転職のコツ

ちょっと待って!入社9ヶ月で仕事を辞めるなら立てておきたい戦略

ちょっと待って!入社9ヶ月で仕事を辞めるなら立てておきたい戦略の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「入社9ヶ月で転職を考えている…」
でも、在職期間が短いだけに転職できるか不安になりますよね。

この記事では、
「短期離職をして転職するときの戦略」
についてお伝えしますね。

9ヶ月で仕事を辞めて転職するのは早すぎるの!?

実は先日、友人に「今の仕事を辞めて転職しようか迷っている…」という相談を受けて、こんな会話をしました。

友人

知ってると思うけど、今の会社に転職して1年も経ってないんだよね。

スピード退職って思われないか、心配ではあるんだけど…

シュン
そっか、、、今、何ヶ月目だっけ?
友人

えっと、、、今月で9ヶ月かな。

やっぱり、辞めるには早すぎるかな?

シュン

9ヶ月なら、あと3ヶ月で1年でしょ?

そこに照準を合わせて転職活動をしたほうがいいんじゃないかな。

あなたもこの記事をご覧になっているということは、9ヶ月目で仕事を辞めたいと思っているはずです。

 

ぼくが友人にお話ししたように、今すぐ仕事を辞めるよりは、1年をひとつの区切りとして転職活動を進めたほうが、良い結果が待っているかもしれません。

 

今回は、そんな9ヶ月で辞めたい人に知ってほしい3つのポイントをお話ししていきます。

  • 今すぐ9ヶ月で仕事を辞めるより1年を目安にするべき理由
  • 9ヶ月から先を自己PRに変える方法とは?
  • 転職活動は早めにスタート!まずは情報収集から

まずは、どうして1年を目安にしたほうがいいのか、詳しくお話ししていきますね。

今すぐ9ヶ月で仕事を辞めるより1年を目安にするべき理由

今すぐ9ヶ月で仕事を辞めるより1年を目安にするべき理由

近年は、大卒の新卒者の32.3%は3年以内に離職、13.1%が1年以内に離職するというデータがありますし、(引用データ:厚生労働省)第二新卒者が企業から人気を集めている、ということを聞いた事がある人も多いのではないでしょうか?

それだけ、会社を辞めて転職することは珍しいことではなくなりました。きっとあなたの周りにも、転職を経験している人はたくさんいると思います。

 

しかし、「9ヶ月で仕事を辞める」など1年未満の職歴は、転職活動では評価されにくいというのが実情です。

つまり、転職すること自体はマイナスではなくても、9ヶ月で辞めたことが転職活動の足を引っ張る可能性は高いんですね。

 

そこで考えてほしいのが、今すぐに仕事を辞めるのではなく、在職期間1年を目安に転職活動を進めていく、という方法です。

 

最低でも1年の職歴があれば、それなりに評価はされますし、あとでお話しする「9ヶ月目から先を自己PRに変える」という戦略も立てることができます。

また、そもそも転職活動自体、平均すると2.1ヶ月はかかるというデータもあるので、転職するための準備期間と考えて過ごせば、1年までの3ヶ月間は決して長くはないんです。(引用データ:「転職活動期間は、みんなどのくらいなんだろう?」@typeより一部抜粋

 

辞めたい気持ちに流されて後悔するよりは、一度冷静になって、なるべく良い状態で転職ができるように進めていきましょう。

転職を有利にする!「9ヶ月目から先を自己PRに変える方法」とは?

転職を有利にする!「9ヶ月目から先を自己PRに変える方法」とは?

「1年未満の職歴は評価されにくい」と先にお話ししましたが、実は1年の職歴があっても、大きくプラスになるというわけではありません。

本当に評価されるのは、一般的には3年以上。採用担当者としては、職歴が1年だと不安を覚えるのは事実です。

しかし、職歴1年をどう見せるかによって、印象はガラリと変わります。

 

どうすれば良いかというと、転職の面接で、最終的に次のような自己PRができれば合格です。

転職面接でのアピール

実は、現職では半年過ぎたころから、ここで仕事を続けていても自分が目指すポジションにはたどり着けないと感じていました。

しかし、半年で辞めてしまったら、私には経験もスキルも残りません。せめて、担当のプロジェクトで一定の成果を出そうと、この半年は必至に努力しました。

 

その結果、◯◯という数字を上げることができました。

1年という区切りも良い時期になったので、以前から興味がある御社のポジジョンを志望いたしました。

つまり、「9ヶ月など1年未満で辞めたらマイナスになることを自覚して、それが嫌だから1年を目安に努力をした」ということを、例のように具体的に示せば、かなり印象は違ってきます。

 

採用担当者は、「逃げ」の転職を嫌いますが、成長したいという意欲や目的が明確な転職は歓迎するものです。

職歴1年までの3ヶ月間を自己PR作りに充てるのは、決して無駄なことではありません。

転職を成功させるために、取り組んでみてくださいね。

転職活動は早めにスタート!まずは情報収集からが鉄則!

転職活動は早めにスタート!まずは情報収集からが鉄則!

ここまでお伝えしてきたことを考えてみると、

入社して9ヶ月、今すぐ仕事を辞めようと思ったけど、転職には時間がかかりそう…

と思ったのではないでしょうか?

 

実際にその通りですし、焦って仕事を辞めて転職活動をしても、良い結果にはなりません。

転職活動は、「情報収集」⇒「書類作成」⇒「応募」⇒「面接対策」⇒「面接」というように、準備に時間をきちんとかけて転職成功を勝ち取るのがセオリーです。

 

今できることは、何と言っても『情報収集』ですね。

  • 自分が希望する仕事の求人はどのくらいあるのか?
  • 年収や待遇の希望は叶えられそうか?
  • 今後のキャリアプランはどうすればいいか?

これらは最初の段階で把握しておきたいので、まずは自分に必要な情報を集めるのがおすすめです。

情報収集は、エージェントサービスを使うと便利なので、転職サイトの登録を済ませておくことからはじめると良いですね。

 

大手の転職サイトにはエージェントサービスという、担当者が転職を直接サポートをしてくれるシステムがあります。

  • 希望の求人を探し出してもらえる
  • 応募する企業の細かい情報を教えてもらえる
  • 今後のキャリアを相談できる
  • 書類や面接対策をしてもらえる

など、無料で受けられるサービスなので、うまく活用しましょうね。

情報収集に欠かせないおすすめの転職エージェントについて

シュン

いかがでしたか?入社9ヶ月で仕事を辞めたいときの戦略をお話ししてきました。

1年を目安にして、まずは情報収集から転職活動をスタートさせてみるのがおすすめです。

お伝えしたような、転職を有利にする自己PRづくりも、ぜひ取り組んでみてくださいね。

 

最後に、情報収集に欠かせないおすすめできる転職エージェントをお伝えしておきますね。

 

まずは20代の方におすすめできるのが、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」というエージェントです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代限定(24〜29歳)でサポートをしているサービスなので、ターゲットを20代に絞った企業の求人が多く、希望に合う求人を紹介してもらいやすいです。

また、キャリアアドバイザーも20代専任なので対応も親切丁寧。はじめて転職する人も使いやすいです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト