転職の仕方

転職を成功させる「面接官に気に入られる」必殺テクニック

転職を成功させる「面接官に気に入られる」必殺テクニック
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

転職面接を成功させるポイントは、実は「面接官に気に入られること」だったりするんです。

この記事では、
「面接官に気に入られるテクニック」
をお伝えしますね。

面接の採否は面接官に気に入ってもらうことで大きく変わる!

面接の採否は面接官に気に入ってもらうことで大きく変わる!

転職活動を考えたときに、1番の難関といえば「面接」ですよね。

自分の能力や経験をアピールして高く評価してもらうことは大切なのですが、実は「いかに面接官に気に入ってもらえるか」が、大きく採否に影響するんですよね。

 

「気に入ってもらう」というのは、かなり曖昧な表現かもしれませんが…ようするに、面接官の好感を得られるかで採否はガラリと変わってくるということなのです。

そもそも、企業が中途採用の面接官役に指名するのは、大抵は現場の社員です。企業の中には、人を採用するプロを外注しているケースもありますが、それもほとんどは新卒採用の話です。

「現場マネージャ」など、リーダークラスの社員が面接官を担当するのが一般的です。

 

リーダークラスの社員が面接官になると、客観的に応募者を判断するというよりは、どうしても主観的な判断で採否を下してしまいます。

それが良いか悪いかは別として、一般的にそういうものだと考えて「面接官に好かれるような行動や話を積極的にこころがけていく」そんな姿勢をとるのが賢い面接の攻略法になるんですね。

ここからは、「どうすれば面接官に気に入られやすいか?」その方法についてお話していきますね。

気に入られる為に知っておきたい「面接官の頭の中」

気に入られる為に知っておきたい「面接官の頭の中」

では、まずは「面接官の心理」がどういう状態なのかを、詳しく考えていきましょう。

外部の面接官は、人を見るプロとして客観的な判断を下そうとしますが、現場マネージャなど応募者の上司になる社員は、なかなかそうもいきません。

 

なぜかというと、どうしても自分の部下になる前提があるために、

  • この人は部下として扱いやすい?
  • 一緒に働きたい人物かな?
  • 人間的に好きか?嫌いか?

ということを無意識に考えてしまいます。

 

経験やスキルよりも、「自分や周りの部下と一緒に働いたとしてどうか?」という視点を採否の大きなポイントにしてしまうケースが多いのです。

そのため、「面接官に好感を持たれるように振る舞う」ということが、どうしても必要になってくるというわけです。

 

さらに、面接官の心理として気をつけておきたい事として、自分の年代に近い転職者に対しては、親近感を抱く他に、ライバル視してしまう人もいるということです。

例えば、応募者の経験やスキルが豊富だと、逆に「この人が転職してきたら、自分の立場が危ない。。。!?」と思われてしまって、高スペックが逆効果になってしまうというわけですね。

 

ただし、このあたりを見極めることは難しいですし、面接官の心理ばかりを意識して、アピールできないのは明らかにマイナスです。

1つ大切な事として、「この人と一緒に働きたいと思う・思われる、そういう関係性が大事」と意識しておくのがベターだと思います。

面接官に気に入られるためのテクニック

面接官に気に入られるためのテクニック

それではいよいよ、面接官に気に入られるためにはどうしたらいいのか?というテクニックについてお話していきます。

面接官は、主観的な判断をしてしまうことにプラスして、知らないうちに「判断ミス」をしているとよく言われます。

  • 「ハロー効果」
  • 「イメージ評価」など。。。

ほかにもいろいろありますが、聞いたことはありませんか?

これらについて良く知っていれば、それを逆手にとって対策を打てます。

詳しく見てみましょうね。

ハロー効果

ひとつ良いことがあると、他もよく見えてしまうことを言います。
逆に、ひとつ悪いことがあると他も悪く見えてしまうので注意が必要ですね。

イメージ評価

与えられた情報のイメージからその人のことを評価してしまうことです。

  • 高学歴なので知識が豊富な人だろう。
  • 態度が悪いから約束も守れない人だろう。

など、先入観で判断してしまいます。

これらの対策には、なによりも第一印象の演出が効果的です。

  • 清潔でしっかりした服装を心がける
  • 元気なあいさつを心がける
  • さわやかな笑顔を心がける
  • 礼儀正しい態度を心がける

これだけで、面接全体の雰囲気は良いものに変わっていきます。

 

第一印象はとくに大事で、面接官は「面接開始後3分以内に応募者の人物像をイメージしてしまう」と言われるほどなのです。

つまり、面接官に気に入られるかどうかは「第一印象にかかっている」と言ってもいいのです。

 

ここさえクリアできれば、少なくとも経験やスキルといった、「本当に見てもらいこと」をフラットな気持ちで判断してもらえる可能性が高いので、第一印象には十分注意してくださいね。

 

また、「先入観」をうまく利用すれば、あなたの態度や話し方一つでポジティブな印象を残せるかもしれません。

質問にすぐに回答する応募者
「いつでも臨機応変に対応できる人かもしれない」
人の話をしっかりと聞く応募者
「周りと仲良くやれる協調性のある人かもしれない」
質問に明確な答えを返す応募者
「理解力があり頭の回転が早い人かもしれない」

こんな風に態度や話し方に気をつけるだけで、面接で与える印象は変わっていきます。

どんなアピールをしたいかを考えて、先入観を意識した態度や話し方にトライしてみるのはおすすめです。

面接官に気に入られるため情報収集にも力を入れよう

面接官に気に入られるため情報収集にも力を入れよう

いかがでしたか?
面接官に気に入られるテクニックについてお話してきました。

面接官に気に入られるためには、「第一印象が大切」ということはお分かりいただけたと思います。

 

しかし、面接官も十人十色、様々な立場から採否を判断するため、なかなか一筋縄ではいかないことも多いはずです。

そんな場合におすすめなのは、転職支援サービスを通して求人紹介してもらうことです。

 

転職支援サービスというのは、登録をすると、

  • 希望や経験・スキルに沿った求人紹介
  • 応募企業の深い情報提供
  • 面接や応募書類のアドバイス

などをキャリアアドバイザーという担当者が無料でサポートしてくれるサービスですね。

 

これがどうしておすすめかというと、キャリアアドバイザーは、企業の採用担当者と繋がりを持っているので、転職支援サービスを通して受ける求人に関しては、

  • 面接官からどんな質問を受けるか
  • 上司になる人の人柄や雰囲気はどんなものか
  • 企業はどんな人材をもとめているのか

このあたりを前もって聞き出すことができます。面接官の立場や企業のニーズを知っていれば、面接対策は格段にしやすくなりますよね。

 

求人サイトや一般応募で転職活動をしても、応募企業の面接官の立場やニーズまでを知ることはできません。

しかし、転職支援サービスを通して転職活動をすれば、企業の面接官はどんな人か?どんなことを求められているか?などを事前に教えてもらうこともできるんです。

これは、キャリアアドバイザーが応募企業の求人内容を詳しく把握して「求人紹介」というビジネスを行っているからこそできることで、転職者にとっては大きなメリットになります。

転職面接を有利に進めるには、転職支援サービスを賢く使って面接官に気に入られることも大切ですよ。

面接が有利になる深い情報提供をしてくれる転職支援サービスは?

では、数ある転職支援サービスのなかで、どこを使ったらいいのでしょうか。

ポイントは、

  • 大手の信頼できるサービスを使う
  • 自分にマッチするサービスを使う(年代やサポートエリア)

この2つです。

大手サービスのほうが求人数が多く転職ノウハウがきちんとしているので安心ですし、それぞれサービスごとに得意な年代や地域があるので、きちんと見極めることが大切です。

 

20代の方におすすめできるのは、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sですね。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、マッチする求人が多く、とても丁寧に相談にのってくれます。

マイナビジョブ20’sだけの求人が充実しているのもおすすめポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

 

また、上記対応エリア以外で転職する20代の方、30代以上の方におすすめしたいのが、大手リクルートキャリアが運営している「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント

人材業界最大手のサービスだけあって、

  • 求人の数が圧倒的に多い
  • 企業とのつながりが強い
  • 転職成功事例が多い

ので、安心して利用できます。

キャリアアドバイザーが親切に対応してくれるので、相談しやすいですよ。

また、サポートエリアも広いので、主要都市だけでなく全国で使いやすいサービスです。「リクルートに登録しておけば間違いない」と言う声が多いので、まずはここを活用すると良いですね。

⇒リクルートエージェント公式サイト