転職の仕方

『中学校教師を辞めて転職したい』辞める前に考えておきたい3つの事。

『中学校教師を辞めて転職したい』辞める前に考えておきたい3つの事。の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「中学校教師の仕事を辞めたい…」と悩んでいませんか?
でも、転職できるか不安だと思います。

この記事では、
「教師を辞めて転職するなら考えておきたい3つのポイント」
をお伝えしますね。

教師の離職率はとても高い。中学校教師を辞めたい人も多い!?

  • 『生徒とうまくコミュニケーションが取れない…指導力の無さに落ち込む…』
  • 『仕事が山のようにあって忙しい…教師に憧れていたけど現実は厳しい…』
  • 『保護者と生徒、学校の板挟みに…毎日悩みのタネができる…』

あなたもこんなふうに悩んでいませんか?

教師は本来、人の成長に関われるとてもやりがいのある仕事。しかし、それだけに責任も重く、難しい面や苦労することが多いと言えるのかもしれません。

 

実は、教育・学習支援に関する仕事は、離職率がかなり高いとして言われています。

【業界別の離職率ランキング】

  1. 宿泊業・飲食サービス 52.3%
  2. 教育・学習支援 48.6%
  3. 生活関連・娯楽 48.5%
  4. 小売業 39.4%
  5. 医療・福祉 38.8%

引用データ:厚生労働省より TOP5を抜粋して掲載

このデータは、塾講師などをはじめ中学校教師以外の教育系職も含んだデータですが、全体の2位にランクインしていることから、辞める人が多い業界ということが分かりますよね。

中学校教師を辞めたい人に多い転職理由とは?

中学校教師を辞めたい人に多い転職理由とは?

では、どうして教育・学習支援業界の離職率は高いのでしょうか?

中学校教師を辞めたい人に多い理由としては、

  • 生徒への指導や教育がうまくできない(コミュニケーションがとれない)
  • 親との関係や職場での人間関係に問題を抱えてしまった
  • 仕事量や労働時間の割にあわない年収

このようなケースが見受けられます。

 

とくに中学生くらいの年代からは、生徒によって扱いが難しくなったり、指導を聞き入れてもらえない、不登校の問題など、教師だけの力ではどうにもできないことも多くなってくるので、悩んだ末に辞める道を選ぶ中学校教師は多いのかもしれません。

また、人間関係や過労、年収等の定番の転職理由で教師を辞めたいと考える人も一定数はいますね。

 

いずれにしても、中学校教師を辞めて全く別の仕事に転職する場合は、押さえるポイントはきちんと押さえて転職活動を進めていきましょう。

中学校教師を辞めて転職するなら”スピーディーな転職”を目標にしよう

中学校教師を辞めて転職するなら”スピーディーな転職”を目標にしよう

最初に押さえておきたいのは、中学校教師を辞めて別の業界や職種に転職する場合は、早めに動き出すことが大切だということです。

 

これはどうしてかというと、例えば、「中学校教師⇒民間企業の一般事務員」「中学校教師⇒民間企業の営業担当」というような未経験職への転職は、

  • 年齢は若いほうが有利になる可能性が高い
  • 年齢的な上限が設けられているケースもある

と言えるからです。

 

現在は、求人に年齢制限を設けることは禁止されてはいますが、一般的な未経験職の採用では、20代の若い人材が採用されることが多いですし、実際には年齢で判断されることも珍しくありません。

 

教師を辞めて転職する場合、「年度が変わるタイミングを見計らって転職を考えている」など、事情はあるかもしれませんが、年齢が1歳でも若いうちに動き出したほうが有利になる、ということは押さえておいたほうが良いですね。

自分の強みって何!?中学校教師を辞めるなら転職先で活かせるポイントを明確にする

自分の強みって何!?中学校教師を辞めるなら転職先で活かせるポイントを明確にする

次に考えておきたいのは、中学校教師を辞めるにしても、教師経験を転職先で活かせないかを見極めておく、ということです。

 

実は、教師などの公務員から一般・民間企業への転職は、難しいケースが多いとされています。

これは、公務員職と一般企業では、仕事の進め方や目的が異なることが原因なんですね。

 

しかし、一般企業がどんなニーズを持って人材を採用しているのかをきちんと把握することで、転職成功の可能性を高めることはできます。

 

そこで軸になるのは、「一般企業の目的は利益を出すこと」という考え方をきちんと頭に入れておくことなんです。

一般企業の社員と公務員が異なるポイントは、”利益を出す考え方ができるかどうか”にあります。

 

先ほども例に出した、「中学校教師⇒民間企業の一般事務員」「中学校教師⇒民間企業の営業担当」という転職のケースでも、

  • どうしたら一般事務員として会社の利益に貢献できるか?
  • 営業としてどう利益を生み出せるか?

を考えて転職活動に臨むことが大切なんですね。

 

「中学校教師の仕事は利益と結びつかない…」と思うかもしれませんが、広い視野を持って、

  • 会社の利益に結び付けられる経験をしていないか?
  • 利益にプラスになる強みやスキルを学んでいないか?

と考えてみてください。こうした”転職先で活かせるポイント”を明確にしておけばおくほど、転職活動はしやすくなります。

中学校教師の仕事を辞めたいなら、まずは”情報収集”をしよう!

中学校教師の仕事を辞めたいなら、まずは”情報収集”をしよう!

では、中学校教師を辞めたいと考えたら、まずは何をしたらいいのでしょうか?

それは、情報収集をして、

  • 自分はどんな会社に転職できそうか
  • 中学校教師経験で何が活きるのか
  • 年収や待遇は上がるのか下がるのか

などを、集めた情報から予測しておくのがおすすめです。

情報収集をすることで、教師を辞めて転職する不安を軽減することができますし、スピーディーな転職を叶えることにも繋がります。

 

具体的には、転職エージェントを使って、キャリアアドバイザーに話を聞くのがもっともおすすめですね。

【転職エージェントとは!?】

ちなみにエージェントというのは、会員登録をすることで、

  • 希望やスキルに見合う求人を紹介してもらえる
  • 面接や書類選考の対策をしてもらえる
  • 企業の詳しい情報をおしえてもらえる

など、キャリアアドバイザーという担当者に転職サポートをしてもらえるサービスのことです。

 

キャリアアドバイザーは、転職する人のキャリアや希望を聞いて仕事をマッチングするプロと言えるので、相談をすれば、

  • 自分はどんな会社に転職できそうか
  • 中学校教師経験で何が活きるのか
  • 年収や待遇は上がるのか下がるのか

これらをある程度は、教えてもらえるというわけです。

 

中学校教師経験をどう活かせばいいかや転職の進め方、マナーなどは、ひとりで転職活動をしていると不安になるものです。

なので、こうしたサービスを上手く活用して少しでも転職を有利に運べるように今のうちに準備しておくと良いですよ。

 

シュン

いかがでしたか?

中学校教師を辞めて転職したいときに考えておきたい3つのポイントをお伝えしてきました。

公務員から一般企業への転職は難しいとされていますが、きちんと準備をすることで転職の可能性を高めることはできます。

 

最後に、「このサービスを活用してほしい」という厳選したエージェントをお伝えするので、参考にしてくださいね。

 

まずは、20代で転職する方におすすめしたいのが、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代限定(24歳から29歳)でサポートをしてくれるサービスなので、

  • マッチした仕事が見つかりやすい
  • 未経験でも挑戦しやすい求人が多い
  • キャリアアドバイザーが親切

など、とても使いやすいです。

キャリアアドバイザーは20代専任なので、不安や悩みを相談しやすいのもポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト