看護師の悩み

看護師の悩み「辞めたいけど周りの反応が怖いときの対処法」

看護師の悩み「辞めたいけど周りの反応が怖いときの対処法」の画像
マミ
転職アドバイザーのマミです。

「職場を辞めたいけど周りの反応が怖い…」
これは悩みますよね。

この記事では、
「辞めたいけど周りの反応が怖いときの対処法」
をお伝えしますね。

看護師は続けたいけど今の職場は辞めたい…でも周りの反応が怖い

職場環境がとても辛くて、違う病院で働きたいと思っているんです。

ただ、辞めたいと伝えたらどうなるだろうと怖くて…

どんな理由ならすんなり辞めさせてもらえるのでしょうか?

マミ
辞めると伝えるのが怖いんですね。。。Aさんのお気持ちはよく分かります。

まずは、仕事を辞める権利は誰にでもあるということを心に留めましょう。

そして、

  • 周りの反応が怖いときの対処法
  • おすすめの引き止められにくい退職理由

この辺をお伝えしていきますね。

「仕事を辞めたいけど怖い…」周りの反応が怖い看護師が知るべきこと

kango0004

Aさんのように、「違う病院で働きたい、今の職場を辞めたい」と考えているのに、周りの反応が怖くてなかなか退職を切り出せない看護師さんは多いと思います。

  • 上司や先輩にどう思われるんだろう…
  • うちの病院は辞めさせてくれないって噂だし…
  • 引き止められたらどうしよう…

こんな風に不安な気持ちでいっぱいになりますよね。

 

しかし、民法の第627条1項には

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。

この場合において、雇用は、解約の申入れの日から2週間を経過することによって終了する。

という項目があるのをご存知でしょうか。

 

退職を進めるときは、基本的には病院側の就業規則を確認して、それに従うのが義務です。(一般的な病院では、退職の1ヶ月前、または2ヶ月前に申し出ることが規則になっています。)

しかし、そもそも就業規則が無い、辞められない、という場合、民法上は退職の申し出をして14日が経過すると、退職が成立することになっていることは頭に入れておいたほうが良いかもしれません。

 

また、労働基準法では「退職を認めない行為は固く禁止されている」ので、もしも「辞めさせてもらえない」「引き止められる」といった場合は、法律違反に当たる可能性があります。

 

もちろん、いくら辞めたい場合でも円満退職が基本ですし、民法や労働基準法を持ち出すのは最終手段ですが、自己都合退職は働く側の当然の権利ということだけは認識しておきましょう。

そうすれば、「周りの看護師や上司の反応が怖い…」という気持ちに振り回されずに仕事を辞められるかもしれません。

辞めたいけど怖い「看護師の自己都合退職は勇気を持って!」

辞めたいけど怖い「看護師の自己都合退職は勇気を持って!」

実は、冒頭のAさんのように、別の職場で働きたいと考えているのに、「怖くて辞めたいと言い出せなかった」という看護師さんは沢山いらっしゃいます。

ここでは、同じような境遇から転職を成功させた2人の看護師さんの体験談をご紹介しますね。お二人の体験で、なにか参考になることがあるかもしれません。

(看護師Hさん:27歳)

「辞めると伝えたら私はどうなるんだろう!?」と毎日そればかり考えていました。

どう伝えたら波風が立たないだろう、いつ言えばすんなり認めてくれるだろうとだいぶ悩みましたね。

 

案の定、辞めると伝えたら軽い引き止めに合いましたし、周りで陰口を言われましたが、思ったよりも大変なことにはなりませんでした。

それよりも、悩みから解放された安堵感があって、本当にすっきりしました。

 

プレッシャーから解放されたからか、退職まで客観的に看護師の仕事を見ることができたのですが、私はこの病院では歯車の一部でしかないのかなということを強く感じましたね。

精神的におかしくなるまで働かなくてよかったと思っています。

退職理由は、引き止め対策として家庭の事情にしました。嘘をつくのは心苦しかったですが、病院の不満をぶちまけてもどうにもならないと思ったので正解だったかなと思っています。

(看護師Mさん:25歳)

私は、辞める前に看護部長に勤務が辛くて体調が悪いと相談しました。

そこで部署異動を提案されたのですが、同じ病院だし、人間関係や病院の体質は変わらないだろうと思ったので、退職を決意しました。

辞めさせてもらえないと評判の病院だったので、念のために精神科に通院して診断書を書いてもらいました。

結局、診断書は使いませんでしたが、体調が悪いことを理由にすると病院側は何も言えないと思います。

 

退職までは長かったですが、もともと人間関係でうまくいっていなかったので、退職を決めてから周りの看護師との関係が変わったということはありませんでした。

あと何日でここの仕事は終わりだと思うと、気持ち的にとても楽でした。

今も看護師を続けていますが、職場を変えることで看護への気持ちを取り戻せたので良かったと思っています。

このように、辞めることを伝えるのが怖くても、勇気を持って伝えたことで、

  • 気持ちがすっきりした
  • 看護への気持ちを取り戻せた

という経験をされている看護師さんもいらっしゃいます。

退職理由を悩む看護師は多い!引き止められにくい理由とは?

退職理由を悩む看護師は多い!引き止められにくい理由とは?

また、病院を辞める理由をどうしようか悩む看護師さんは多いと思いますが、本来は退職理由を答える義務はありません。一身上の都合で済む話です。

しかし、現実的にはなかなか分かってもらえないケースもあるので、引き止めなどに合わないような理由を用意しておくといいですね。

  • この病院には無い診療科で働きたい
  • 家族や家庭の都合で働けなくなった
  • 体調が悪くなってしまった

嘘をつくことは良いことではありませんが、本当に体調や精神面に影響が出ているのであれば、ご紹介したMさんのように診断書を用意するのも正当な方法です。

また、家族や家庭の都合も、病院側を納得させるには強い理由と言えます。

 

逆に絶対に避けたいのは、たとえそれが本心でも、職場のネガティブなこと(人間関係や職場環境の悪さなど)は伝えないことです。

繰り返しますが、円満退職ができるように進めていきましょうね。

 

今の職場を辞めて新しい職場に移ることを心に決めているなら、退職は勇気ある撤退です。前向きに捉えて進んでいきましょうね。

辞めるのが怖いなら看護師専門のキャリアアドバイザーに相談してみる

辞めるのが怖いなら看護師専門のキャリアアドバイザーに相談してみる

職場を辞めるのが怖い…のであれば、次の職場探しも兼ねて看護師専門のキャリアアドバイザーに退職・転職の相談をするのもおすすめです。

看護師専門の転職サイトに登録すれば、

  • 希望に沿った職場探し
  • 退職から新しい職場へ入職までのアドバイス
  • 面接や書類のアドバイス
  • 新しい職場の詳しい情報提供

などをキャリアアドバイザーという担当者に無料でサポートしてもらうことができます。

 

転職サイトには、看護師の転職成功事例が集まっているので、

  • 辞めたいけど怖い
  • 退職方法が不安

という悩みにどう対処したらいいかを具体的にアドバイスしてもらえます。

 

それぞれ立場や職場環境が違うので、ひとりで悩んでいても「こうすれば大丈夫」という答えにはなかなか辿りつけませんが、キャリアアドバイザーに直接相談することで的確なアドバイスを受けることができますよ。

また、希望に沿った職場を探してもらえるので、次の職場探しを同時に進めることができますし、相談できる相手がいるのは心強いのでおすすめです。

相談しやすい看護師専門転職サイトは?

私がおすすめできる看護師専門の転職サイトは、レバレジーズ株式会社が運営している「看護のお仕事」というサービスです。

看護のお仕事

看護のお仕事は、キャリアアドバイザーが優しく丁寧に支援してくれますし、「まずは相談したい」という方でも気軽に利用できるサポート体制が整っています。

数ある看護師専門転職サイトの中でも、求人数が全国的に多くトップクラスですし、はじめて転職をする看護師さんも安心して利用できるサービスです。

転職サイト選びに迷ったら、看護のお仕事を選べば間違いありません。

 

⇒「看護のお仕事」の詳細はこちら