転職の知識

【社会人3年以内の職務経歴書】不安を解消する5つのポイントを解説

社会人経験が少ないから経歴に自信がない。
職務経歴書に学生時代のことを書いてもいい?

このように悩んでませんか?

社会人経験が少ないと職務経歴書に不安を感じますよね。

シュン
シュン
はじめまして!転職成功プランナーのシュンです。

ぼくも20代で転職をしたので、その気持ちは理解できます。「書くことがない!」と頭を抱えている方もいるはずです。

 

しかし、転職の書類選考を突破するには、魅力的な職務経歴書は欠かせないポイント。社会人経験が少なくても、どんな経験を積んでいるのかチェックされます。

 

そこでこの記事では、社会人経験3年以内で転職する方(第二新卒者)に向けて、職務経歴書を作成する際に気をつけたい5つのポイントをお伝えしていきます。

鍵になるのは

  • 「細かな洗い出し」
  • 「勤続の意思」

です。

シュン
シュン
参考にしていただけら嬉しいです。

社会人3年以内の転職は「中身」を魅力的に伝える

5つのポイントをお伝えする前に、押さえておいてほしいことがあります。

それは、社会人3年以内で転職する方のほとんどは、短い勤続年数を気にすると思いますが、大切なのはその中身だということです。

社会人3年以内の転職は「中身」を魅力的に伝える

たしかに、勤続年数が長く経験豊富な人材は転職で有利です。

しかし、中身の濃さによって評価は変わります。

例えば、

  • 「5年の経験者」
  • 「3年の経験者」

2人の転職者がいる場合、前者は中身がスカスカ、後者はギッシリ経験を積んでいたら、当然「3年の経験者」を評価したくなりますよね。

 

裏を返せば、中身をどう伝えるかで印象はガラリと変わるということです。

 

ですので、勤続年数だけに囚われないことが大切。社会人経験3年の中身を細かく洗い出すことからはじめましょう

 

例えば、

  • 担当した業務の中で応募企業に関連する業務はないか
  • 身につけた知識やスキルで使えるものはないか
  • 勤務態度や高い意欲を評価された実績はないか

まずはこのあたりにアピールできるネタがないか探ってみましょう。

さらっと経験を羅列するだけの職務経験は魅力的に映りません。

  • 具体的な業務の内容
  • 担当した範囲
  • 取り組むにあたって心がけたこと
  • 結果や実績

このあたりを意識して職務経歴書を作成すると良いですよ。

シュン
シュン
これまでの経験や実績の「細かな洗い出し」をした書類は、何倍も魅力的になります。

勤続意志はきちんと示すことが大切

また、社会人経験が3年以内の転職者(第二新卒者)を採用する場合、採用担当者が不安になるのは、「この応募者は辞めずに働いてくれる人材か」ということです。

勤続意志はきちんと示すことが大切

当然ですが、勤続年数が短期間であればあるほど、採用側の不安は大きくなります。

とは言え、過去の事実は変えることができないので、職務経歴書を活用して、

  • 「自分は勤続意志があるということ」
  • 「この会社で結果を出したいということ」
  • 「将来の展望」

などを伝えるようにしてください。

シュン
シュン
勤続意志をきちんと伝えて信頼を勝ち取りましょう。

社会人3年目までの職務経歴書【気をつけたい5つのポイント】

ではここからは、職務経歴書を作成する際に気をつけたい5つのポイントをお伝えしていきます。

  • 「細かな洗い出し」
  • 「勤続の意思」

を押さえつつ、ぜひチェックしてみてください。

実績が乏しいなら「研修やアルバイト経験」も視野にいれる

社会人経験が少ないことを悩んでいる場合は、職務経歴書で、

  • 企業で受けた研修
  • 学生時代のアルバイトで得た経験

などを伝えても良いですね。

第二新卒の場合「ビジネスマナー」などの企業研修は、新卒者にはない強みとしてアピールできるからです。

新卒者にはない強みとしてアピールできる

お伝えしたように、職務経歴書は「伝え方次第」で評価がガラリと変わります。

ですので、研修やアルバイト経験だとしても、

  • どんな内容で
  • なにを得たか
  • 具体的なエピソードを交える

などの工夫をして、魅力的に伝える努力をしてみてください。

業務内容はできるだけ細かく伝えることを心がける

例えば、「業務内容:上司の補佐」という記載では、どんな経験をしたのか不明瞭ですよね。

ですので、

  • それはどんな業務か
  • 何を任されたか
  • そこから何を得たか

など、業務内容はできる限り細かく記載しましょう。

すると、勤務姿勢や経験内容がグッと伝わりやすくなります。

勤務姿勢や経験内容がグッと伝わりやすくなる

また、勤続年数が少ない社会人3年以内の方におすすめしたいのは、

  • 4月から6月はこの業務
  • 7月から10月はこの業務

というように、月日区切りで具体的な業務を記載していく方法です。

時間軸で細かく区切ると、思っている以上に様々な経験をしていることに気づくはずです。

業務内容に対応した「実績・評価・成長」を記載する

詳しい業務内容を記載したら、その業務内容に対する

  • 実績
  • 周りの評価
  • 成長

なども併せて記載しましょう。業務内容の信憑性が飛躍的に高まります。

社会人経験が少なくても、実績や評価があれば「成長できる人材」という印象を与えられますよ。

勤続する意思をしっかりと伝える

先ほどもお話ししましたが、社会人経験が少ない転職者の採用は「勤続意志」が不安要素になります。

ですので、

  • 会社を短期間で辞めた(辞める)理由
  • 勤続意志があること

はきちんと記載しておくことをおすすめします。

転職先で役立つ「基礎知識・経験・スキル等」をアピール

そして、応募する企業で役立ちそうな、

  • 基礎知識
  • 経験
  • スキル

は必ず記載しましょう。

「なんとなく役立ちそう」ではなく、きちんと業務内容をリサーチしてアピールすることが大切です。

転職先で役立つ「基礎知識・経験・スキル等」をアピール

また、経験やスキルをアピールする場合は、なるべく具体的なエピソードを盛り込んで、自分の働きぶりが想像できるように工夫することがポイントです。

例えば、

  • 「こんな工夫をしたらお客様が喜んでくれた」
  • 「こんな働きで成績を上げ上司の評価を得た」

など、「自分らしさ」を表現すると採用担当者の記憶に残りやすいと言えます。

職務経歴書に不安があるなら、転職エージェントに相談してみよう!

さてここまで、職務経歴書を作成する際に気をつけたい5つのポイントをお伝えしました。

社会人3年以内でも「きちんと掘り下げればアピールポイントはある」と思っていただけたでしょうか?

 

もしも、職務経歴書の作成に少しでも不安を感じているなら、1人で悩まないことも大切です。

自分の経験やスキルを客観視するのは、誰にとっても非常に難しいことだからです。

自分の経験やスキルを客観視するのは、誰にとっても非常に難しいことイメージ画像

ですので、転職をひとりで進めようとせずに、エージェント系サービスの「キャリアアドバイザー(コンサルタント)」に相談するのもおすすめです。

 

「転職エージェント=求人を紹介してもらうサービス」と思っている方は多いかもしれませんが、

  • 応募書類作成のアドバイス
  • 面接のアドバイス
  • 応募企業とのやり取り・情報収集

なども無料でサポートしてくれます。

シュン
シュン
使えるサービスは賢く活用して、転職を有利に運びましょう。

20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切

転職エージェントを活用する場合は、20代の転職に強いサービスを選びましょう。

20代の転職に特化しているエージェントのほうが、

  • アドバイスが的確
  • 良い条件で転職しやすい
  • 第二新卒や経験不足でも内定が得やすい

などのメリットがあるからです。

 

大手マイナビ系列の「マイナビジョブ20’s」は、名前のとおり20代の転職に特化したエージェントサービスです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代の転職を専門的にサポートしているので、

  • 社会人経験が少なくても応募できる求人が多い
  • 第二新卒でも相談しやすい
  • はじめての転職に最適

安心して利用できるエージェントサービスです。

サービスの対象地域は、

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト