転職の仕方

「小学校教師を辞めたい…」先生を辞めて転職を成功させるポイント。

「小学校教師を辞めたい…」先生を辞めて転職を成功させるポイント。の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「小学校教師の仕事を辞めたい…」と悩んでいませんか?

この記事では、
「小学校の先生を辞めて転職成功させるポイント」
についてお伝えしますね。

「小学校教師を辞めたい…」でも、転職できるのか不安…。

Aさん
小学校で教師として勤務しているんですが、実はもう辞めたいと思っているんです…

生徒指導も授業もうまくできないし、職場の人間関係も悪くて、毎日辛いです。。。

シュン
なるほど。。。それは悩みますよね…
Aさん
はい…このままじゃ、子どもたちや親御さんにも迷惑だし、精神的にも参っちゃいそうで。

でも、小学校の先生を辞めて、他の仕事ができるのかも不安です。

シュン
そうですよね。

小学校教師から別の仕事へと転職を考えているなら、以下の3つのポイントを押さえておいたほうが良いですね。

  • 他業種・職種への転職は若ければ若いほうが有利
  • 公務員⇒民間への転職がハードルが高くなる理由を知る
  • 自分のストロングポイントを具体化しておく

詳しくお話ししていきますが、その前に小学校教師を辞めたい人に多い悩みを見ていきましょう。

離職率が高い!?小学校教師を辞めたい人に多い3つの悩みとは?

離職率が高い!?小学校教師を辞めたい人に多い3つの悩みとは?

あなたもAさんのように、「小学校教師を辞めたい」「先生ではなく別の仕事をしたい」と悩んで、この記事を読んでくださっていると思います。

実は、小学校教師をはじめとする教育関連の仕事は、離職率がとても高い業界であることが分かっているんです。

【業界別の離職率ランキング】

  1. 宿泊業・飲食サービス 52.3%
  2. 教育・学習支援 48.6%
  3. 生活関連・娯楽 48.5%
  4. 小売業 39.4%
  5. 医療・福祉 38.8%

引用データ:厚生労働省より一部抜粋

このように、厚生労働省が調べたデータでも、教育・学習支援は2位にランクインしています。

 

いったいどんな理由で小学校教師を辞める人が多いのか気になるところですよね。

まずは、離職理由としてよく聞かれるものを見ていきましょう。

『生徒指導がうまくできないから小学校の先生を辞めたい』

『生徒指導がうまくできないから小学校の先生を辞めたい』
  • 教育計画がうまく立てられない
  • 授業がうまくできない
  • 生徒とコミュニケーションがうまくとれない

など、小学校教師としての仕事が向いていないと感じて、仕事を辞めるケース。

ニュースなどで学級崩壊などの事例も聞かれるように、生徒指導に頭を悩ませている先生は多いのではないでしょうか。

また、実際に小学校教師として働いてみたところ、これはやりたい仕事ではなかったと気づき、早めに転職をする人もいます。

『親、保護者の対応や職場の人間関係に神経をすり減らし小学校教師を辞めたい』

直接指導をするのは生徒ですが、生徒の親・保護者との関係をうまく構築できるかも小学校教師の仕事を進める上で大切な要素です。

近年よく話題に上る”モンスターペアレンツ”の問題なども、先生の仕事を増やしてしまう原因ではないでしょうか。

生徒指導の悩みにプラスして、親や保護者との関係に疲れ果て、転職を選択する人も多いです。

 

また、これは小学校教師に限ったことではありませんが、職場の人間関係も離職理由としては大きなものになります。

仕事量が多く労働時間は長いのにほとんど給料に反映されないので小学校教師を辞めたい

仕事量が多く労働時間は長いのにほとんど給料に反映されないので小学校教師を辞めたい

教師という仕事上、授業や行事の準備にはじまりその他もろもろ、どうしても仕事量は多く、労働時間は長くなる傾向があります。

しかし、民間企業のようにダイレクトに給料へと反映されないので、不満やストレスが溜まりやすいと言えます。

がんばりに見合うリターンが得られないと感じて、小学校教師を辞める人も一定数はいます。

小学校教師を辞めて転職を成功させるために気をつけたいこと。

さてここまで、主な小学校教師を辞めたい理由を見てきました。では、転職を考えているならどんなことに気をつければ良いのでしょうか?

  • 他業種・職種への転職は若ければ若いほうが有利
  • 公務員⇒民間への転職がハードルが高くなる理由を知る
  • 自分のストロングポイントを具体化しておく

この3つを押さえておきましょう。

転職は”若ければ若いほうが有利”になることを知っておこう!

小学校の先生を辞めて転職するということは、別の業界や職種を目指す人が多いはずです。

つまり、”未経験職”に転職することになるので、

  • 年齢は若い方が採用されやすい
  • 早くキャリアチェンジしたほうがその後の経験を積みやすい

ということを頭に入れておきましょう。

 

職種や企業の求人内容にもよりますが、「20代までしか未経験者は採らない」「経験者以外は25歳前後が希望」というように、まずは年齢で絞ることも多いです。

一般的には25歳、27歳、30歳、35歳を区切りに、応募できる求人数は減ると言われています。

 

ですから、小学校教師を辞めることを心に決めているなら、できるだけスピーディーに転職活動を進めることを考えてみてください。

公務員⇒民間企業への転職はハードルが高い理由を知っておこう!

公務員⇒民間企業への転職はハードルが高い理由を知っておこう

小学校教師を辞めて、民間企業へと転職を考えている人も多いと思いますが、公務員⇒民間企業の転職は、民間企業経験者よりもハードルが高いとされています。

これはどうしてかというと、公務員と民間企業では仕事のやりかたや目的が異なるからです。

 

何が違うかを一言で表すと、『民間企業は利益を生むことを目的に仕事をしている』ということに集約されます。

 

例えば、小学校教師の経験を転職活動の自己PRで、

  • 「生徒指導でこんなことをして喜ばれた」
  • 「行事でこんなアイデアを出して保護者の評判がよかった」

こんなふうにアピールしても、民間企業の採用担当者にはあなたの魅力が伝わりません。

なぜなら、「会社にどう利益を与えられるのか?」が抜け落ちているからですね。

 

裏を返せば、この違いを知った上で転職活動を進めることができれば、小学校教師から民間企業への転職成功を引き寄せることはできますから、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

小学校教師経験を振り返ってストロングポイントを具体化しておこう!

公務員と民間企業の違いを知っておくことの延長にはなりますが、転職活動では、

  • 「これは自分の強みになる」
  • 「転職先の会社で評価される」

という、ストロングポイトを具体化しておくことも大切です。

 

お話ししたように、小学校教師と民間企業の社員では仕事内容や目的は違いますが、なにか接点があったり、活かせる能力は身についているはずです。

会社に利益を与えるストロングポイントをアピールできれば、転職活動で大きな武器になると言えるので、普段とは違う目線で小学校教師経験を振り返ったり、今の仕事をチェックしてみてください。

『転職は難しいかも…』と不安ならエージェントサービスを活用する!

転職は難しいかも…と不安ならエージェントサービスを活用する

ここまで、転職を成功させるために気をつけたい3つのことをお話ししてきましたが、、、

小学校教師を辞めて民間企業に転職するのは難しいかも…

と感じている人も多いかもしれません。

  • そもそも仕事の選びかたが分からない
  • 面接や応募書類はどう対策したらいいんだろう
  • 転職の進め方に自信がない

こんなふうに不安ですよね。

 

そこでおすすめしたいのは、まずは転職サイトのエージェントサービスを使って、キャリアアドバイザーに相談してみることです。

エージェントサービスというのは、登録をすると担当者に、希望や経験に合う求人を紹介してもらえたり、面接対策や企業とのやりとりなど転職サポートをしてもらえるサービスのことですね。

 

これを活用することで、小学校の先生を辞めて民間企業に転職するコツや、転職活動の進め方を教えてもらうことができるので、ひとりで転職を進めるよりも安心だと思います。

また、キャリアアドバイザーに相談することで、

  • 小学校教師を辞めて転職する理由
  • 自らのストロングポイント

などは、より採用担当者に響くものが出来上がるはずなので、うまく活用してください。

小学校教師を辞めて民間企業に転職するなら使いたいエージェントサービスとは?

それでは最後におすすめできるエージェントサービスをお伝えしますね。

 

まずは、20代で転職する方におすすめできるのが、大手マイナビワークスが手がける「マイナビジョブ20’s」です。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

ご存知”マイナビ”が、20代の転職者(24歳から29歳)を専門的にサポートしているサービスです。

  • 20代に特化した求人を紹介してもらえる
  • 転職のコツをアドバイスしてもらえる(書類や面接など)
  • マイナビだけの求人も多い

など、20代に多数のメリットがあるサービスです。

キャリアアドバイザーも”20代専任”なので、相談しやすいのが魅力です。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト