転職の悩み

「製造業を辞めたい。」異業種を目指すときに注意したい3つのこと。

「製造業を辞めたい。」異業種を目指すときに注意したい3つのこと。の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「製造業を辞めたい…」
でも、転職できるか不安になりますよね。

この記事では、
「製造業から異業種へと転職するときに注意したいこと」
をお伝えしますね。

「製造業の仕事を辞めたい…でも、異業種への転職は自信がない…」

Uさん
製造業の仕事をしているんですが、辞めたいなと思っているんです…
シュン
そうですか。。。
どんな理由で退職を考えているんですか?
Uさん
1番の理由は体力的にきついということですね。

夜勤が多いし、残業も多い職場なので、辛くて。。。

シュン
なるほど…たしかに、体にこたえる仕事ですものね。

将来的なことを考えると不安になりますよね。

Uさん
はい…ただ、製造業を辞めることは心に決めているんですが、他に転職できる自信がなくて。
シュン
もし異業種に転職するのであれば、以下の3つのポイントを頭に入れておいたほうがいいですね。

  • 年齢を意識して転職を進める
  • 製造業の経験を活かす
  • 辞める前に不満解決できるかチェックする

詳しくお話ししていくので、参考になれば嬉しいです!

どんな悩みが多い?製造業を辞めて転職した人の転職理由。

どんな悩みが多い?製造業を辞めて転職した人の転職理由。

あなたもUさんのように、「製造業を辞めたい…でも、転職には不安が残る…」と悩んでいるのではないでしょうか?

いくら辞める気持ちが強くても、転職となると不安になりますよね。

 

異業種に転職するときの3つのポイントをお伝えする前に、製造業を辞めて転職した方に聞いた”転職理由”をいくつか紹介しようと思います。

 

転職をするなら、転職理由となる”製造業の不満”を解決することが大切ですが、実はここが曖昧な人が多いんです。

どんな不満があるかを言葉にしておくことで、転職の軸が定まり成功しやすくなるので、以下の転職理由を参考に不満などをまとめておくと良いですよ。

28歳 Iさん 食品メーカー勤務

転職した理由は、とにかく夜勤がきつくてしょうがなかったからです。

残業も多く12時間ぶっ通しで働くこともあり、1年勤めたあたりから体の調子が悪くなりました。

 

工場内は窓がないので昼夜の感覚がないのもしんどかったです。先輩方からは慣れると言われていましたが、慣れませんでした。

仕事量が減る兆しもなかったですし、体を壊す前に辞めることにしました。

24歳 Oさん 食品メーカー勤務

製造ラインの仕事が向いてなかったと思います。

同じことの繰り返しがつまらなすぎて辞めた、という理由です。

 

残業代も出てましたし、先輩からはかわいがられていたんですが、他にやりたい仕事もあったので、後悔するのは嫌だと思って腹を決めたという感じです。

24歳 Hさん 自動車メーカー勤務

人間関係が原因で辞めました。

私が仕事ができないのも悪いのですが、まわりから文句を言われるのが苦痛で仕方がなかったです。

班長も平気で人のことを馬鹿呼ばわりするような口の悪い人で、耐えられませんでした。

体力的にもつらかったですが、精神的に無理でした。

製造業を辞めて異業種に転職するときは”年齢”を意識して動こう

製造業を辞めて異業種に転職するときは”年齢”を意識して動こう

それでは、製造業を辞めて異業種に転職するときの3つのポイントをお話ししていきますね。

 

最初のポイントとして押さえておいてほしいのが、異業種への転職は年齢を意識して動いたほうが良いということです。

  • 「製造業を辞めてIT業界を目指したい」
  • 「製造業を辞めて営業の仕事をやりたい」

こんなふうに、異業種や異職種を目指す場合は、年齢的に難しい場合が出てくることは覚悟しておいたほうが良いです。

 

業種や職種、または企業の考え方によって異なってはきますが、基本的には若ければ若いほうが有利に運ぶケースが多いです。

未経験の仕事に転職する場合は、製造業でいくら経験を積んでいても、そのままプラスに捉えてもらえないことが多いというわけですね。

 

応募できる未経験求人は、年齢が上がるにつれてどんどん減るのが一般的で、そのポイントは、25歳、27歳、30歳、35歳と言われています。

ですから、例えば、26歳の人は27歳になる前に、29歳の人は30歳の誕生日を向かえる前に転職を進めたほうがチャンスは大きいと言えます。

製造業を辞めたくても「製造業経験」は活かす姿勢が大切。

製造業を辞めたくても「製造業経験」は活かす姿勢が大切。

「製造業を辞めたい…」と考えている人の多くは、転職して心機一転したいという気持ちが強いと思います。

  • 「新しい環境で全く違う仕事にチャレンジしたい」
  • 「1から教えてもらうつもりがんばろう」
  • 「別のキャリアを積みたい」

こんなふうに思っている人も多いはずです。

 

謙虚な気持ちでチャレンジすることは大切ですが、転職の成功は、前職の経験やスキルをどれだけ活かせるかに懸かっていることも頭に入れておかなくてはいけません。

 

企業の採用担当者からすれば、

自分はこんな経験があるので、このような形で御社に貢献できます。

とアピールしてほしいんですね。

つまり、「製造業を辞めて別の仕事をするわけだから、何もわからないし、新人のつもりで教えてもらおう。」こんな姿勢で転職活動をすると、謙虚さよりも不安を与えてしまう可能性が高いというわけです。

では、製造業経験のどんなポイントを次に活かせるかというと、

  • 正確に仕事をこなすスキル
  • ルーティーンワークをきちんとこなせる
  • 各メーカーの知識が豊富

このあたりが自己PRに結びつけやすいはずです。

 

正確に仕事をこなせたり、ルーティーンワークを淡々とこなせることは、様々な分野の仕事でアピールできるスキルです。

具体的な実績等を絡めて伝えることがポイントになります。

 

また、例えば食品メーカーに勤務していれば、食品業界についての知識も自然に吸収できているでしょうから、”食品”というキーワードで異業種、異職種の仕事を探すこともできますよね。(例:食品販売の営業職に転職する等)

 

このように、”製造業経験の形を変えて次に活かせないか”と考えることがとても大切です。

製造業を辞めたい…勢い任せの退職はNG。辞める前に転職できるかチェックする

製造業を辞めたい…勢い任せの退職はNG。辞める前に転職できるかチェックする

実は製造業は、数ある業種のなかで離職率がかなり低めの業界ということが分かっています。

【業界別の離職率ランキング】

  1. 宿泊業・飲食サービス 52.3%
  2. 教育・学習支援 48.6%
  3. 生活関連・娯楽 48.5%
  4. 小売業 39.4%
  5. 医療・福祉 38.8%

ーー以下省略ーーー

15位 製造業 18.7%

参照データ:「業界別の離職率ランキング」厚生労働省より一部抜粋

「新卒入社した人の30%が3年以内に会社を辞める」と言われているなかで、18.7%という数字は優秀。一概には言えない部分もありますが、「離職率が低い=働きやすい業界」とも取れます。

ですから、今抱えている不満や悩みが、本当に転職で解決するかどうかを在職中に情報収集して探っておいたほうが良いです。

 

例えば、「残業が多く辛いという不満があって転職したのに、新しい業界はもっと過酷だった」となったら目も当てられませんよね。

とくに製造業しか経験がないと、異業種の”普通”がよくわからないことも多いので、辞めてしまう前にきちんと情報収集しておくことをおすすめします。

具体的には、転職エージェントを使って情報を集めるのがもっとも手軽で確実性の高い方法と言えます。

【転職エージェントとは!?】

エージェントというのは、キャリアアドバイザーという担当者に

  • 希望やスキルに見合う求人を紹介してもらえる
  • 面接や書類選考の対策をしてもらえる
  • 企業の詳しい情報をおしえてもらえる

など、転職サポートをしてもらえるサービスのことです。

「そもそも転職できる可能性はあるのか?」「希望は叶うのか?」「給料や待遇は維持できる?または上がるか?」このあたりはキャリアアドバイザーに相談すると目安を教えてくれるので便利です。

 

冒頭でUさんも、

Uさん
はい…ただ、製造業を辞めることは心に決めているんですが、他に転職できる自信がなくて。

このように、転職したいけど自信がもてないと話していましたが、キャリアアドバイザーに相談すれば、今後の見通しが立てやすいので積極的に活用してください。

 

もちろん、エージェントは在職中にも使えますし、使ったからといって必ず転職しなくてはいけないわけでもないので、賢く利用した方が良いですよ。

 

シュン

いかがでしたか?

製造業を辞めたい人が押さえておきたい3つのポイントをお話ししてきました。

  • 年齢を意識して転職を進める
  • 製造業の経験を活かす
  • 辞める前に不満解決できるかチェックする

とくに辞める前に情報収集しておくことは大切ですから、エージェントを使うなどして見通しを立てておくと良いですよ。

 

最後に、異業種を目指すなら使いたいエージェントをお伝えしておきますね。

製造業を辞めて異業種を目指すなら使いたいエージェント3選

まず20代で転職を考えている方におすすめしたいのが、大手マイナビワークスが手がけている「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代を限定でサポート(24〜29歳)しているので、ターゲットを20代に絞った企業の求人が多く、希望に合う求人を紹介してもらえやすいエージェントです。

キャリアアドバイザーも20代専任なので、対応が優しく丁寧ではじめて転職する人も使いやすいと思います。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト




そして30代以上の方に登録していただきたいのが、『JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)』です。

JAC Recruitment

日本で30年以上転職サポートを行っているサービスで、

  • 30代以上のミドルの転職
  • 専門職・マネジメント職
  • 日系・外資系企業への転職

などに強いエージェントです。

JAC Recruitmentを使えば、30代までに培った経験を生かした転職が可能です。

ホームページはハイクラスを押し出していますが、未経験でキャリアアップしたい場合や異業種への転職も丁寧にサポートしてくれます。

30代以上の転職には外せないエージェントですから、必ず登録しておきましょう。もちろん、サービスはすべて無料です。

⇒JAC Recruitment公式サイト

 

シュン

20代の方はマイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sエリア外の方はリクルートエージェント

30代以上の方はJAC Recruitment

このように登録すれば、エージェント選びは失敗しないはずです。参考にしていただけると嬉しいです。