

など、転職を考えるに値する大きな悩みが多いですよね。

 

ここで頭に入れておいてほしいのは、転職を決意しているなら、まずは早めに転職活動を開始したほうが良いということです。

 

これはどうしてかというと、

  • 異業種へ転職する
  • 職種を変えて転職をする

という場合は、若ければ若いほうが有利になりやすいからです。

 

転職は、基本的にはこれまでの経験やスキルを評価されて採用が決まります。

しかし、異業種や異職種へ転職する場合は、未経験の部分が多いため、「将来性がある人材かどうか」「年齢は若いか」などが評価基準になるケースが多いです。

 

また、未経験者が応募できる求人は、年齢があがるにつれて減少していくこともわかっています。

年齢別求人数

ですから、トラック運転手を辞めて異業種へ転職する、職種を変えたいという場合は、なるべく早く転職活動を進めることがカギになります。

 

とくに、25歳、30歳、35歳など、区切りのいい年齢は、印象を大きく左右します。

例えば、29歳と30歳は、年齢的にはさほど違いませんが、評価には大きな影響が出る可能性があるというわけですね。

 

転職活動は、在職中(トラック運転手として働いている間)にスタートさせて、ある程度の道筋を決めておいたほうが、リスクが少なく、スムーズに事が運びます。

情報収集からでもいいので、早めに動き出すことが大切ですよ。

辞めたくても経験やスキルは宝!異業種への転職はトラック運転手の強みを活かそう

トラック運転手を辞めたい人のなかには、

  • 転職したらトラックドライバーの経験は生かせない。
  • とにかくなんでもいいから、一からがんばるしかない

こんなふうに考えている人も多いかもしれません。

 

しかし、先にお話ししたように、転職活動ではこれまでの経験やスキルがなによりも評価されます。

ですから、「トラック運転手と培った強み」は、異業種や異職種に転職する場合でも、しっかりアピールすることがとても大切です。

 

例えば、

  • 体力があること
  • 高い運転技術
  • 取引先等との関係づくり

などは、他の業界や職種でも十分に活きる強みです。

営業職はこのすべての要素を活かせますし、運送や物流以外でドライバーとして働く場合もトラック運転手としての経験はアピール材料と言えます。

 

「転職したらトラックドライバー経験は活かせない」「転職できるならなんでもいい、一からがんばるしかない」と思うのはやめて、

  • これまでの経験やスキルを新天地でどう活かせるか
  • どんな業界や職種なら自分の経験をアピールできそうか

と考えてみてください。

トラック運転手として働いてきた経験やスキルはあなたの財産です。それをきちんと活かすことが大切です。

トラック運転手を辞めたいなら転職活動を自己流で進めずにエージェントを使おう

先ほど、情報収集からでもいいので、転職活動を早めにスタートすることが大切とお話ししました。

しかし、トラック運転手を辞めて転職したいけれど、

  • どうやって情報収集したらいいかわからない
  • そもそも転職活動の仕方に自信がない

という人もいるのではないでしょうか?

 

自己流で進めてもなかなか結果に結びつかないケースも多いので、まずは転職サイトが運営しているエージェントサービスを使って情報を集めてみてください。

 

転職サイトといえば、「リクナビNEXT」「マイナビ転職」などが有名ですが、これらは、自分で求人検索をして応募するタイプのサービスです。

 

それに対して「エージェントサービス」は、担当者が直接転職をサポートしてくれるので、

  • 転職活動の悩みを相談しやすい
  • 必要な情報・確かで深い情報を集めやすい
  • 個人では探せない求人に出会いやすい

などのメリットがあります。

 

とくに、トラック運転手を辞めて異業種や異職種に転職するようなケースでは、エージェントにこれまでの経験をきちんと活かせる転職先を探してもらったほうが、満足度の高い職場に転職しやすくなります。

 

もちろん、エージェントをきちんと選ぶ必要はありますが、まずは情報収集のためにいくつかエージェントサービスに登録をしてみてください。

エージェントに相談することで、転職活動の道筋が見えてくるはずです。

相談しやすいエージェントサービス2選

ちなみに、20代の方におすすめできる転職支援サービスは、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sです。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、20代にマッチする求人が多く、とても丁寧なサポートが最大の魅力です。

今後のキャリアや転職の悩みも相談しやすく、20代ならここは外せません。

また、マイナビジョブ20’sだけの求人が充実しているのもおすすめポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト