転職の仕方

「この仕事、疲れた…」辞めたいなら考えておくべき4つのこと

「この仕事、疲れた…」辞めたいなら考えておくべき4つのことの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「仕事に疲れた…限界…」
もう辞めたいと思っても、先のことを考えると不安ですよね。

この記事では、
「仕事を辞めたいときに考えておくべきこと」
をお話していきますね。

「仕事に疲れた…辞めたい…」でも先のことを考えると不安

Aさん
いい加減、今の仕事に疲れてしまいました。。。正直もう辞めたいです。

ただ、「仕事に疲れた」という理由で辞めて、次の仕事をどう探せばいいのか…不安です。

シュン
なるほど。。。たしかにAさんがご心配の通り、「仕事に疲れた」という転職理由だと、次の職場探しは苦戦するかもしれませんね。

ぜひ、次の4つのポイントを考えてみてください。

  • 現職を辞めるデメリットを考える
  • 疲れたから辞めるの裏側にある気持ちを探る
  • 仕事自体は好きか嫌いかを明確化する
  • 転職では給与・待遇の現状維持を目指す

詳しくお話していきますね。

デメリットは?仕事に疲れて辞めて後悔は無いのか?もう一度考える

デメリットは?仕事に疲れて辞めて後悔は無いのか?もう一度考える
  • 仕事に疲れて笑顔も作れない
  • 休みの日は一日中布団の中にいるだけ
  • 体調も気分もすぐれない

今現在、仕事に疲れてこんな状態であれば、この先も今の仕事を続けていくのは難しいはずです。

「仕事を辞めて新しい職場に転職したい」と考えるのも当然ですし、体のことを考えれば、正しい選択と言えるかもしれません。

 

しかし仕事を辞める前に必ず、「現職を辞めることで生じるデメリット」を整理しておきましょう。

仕事に疲れていると、すべてがマイナスにしか映らなくなるもの。一度は落ち着いて、

  • 「現職の良い所」
  • 「現職の悪いところ・不満なところ」

をハッキリさせることをおすすめします。

仕事を辞めることで、体や心の疲れからは解放されますが、それと引き換えに「現職での良い所」すべてを手放すことになります。

後悔先に立たずと言われるように、辞めてしまえばもう元には戻れませんから、今一度考えてみてくださいね。

「疲れたから仕事を辞めたい」の裏にある気持ちを明確にしておく

「疲れたから仕事を辞めたい」の裏にある気持ちを明確にしておく

仕事を辞めたい理由は、「疲れたから」だと思いますが、「何が原因で疲れてしまったのか」まで明確にしておくことが大切です。

  • 人間関係が上手くいかずに疲れてしまった
  • 仕事が覚えられず疲れてしまった
  • 拘束時間が長い、休みが取れずに疲れてしまった

など。。。人それぞれだとは思いますが、同じ「疲れたから」でも根底にある悩みは違いますよね。

 

なぜ、原因を明確にする必要があるかというと、次の職場や仕事を探すときに、悩みの違いによって異なるアプローチを取る必要が出てくるからです。

 

例えば、

  • 人間関係が悪い
  • 仕事を覚えられないこと

が主な原因であれば、職場が変わっても「合わない人」や「苦手な仕事」が出てくることはあります。

ですから、「自分に合った職場選びができるか」+「努力」が必要です。

 

それに対して、

  • 残業が多い
  • 休みがとれないこと

が主な原因であれば、「職場の内部情報をいかに詳しく集められるか」が次の職場を選ぶときに重要になってきます。

 

このように、仕事に疲れて辞めたい理由の裏側にある気持ちを理解しておくと、転職活動を的確に進めることができるのです。

今の仕事は「好きか嫌いか」を明確にしておく

今の仕事は「好きか嫌いか」を明確にしておく

最も大切と言えるのが、「今の仕事は好きか嫌いか」を明確にして転職活動を進めることです。

仕事に疲れてしまうと、いくら好きな仕事でも、「この仕事はもうやりたくない…ウンザリだ…」と考えてしまいますが、一度距離を置くなどして、

  • 本当に嫌いなのか?
  • 本当に自分には向いていないか?
  • 本当にそのキャリアを捨てていいのか?

を冷静に見極める必要があります。

 

どうしてかというと、転職で最も評価されるのは、これまでの職務経験やスキルだからです。

例えば、これまで事務職をしてきたのに、いきなり営業職に転職しようと思っても、実績を証明できるものがないので、転職は難しくなってしまいます。

ですから、常に頭の片隅に「これまでの経験を活かせないか?」という考えをおいて、転職活動を進めましょうね。

 

逆に、「どうしても今の仕事は自分に合わない」「嫌いだ」というのであれば、

  • 働く業界を変えてみる
  • 別の形で経験を活かせないか探ってみる

などして、視点を変えて仕事探しをするのがおすすめです。

転職では「給与・待遇の現状維持」を目標にする

転職では「給与・待遇の現状維持」を目標にする

最後に考えておきたいのが、転職するときの求人選びと給与や待遇についてです。

仕事に疲れて辞めたい方の中には、「仕事の疲れから解放されるなら、次の職場は年収や待遇がマイナスになってもいい…」と考えている方も多いかもしれません。

 

もちろん、疲れの原因解決が最も大切ですが、給与や待遇などが現職よりマイナスになってしまうと、思っている以上に大きな不満を感じるものです。

とくに、給与ダウンの転職は、これまで定期的に入っていた収入が減ってしまうので、生活の質を落とさなくてはならず、負担や不満が生じやすくなります。

 

もしかすると、今度は給与が原因で辞めたくなり、転職を繰り返す”スパイラル”にハマってしまうかもしれません。

最初から給与や待遇を諦めて転職先を探すのではなく、「現状維持」を目標に転職活動を進めましょう。

給与・待遇の現状維持は転職支援サービスの力を借りるのがおすすめ

給与・待遇の現状維持は転職支援サービスの力を借りるのがおすすめ

これを叶えるには、転職支援サービスを利用して、担当のキャリアアドバイザーに求人探しを手伝ってもらうのがおすすめです。

転職支援サービスというのは、会員登録をすることで、

  • 希望に沿った求人紹介
  • 書類や面接のアドバイス
  • 転職の不安や悩み相談
  • 応募企業の詳細な情報提供

などをキャリアアドバイザーに無料でサポートしてもらえるサービスのことです。

 

一度キャリアアドバイザーに希望や転職の条件を伝えておけば、求人を探し出してくれますし、企業に推薦してもらうこともできます。

給与や待遇の希望を伝えれば、場合によっては企業側と交渉してくれることもあるので、仕事に疲れて転職するなら、キャリアアドバイザーに仕事探しを手伝ってもらったほうが効率的ですよ。

 

ちなみに、おすすめできる転職支援サービスをお伝えしておくと、、、

まず、20代の方には、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」がイチ押しです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代限定(24歳から29歳)でサポートをしてくれるサービスなので、

  • マッチした仕事が見つかりやすい
  • 未経験でも挑戦しやすい求人が多い
  • キャリアアドバイザーが親切

など、とても使いやすいです。

キャリアアドバイザーは20代専任なので、不安や悩みを相談しやすいのもポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

⇒マイナビジョブ20’sの公式サイト

 

また、上記対応エリア以外で転職する20代の方、30代以上の方におすすめしたいのが、大手リクルートキャリアが運営している「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント

人材業界最大手のサービスだけあって、

  • 求人の数が圧倒的に多い
  • 企業とのつながりが強い
  • 転職成功事例が多い

ので、安心して利用できます。

キャリアアドバイザーが親切に対応してくれるので、相談しやすいですよ。

また、サポートエリアも広いので、主要都市だけでなく全国で使いやすいサービスです。「リクルートに登録しておけば間違いない」と言う声が多いので、まずはここを活用すると良いですね。

⇒リクルートエージェント公式サイト