転職のコツ

仕事で落ち込む日はみんなある!気晴らしのアイデア3選。

仕事で落ち込む日はみんなある!気晴らしのアイデア3選。の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

仕事のことで落ち込んでいませんか?「もう嫌だ…」と思ってしまう前に、うまく気晴らしすることも大切です。

この記事では、
「おすすめしたい3つ気晴らしのアイデア」
をお伝えします。

「仕事のことで落ち込んでしまう…なかなか立ち直れない。どうしたらいいの!?」

Aさん
実は最近、仕事のことで落ち込む日が多くて…

ため息ばかりついてしまいます…。

なかなか気持ちを切り替えられないんです。

シュン
なるほど…

きっとAさんのように悩んでいる方は多いと思いますよ。

誰でもミスはありますし、仕事がうまくいかない日もありますからね。

Aさん
そうですね。

ただ、なかなか気持ちを切りかえられないので悩みます。

シュン
では、仕事で落ち込んだときに試すと良い「3つの気晴らしのアイデア」をお伝えしていきます。

ご自分に合いそうなものを取り入れてみてください。

 

…とその前に、仕事の落ち込みへの対処は、”スキルのひとつ”だということを頭に入れておくと良いですよ。

スポンサードリンク

「仕事の落ち込みにどう対処するか」もひとつのスキル。スキルアップと捉えよう

あなたもAさんのように、「仕事のことで落ち込む…」と悩んでいませんか?

  • ミスが続いて周りに迷惑をかけてしまった…
  • 仕事がいつまでたっても上達しない…
  • 契約がとれない、ノルマが達成できない…

働いていれば落ち込む日はあると思いますが、それを引きずってしまうと辛くなるはずです。

そんな日をどう乗り越えたらいいのか…悩みますよね。

 

ここでひとつ心に留めておくと楽になるのが、実は、「落ち込みにどう対処するか」は、ひとつのスキルだということです。

 

ついつい、「自分はいつも落ち込んでしまう…この性格がダメなんだ」と性格のせいにしてしまう人が多いと思いますが、対処次第で気持ちはコントロールできます。

 

「落ち込みにうまく対処できる人=対処スキルが高い人」と考えてみてください。

落ち込んだときにうまく対処できるようになったなら、それは成長した、ということでもあります。

 

自分に合った気晴らしテクニックを身につけることで仕事の落ち込みはグンと軽くなるはずです。この機会にスキルアップしましょう。

スポンサードリンク

気晴らしのアイデア3選。仕事で落ち込んだら試してみよう!

では、落ち込んだときはどんな対処をしたら良いのでしょうか。

提案したいのは、

この3つを癒やすイメージで気晴らしをすることです。

 

人それぞれ”得意な気晴らし”は異なるはずですから、

自分がもっともスッキリするのは「体を使った気晴らし」なのか、それとも「心を使った気晴らし」かトライしてみる…
いつもは心を癒やすための対処ばかりしてるから、今回は体を使ってみよう…

など、いろいろチャレンジしてみるのもおすすめです。

 

実際には、体と心、脳の3つは繋がっていますから、どれか1つを試すことで気持ちは楽になるはずです。自分がやりやすい方法から試してみると良いですよ。

スポンサードリンク

仕事で落ち込んだときの気晴らしのアイデア1:体を動かす

まず1つ目は、体を動かして仕事の落ち込みを解消する方法です。

  • デスクワークでオフィスにずっといる人
  • あまり体を動かす機会がなく平日を過ごしている人

にはとくにおすすめしたい方法です。

 

「体を動かす」と言っても、本格的にスポーツをはじめたり、ジム通いをしなくてはいけないわけではありません。(もちろん、余裕があれば運動習慣はつけたほうが良いですが…)

いつもより長い時間歩くだけでも、実はかなりの気晴らしになります。

  • 一駅手前で降りて歩いて帰宅してみる
  • 近くの公園まで散歩してみる
  • 休みの日、山や海にウォーキングに出かけてみる

普段あまり体を動かさないのであれば、20〜30分歩いただけでもかなりスッキリするはずです。

 

歩くときは、仕事のことを考えながらではなく、周りの様子に集中してすることも大切。「歩くこと」に集中すれば、心身ともにリラックスできます。

仕事で落ち込んだときの気晴らしのアイデア2:心を動かす

2つ目は、疲れた心に栄養をあげて仕事の落ち込みを解消する方法です。

  • 仕事でミスをして迷惑をかけてしまった
  • 上司から嫌なことを言われて凹んだ
  • 営業成績が悪かった

こんなときは、心が疲れているはずです。

 

心を動かす映画やドラマを見たり、本を読んだり…意識的に感動しようとしてみるのがおすすめです。

感動して涙を流せるようなものならベストです。

 

落ち込んでいるときは、ストレスも相当たまっているはずです。

そのストレスを解消するには、先にお話ししたように体を動かしたり、涙を流すのが自然で健康的な対処法といえます。

 

  • お酒を飲んで気を紛らわせる
  • やけ食いしてストレスを解消する
  • 羽目を外して遊ぶ

なども気晴らしになるかもしれませんが、体にかかる負担やリスクが大きいですよね。

飲みすぎて体調を崩してしまった、羽目を外して怪我をしてしまった…となれば、結局周りに迷惑がかかってしまいます。

 

体や心を動かして、健康的に落ち込みを解消ができるようにしておいたほうが、社会人スキルがあると言えるのではないでしょうか。

仕事で落ち込んだときの気晴らしのアイデア3:脳を整理する

3つ目は、落ち込んで疲れた脳を意識的に整理する対処法です。

 

落ち込んだときは、

  • 「どうして自分はこんなにダメなんだろう」
  • 「またミスをしてしまった」

など、いろいろと考えてしまいますよね。

考えがまとまらなかったり、答えが見つからなかったり、脳も疲れているはずです。

 

そんなときは、いつもよりたくさん睡眠に時間を割いて脳を意識的に休ませることが大切です。

 

聞いたことがある人が多いと思いますが、人間の脳は睡眠中に記憶の整理などを行っていると言われています。

落ち込んでいるときに夜遅くまで考え事をするとマイナス思考になってしまうので、きちんと睡眠を取って脳を整理するようにしましょう。

「睡眠も落ち込み解消に必要なスキルなんだ!」と考えると良いですね。

 

さて、ここまでお話しした内容をまとめると、こんな1日が考えられます。

  • 休みの前の日は一駅歩くなどして体を動かす(心身ともにリラックス)
  • いつもより早く就寝してたっぷり睡眠を取る(脳を休めて考えを整理)
  • 次の日の休日は映画を見にいって感動する(心に栄養を与える)

実際は、残業などがあってここまでうまくはいかないかもしれません。

 

しかし、何度もお話ししているように、仕事の落ち込みを解消も立派なスキルです。

ぜひ、やれることから取り組んでみてくださいね。

スポンサードリンク

仕事の落ち込みを乗り切れそうにない時はどうしたらいいの!?

しかし、「今の職場じゃ、この落ち込みを乗り切れそうにない…」という人もいるはずです。

 

そうした場合は、極限まで我慢するのではなく、別の職場へと転職するなどの方法に目を向けることも必要です。

大切なのは、今の仕事や環境が全てだと思わずに広い視野を持つことではないでしょうか。

 

今は仕事で落ち込む日が続いていても、一歩外に出れば状況が変わることはいくらでもありますから、いろいろな可能性を探ってみてください。

 

もしも、職場を変えたい、仕事を辞めたい、と考えているなら、まずは情報収集をしてみるのがおすすめです。

以下の記事では、情報収集におすすめできる転職サービスをまとめているので、ぜひ参考にしてくださいね。

情報収集におすすめ!登録しておきたい転職エージェントまとめ。の画像
情報収集におすすめ!登録しておきたい転職エージェントまとめ。 自分にフィットした情報を集めるために転職エージェントを活用しよう! 転職を考えたとき、まずは最初にやっておきたいのが「情報...
スポンサードリンク