転職の仕方

「ストレスでもう限界…」仕事を辞めたいときの転職のコツ

「ストレスでもう限界…」仕事を辞めたいときの転職のコツの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「仕事のストレスで限界、、、」これは辛いですよね。
転職するにも、どうしていこうか不安だと思います。

この記事では、
「ストレスで仕事が限界のときの転職のコツ」
をお話しますね。

仕事のストレスで限界!辞めたい…

Aさん
仕事でストレスが半端ないんです。
なんとかやってきましたけど、もう限界だなと思っています、、、

辞めたいと思っているんですが、どうしていけばいいのか不安で。

シュン
なるほど、、、仕事のストレス、相当大変なんですね。。。
大丈夫ですか!?
Aさん
このまま今の仕事を続けることに自信がないです。。。
シュン
仕事を続けることに「限界」を感じているなら、

  • 会社を辞める
  • 休職する
  • 転職する

主にこの3つの選択肢がありますが、いずれにしても行動を起こすのは「今」だと思います。

限界を超えてからでは、動きたくても動けなくなってしまうかもしれません。

どうするのが最良の道か、一緒に考えてみましょう。

仕事にストレスを感じている人は86%。限界まで我慢しないで!

仕事にストレスを感じている人は86%。限界まで我慢しないで!
  • 「毎日、仕事に行くのが苦痛なくらいストレスを抱えている」
  • 「ストレスで思うように頭も回らない…辛いだけ」

こんなふうに、仕事をすることに限界を感じていませんか?

 

一昔前は、「現代はストレス社会だ。」と言われていましたが、そんな言葉を聞くこともないくらい「仕事にストレスがあるのは当たり前」になっていますよね。

ある調査によると、働く男女の実に86%は日常的にストレスを感じているのだそうです。

 

そんなストレスの原因となっているのが、

  • 人間関係(上司や先輩、同僚との関係など)
  • 仕事の質(仕事内容、待遇など)
  • 仕事の量(長時間労働、残業など)

あなたも、いずれかの原因でストレスを受けて仕事に限界を感じながらも我慢して働いているのではないでしょうか。

 

実は、そんな限界を感じている今こそ、

  • 「仕事を辞める」
  • 「休職する」
  • 「転職する」

といった行動を起こす、最後のチャンスです。

どうしてかというと、限界を超えてしまったら行動を起こすどころではなくなるからです。

 

自分は大丈夫、と思っている人でも、うつ病になったり総合失調症、社会不安障害などの病を患ってしまうことはありますし、体を壊して働けなくなることは身近にあることです。

ですから、限界を感じているなら、「今」改善するために行動することをおすすめします。

 

しかし、仕事を辞めたり転職するにしても、ストレスの原因を見極めて対処法を知ることが大切です。

ここからは、ストレスの種類別に解決策をお話していきますね。

「人間関係のストレス」で仕事に限界を感じるときは!?

人間関係のストレスで仕事が限界なときは!?

実は、仕事で感じるストレスの種類には男女で多少差があることが分かっています。

  • 女性は「人間関係」にストレスを感じやすい
  • 男性は「仕事の内容」にストレスを感じやすい

と言われているんです。

 

しかし、職場のギスギスした人間関係は、常に転職理由のTOP3に入る大きなストレスです。

男女関係なく、「あの上司とはやっていけない」「こんな人間関係の職場は限界」と仕事を辞めたい人も多いはずです。

 

人間関係がストレスの大部分を占めるなら、転職で注意すべきは次のポイントです。

  • 職場環境を入念にリサーチして転職先を決める
  • 仕事自体は好きなら経験を活かせる転職先に狙いを定める

人間関係が原因で転職する場合、職場環境のリサーチを事前にどれだけ詳しく行えるかが勝負です。

 

人間関係の悩みは、主観的な要素が強いので、いくら「良い職場」と評判の会社でも、人によって「人間関係がつらい職場」になることもあります。

ですから、求人票の写真や文言、会社ホームページの雰囲気などで判断するのではなく、自ら店舗見学をしてみたり、後で詳しくお話しますがキャリアアドバイザーに職場環境などを詳しく聞き出す努力が欠かせません。

 

また、「転職で人間関係を改善できれば、今の職種・業種は変えなくても良い」という気持ちがあるなら、転職では、今と同じ職種・業種で一貫したキャリアを積むプランニングをしてください。

そのほうが、給与や待遇面で有利になりやすいので、あえて新しい職種や業界にチャレンジしないのもひとつの選択です。

「仕事内容や仕事量がストレス」で限界を感じるときは!?

「仕事内容や仕事量がストレス」で限界を感じるときは!?

仕事内容が過酷で仕事量が多い状態を毎日続けていると、ストレスはどんどん蓄積してしまいます。

そして、あるときを境に仕事に限界を感じてしまう人も多いはずです。

 

下記データは、平成26年に厚生労働省が発表した離職状況の一部です。

新規学卒者の離職状況

  1. 宿泊業・飲食サービス 52.3%
  2. 教育・学習支援    48.6%
  3. 生活関連・娯楽    48.5%
  4. 小売業        39.4%
  5. 医療・福祉      38.8%

参照元:厚生労働省 新規学卒者の離職状況(平成23年3月卒業者の状況)

離職率が高い原因として、宿泊・飲食サービスや教育・学習支援業、小売業などは

  • 「休みが取れない」
  • 「拘束時間が長い」
  • 「時間外労働時間が長い」

また、医療・福祉などはミスができないので「精神的負担が大きい」など、離職率が高い業種は「ストレス」が大きな原因になっていることが分かります。

仕事に限界を感じている男性の画像

仕事内容や仕事量がストレスで限界を感じているなら、転職するときに気をつけたいポイントは次の3つです。

  • 転職先の現場の声など詳細な情報収集をする
  • 未経験分野へ挑戦するならキャリアプランも合わせて考える
  • 少しでも興味のある仕事・目標設定をする

仕事内容や仕事量が原因で転職するときは、応募する企業の詳細な情報収集が欠かせないこと、今後のキャリアプランを合わせて考えることが大切です。

 

どうしてかというと、詳細な情報収集をして、

  • 「自分が任される仕事」
  • 「実際の仕事量や拘束時間、残業など」

など、転職後の満足度にダイレクトに響く情報を掴んでおくことが、ストレスの少ない職場へと転職を成功させる鍵になるからです。

 

ここでも、キャリアアドバイザーに求人内容を詳しく聞き出すことで、詳細な情報収集が可能になります。

自分の思い込みや何となく良さそうという軽い気持ちで転職先を決めるのだけは注意しましょうね。

 

また、仕事内容自体に不満があって未経験分野を目指す場合は、キャリアをリセットすることになります。

この場合も、今後どんなキャリアプランを立てたら良いのかをキャリアアドバイザーに相談しておくのがおすすめです。

未経験分野の業界や職種によっては、そもそも仕事量が多かったり、ストレスが多い仕事内容を選ばざる得なかったりするので、キャリアアドバイザーに相談して、自分自身が納得できる形で転職を進めるようにしましょうね。

ストレスで仕事に限界を感じたときが「転職活動を始めるとき」

ストレスで仕事に限界を感じたときが「転職活動を始めるとき」

ここまで、ストレスの種類別に解決策をお話してきました。

冒頭でもお話しましたが、大切なのは「ストレスで仕事に限界を感じたときが行動を起こす時」だということです。

 

ストレスで限界を感じていても、「今の仕事や会社で働きたい」と考えているなら、

  • 休職する
  • 異動願いを打診する

など解決できるように動いていきましょう。

一旦今の仕事から離れることでストレスの元が無くなるなら、これらの方法がベストです。

 

しかし、お話してきた

  • 「人間関係」
  • 「仕事の内容」
  • 「仕事の量」

といった原因は、会社や業界の体質的なところに大きく左右されます。

その場合は、転職をしたほうがストレスの元を解決できる可能性は高いと言えます。

 

  • ストレスの原因を見極めて解決できる転職先を見つけること
  • 転職先の詳細な情報収集を欠かさないこと

を心に留めて、転職活動を進めていきましょう。

仕事のストレスが限界の転職はキャリアアドバイザーに相談しよう

仕事のストレスが限界の転職はキャリアアドバイザーに相談しよう

また、先ほどもお話したように、情報収集やキャリアプランを考えるときにはキャリアアドバイザーに相談するのがおすすめです。

転職の求人探しに利用するツールとしては、求人サイトやハローワークに頼る人も多いかもしれませんが、求人企業の深い情報を得られることや、直接キャリアプランを相談できることを考えると、転職エージェントを利用するのが最も確実です。

 

転職エージェントというのは、

  • 希望や経験・スキルを活かした求人探し
  • 企業の内情や求人背景など詳細な情報提供
  • 応募書類や面接を受かるためのアドバイス

などをキャリアアドバイザーという担当者が無料でサポートしてくれるサービスのことです。

 

例えば、人間関係にストレスを感じている場合、キャリアアドバイザーに求人を紹介してもらうことで、求人企業の

  • 職場環境
  • 上司の人柄
  • 働く社員の雰囲気

などを事前に教えてもらうことができます。

仕事内容にストレスを感じて転職する場合も、

  • どんな仕事を任されるのか
  • 残業はどのくらいか
  • この仕事のやりがいは何か

などを分かりやすく説明してもらえるので、転職後のギャップが少なく安心して転職活動を進めることができるというわけです。

 

また、キャリアアドバイザーという名の通り、キャリアプランについて相談できるので、一度カウンセリングを受けると今後の可能性を広げることができておすすめです。

転職の不安を相談しやすいおすすめの転職支援サービスは?

では最後に、サポートが丁寧で相談しやすいおすすめできる転職支援サービスをお伝えしておきますね。

 

まず、20代の方には、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」がイチ押しです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代限定(24歳から29歳)でサポートをしてくれるサービスなので、

  • マッチした仕事が見つかりやすい
  • 未経験でも挑戦しやすい求人が多い
  • キャリアアドバイザーが親切

など、とても使いやすいです。

キャリアアドバイザーは20代専任なので、不安や悩みを相談しやすいのがポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト

 

シュン
いかがでしたでしょうか?

ストレスで仕事を辞めたいときの考え方、転職コツをお話してきました。

転職するときは、

  • ストレスの原因を見極めて解決できる転職先を見つけること
  • 転職先の詳細な情報収集を欠かさないこと

を心に留めて、転職活動を進めてくださいね。