転職のコツ

「花は好きだけど…花屋を辞めて転職したい」おすすめしたい対処法

「花は好きだけど…花屋を辞めて転職したい」おすすめしたい対処法の画像
マミ
転職成功プランナーのマミです。

花屋の仕事を辞めたい、、、

と悩んでいませんか?

この記事では、花屋を辞めて転職するときにおすすめしたい対処法をお伝えしますね。

「花は好きだけど、花屋の仕事を辞めたい…今のうちに転職したい!」

Aさん
実はわたし、花屋の仕事を辞めたいんです。。。

転職して別の仕事に就きたくって…。

マミ
そうなんですね。

でも、どうして花屋さんを辞めたいと思ったのですか?

Aさん
えっと、花は好きなのですが、花屋は結構重労働なんです。

体がきついですし、お給料も少なくて。。。

将来のことを考えたら、今のうちに転職しておきたいと思っているんです。

マミ
なるほど…

それでしたら、次の3つのポイントを押さえて、転職を考えてみると良いですよ。

  • 花屋から別業界への転職は”はやめに”
  • 経験やスキルはきちんと活かして転職
  • どんな仕事に転職できるか”見通し”をたてる

詳しくお話ししていくので、少しだけお付き合いくださいね!

華やかで楽しそうなイメージとは裏腹!?花屋を辞めたい人に多い「不満点」「悩み」とは!?

あなたもAさんのように、「花屋を辞めたい、転職したい」と悩んでいるのではないでしょうか?

外側から見ると、

  • 毎日きれいな花に囲まれて幸せそう
  • のんびりお客さんの相手をして楽しそう
  • おしゃれできれいなお店で働けそう

こんなふうに、華やかで楽しそうな花屋さん。

しかし、実際に花屋で働いている人からしてみると、きれいで華やかなイメージとは裏腹に、様々な苦労が多いというのが現実ではないでしょうか。

 

花屋さんを辞める人の転職理由を集めてみると、

  • 長時間労働で土日祝日が休めない
  • 力仕事が多く体に負担がかかる
  • お給料が低く、給料アップはあまり見込めない
  • お店を持つのでなければ将来性に乏しい

このような「不満点」「悩み」を挙げる方が多いです。

 

イベントがある時期や土日祝日は、花屋の繁忙期。そのため、平日しか休めない、勤務時間が長くなりがちなことを不満に挙げる人が多かったり、

力仕事が多いため、足腰など体への負担を理由に転職する人もいるようです。

 

また、花屋の収入に関する正式なデータはありませんが、月収20万円に届かないケースが多く、経験を積んでも年収350万円程度で落ち着くことが多いのが一般的です。

そのため、お給料の不満が転職につながることもあります。

 

いずれにしても、自分の将来を考えたときに、

このまま花屋の仕事を続けるのは不安だな、、、

と思うなら、転職を考えてみるのもひとつの方法ですね。

花屋とは別業界・別職種への転職は”はやめに”がポイント

では、転職を考えた時に押さえておいてほしいことをお伝えしますね。

まず1つ目は、花屋を辞めて別の業界、職種などに転職する場合は、なるべく早めに動こう!ということです。

 

例えば、花屋さんを辞めて経験がない一般企業の事務職へ転職するとします。

この場合、”未経験者”として転職活動をしなくてはいけませんよね。

 

一般的に未経験職への転職は、年齡を重ねれば重ねるほど難しくなっていきます。

なぜかといえば、年齡が若い転職者を採用したほうが、

  • 柔軟性がある
  • 将来性がある
  • 給料を安く済ませることができる

など、企業にとってメリットが多いからです。

例えば、30歳をすぎて未経験職に挑戦するのと、20代のうちに挑戦する場合でも、たった1年の違いが転職に大きく影響することもあります。

 

とくに女性の転職では、20代後半から30代以降になると、結婚などのライフイベントの影響を気にする企業は少なからず出てきます。

ですから、花屋を辞めたいと考えているなら、転職活動を先延ばしにするのではなく、まずは動き出してみることが大切。

”別業界・別職種への転職は早めに”がキーワードです。

花屋を辞めて転職するなら「経験やスキルはきちんと活かす」のがポイント

2つ目のポイントは、花屋を辞めて転職する場合でも、花屋で働いて身につけた経験・スキルなどは活かしたいということです。

 

きっと、花屋から別業界・別職種へ転職を考えている人の多くは、

  • また1からやりなおそう、勉強しよう
  • 社会人1年目のつもりでがんばらなきゃ

このように、キャリアをリセットするイメージを持っていると思います。

 

もちろん、そのイメージが間違っているわけではありませんが、たとえ別業界や別職種に転職する場合でも、花屋で身につけた経験やスキルをきちんとアピールする姿勢が大切なんです。

例えば、

  • 接客スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 在庫管理等の店舗運営スキル
  • フラワーアレンジメントの技術
  • 花の知識

などは、花屋で働いたからこそ身についたスキルや経験ですよね。

 

業界が変わったとしても、販売系の仕事につけば接客スキルを活かせたり、フラワーアレンジメントの技術をラッピング等に応用できるかもしれませんし、

事務系の仕事に転職する場合も、コミュニケーション能力や店舗運営のスキルが役立つ可能性は十分にあります。

 

また、花屋以外では役立たないと思いがちな花の知識も、例えばブライダル業界に転職すれば、アピールポイントになるかもしれませんよね。

 

ですから、「花屋で得た経験や知識を転職先でも活かせないか?」と、いろいろな角度から考えてみてください。

あなただけのアピールポイントや武器になるはずです。

すぐに花屋を辞めてしまうのはNG!どんな仕事に転職できるか”見通し”をたてよう

最後3つ目のポイントは、花屋を辞めたい気持ちが強くても、すぐに辞めず、”見通し”を立てたほうが良い、ということです。

 

先ほど、花屋から異業種・異職種に転職する場合は、”はやめの転職がおすすめ”とお話ししましたよね。

でも、何も決まらないまま仕事を辞めてしまうのは、大きなリスクを抱えるのと一緒です。

不安や悩みも増える結果になるかもしれません。

 

ですから、花屋で働いている”今”のうちに今後の見通しを立てましょう。

 

今後の見通しというのは、

  • どんな仕事に転職できるのか
  • 給料や待遇はアップするか
  • 転職のタイミングは良いか

などの情報を集めるという意味です。

今後の見通しが立てば、気持ちは随分楽になりますよね。

 

でも、どうやってそんな見通しを立てたら良いの!?

と思う人は多いはずです。

 

それは、転職エージェントを活用して、自分に合った情報を集めれば良いんです。

 

転職サイトが運営しているエージェント系のサービスは、登録をすれば、キャリアアドバイザー(担当者)が要望に沿った求人を紹介してくれます。

 

1社あたり数件求人を紹介してくれるので、3社程度活用すれば、10数件は求人が集まりますよね。

それらを見れば、

  • どんな仕事に転職できるか
  • 給料や待遇等はどの程度期待できるか

などは大体見えてきます。

つまり、転職の見通しが立ちやすくなるんですね。

 

また、転職相談にも乗ってもらえるので、今転職すべきなのか、どんな仕事に向いているかなどもアドバイスしてもらうことができます。

ですから、花屋を辞めたいなら、まずはエージェント系のサービスを活用して情報を集めることからはじめましょう。

 

もちろん、エージェントは無料で使えますし、必ず転職しなくてはいけないわけでもありませんから、賢く利用することをおすすめします。

転職の見通しを立てるのにおすすめできるエージェントサービス2社

ちなみに、おすすめできるエージェントをお伝えしておくと、、、

まずは、20代の方に使ってほしいのが、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sです。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、20代にマッチする求人が多く、とても丁寧なサポートが最大の魅力です。

今後のキャリアや転職の悩みも相談しやすく、20代ならここは外せません。

また、マイナビジョブ20’sだけの求人が充実しているのもおすすめポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト

 

マミ
いかがでしたか?

花屋を辞めたいときの対処法をお話ししてきました。

転職するかどうかを見極めるには、今後のキャリアを考えてみるのがおすすめです。

そして、転職する場合は、前向きに転職と向き合ってくださいね。

 

また、今のうちに情報収集をはじめることも大切です。

ご紹介した

などを活用してみると良いですよ。