看護師転職のコツ

新人看護師が知っておきたい『第二新卒転職』のコツ

マミ
転職アドバイザーのマミです。

新人看護師さんの中には第二新卒の転職を考えている方もいるかもしれませんね。

この記事では、
「新人看護師が知っておきたい第二新卒転職のコツ」
をお伝えしますね。

新人看護師は第二新卒枠で転職が出来る!?

実は私、看護師になれたまでは良かったのですが、2年も経たないうちに職場を辞めてしまいました。

次の病院が見つかるかとても不安です…

マミ
そうなんですね。。。

新人看護師さんにとって早期離職は不安だと思います。

でも、第二新卒枠で転職できる時期なので、実はメリットも多いんですよ。

第二新卒ですか?
マミ
そうです。新人看護師で早期離職しても、3年以内程度なら「第二新卒」という枠で受け入れてもらえることがあるんです。

第二新卒には何を求められているか

どうして転職するのか

この2つのポイントを押さえて復職や転職に望めば大丈夫です。詳しくお話していきますね。

新人看護師が知っておきたい第二新卒に求められること

この記事をご覧になっているみなさんは、すでに「第二新卒」という言葉の意味を知っている方が多いかもしれませんね。

念のために、第二新卒の定義をお伝えすると、

学校を卒業後に新卒で就職した職場を、3年以内に離職して再就職を目指す人のこと。または転職を目指す人のことを指す。

というのが一般的です。

最近は、一般の企業でも「第二新卒」には注目が集まっていて、第二新卒を積極的に採用しようとする企業が増えているというデータもあります。

医療業界でも、病院によっては「毎年第二新卒の看護師が入職することになっている」というケースもありますし、第二新卒の入職自体はそれほど珍しいことではありません。

でも、なぜわざわざ「第二新卒」の看護師を受け入れる病院があるのかというと、病院にもメリットがあるからなんですね。

その「メリット=つまり第二新卒看護師が求められるもの」を知っておくと、転職がしやすいので、しっかり押さえておきましょうね。

第二新卒看護師は新卒と違って1から指導する必要がない

雇い入れる側にしてみると、なるべく職場や既存看護師の負担が少ないほうがメリットになります。

新卒で入職してくる看護師に比べると、第二新卒の看護師は基礎的なことをすでに習得しているので、1から指導する労力を節約することができます。

これは第二新卒看護師の強みとも言えるので、転職するときは「1から全て教えてください」というお願いの姿勢ではなく「看護業務に貢献したいです」という前向きな姿勢が評価されやすいですよ。

社会人としてのマナーは一通り習得している

もう1つのメリットが、第二新卒看護師は社会人としてのマナーや常識を把握しているということです。

たとえ3年以内の看護師経験でも、職場では自然とマナーや常識が身につくものです。

これがあるのとないのとでは、雇い入れる側としては「安心感」の面で大きな差になります。

例えば、

言葉遣い

気遣い

ビジネスマナー

など、看護師としての経験や技術の他にも評価されるポイントが第二新卒看護師にはあるので、このあたりも忘れずにアピールしたいですね。

第二新卒看護師は順応性や柔軟性があり将来を期待できる

そして第二新卒の看護師のもっとも強みになるのが、「順応性」「柔軟性」「将来性」です。

経験を積んだ看護師は、ニーズも高いのですが、

転職希望条件が細かい

経験があるために柔軟性に欠ける

将来性が期待できない

という面もあるので、時には雇う側にとってデメリットになります。

それに比べて第二新卒の看護師は、若さがあるので将来性は高く、経験が凝り固まっていないので柔軟性や順応性もあり、扱いやすくメリットが大きいという面があるのです。

「看護師が不足している」と言われているように、看護師の求人数自体はかなり多くあります。

そして、求人を出す病院やクリニックが願っているのは、しっかり順応して長く働いてくれる看護師なので、第二新卒看護師ならではの強みをアピールできれば、転職も難しくはないですよ。

明確にしておきたい第二新卒の看護師が職場を辞めた理由

第二新卒転職をするときは、なぜ前の職場を辞めることにしたのか、転職理由を明確にしておくことがとても大切です。

どうしてかというと、転職理由を解決できないままに新しい職場に入職すると、同じことを繰り返してしまうかもしれないからです。

看護師は、他の職業に比べると「転職がしやすい」「仕事に困らない」と言われていますが、第二新卒転職を済ませたあとに、すぐにまた離職となると、当然マイナスの経歴を作ることになってしまうのです。

こうならないために大切なのは、「転職理由を解決しようと努力すること」なんですね。

人間関係

職場環境

給与や待遇

なにが転職の原因になったかをリストアップして、解決しなくてはいけない項目に優先順位をつけておくのがおすすめ。

実際に職場選びをするときの「道しるべ」になります。

第二新卒の転職で看護師が気をつけておきたいこと

ここまで看護師の第二新卒転職の、良い面をお伝えしてきましたが、気をつけておきたいことも当然あります。

それは主に2つあって、

第二新卒看護師でも「経験者」として見られる

早期離職を繰り返さないか不安視される

ということですね。

まず、経験や技術に自信がなくても、第二新卒の看護師は「経験者」として扱われることがあります。

「入職後に指導をしてもらえない・研修がない」それなのに、「仕事を期待される」というケースもあるので、職場選びをするときはこのあたりを下調べしておくことが重要です。

そして、転職活動をする中で必ず壁になるのが「早期離職を繰り返す人じゃないのか?」という採用側の不安です。

これは、第二新卒で転職をするときは避けられないことなので、後ろ向きにならずに前向きに入職を考えていることを熱意を見せてアピールすることが大切です。

どちらも、前もって対策すれば乗り切れるので、必要以上に不安にならずに第二新卒の転職を進めましょうね。

看護師が第二新卒転職するときはキャリアアドバイザーに相談する

そして、第二新卒転職をするときにおすすめしたいのが、キャリアアドバイザーを通して職場を探すことです。

お話してきたように、第二新卒の看護師が転職を成功させるには、

前の職場を辞めた理由を解決すること

入職後の待遇や職場環境を確認しておくこと

がとても大切になってきます。

でも、これをひとりで進めるのは大変ですし限界があります。職場選びで途方にくれる人も多いはず。。。

転職サイトを活用してキャリアアドバイザーに相談すれば、

希望に合った職場を探してくれる

職場環境など内部情報を教えてくれる

面接などのアドバイスをくれる

というサポートを無料で受けられるので、積極的に利用していきましょう。

キャリアアドバイザーは、事前に紹介してくれる病院などを訪問していたり、採用担当者と打ち合わせをしているので、かなり深い情報を提供してくれますし、転職理由を解決できる職場を、沢山の求人の中からピックアップするのが仕事です。

まずは、自分が信頼できるキャリアアドバイザーとコネクションを持つことからはじめるのもおすすめですよ。

看護師の第二新卒転職におすすめできる転職サイトは?

いかがでしたか?
第二新卒転職する看護師さんが知っているとプラスになる転職のコツをお伝えしてきました。

第二新卒の看護師に求められることを知る

転職理由の明確にしておく

という2つのポイントは欠かせないので参考にしてくださいね。

また、看護師さんの第二新卒転職におすすめできる転職サイトを1社だけお伝えるするとしたら「看護のお仕事」というサービスを挙げます。

キャリアアドバイザーが親切で丁寧だと評判のサービスで、第二新卒転職にも真剣に相談に乗ってもらえます。

第二新卒の転職は、不安や分からない事も多いので、キャリアアドバイザーの質が高いサービス選びがカギです。

看護のお仕事は、満足度の高い対応が期待できるので、転職サイト選びに迷ったときは参考にしてくださいね。

⇒「看護のお仕事」詳細はこちら