転職の仕方

我慢が本当に正しい!?仕事で心が病む前に考えるべき3つのこと

我慢が本当に正しい!?仕事で心が病む前に考えるべき3つのことの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「仕事がきつい、、、我慢するしか方法はない!?」と悩んでいませんか?

この記事では、仕事で心が病む前に考えたい3つのことについてお伝えしますね。

「仕事がきつくて精神的に病んでしまいそう…それでも我慢して仕事を続けるべき!?」

Aさん
実は、仕事がきつくてきつくて、、、

精神的に参ってしまいそうなんです。

毎朝「今日も仕事か…」と思うと、ため息がとまりません。。。

シュン
なるほど…それはつらいですね。
Aさん
このままだと、心が病んでしまいそうです。。。

それでも我慢して仕事を続けたほうがいいんでしょうか?

正直言って、この先不安です、、、

シュン
仕事を続けるかどうかは難しい判断だと思いますが、心が病んでしまう前に、ぜひ考えてほしいことがあるんです。

  • その辛さは本当に我慢しなくてはいけないのか?
  • 心が病んでしまうリミットは把握できるか?
  • 将来を考えて今後の見通しを立ててみる

詳しくお話ししていくので、少しだけお付き合いください。

心が病む前に「仕事の辛さは本当に我慢しなくてはいけないのか?」を客観視する

あなたもAさんのように、「精神的にきつい…」と悩んでいるのではないでしょうか?

仕事がつらかったり我慢してストレスを溜め込む日が続くと、心が病んでしまいそう…と不安になりますよね。

もしかすると、すでに、体調を崩してしまったり気分がすぐれないなど、異変を感じている人もいるかもしれません。

(※心の病に関しては、ぼくは専門家ではありません。明らかに異変がある場合は、病院に行くなどして適切な処置を受けてください。)

仕事を続けられるか、もしくは続けていいものか悩みますよね。

 

そこで、最初に考えてみてほしいことが、

  • 仕事でつらいこと・苦しいこと
  • 大きなストレスを感じること

これらは、本当に我慢したり耐えなくてはいけないことのか、ということなんです。

 

どういうことかと言うと、「仕事につらいことやストレスは付き物」とは言え、ひとりの人間が精神的に病んでしまうほどであれば、それは普通ではありません。

度を越した残業や仕事をこなしていたり、行き過ぎた上司の指導、パワハラ等が行われているのかもしれません。

 

そうしたなかで仕事をしていると、なにが正しいか間違っているか、の区別がつきにくくなってしまいます。

 

例えば、それまで「終電までサービス残業が普通」という職場で働いていた方が、転職を機に「残業はせいぜい1時間。残業代も当然支給される」という環境に変わったとします。

そこではじめて、前職の環境が普通ではなかったということに気づく、ということは多々あるんですね。

 

ですから、今の仕事は精神的にきついと悩んでいるなら、心が病んでしまう前に、

  • 外部の人間に今の仕事に対する意見を聞いてみる
  • 客観的に今の仕事を見つめる機会を作る

などして、本当にそのストレスや辛さに耐える必要があるのかを見極めましょう。

 

外部の人間の多くが、「それはどう考えても、精神的に病んでしまうよ」と言うのであれば、転職等を考える必要があるのかもしれません。

仕事を続けてよいか迷ったときは、客観的に今の仕事を見つめることが大切です。

仕事で心が病む”リミット”は把握できないことを頭に入れておこう

次に考えてほしいのは、仕事で心が病んでしまう”リミット”は、職場の人間はもちろん、自分にもわからないことが多いということです。

 

例えば、あなたの心はコップ、そこに注ぐ水をストレスや我慢だとします。

コップが見えていれば、溢れ出ないように水を注ぐことはできますよね。

 

しかし、そのコップは誰にも見えません。

そうなると、ある日突然、コップに注いだ水が溢れ出して周りはびしょ濡れ、ということは十分あり得ますよね。

 

水が溢れ出ると元に戻すのが難しいように、心が病んでしまうと、治療には長い時間がかかります。

うつ病の場合、平均的に半年は気分の落ち込みなどの症状が出ると言われていますが、個人差もあります。

 

人の心は他人には見えませんし、自分自身ですら心のリミットを把握できていなかったりします。

人それぞれコップの容量も違いますよね。

 

ですから、もしも「仕事で心が病んでしまいそう…」と不安を抱いているなら、はやめに対策を取ることも大切です。

 

「まだ大丈夫かもしれない」と問題を先送りにせずに、

  • 専門機関を受診して心の状態を把握する
  • 状態を見て休職などを願い出て仕事から離れてみる

など、できることから対策していく必要があるのではないでしょうか。

仕事で心を病む前に「将来を考えて今後の見通しを立ててみる」

もしも、冒頭のAさんのように、

Aさん
正直言って、今後も続けられるか自信がないんです。。。

このように、これ以上は精神的に無理、仕事を続けたら心が病んでしまう、と思っているなら、転職することを視野に入れたほうが良いかもしれません。

 

ただし、転職で環境を変えることも大きなストレスになります。

 

ですからまずは、情報収集をきちんとして、今後の見通しを立ててみるのがおすすめです。

今後の見通しというのは、

  • どんな仕事に転職できそうか
  • 給料や待遇はどの程度期待できそうか
  • 今は転職するタイミングなのか
  • そもそも転職できるのか

などを予測する、という意味です。

 

今後の見通しがある程度立てば、精神的なストレスや不安は緩和されますよね。

仕事がきつかったり大変でも、「転職に向けて動き出そう」というモチベーションにもなるはずです。

 

具体的になにをすれば良いかというと、手っ取り早いのは、エージェントサービスを活用して転職相談をしてみることです。

 

エージェントサービスを使うと、担当者があなたの希望やスキル等に合った求人企業を紹介してきます。

大抵、エージェント1社につき、数件の求人を紹介されますから、2〜3社エージェントを利用すれば、10社以上の求人を集めることはできます。

 

それらを見れば、自分はどんな仕事に転職できそうか、給料や待遇はどの程度期待できそうか、などはだいたい把握できます。

 

また、今の仕事で精神的につらいこと、心が病むほどきついこと、などを前もって相談しておけば、転職先で同じような目に合うリスクも減らすことができます。

エージェントサービスは無料で使えますし、利用したら必ず転職しなくてはいけないわけではないので、うまく活用することをおすすめします。

どんなエージェントを使ったら良いか迷ったときは!?

どんなエージェントを使えば良いか迷う場合は、20代の方は、マイナビワークスが運営している「マイナビジョブ20’s」を使ってみてください。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代転職限定(24歳から29歳まで)でサポートしているので、

  • 20代に特化した求人が多く集まっている
  • サポートやノウハウがしっかりしている
  • マイナビだけの求人も多い

など、20代にはプラスのポイントが盛りだくさんです。

キャリアアドバイザーも「20代専任」なので、対応が親切丁寧。

「初めての転職」「転職に不安がある」という場合でも相談しやすいです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト