転職の仕方

「仕事が大嫌いで辞めたい…」そんなときはリスクを意識しよう

「仕事が大嫌いで辞めたい…」そんなときはリスクを意識しようの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「仕事が嫌いで嫌いでしかたない…もう辞めたい!」と悩んでいませんか?

この記事では、辞めたいけれど踏み出せない方のために、大嫌いな仕事に対する考え方・参考にしてほしい今後の展開についてお話ししますね。

「今の仕事が大嫌い!辞めたい…」そんな理由で辞めてもいいの!?

Aさん
実は、今の仕事が大嫌いでしょうがないんです。

気がつけば会社の悪口、同僚のグチを言っている自分がいて…平日は憂鬱でしかたありません。

シュン
なるほど…それはきついですね。

「仕事が大好きでたまらない!」とまでいかなくても、仕事にやりがいを見出したり、満足できる職場で働きたいですよね。

Aさん
そうですね…。

辞めたいと思うのですが、「仕事が大嫌い」という理由で辞めていいのか悩みます。

シュン
たしかに、「嫌いだから辞める」では転職理由としてマイナスですが、大嫌いな仕事を続けることもひとつのリスクだということは自覚しておいたほうが良いですね。

辞めるときに考えておきたいことをお話ししていきますね。

仕事が大嫌いなのはあたりまえ!?日本人の仕事嫌いは世界でもトップクラス

あなたもAさんのように、「仕事が大嫌いで辞めたい」と悩んでいるのではないでしょうか?

嫌いで仕方ない業務、合わない上司や同僚…理由はそれぞれですが、大嫌いな仕事を続けるのは精神的にも肉体的にもつらいはずです。

 

実は、海外のあるデータによれば、日本人は「世界でもトップクラスの仕事嫌い」なんだとか。マイナビニュースの記事でも、仕事が好きと答えた人の割合は、

  • 2008年 60%
  • 2011年 55%
  • 2014年 49%
  • 2017年 45%

引用データ:マイナビニュースより一部抜粋 http://news.mynavi.jp/

というように、減少し続けていることが明らかになっているようです。

 

「どうして仕事が嫌いな人が多いのか」その理由はさておき、

  • 仕事が嫌いなのはみんな一緒だよ
  • 嫌いでも我慢して続けるしかない
  • 大嫌いならどう手を抜いたらいいか考えよう

こんな空気感の職場が多いのも事実かもしれません。

大嫌いな仕事を続けることは”大きなリスク”だということも知っておこう

しかし、冒頭でもお話ししているように、大嫌いな仕事を続けることは大きなリスクになり得ることは知っておいたほうが良いです。

 

これはどういうことかというと、大嫌いな仕事をしていては、当然ながら、

  • やる気が出ずキャリアアップやスキルアップができない
  • 周りからも評価されにくい
  • 休みの日以外は憂鬱な気分で過ごすことになる

こうなってしまうケースが多いはずです。

つまり、大嫌いな仕事を続ければ続けるほど、仕事ができない人になってしまう可能性が高くなります。

 

今の世の中、”会社に在籍してさえいれば定年まで安泰”という時代ではありませんよね。

スキルがなく経験もない、評価もされないと、活躍の場はどんどん他人に奪われてしまいます。

年齢を重ねるにしたがって、身動きがとれない状況に陥ってしまうかもしれません。

 

また、仕事は人生の3分の1を占めると言われていますから、その貴重な時間を大嫌いな仕事に費やすにも大きなマイナスです。

 

もちろん、「給料さえもらっていればいい」という価値観であれば、仕事が大嫌いでも問題ないかもしれません。しかし、

  • 大嫌いな仕事を続けるのがつらい…
  • もっとやりがいのある毎日を送りたい…

と考えているなら、「大きなリスクを背負っているかもしれない」と意識する必要があるのではないでしょうか。

大嫌いな仕事を辞めたいなら意識しておきたい3つのポイント

では、大嫌いな仕事を辞めたい場合、どんなことに気をつけたら良いのでしょう。

次の3つを意識することで、辞めた後の展開がスムーズに進むはずです。

  • なぜ嫌いなのかを明確にしておく
  • 環境や仕事のやり方を変えれば印象が変わることを知っておく
  • いきなり辞めるのはNG。次の見通しを必ず立てる

ひとつずつ、もう少し詳しく見てみましょう。

なぜ今の仕事が大嫌いなのかを明確にしておくことが大切

「仕事が大嫌い」と一口に言いますが、その理由は多岐にわたるはずです。

  • 仕事が自分に合わない
  • 職場の雰囲気が嫌い
  • 上司のやり方が気に食わない
  • 会社の方針に賛同できない

など、様々な理由がありますよね。まずは、嫌いな理由を箇条書きにするなど明確にしておきましょう。

 

嫌いな理由が曖昧だと、次の仕事探しや転職理由を考えるときに軸が定まりません。

その結果、「転職したけど以前と変わらない…」など、転職に失敗してしまうケースも多いので、十分注意してくださいね。

環境や仕事のやり方が変われば「仕事に対する印象」が変わる可能性がある

「仕事内容が嫌」「この業界はウンザリ」と思っていても、転職をして、

  • 職場環境が変わる
  • 仕事のやり方が変わる
  • 上司や同僚が変わる

などすることで、仕事に対する印象が変わることもあります。

 

例えば、同じ営業職でも、有形商材か無形商材を扱うのでは仕事のやり方が変わってくるように、転職で仕事の印象が変わることはよくある話です。

ですから、今の環境がすべてとは思わずに、”前向きに仕事を辞める姿勢”も大切です。

仕事が大嫌いでもすぐ辞めるのはNG。次の仕事を見つけるなど見通しを立ててから

毎日憂鬱、そしてリスクもある、となると、1日でも早く大嫌いな仕事を辞めたくなると思います。

しかし、後先を考えずにすぐに辞めてしまうのはNGです。

 

なぜなら、”仕事を辞めてしまってから”次を探す場合、

  • ブランク(空白期間)
  • 経済的な不安

などのリスクを負う可能性が高くなるからです。

 

在職している間に、次の仕事を見つけるなど今後の見通しを立てておくのがセオリー。最低でも、情報収集などは済ませておいたほうが安心です。

また、「仕事が大嫌い」という不満を転職で解消する必要もあるので、客観的に現状を見極めることも大切です。

大嫌いな仕事を続けたくない。今後の見通しを立てるにはどうする!?

さてここまで、仕事が大嫌いで辞めたいときは、

  • リスクを意識する
  • 見通しをきちんと立ててから辞める

ということが大切とお話ししてきました。

 

しかし、

リスクを負ったまま大嫌いな仕事は続けたくないけど、

どうやって今後の見通しを立てたらいいんだろう…

と不安な人が多いはずです。

 

そんな場合は、転職を視野に入れた情報収集をスタートさせてしまうというのがひとつの方法です。

 

おすすめなのは、転職エージェントを活用して情報を仕入れることです。

エージェントサービスを利用すれば、

  • 希望に合う求人を紹介してもらえる
  • 応募する企業の内部情報を教えてもらえる
  • 不安や悩みを相談しながら転職を進められる

などのプラスがありますし、「そもそもどんな求人に転職できそうか?」「どんな仕事が向いているか」などをアドバイスしてもらえるので、見通しが立ちやすいです。

 

転職後の給料や待遇なども予測しやすくなるので、エージェントとはコネクションを持っておくのがおすすめ。無料で活用できるのでいくつか登録しておくと良いですよ。

相談しやすい情報収集におすすめできるのは大手のエージェントサービス

それでは最後に、相談がしやすく情報収集に最適なおすすめできるエージェントサービスをお伝えしますね。

 

ポイントは、求人の数が多くサービスやノウハウがきちんとしている大手エージェントを使うことです。

 

まずは20代の方におすすめできるのが、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sです。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、マッチする求人が多く、とても丁寧に相談にのってもらえます。

マイナビジョブ20’sだけの求人が充実しているのもおすすめポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト