転職の仕方

もう続けられない!整備士の仕事を辞めたい人のための転職術。

もう続けられない!整備士の仕事を辞めたい人のための転職術。の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「整備士を辞めたい…」と悩んでいませんか?

転職できるか不安になりますよね。

この記事では、整備士を辞めたい人のための転職術をお伝えしますね。

整備士を辞めたい!整備士免許しか持っていないから転職できるか悩む…

Aさん
自動車ディーラーで整備士として働いているんですが、正直言って辛いです。。。

辞めて別な仕事をしたいと思っているんです…

シュン
なるほど…どうして辞めたいんですか?
Aさん
仕事がうまくできないので、先輩やまわりに迷惑をかけっぱなしで…

俺、整備士に向いてないと思うんです。

でも、整備士免許しか資格がないので、転職できるかどうかも不安で…

シュン
転職を考えているなら、次の3つのポイントを押さえておくと良いですね。

  • 整備士からの転職は若いほうが有利
  • 転職活動では整備士経験を活かす
  • 転職活動は在職中に進める

詳しくお話ししていきますね!

、、、と、その前に、整備士を辞めたい人に多い理由を見てみることにしましょう。

みんなどんな理由で転職してる?整備士に多い辞めたい理由。

みんなどんな理由で転職してる?整備士に多い辞めたい理由。
24歳 前ディーラー勤務

整備士学校を出て、ディーラー勤務をしていました。

自分がマイペースなこともあって、とにかく仕事が遅くミスも多いので、周りに迷惑ばかりかけていたのが転職した理由です。

 

1年続けてもうまく仕事ができなくて、先輩に「おまえは向いてない、辞めたほういい」と言われたのは転機だったような気もします。

テキパキ動こうと思ってもできなかったですし、いろいろと勉強をするのもしんどくて、整備士には向いていなかったんだと思います。

24歳 前カーショップ勤務

人間関係が嫌だった。

すぐに人のせいにする先輩がいて、いつも周りはいい迷惑でしたね。

 

ミスを自分のせいにされたときは本当に腹が立ったし、人間関係で辞めた人は自分の他にも4、5人はいると思います。

他にも勤務時間が長く、給料が少ない、割に合わないと思っていて、1年は耐えてがんばったが、どうしても辞めたい気持ちが収まらずに辞めました。

26歳 前輸入車ディーラー勤務

給料が安かったことが辞めた理由のひとつです。

3年目で手取りで16万くらいだったので、これだと付き合ってる彼女と結婚ができないと思いました。

 

あと、車が好きで整備士になったのですが、毎日おなじようなことを繰り返すのが苦痛になったのも理由です。

もっとお客さんと関わる仕事がしたいと思って転職を決断しました。

整備士を辞めて転職するのであれば、辞める理由を明確にしておくことが大切です。

なぜなら、辞める理由や解決したい問題がはっきりしないと、転職をしてもまた同じような不満を抱えるかもしれないからです。

 

例えば、「給料が少ない」という典型的な不満にしても、

”どの程度もらえれば満足なのか”

をきちんと考えておかないと、あやふやなまま転職活動を進めて結局妥協してしまう…というケースも考えられます。

 

ですから、”整備士を辞めたい理由”とはしっかり向き合って、何をどう解決したいのかをよく考えて転職を進めていきましょう。

若いほうが有利?整備士を辞めたいなら早めに動き出そう

若いほうが有利?整備士を辞めたいなら早めに動き出そう

整備士を辞めて未経験職に転職したいと考えているなら、早めに動き出したほうが有利になるかもしれない、ということは押さえておきましょう。

どうして若いほうが有利かというと、「整備士を辞めて営業」「車業界を離れて広告業界」というように、職種や業種を変えて転職する場合

  • 年齢的に上限が設けられているケースがある
  • 若い人材を求める企業が多い

と言えるからです。

 

現在は、求人に年齢制限をかけることができない決まりがあります。

見かけ上は年齡の縛りが無くても、実際は「未経験者は30歳未満まで」「25歳前後を希望している」など、企業側のニーズに沿って採用活動は進んでいます。

 

とくに未経験の人材を採用する企業は、若い人材を欲しがる傾向が強いので、整備士を辞めて別の仕事をする場合は、早めに動き出すことが大切なんですね。

 

また、未経験職に転職する場合は、キャリアをリセットする側面もあるので、若ければ若いほうが”やり直しやすい”ことも大きなポイントです。

 

整備士を辞めたいけど今一歩踏み出せない…と悩んでいる場合は、

  • 年齢的な転職のしやすさ
  • 将来的なキャリア展望

これらを考えて、転職と向き合ってみることをおすすめします。

整備士を辞めて業界を離れる場合でも”整備士経験”を活かして転職することが大切

整備士を辞めたくても”整備士経験”を活かして転職することが大切

さてここまで、「整備士から未経験職への転職は早めに動き出した方が良い」とお話ししてきました。

実は、もう一つ押さえておいてほしいことがあるんです。

それは、未経験職に転職する場合でも、整備士経験を活かして転職活動することが大切だということです。

 

整備士を辞めたい人の大半は、

  • 「もう整備士はこりごり…全く別の仕事を選びたい。」
  • 「車業界や整備の仕事からは離れたい…」
  • 「1から出直すつもりでがんばりたい。」

こう思っているはずです。

 

しかし、転職活動で企業が重視するのは、「これまでの経験やスキルを我が社でどう活かしてくれるんだろう?」という目線です。

つまり、整備士経験を活かして転職活動をしないと、「今まで何をしてきた人なんだろう?」と思われたり、不利になりやすいと言えます。

 

ですから、「整備士として培った経験やスキルを他の分野で活かせないか」をきちんと考えて転職活動を進めることがポイントです。

他の仕事でも活かせる”整備士の長所”と言えるのは、

  • 機械に関する知識・技術
  • 常に勉強する姿勢
  • コツコツ作業を続けられる姿勢
  • 接客スキル(お客さま対応・チームプレイ等)

このあたりですね。

 

例えば、

  • これまで整備士として努力した勉強する姿勢
  • チームプレイで成し遂げた仕事

などアピールすれば、職種や業種が違っても評価されるかもしれません。

また、車の整備士であれば車に関する知識が豊富でしょうから、車関連のウェブサイト・通販サイトの仕事にアプローチをしてみる、という方法も考えられます。

 

「整備士経験=整備士の求人でしか活きない」とは思わずに、いろいろな可能性を探っておくことが大切です。

転職活動は在職中に進めよう。整備士を辞めて転職するときのルール。

転職活動は在職中に進めよう。整備士を辞めて転職するときのルール。

冒頭でAさんは、

でも、整備士免許しか資格がないので、転職できるかどうか不安です…

こんなふうに言っていました。

転職をしたくても、不安でブレーキを踏んでしまう人は多いはずです。

 

とくに、退職してから転職活動をすると、

  • ブランク期間を作る可能性が高い
  • 金銭面が苦しくなってしまうかもしれない
  • 転職が決まらず非正規雇用に落ち着いてしまうかもしれない

などのリスクが高くなってしまうので、不安を覚えて当然です。

整備士に限ったことではありませんが、こうしたリスクを最小限に食い止めるには、在職中に転職活動はスタートさせておく、そして内定をとっておくのが理想と言えます。

 

とは言え、

  • 仕事に疲れて求人を見る暇もない
  • なにからはじめていいかわからない

など、在職中はなかなか転職活動の時間が取れない人も多いのではないでしょうか?

 

これでは一向に前に進まないので、転職エージェントを活用して情報を集めるのがおすすめです。

【転職エージェントとは!?】

エージェントというのは、キャリアアドバイザーという担当者に、

  • 希望やスキルに見合う求人を紹介してもらえる
  • 面接や書類選考の対策をしてもらえる
  • 企業の詳しい情報をおしえてもらえる

などの転職サポートをしてもらえるサービスのことです。

エージェントのキャリアアドバイザーに相談しておけば、これまでの整備士経験や希望に合う求人を紹介してくれますし、情報収集や企業研究などの手間を省くことができます。

しかも、キャリアアドバイザーは、企業の採用担当者とやりとりをした上で求人を紹介してくれるので、「転職しやすい求人」が集まります。

 

企業に合った応募書類作成のコツや面接対策もしてもらえるので、まずはエージェントのキャリアアドバイザーとはコネクションを作っておくようにしましょう。

 

シュン

さてここまで、整備士を辞めたい人のための転職術をお話ししてきました。

  • 整備士からの転職は若いほうが有利
  • 転職活動では整備士経験を活かす
  • 転職活動は在職中に進める

この3つのコツを押さえて転職を進めてみてください。

まずやるべきことはエージェントと繋がりをもって情報を集めることです。

 

最後に、整備士を辞めて転職する場合におすすめのエージェントをお伝えしますね。

整備士を辞めて転職するときに使いたいエージェント3選

まずは、20代の方におすすめできるのが、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

ご存知”マイナビ”が、20代を限定(24歳から29歳)でサポートしているエージェントサービスです。

ターゲットを20代に絞った求人が多く、希望に合う求人を紹介してもらいやすいので、ぜひとも登録しておきたいエージェントです。

また、キャリアアドバイザーの対応も優しく丁寧なので、「はじめて転職する人」や「不安を感じている人」も使いやすいですよ。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト




そして30代以上の方に登録していただきたいのが、『JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)』です。

JAC Recruitment

日本で30年以上転職サポートを行っているサービスで、

  • 30代以上のミドルの転職
  • 専門職・マネジメント職
  • 日系・外資系企業への転職

などに強いエージェントです。

JAC Recruitmentを使えば、30代までに培った経験を生かした転職が可能です。

ホームページはハイクラスを押し出していますが、未経験でキャリアアップしたい場合や異業種への転職も丁寧にサポートしてくれます。

30代以上の転職には外せないエージェントですから、必ず登録しておきましょう。もちろん、サービスはすべて無料です。

⇒JAC Recruitment公式サイト

 

シュン

20代の方はマイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sエリア外の方はリクルートエージェント

30代以上の方はJAC Recruitment

このように登録すれば、エージェント選びは失敗しないはずです。参考にしていただけると嬉しいです。