転職のコツ

きっと役立つ!工場で働きたいなら知っておきたい7つのポイント。

きっと役立つ!工場で働きたいなら知っておきたい7つのポイント。の画像
シュン
転職アドバイザーのシュンです。

この記事では、「工場で働きたい!」と思っている人に向けて、これだけは知っておきたいポイントを7つまとめてみました。

ひとつでも参考になれば嬉しいです!

「工場で働きたい!」と思っているなら知っておきたい7つのポイント。

  • 未経験でも正社員を目指せる仕事を探している
  • スキルや経験はないけどお金の良い仕事がしたい
  • 人付き合いは苦手だからもくもくと働きたい
  • 寮付きで働ける仕事に興味がある

あなたもこんな理由で、工場で働きたいと考えているのではないでしょうか?

 

しかし、”工場勤務は初めて”という場合は、本当に自分のイメージ通りなのか不安ですよね。働き始めてから「想像と違った…」となるのは、避けたいところです。

 

ここからは、工場で働きたいと考えているなら、これだけは知っておきたい7つのポイントをお話ししていきます。

工場で働くプラス面だけでなく、注意したいポイントも合わせてお伝えするので、ぜひ参考にしてくださいね。

工場の仕事は未経験でも高収入・高時給の仕事を狙うことができる。

工場の仕事は未経験でも高収入・高時給の仕事を狙うことができる。

工場系の仕事を選ぶ1番のメリットと言えるのが、

  • 未経験でも正社員を目指しやすい
  • 未経験でも高収入・高時給

ということですね。

他業界は未経験で就職したり転職するのはハードルが高いですが、工場系の仕事や製造業は、未経験可、学歴や職歴不問という場合が多いです。

 

また、未経験でも高収入・高時給が期待できるのもプラスです。

未経験でも例えば、

サンプル求人A

  • 組み立てや部品加工、塗装、プレスなど
  • 時給1500円〜1800円
  • 各種支援金や特別手当アリ、寮完備
サンプル求人B

  • マシンオペレーション、検品・検査・調整など
  • 月給23万円〜32万円
  • 資格取得支援制度アリ

という内容の求人もあり、同じく未経験可求人が多い飲食やサービス、福祉業界よりも高収入・高待遇を期待できます。

「工場で働きたい」というやる気さえあれば年齢に関係なく採用されやすい。

「工場で働きたい」というやる気さえあれば年齢に関係なく採用されやすい。

もうひとつ工場系の仕事の特徴と言えるのが、「工場で働きたい」という思いがあれば、年齢に関係なく採用してもらいやすいという事ですね。

中心となる年齢層は、20代〜30代ですが、

  • 「40代歓迎求人」
  • 「50代でも可」

という求人の多く、職場の年齢層は幅広いケースが多いです。

そのため、年齢をさほど気にする必要がなく、就職・転職ハードルも低いと言えます。

 

もちろん、職種や工場によって年齢の偏りがある場合もありますが、「入社してみたら年が離れている人ばかりで馴染めない…」「職場は20代の若い人が多くて、ついていけない…」という心配が少なく、働きやすい業界ですね。

雇用形態が多彩なので生活スタイルや目的に合わせた仕事を選びやすい。

雇用形態が多彩なので生活スタイルや目的に合わせた仕事を選びやすい

工場や製造系の仕事は、「雇用形態が多彩」というのも1つのメリットです。

  • 正社員
  • 契約社員
  • 期間工
  • アルバイト・パート
  • 派遣

など、他業種に比べると自分の生活スタイルや目的に合わせて雇用形態を選びやすいのが特徴です。

「この期間だけ働きたい」というフリーターや、「土日祝日は休みたい」という主婦(主夫)でも働きやすいと言えますね。

 

また、正社員登用アリの求人も多いので、未経験でも正社員を目指しやすいと言えます。

ただし、「まずはアルバイトとして入って正社員になろう」「派遣から正社員を目指そう」という場合は、正社員登用の実情をきちんと確認することが大切です。

正社員登用アリと謳っていても、実際には「過去に数名だけ」「今後の採用見通しは暗い」というケースもあるので、十分に注意してくださいね。

工場勤務をはじめとする製造業は離職率は低い。安心して働ける。

工場勤務をはじめとする製造業は離職率は低い。安心して働ける。

工場で働きたいと考えた人が気になることのひとつは、”工場勤務や製造業は働きやすいのか?”ということではないでしょうか?

ひとくちに工場勤務、製造業と言っても、さまざまな会社や職種があるので一概には言えませんが、製造業の離職率自体はかなり低いことが分かっています。

【業界別の離職率ランキング】

  1. 宿泊業・飲食サービス 52.3%
  2. 教育・学習支援 48.6%
  3. 生活関連・娯楽 48.5%
  4. 小売業 39.4%
  5. 医療・福祉 38.8%

ーーー以下省略ーーー

15位 製造業 18.7%

引用データ:厚生労働省より一部抜粋

一般的には、新卒就職した大学生の30%は3年以内に離職する、と言われているので、それに比べてもかなり低いことが分かりますね。

 

もちろん、「離職率が低い=働きやすい」と言えない部分もありますが、離職者の不満のほとんどは「給料」「人間関係」にあります。

比較的給料が高く、人間関係にさほど苦労しない工場の仕事は、不満が出にくい環境であることは確かです。

製造業の市場規模は大きい!人手不足もありチャンスは大きい。

製造業の市場規模は大きい!人手不足もありチャンスは大きい。

昨今、日本の製造業は停滞気味というニュースが多いですが、実は市場規模を見てみると、自動車・同付属品製造業は国内でトップクラスであることが分かっています。(市場規模というのは、ある市場の経済活動の大きさを表す言葉です。)

以下のデータを見ても分かるように、外食や医療、不動産などより、自動車・同附属品製造業の市場は大きいんですね。

【市場規模のデータ】

  1. 自動車・同附属品製造業 62.5兆円
  2. 建設 51.8兆円
  3. 医療 40.8兆円
  4. 不動産 39.4兆円
  5. 生命保険 39.0兆円
  6. 外食 25.2兆円

ーーー以下割愛ーーー

引用データ:「市場規模マップ」より抜粋

つまり、市場規模が大きいということは、それだけ雇用にもプラス、働く側にとってはチャンスが大きいということです。

また、近年は製造業の人手不足も深刻化しているので、このタイミングを逃さないように就職活動や転職活動をしていくことをおすすめします。

工場で働きたいなら『自分に合う職種』をきちんと見極めることが大切。

工場で働きたいなら『自分に合う職種』をきちんと見極めることが大切。

さてここまでは、工場勤務や製造業の良い面を中心にお話ししてきました。

しかし、当然ですが注意しなくてはいけないこともあるんです。

 

先ほど、製造業の離職率は低いということをお伝えしましたが、それでもやはり「仕事が合わない」「想像と違ってキツイ」という理由で仕事を辞める人はいます。

最初は「工場で働きたい」とやる気を持って入社しても、短期離職してしまうケースも見受けられます。

 

そうならないためにぜひ注意してほしいのが、ざっくりと”工場で働きたい”と思うのではなく、自分に合う職種を見極めて求人を探すことが大切ということなんです。

 

例えば、とにかく工場で働きたいからと、「この求人は給料が高いし、寮も完備されているからここにしよう…」と安易な理由で求人を選んでしまうと、

実際に勤務してみたら、立ちっぱなしの仕事がキツい…

3日しか経っていないけど、もう辞めたい…

というように、不満を抱えた末に短期離職につながってしまうんですね。これでは、せっかく採用されても振り出しに戻ってしまいます。

 

ですから、最低限どんな職種が自分に合うのかをよく考えて求人を探しましょう。

 

器用で几帳面な性格なら、「組み立てや組付け」「メンテナンスや保守・保全」「検品や検査」などの仕事が向いているでしょうし、体力に自信があるなら、「仕分けやピッキング」「梱包」など、体を動かしていたほうが楽かもしれません。

また、資格所持者、スキルを磨きたいと考えている人は、「フォークリフト」「マシンオペレーション」または「ドライバー」としての活躍も考えられます。

女性であれば、「工場内での事務員」「生産管理」なども検討できるはずです。

 

こんなふうに、自分の適性や経験、スキル、または性格などをきちんと考えて、マッチする職種を探すことが大切です。

工場で働きたいなら知っておきたいおすすめの仕事の探し方。

工場で働きたいなら知っておきたいおすすめの仕事の探し方。

最後に知っておきたいのは、工場や製造業の仕事をどう探すかについてです。

すでに仕事を探している人は、リクナビNEXTなどの求人サイトやハローワーク、求人誌などを使っているかもしれません。

 

しかし、おすすめなのは、工場系求人や製造業に特化した求人サイトを使うことです。

 

それはなぜかというと、工場求人に特化した求人サイトのほうが、

  • 工場系の求人数そのものが多い
  • 自分に合う職種を細かく選べる
  • 希望に合う条件を指定しやすい

からです。

先にお話したように、自分に合う職種を見つけることはもっとも大切と言えるので、特化型の求人サイトを使ったほうが、求人数の面でも検索精度の面でも自分にマッチする求人を探しやすいというプラスがあります。

また、レア求人や好条件の求人も特化型の求人サイトに集まりやすいのもおすすめの理由ですね。

 

ちなみに『工場ワークス』という工場系求人に特化した求人サイトは、使い勝手がよく、工場系求人数もダントツに多いので、工場で働きたいのならここを使ってみてください。

会員登録をしなくてもすぐに仕事応募ができますし、工場で働くための基本的な情報も充実しているので、お気に入りに入れておけば安心ですよ。

⇒工場ワークスの公式サイトはこちら

 

シュン
いかがでしたか?

工場で働きたいなら知っておきたい7つのポイントをお話ししてきました。

工場系の仕事や製造業は、未経験でも入社しやすく、高収入・高時給も期待できるのでおすすめです。

お伝えしたように、職場をきちんと選ぶことだけは忘れないでくださいね!