転職の仕方

外仕事が辛くて辞めたい…転職するならチェックしたい3つのポイント

外仕事が辛くて辞めたい…転職するならチェックしたい3つのポイントの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「外仕事が辛い…辞めたい…」と悩んでいませんか?

この記事では、
「転職するならチェックしたい3つのポイント」
をお伝えします。

「外仕事がつらすぎる…辞めたい…内勤に転職したいけどできるか不安」

Aさん
外仕事をしているのですが、激務すぎてつらいんです…
シュン
なるほど…外勤は体力的にも精神的にも厳しい職場が多いですよね。
Aさん
辞めたいと思っているんですが、内勤の仕事に転職できるかも不安で…どうしたらいいんでしょうか?
シュン
たしかに、外仕事の経験しかないと、なかなか内勤の仕事が見つからないことも多いですし、働いてみたら意外に合わなかったというケースもあります。

ですから、まずは、

  • 内勤のつらさも知っておく
  • なぜ外仕事を辞めて内勤に転職したいか前向きな理由を用意する
  • 外仕事から内勤に転職できるか見通しを立てる

この3つをチェックしてみてください。

詳しくお話ししていきますね。

まずはチェック!外仕事を辞めたいなら逆に知っておきたい「内勤のつらさ」

  • 「夏は暑いし冬は寒い…体がきつい…」
  • 「激務で労働環境は最悪…人間関係も悪い」
  • 「精神的にも体力的にも限界…」

こんなふうに悩んで、外仕事を辞めたいと考えているのではないでしょうか?

 

外仕事に多い”ガテン系”の業界は、「体力勝負」「上下関係が厳しい」「残業が多く休みが少ない」など、体力的にも精神的にも堪える仕事です。

このまま続けるのは難しいと考え、内勤へと転職を考える人も多いと思います。

 

しかし、最初に知っておいてほしいのが、実は内勤も外仕事同様につらい面はあるということです。

 

「デスクワークは快適なオフィスでPCの前に座って仕事をしているだけだから楽」というイメージが一般的かもしれませんが、そんなことはありません。

内勤の苦労をきちんと知ったうえで転職を進めていきましょう。

外仕事を辞めたいなら知っておきたい内勤のつらさ1:人間関係

外仕事を辞めたい人のなかには、「人間関係」に悩まされている人も多いはずです。

実は、内勤も同様に人間関係で悩む人は多いです。

 

オフィスで働くと、どんなに嫌な上司や先輩がいても、毎日必ず顔を合わせなくてはいけません。また、新人のうちは常にまわりが監視しているように感じてストレスを抱える人もいます。

外仕事以上に人に気を遣うかもしれないことだけは、頭に入れておいたほうが良いです。

外仕事を辞めたいなら知っておきたい内勤のつらさ2:PCの前に座りっぱなし

「快適なオフィスで働ける=良い事尽くし」と思うかもしれませんが、

  • 座りっぱなしで腰や体が痛い
  • 運動不足でつらい
  • PC作業で肩や目の疲労がすごい

など、体の不調を訴える人も多いことも知っておきましょう。

 

意外にも座りっぱなしは辛いですから、体の不安についても考えておいたほうが良いですね。

外仕事を辞めたいなら知っておきたい内勤のつらさ3:毎日が同じことの繰り返し・気晴らしができない

仕事内容にもよりますが、内勤は基本的にルーティーン化してくるものです。

「同じメンツで同じ仕事を繰り返す…」という単調な毎日に耐えきれずに仕事を辞める人もなかにはいます。

 

また、外仕事とは違い

  • 気晴らしに外の空気を吸いに行く
  • 気分転換をする

ということがなかなか出来ないため、ストレスを溜め込みやすいことも知っておくと良いですね。

なぜ外仕事を辞めて内勤に転職したいか前向きな理由を用意する

先にお話ししたように、外仕事から内勤への転職は一般的にハードルが高いです。

 

なぜかというと、外仕事で得た経験やスキルを内勤に活かすことが難しいケースが多いからです。

基本的に転職では、

  • これまで得たスキルや経験を活かせること(貢献できる力があること)
  • ポテンシャル(可能性)に期待できること

この2つのどちらか、または両方が評価されないと、採用には結びつきません。

「外仕事が厳しいので、これからは内勤がしたい」という理由では、なかなか採用担当者は納得してくれないんですね。

 

ですから、すこしでもポテンシャルを感じてもらえるように、内勤に必要なスキルを伸ばす努力は、今のうちにはじめておくことをおすすめします。

どんな業界、企業に転職をするかによりますが、

  • PCスキル(オフィス系)
  • コミュニケーション能力
  • ビジネスマナー
  • 英会話力

このあたりは、内勤をする場合は広くアピールできるスキルです。

とくにオフィス系のPCスキルは短期間で習得できるものもあるので、準備しておくに越したことはありません。

 

また、経験やスキルはもちろん大切ですが、肝心の転職理由が「外仕事がつらい…体がきつい…」というネガティブなものだと、採用担当者や面接官に好印象を与えることはできません。

  • どうして外仕事を辞めたのか
  • 外仕事をして得たことはなにか
  • 内勤に転職してどうがんばっていきたいか

これらを前向きに伝えられるように転職理由を練っておくことは必須です。

 

外仕事を辞めた理由はネガティブになりがちですが、転職後にどうがんばっていきたいかを伝えられればポジティブな印象は残せます。

転職理由がネックになる人は多いですから、自信をもって話せるように準備しておきましょうね。

今やるべきはこれ!外仕事から内勤に転職できるか見通しを立てよう

いくら外仕事を辞めたくても、次の仕事が決まらないまま退職するのは大きなリスクです。

先が見えないストレスは想像以上に大きいですから、在職中に退職後の見通しを立てておくことは非常に大切です。

 

では、どうやって見通しを立てたら良いのでしょうか。

おすすめしたいのは、転職エージェントを活用する方法です。

 

転職エージェントというのは、担当者に求人を紹介してもらえたり、今後のキャリアについてアドバイスをしてもらえるサービスのことですね。

無料で使えるのは求人情報サイトと一緒ですが、キャリアアドバイザーという担当者に直接サポートしてもらえるのが大きな違いです。

 

どうしてエージェントが良いかというと、エージェントに求人を紹介されるということは、

  • その求人に転職できる可能性が高い
  • その求人企業の内部情報を教えてもらえる
  • その企業に有効な面接などのコツをおしえてもらえる

など、今後の見通しが立ちやすいことに加えて、転職活動がしやすくなるからです。

 

転職する人の3割は自力で情報収集をしている、と言われていますが、エージェントを通したほうが間違いなく深い情報を集められます。

また、「そもそも、どんな内勤の仕事に転職すれば良いかわからない」という人は、キャリアアドバイザーに相談したほうが、自分に合う職場を見つけられる可能性が高いです。

 

転職はいかに自分に合う情報を集められるかに懸かっている部分があるので、転職エージェントをうまく活用してみてください。

 

シュン

いかがでしたか?

外仕事を辞めたいなら最低限チェックしたい3つのポイントをお話ししてきました。

どれも難しいことはないので、ぜひ参考にしていただけると嬉しいです。

 

最後に、まずはここを使えば安心と言える転職エージェントをお伝えしておきます。ポイントは「メリットが多い大手のサービス」です。

ここを使えば安心!おすすめの大手転職エージェント

まずは、20代の方におすすめできるのが、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

ご存知”マイナビ”が、20代の転職者(24歳から29歳)を専門的にサポートしているサービスです。

  • 20代に特化した求人を紹介してもらえる
  • 転職のコツをアドバイスしてもらえる(書類や面接など)
  • マイナビだけの求人も多い

など、20代に多数のメリットがあるサービスです。

キャリアアドバイザーも”20代専任”なので、相談しやすいのが魅力です。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト