20代転職悩み

『新卒入社したけど仕事が向いてない』苦痛なときに考えたい3つのこと

新卒で入社して数ヶ月がんばったけど、
やっぱりこの仕事は向いてないのかも。。。
うまくいかないことが多すぎてウンザリ。
この業界に入って失敗だったかも。。。

このように悩んでいませんか?

シュン
シュン
はじめまして!転職成功プランナーのシュンです。

ぼくも20代で転職経験があるので、気持ちは理解できます。

仕事を辞めたくても、「早期離職はキャリアに傷がつく」と思うと簡単には辞められませんよね。

とは言え、向いていない仕事を続けるのは苦痛なはずです。

 

そこでこの記事では、仕事が向いていないと悩む新卒の方にむけて「仕事に苦痛を感じたときに考えてみてほしい3つのこと」をお話ししていきます。

  • 同年代の声を参考にしてみる
  • 期限を決めてがんばってみる
  • 転職活動をしてみる

ぼくは結局2年働いた会社を転職しましたが、向いていない仕事に耐えるばかりが唯一の方法ではありません。

シュン
シュン
若いうちはたくさん可能性が転がっているので、前向きに行きましょう。

仕事が向いていないのは自分だけ!?【新卒入社した同年代の声を参考にする】

  • 同期は「できるやつ」が多い
  • 他の社員と比べると仕事が遅い
  • 周りから「向いていない」と言われる

こんな状況だと、「どうして自分は向いていない仕事を選んでしまったんだろう」と悩むのも当然です。半人前の自分が情けなくなりますよね(ぼくもそうでした)。

 

けれど、新卒入社後数ヶ月でいきなり「仕事の向き不向き」を決めてしまうのは、賢い方法とは言えません。

どうしてかというと、仕事を一人前にこなせるようになるには、誰もがそれなりの年数を要することが分かっているからです。

以下は、「自分は社会人何年目から一人前になったと思いますか?」という質問をアンケート調査したデータです。

【自分は社会人何年目から「一人前」になったと思うか教えてください】

  1. 4年目~6年目 42.6%
  2. 10年目~12年目 16.4%
  3. 1年目~3年目 14.6%
  4. 7年目~9年目 11.6%
  5. 13年目以上 10.4%

引用データ:マイナビニュースより一部抜粋

見て分かるように、実に85%以上の人は、社会人になって4年以上経ってから「一人前に仕事ができるようになった」と回答しています。

 

つまり、新卒入社から4年程度までは「あれこれ試行錯誤するのは当たり前」と言えるんです。

あまりに仕事が辛い、体調を崩すほどきつい、というなら明らかに向いていないのかもしれませんが、新卒入社後にいきなり「この仕事は向いている・天職だ」と思える人はかなりの少数派というわけです。

「できる同期」も実際はつらい思いをしているかもしれませんし、上司や先輩も新入社員だったころ同じ思いをしているかもしれません。

 

ですのでまずは、

  • 仕事がうまくいかないのは向いていないからではない
  • 一人前になるには時間がかかる

ということも心に留めておくと良いですね。

ひとりで悩まずに同じ環境でがんばる人に相談してみる

また、仕事が向いていないとひとりで悩んでいたら、気持ちはふさぎ込むばかりです。

なので、会社帰りなどに同年代の友人を夕飯にでも誘って、「俺、仕事が向いてないと思うんだけどおまえはどう?」と軽く相談してみるのもおすすめです。

 

同じような悩みをもっていれば「自分ひとりがつらいわけじゃない」と勇気をもらえますし、仕事が順調なら「仕事をうまくこなすコツ・考え方」などを参考にできるかもしれません。

 

ひとりで悩んでしまうと、どんどんマイナス思考に陥るだけです。

自分の気持ちを理解してもらえそうな人や同じ環境でがんばる人に意見を求めて、外部の考え方を取り入れてみると良いですよ。

どうしても仕事が向いていないなら【新卒入社した会社を期限を決めてがんばる】

先にご紹介したデータを見て、

ってことは、4年くらい経験を積まないと、「仕事が向いてない」か分からないものなの!?
今でも十分、向いてないと思うんだけど…

こんなふうに思う人もいるはずです。

たしかに、仕事の向き不向きを判断するには時期尚早な反面、すでに「ずっとこの仕事を続けるのは厳しい」と答えを出している人もいると思います。

ぼくも「この仕事を10年続けたくはない」と思いつつ、苦労して入社した会社を簡単には辞められず悩みました。

 

そこでおすすめしたいのは、

  • あと半年がんばってキッパリ天職する
  • 年度末まで全力を出してそれでも向いていなければ辞める
  • 1年を目安にやれるだけのことはやってみる

このように、期限を決めて仕事と向き合ってみることです。

期限を決めて仕事と向き合ってみること

期限を決めてしまえば、向いていない仕事も意外とがんばれますし、仮に転職をするにしても今後のプランを立てやすくなります。

一定の期間がんばってみることで、本当に向いていないかどうかを見極めることもできるはずです。

シュン
シュン
ゴールを決めれば精神的に楽になり、モチベーション維持にも役立ちますよ。

新卒入社したけど仕事が向いてないなら転職活動をしてみる

期限を決めたあとは、「その期限を迎えたあと」についても考えておきましょう。

何をしておくべきかというと、ズバリ、転職活動の準備です。

具体的には、情報収集に注力すればOKです。

大半の方は「新卒の就活経験のみ」だと思いますが、転職活動は新卒の就活とは様々な点が異なります。

「転職も就活みたいにやればいい」と思っていると、痛い目に合います。

 

とくに中途採用の求人は、新卒のように入社時期が決まっているわけではないので、いつどのタイミングで自分に合う求人が出るかは予測できません。

つまり、転職の可能性があるなら、今すぐにきちんと情報収集できる環境を整えておくことがとても大切になります。

また、新卒の就活とは異なるマナーや転職の進め方を知ることも、採否を分けるポイントです。

 

では、どのように「きちんと情報収集できる環境」を整えるべきかというと、もっとも賢いのは今のうちからエージェントに相談しておくことですね。

エージェントを活用すれば、キャリアアドバイザー(コンサルタント)と呼ばれる担当者が、あなたの希望や適正に合う求人を探し出してくれるからです。

ひとりで求人サイトをウロウロするよりは、格段に情報収集が捗ります。

 

また、

  • 今後どのように転職活動を進めるべきか
  • ベストな転職時期はいつか
  • どんな仕事が向いているか・適正があるか

などを客観的にアドバイスしてくれますし、フィットする求人があればすぐに転職へ向けて動き出すこともできます。

シュン
シュン
新卒就活の経験しかないと転職は不安です。エージェントは賢く活用しましょう。

20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切

エージェントを活用するなら、大手のエージェントのなかでも「20代の転職に強いサービス」を選びましょう。

20代の転職に特化しているエージェントのほうが、

  • 転職先を紹介してもらいやすい
  • 良い条件で転職しやすい
  • 経験不足でも内定が得やすい

などのメリットがあるからです。

 

大手マイナビ系列の「マイナビジョブ20’s」は、名前のとおり20代の転職に特化したエージェントサービスです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代の転職を専門的にサポートしているので、

  • 20代に特化した求人が多い
  • 不安や悩みの相談がしやすい
  • はじめての転職に最適

安心して利用できるエージェントサービスです。

サービスの対象地域は、

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

リクルートエージェント
公式サイト≫


 

シュン
シュン
いかがでしたか?「仕事が向いていなくても耐える」だけが社会人ではありません。

自分のキャリアをマネジメントする意味でも、転職を見据えてエージェントの担当者に相談してみるのはおすすめですよ。