保育士転職

「保育士の仕事に疲れた」過労で辞めたくなったときの対処法。

「保育士の仕事に疲れた」過労で辞めたくなったときの対処法。の画像
マミ
転職成功プランナーのマミです。

「保育士の仕事に疲れた…」

と悩んでいませんか?毎日辛いのではないでしょうか。

この記事では、
保育士を過労で辞めたいときの対処法
をお伝えしますね。

「保育士の仕事に心身ともに疲れた…辞めたいけどなかなか踏み出せない…」

保育士Aさん
私、2年目の保育士なのですが、

毎日目の回るような忙しさで、心身ともに疲れてしまいました…

マミ
保育士の仕事は、体力勝負な部分がありますものね。
保育士Aさん
はい…

疲労で出勤するのがとてもつらくて…

正直言って「辞めたい」って思っているのですが、それも不安なんです。

マミ
そうですよね…

疲れてしまう原因が職場環境にある場合は、それを変える必要もありますが、まずは自分なりにケアすることも大切です。

疲労にどう対処したらいいか、お話ししていきますね。

疲れるのはなぜ?保育士をしていて疲労する原因

あなたもAさんのように、「保育士の仕事に疲れた…」と悩んでいるのではないしょうか?

疲労が溜まると冷静な判断ができなくなるので、失敗が増えたり保育の仕事自体に嫌気が差す、なんてこともあるはずです。

 

まず大切なのは、疲れる原因をきちんと整理して、ひとつずつ解決していくことです。

以下にいくつか保育士が仕事に疲れる原因の体験談をご紹介するので、あなたの原因と照らし合わせてみてくださいね。

【職場の人間関係に疲れてしまう】

保育士Mさん 35歳

もともと園長のやりかたや方針には嫌気がさしていましたが、先生たちの人間関係も悪くて、新人をいじめる風潮があるのがすごく嫌でした。

私はリーダー格の先生に紹介されて入った職場だったので、いじめにはあいませんでしたが、人間関係が耐えられずに1年で辞めました。

【持ち帰りや残業が多く休めない】

保育士Sさん 24歳

残業が必ず3時間くらいあるのにサービス残業。さらに持ち帰りも多い。
保育の勉強もしないといけないので、プライベートなことがなにもできていないのが苦痛です。

辞めたい気持ちを我慢して続けていますが、最近は子供のことを可愛く思えなくなってきて心配です。子供が好きで保育士になったのに、私なにしてるんだろうなって思うことがよくあります。

【保育がうまくできない】

保育士Iさん 25歳

あこがれて保育の仕事に就きましたが、自分は向いてないのかなと思っています。
保育内容を考えられないし、書類もまとめられない、職員とうまくやれないのでいつもひとりぼっちになってしまいます。

「保育士なんてもう嫌…」とならないために!疲労で辞めたいときに試してほしい3つの解決策。

マミ
それでは、疲れる原因に対してどんなケアをして解決したらいいのか、ひとつずつ見てみることにしましょう。

保育士の悩みは保育士にしかわからない!?先輩や保育士の友人、経験者に相談する

入職したばかり・職場を移ったばかりだと、保育士の仕事がなかなかうまくいかないことで疲れてしまう人も多いはずです。

また、園長のやり方や方針に振り回される、先生同士の争いに巻き込まれてしまう、など人間関係で疲れることもありますよね。

 

こうした悩みは、保育士経験がある人にしかわからない部分が多々あります。

ですから、

  • 信頼できる先輩保育士にアドバイスを求める
  • 保育士をしている友人に愚痴を聞いてもらう
  • 家族や親戚など保育士経験がある人に相談してみる

などして、精神的な負担になっている悩みなどを外に吐き出すことが大切です。

 

同じ経験をしているからこそ良いアドバイスがもらえるケースは多いです。

疎かにしてない?体力勝負の保育士を支えるのは質の良い食事と睡眠

残業が続いたり持ち帰りの仕事が忙しいと、ついつい生活が不規則・不摂生になり体力を消耗してしまうのではないでしょうか。

とくに、食事と睡眠は、メンタル面や体力面に大きな影響を与えます。

 

  • 仕事で疲れてしまうので食事はコンビニやファストフードで済ませている
  • ストレス発散にお酒を飲んだり夜遅くまでスマホを見ている

など、生活が乱れていると、疲れやすく集中力も低下しがちです。

 

「質が高い食事と睡眠を心がける」を合言葉に、ライフスタイルを見直してみましょう。

例えば、

  • 食事は週3は和食を中心に料理をしてみる
  • お酒や甘い飲みものは控えて水やお茶に変えてみる
  • ベッドに入ったらスマホは見ないようにする
  • 入浴時間をきちんと取ったりアロマを炊いたりして眠りにつきやすくする

など、自分を大切にする行動を増やしてみましょう

職場環境が原因で保育士の仕事に強い疲労を感じているなら根本解決を目指すことも大切。

ここまでは自分をケアをする形の対処法をお話ししてきましたが、実際は、職場環境を改善できないとなにも変わらない…というケースも多いと思います。

疲れてしまう、保育士の仕事を辞めたいと思う。

体と心のケアをして充電する

また疲れてしまう、辞めたいと思う。

体と心のケアをして充電する。。。

この繰り返しだと、いつか気持ちも途切れてしまうかもしれません。

ですから、根本的な解決を目指すことも大切です。

 

具体的には、「勤務時間を変えてもらう」「時短勤務ができないか相談する」など、まずは現在の環境で出来ることはないか考えてみましょう。

 

それが無理なときは、職場を変えることも視野に入れて情報を集めてみるのがおすすめです。

 

最近は、保育士専門の転職サイトも充実しているので、今の職場を辞めて転職するとしたら、

  • 転職できそうな職場はあるのか
  • お給料や待遇はどうなるのか
  • 希望は叶うのか

などを前もってリサーチすることは可能です。

 

とくに、キャリアアドバイザーが直接転職の相談に乗ってくれるサービスなら、それぞれの状況に応じたアドバイスをしてもらえるので、「辞めたら不安…」という悩みを抱えずに済みます。

例えば、保育ひろばという保育専門の転職サイトは、親切に相談に乗ってもらえるのでおすすめです。

公式サイト【保育ひろば】

サービスは無料で受けられるので、まずは相談してみると良いですね。

 

マミ
いかがでしたか?

保育士の仕事に疲れて辞めたいときの対処法をお話ししてきました。

まずは現状でできるケアをして、それでも無理な場合は職場を変えることも必要かもしれません。

いずれにしても情報を集めておくことは大切なので、保育士専門の転職サイトはうまく活用しましょうね。