転職の仕方

『理想と現実のギャップが大きすぎて仕事を辞めたい…』対処法まとめ

『理想と現実のギャップが大きすぎて仕事を辞めたい…』対処法まとめの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

今の仕事に大きなギャップを感じていませんか?

この記事では、
理想と現実のギャップが大きすぎて仕事を辞めたいときの対処法
をお伝えしますね。

「仕事に理想との大きなギャップを感じる…辞めたい…」

Aさん
実は、今の仕事に大きなギャップを感じているんです。

やりたいことができないので、毎日とても苦痛です。。。

 

当初聞いていた仕事内容や待遇と違う部分も多いので、まるで騙された気分です。

シュン
なるほど…理想と現実にギャップがある仕事(職場)だったというわけですね。
Aさん
そうですね…

内心辞めたいと思っているのですが、ギャップを感じたからと言って転職していいものか…とても悩みます。

シュン
理想どおりの仕事に就くのは難しいですよね。時には、現実と折り合いをつけていくことも必要かもしれません。

 

ただし、大きなギャップを感じて”辞めたい”と考えているなら、そのギャップときちんと向き合うことも大切です。

ここからは、仕事にギャップを感じたときの3つの対処法をお話ししていくので、参考にしていただけたら嬉しいです。

仕事にギャップを感じたときに試してほしい3つの対処法

あなたもAさんのように「仕事の理想と現実のギャップが大きい…辞めたい」と悩んでいるのではないでしょうか?

 

  • 就職前(転職前)に思い描いていた仕事との差が激しい
  • 理想の仕事には程遠く、やりたいことがやれない
  • 事前に聞いていた待遇や職場環境とは違う

こうなると、「今の仕事を続けていいのかだろうか?」「辞めたい…」と思いますよね。

理想とのギャップが激しいと、仕事に意味を見出だせなくなりがちです。

 

しかし、理想を追い求めて転職を繰り返してしまうのも、一歩間違えれば危険なことです。

「逃げ」に見られ、ジョブホッパー呼ばわりされるリスクがあるからです。

 

転職を繰り返すと、中途半端な職歴を重ねる結果になるため、転職するたびに評価が下がってしまうというわけです。

 

もちろん、仕事に対して理想を持つのは悪いことではありませんが、目の前にある現実とうまく折り合いをつけることもキャリアを積んでいく上では大切です。

仕事にギャップを感じたときにどう対処したらいいか、一緒に考えていきましょう。

仕事の理想と現実はどう違うか?どの程度の差があるのか?をハッキリさせてギャップと向き合う

仕事に大きなギャップを感じているなら、まずは、

  • 理想と目の前の現実は具体的にどう違うのか?
  • 理想までにはどの程度の差があるのか?

これらをきちんと把握することから始めましょう。

 

冒頭のAさんのように、

Aさん

実は、今の仕事は理想と大きなギャップがあるんです。

やりたいことができないので、毎日とても苦痛で。。。

と悩んでいるわりには、理想の仕事との違いをうまく説明できなかったり、そもそもどんなギャップを感じているのか漠然としている方が意外と多いです。

仮に仕事を辞めて転職するにしても、理想と現実のギャップがハッキリしていないと、転職活動の”軸”になる部分が見えないため、満足できる職場は見つかりません。

 

ですから、まずはきちんとギャップの正体と向き合って、

  • 転職して解決するギャップなのか
  • 現職で解決できるギャップなのか

をよく考えてみてくださいね。

現職で理想に近づくには何が努力できることはないかを考えてギャップと向き合う

仮にそのギャップが、転職して解決するものだったとしても、「現職で理想に近づくために努力できることはないか」と考えてみることも大切です。

 

なぜかというと、先にお話ししたように、理想を追い求めて転職を繰り返すことは「逃げ」に見られることが多いからです。

  • 「前職では希望する仕事に携われなかったので転職を決意しました。」
  • 「前職では希望する仕事に携わるためにこれこれこうした努力をしましたが、チャンスをもらえず、思い切って転職を決意しました。」

この場合、後者のほうが面接等で好印象を与えることがわかりますよね。

 

「現職でやれるだけのことをやってギャップを縮める努力をする」、ということは決して無駄ではありません。

本当に現職で出来る努力が残されていないか、これを考えてみてください。

仕事を辞めて転職することで本当にギャップが解決するかどうかを見極めるには転職活動を始めてみる

そして、仕事の理想と現実のギャップが本当に転職することで解決するのかどうかを見極めるために、転職活動をはじめてみるのもおすすめです。

 

ここで言う転職活動というのは、転職サイトのエージェントサービスを活用して情報を集めることを意味します。

エージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーという担当者が、あなたの希望や経験、スキルに見合った仕事を紹介してくれるので、

  • 仕事を沢山紹介してもらえる=ギャップを解決できる可能性が高い
  • 希望に沿う仕事をなかなか紹介してもらえない=ギャップを転職では解決できない可能性が高い

こんな見通しが立ちます。

 

もちろん、エージェントの情報がすべてではありませんが、現職の仕事のギャップを解決できるかどうかを客観的に判断してもらうことは大きなプラスです。

理想を追い求めて転職を繰り返すよりは、エージェントのアドバイスに耳を傾けて、今後のキャリアを考えることも大切。キャリアアドバイザーに相談してみると良いですよ。

 

シュン

いかがでしたか?

仕事に理想と現実のギャップを感じたときの対処法をお話ししてきました。

  • 理想と現実は具体的にどう違うのかをハッキリさせる
  • 理想に近づくために努力できることはないか考えてみる
  • 転職活動をはじめてみる

ひとつでも参考になれば嬉しいです。

 

また、転職活動をして情報収集をするなら、大手の転職エージェントを活用するのがおすすめです。

最後に情報収集におすすめできるエージェントをお伝えしておくので、ぜひ活用してみてください。

情報収集におすすめできる大手転職エージェント2選

まず、20代で転職する方におすすめできるのが、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

ご存知”マイナビ”が、20代の転職者(24歳から29歳)を専門的にサポートしているサービスです。

  • 20代に特化した求人を紹介してもらえる
  • 転職のコツをアドバイスしてもらえる(書類や面接など)
  • マイナビだけの求人も多い

など、20代に大きなメリットがあります。

キャリアアドバイザーも”20代専任”なので、相談しやすいですよ。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト