転職の仕方

『放置プレイは辛い…』仕事を教えてもらえず辞めたいときの対処法。

『放置プレイは辛い…』仕事を教えてもらえず辞めたいときの対処法。の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「入社して何もわからないのに放置されている」
これは辛いですよね…辞めたくもなるはずです。

この記事では、
「放置されて仕事がつらいときの対処法」
についてお伝えしますね。

「上司は仕事を教えてくれない…放置状態で辛い!今すぐにでも辞めたいけど。。。」

Aさん
やる気満々で入社したまでは良かったのですが、上司は仕事を教えてくれず、ほとんど放置プレイなんです…

 

OJTもあると聞いて安心していましたが、名ばかりで何の役にも立ちませんでした。

それなのに「自分で考えて仕事しろ」の一点張りなんです。

シュン
なるほど、それは辛いですね。

教育体制が整っていないために、新人や転職者を放置状態にしている会社って、実は多いんですよ。

Aさん
今後もこの調子だと、とてもやっていけそうにありません。

正直言って、今すぐにでも辞めたいです。

シュン
そうですよね。

Aさんの気持ちもわかりますが、まずは、

  • なぜ放置されてしまうのか?
  • 放置状態から抜け出すにはどうしたらいいか?

を一緒に考えてみましょう。

それでも改善しないときは、転職を検討する方向に進んでいきましょう。

「なぜ放置されてしまうのか?」理由をきちんと見極めることが大切

あなたもAさんのように、仕事を教えてもらえず放置されていませんか?

やる気はあるのに上司が相手にしてくれなかったり、なにも分からないのに「自分で考えろ」と言われたら、「どうしたらいいんだよ!?」という気持ちになりますよね。

さらに、放置状態のくせに

  • 周りが帰るまで残業しなくてはいけない
  • 教えられてもいない仕事を押し付けられる

こんな毎日が続けば、相当ストレス。”辞めたい”と思うかもしれません。

 

しかしここは、一度冷静に状況を見極めることが大切です。

 

まずは、「どうして放置されてしまうのか?」その理由について考えてみましょう。

実は会社の教育体制が整っていないために放置プレイが起こってしまう

多くの会社では、OJTなどの教員体制が取り入れられていますが、実際はうまく機能していないケースが多々あります。

  • OJTは形だけ。意味が無い
  • 仕事を教えるはずの社員が頼りない

など、決して放置したいわけではないけれど、”結果的に放置状態になっている”環境です。

 

会社の教育体制が整っていないと、

放置された社員が育つ

その社員が新人を育てる

新人は放置される

というサイクルが生まれやすく、放置状態が当たり前になっている可能性もあります。

上司や先輩が忙しい・仕事量が多すぎるため教育に割く時間がとれず放置状態に

上司や先輩も、新人教育だけが仕事ならずっと相手をしてくれるかもしれません。

しかし、自分の仕事が忙しいと当然すべての仕事に手が回らないので、緊急度が低くなりがちな新人教育は、放置状態になってしまいます。

 

また、人に仕事を教えることが苦手な上司や先輩もいます。

うまく指導できないので、

  • 「自分で考えてやってくれる?」
  • 「オレに聞かれても困る」

という対応になってしまっているケースも。

上司や先輩の新人教育スキル・経験が未熟なのかもしれません。

放置して新人いじめを楽しんでいる職場も稀にある

稀にですが、新人や転職してきた社員を放置していじめを楽しんでいるケースもあります。

会社としては、

  • 新人が育たない
  • 給料を払っているのに労働力にならない
  • 職場の士気が下がる

などマイナスだらけですが、悪い人間関係が社内で出来上がっていると、改善しようにもなかなかうまくいきません。

こうした環境を新人が改善するのは難しいですから、我慢して体を壊す前に見切りをつけるなど、対処をしていきましょう。

仕事の放置プレイから抜け出すためにすべきこと「待つのではなく自分から」がポイント

放置されてしまう理由を見てきましたが、当てはまる理由はありましたか?

放置状態を抜け出すには、冷静に理由を見極めたうえで、放置されないように自分から働きかけていくことが大切です。

 

「放置されている」と被害者意識をもってしまうと、どうしても会社や上司のせいにしてしまいますが、それでは何も変わらないことが多いです。

まずは自分から積極的に、

  • 上司や先輩とコミュニケーションをとる
  • 仕事がないかと働きかける
  • 分からないことは要点を絞って聞く

などの行動にうつしていくのがおすすめです。

 

上司や先輩に挨拶をきちんとする、ランチを一緒にとる、など、コミュニケーションをしっかりすれば、相手も人間なので「こいつはちゃんと面倒を見ないとな…」という気持ちになるかもしれません。

分からないことは、きちんと要点をまとめて答えやすい形で聞けば、忙しい上司や先輩の負担を減らすことはできます。

また、新人のうちは難しいかもしれませんが、「仕事を与えてもらう」という意識ではなく、「自分で見つける」という姿勢を見せれば、周りの評価は上がります。

 

いずれにしても、放置されている原因を把握したうえで、自分から抜け出す努力を少しでも良いのでしてみてください。「待つのではなく自分から」がポイントです。

仕事を続けるのは無理!?放置状態がマイナスにしかならないときの対処法。

そうは言っても、

  • 積極的に仕事を求めても全く相手にされない
  • 「自分で考えろ」しか言われず放置が続く
  • 何ヶ月も邪魔者扱いされている

こんな状態が長く続くようであれば、会社の教育体制に大きな問題があったり、新人を育てる気が全くないのかもしれません。

放置が長引いてしまうと、あなたの今後のキャリアに大きなマイナスです。

 

  • 20代の前半からバリバリがんばっている人
  • 入社したのに仕事を教えてもらえず会社で放置されている人

この2人が1年2年経ったときにどうなっているか…想像するまでもなく、大きな差が出ていることは分かりますよね。

 

放置状態は今だけなのか、それとも今後も改善しそうにないのか、をよく見極める必要はありますが、あまりに放置プレイがひどいのであれば、はやめに転職を考えるのもひとつの方法です。

いきなりの転職はNG。きちんと情報を集めて見通しを立てよう

ただし、いきなり辞めてしまったり、後先を考えない転職はリスクも大きいのでおすすめできません。

現職を続けながら情報を集めて、転職の見通しを立てることが大切です。

 

転職をするにしても、「どんな仕事をしたらいいか分からない」「給料が減ったらどうしよう」など悩みますよね。放置状態がつらくてもなかなか踏み出せないものです。

 

おすすめなのは転職エージェントを利用して、担当になったキャリアアドバイザーに、

  • どんな企業に転職できそうか
  • 年収や待遇はどの程度期待できるか
  • 悩みは解決しそうか

などを相談してみると良いです。

 

キャリアアドバイザーが紹介してくる求人は、基本的には「転職できる見込みが高いもの」「経験やスキルに合ったもの」なので、どんな企業に転職できるのかの目安になります。

求人を見れば、年収や待遇も分かります。

あとは、良い企業や納得できる求人があれば面接等をセッティングしてもらえばいいので、効率的でもあります。

 

 

シュン

さてここまで、

  • なぜ放置されてしまうのか?
  • 放置状態から抜け出すにはどうしたらいいか?

お話ししてきました。

転職活動をひとりで行うと、相談できる相手がいなかったり情報が不透明で不安が増すだけなので、エージェントを賢く活用してくださいね。

最後に、相談がしやすいおすすめのエージェントをお伝えします。参考にしていただけると嬉しいです。

転職相談がしやすいおすすめの転職エージェント2選

 

まずは、20代の方に真っ先におすすめしたいのが、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」というエージェントです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

20代を限定(24〜29歳)でサポートしているので、ターゲットを20代に絞った企業の求人が多く、希望に合う求人を紹介してもらいやすいです。

マイナビのサービスだけあって、キャリアアドバイザーの対応も親切丁寧。転職に不安がある方やはじめて転職する方も使いやすいと思います。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト