転職の悩み

「職場で孤立していて辛い…」辞めたいときに考えるべき3つのこと

「職場で孤立していて辛い…」辞めたいときに考えるべき3つのことの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「職場で孤立している…」これはつらいですよね。

この記事では、孤立が原因で職場を辞めたいときに考えてほしいことについてお伝えしますね。

「職場で孤立して毎日つらい…。でも、孤立して辞めるなんて甘い!?」

Aさん
実は、職場で孤立してしまって、毎日とても辛いんです。

わたしには挨拶の一言もないし、影で悪口を言われているような気もします、、、

シュン
なるほど。。。それはつらいですね。
Aさん
仕事にも影響が出ているので、正直言って辞めたいと思っているんです。。。

でも、孤立しているから辞める、なんて甘いですよね。

転職するにしても不安も大きくて…どうしたらいいのでしょうか?

シュン
たしかに、仕事を辞めるのは不安だと思います。

あとで後悔しないためにも、きちんと考えてから決断することが大切です。

ここからは、辞めたいときに考えてほしい以下の3つのことをお話ししていきます。

  • 孤立で仕事に影響が出ているのか?
  • 人間関係の悩みで転職するのはアリか?
  • 辞めて転職するなら注意したいこと

なにかひとつでも参考になればうれしいです。

職場で孤立して辞めたいときは「仕事に影響が出ているのかどうか」を考えよう

あなたもAさんのように「職場で孤立して辛い、辞めたい」と悩んでいるのではないでしょうか?

毎日通う職場に話し相手がいない、頼れる人がいない、むしろ周りから嫌われていると感じる…。これは辛いはずです。辞めたくなる気持ちもよくわかります。

 

しかし、職場はあくまでも仕事をする場ですよね。

同僚や上司と仲良くやれるに越したことはありませんが、大切なのは「あなたに与えられた仕事をきちんとこなせているかどうか」です。

 

ですから、「孤立していることでどの程度仕事に影響が出ているのか」をまずはよく考えてみてください。

例えば、人間関係がうまくいかず孤立して、

  • 先輩が仕事を教えてくれない
  • 仕事をまわしてもらえない
  • 雑務を押し付けられる

など、仕事に直接影響が出ているなら大きな問題です。

上司に相談したり、異動を申し出る、もしくは転職を考えるなど、なにかしら対処しないと、あなたの将来に良い影響はないと言えます。

 

しかし、仕事がどうというよりは、

  • 孤立しているから寂しい
  • 話し相手が誰もいない
  • 周りの反応が気になる

という場合は、あなたのなかで職場に求めるものがズレているのかもしれません。

職場に「人間関係の快適な居場所」を期待しすぎるのは、本来の目的(仕事をする場)とはかけ離れているからです。

 

もちろん、職場に話し相手がいなかったり、頼れる人がいないのは辛いことですし、孤立が原因で体を壊してしまっては元も子もありません。

しかし、仮に今の職場を辞めて転職するにしても、職場に「人間関係の快適な居場所」を求めていたら同じことの繰り返しになる可能性が高いです。

 

基本的なことかもしれませんが、

  • 職場はあくまでも仕事をする場
  • 仕事をきちんとこなせることがなにより大切

ということは頭に入れておきましょうね。

「職場の孤立が理由の転職はマイナス?」プラスの面にフォーカスすることが大切

冒頭のAさんも、

Aさん

でも、孤立しているから辞める、なんて甘いですよね。

転職するにしても不安も大きくて…どうしたらいいのでしょうか?

と話しているように、孤立して辞めることに不安を感じている方は多いはずです。

  • 「職場の人間関係(孤立)が理由で辞めるのは甘いのでは?」
  • 「孤立が転職理由ってどうなの?」

と悩むのではないでしょうか。

 

ここで知っておいてほしいのは、人間関係が理由で転職しているケースは、実はかなり多いということです。

以下のデータは、退職理由の本音を調査したデータですが、職場の人間関係に関連した理由の割合が多いですよね。(太字参照)

【退職理由の本音】

  1. 上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった(23%)
  2. 労働時間・環境が不満だった(14%)
  3. 同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった(13%)
  4. 給与が低かった(12%)
  5. 仕事内容が面白くなかった(9%)
  6. 社長がワンマンだった(7%)
  7. 社風が合わなかった(6%)
  8. 会社の経営方針・経営状況が変化した(6%)
  9. キャリアアップしたかった(6%)
  10. 昇進・評価が不満だった(4%)

引用元:リクナビNEXTより抜粋

職場の人間関係は、一度壊れると修復はなかなか難しいのが一般的ですし、一度職場で孤立してしまうと、そのイメージを覆すことは難しいと言えます。

そのため、我慢して働くよりは新天地を求めるというケースが多いのかもしれません。

 

もちろん、「だから安心してOK」というわけではありませんが、転職の必要があるなら、過度に転職理由を不安視する必要はありません。

転職のきっかけは「職場で孤立している」ということだったとしても、

  • 転職してどうなりたいか
  • 転職先(応募先)でどんな貢献ができるか

をよく考えれば、ポジティブな転職理由はいくらでも導き出せます。

転職に気持ちが向いているなら、マイナスに目を向けるよりも、これからどうしたいか、なにができるのか、プラスの面にフォーカスすることも大切です。

「職場で孤立して辛い…」辞めて転職するなら注意したい2つのこと

もしも今の職場を辞めようと考えているなら、次の2つについてはよく考えておいてください。

  • 人間関係や仕事の評価を1から構築することになる
  • 新しい職場で孤立しないとは限らない

 

当然のことですが、転職をすると、今の職場で積み上げた人間関係や仕事の評価は一旦リセットされることになります。

仕事の経験やスキルはゼロにはなりませんが、同業種・同職種でも、会社によって仕事のやり方や進め方に違いはあります。

それらを1から構築する価値がある転職なのかどうかは、よく考えてみてください。

 

また、転職したからと言って、新しい職場では絶対に孤立しない保証があるわけではないことも頭に入れておくべきです。

孤立している状況が辛いと、「新しい職場に行けば、良い人間関係を築けるかもしれない」と期待が膨らみますが、必ずしも良い上司や先輩に恵まれるわけではありません。

先にお話ししたように、職場に「人間関係の快適な居場所」を期待しすぎないことも大切ですが、きちんと情報収集をして転職先を見つける必要もあります。

 

転職活動を進めるなら、エージェントサービスを活用して、職場の内部情報を聞き出すようにしましょう。

エージェントの担当者は、紹介する企業の採用担当者と繋がりをもっていたり、企業訪問をしているので、

  • 職場の雰囲気
  • 上司の人柄
  • 細かい仕事の内容

などの情報を提供してくれます。

とくに人間関係が関連した理由で転職するときは、こうした情報が非常に役立つので、エージェントは積極的に活用していくことをおすすめします。

 

シュン
いかがでしたか?職場で孤立して辛いときに考えてほしいことをお話ししてきました。

仕事に影響が出ているのかどうかをよく考えて、転職と向き合ってみてください。

まずは情報収集をして、

  • 転職ができるのかどうか
  • 転職のタイミング

を探ってみるのもおすすめです。

最後におすすめできるエージェントサービスをお伝えするので参考に活用してみてください。

情報収集におすすめできる転職エージェントとは!?

まずは20代の方におすすめできる転職支援サービスが、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sです。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、20代にマッチする求人が多く、とても丁寧なサポートが最大の魅力です。

今後のキャリアや転職の悩みも相談しやすく、20代ならここは外せません。

また、マイナビジョブ20’sだけの求人が充実しているのもおすすめポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト