転職の悩み

キツイ!土木作業員を辞めたいなら知っておきたい転職のコツ

キツイ!土木作業員を辞めたいなら知っておきたい転職のコツ
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「土木作業員を辞めたい…」と悩んでいませんか?

この記事では、土木作業員から転職を成功させるコツをお伝えします。

「土木作業員の仕事を辞めたい…でも、転職できるか不安」というあなたへ

Aさん
実は土木作業員の仕事を辞めたいと思っているんです。

重労働で体がきつい、人間関係もうまくいかなくて参っています。。。

シュン
なるほど、土木作業員を辞めて別業界へと転職したいというわけですね?
Aさん
はい、、、

ただ、土木作業員の経験しかないので、転職できるか不安です。

なにか気をつけることはありますか?

シュン

たしかに、未経験職へ転職は一般的に難易度が高くなりがちなので、

  • 早めに動き出す
  • 土木作業員経験を活かす
  • エージェントを活用する

この3つのポイントに注意してください。

土木作業員から転職するコツをお話ししていきますね。

3Kのせい!?土木作業員に多い仕事を辞めたい理由とは

あなたもAさんのように、土木作業員の仕事がつらい、辞めたいと悩んでいるのではないでしょうか?

土木作業員は、

  • 自分の仕事が社会の役に立つ
  • 重機の操作ができる

など、やりがいのある仕事です。しかしその一方で、きつい思いをして現場で働いている人も多いはずです。

とくに人手不足の会社では、作業員ひとりひとりにかかる負担が増えるため、事故を引き起こしたり体を壊すケースも多いと聞きます。

 

まずは、土木作業員に多い仕事を辞めたい理由を見ていくことにしましょう。あなたの辞めたい理由と照らし合わせてみてくださいね。

体力的にきつい

土木作業員の仕事は、

  • きつい
  • 汚い
  • 苦しい

いわゆる3Kの仕事と言われてきました。

現在は以前ほどはそのイメージがなくなってきましたが、やはり、様々な意味できつい仕事であることは間違いありません。

とくに、土木作業員になったばかりの方は、体力的な理由で仕事を辞めたいと考えるケースが多いようです。

将来的に不安

転職サイトのDODAが行った調査によれば、ビジネスパーソンの平均年収は418万円。それに対して土木作業員の平均年収は、300万円から350万円と言われています。

もちろん、土木作業に必要な希少な免許・資格を取得することで人材価値をあげることもできるので一概には言えませんが、土木作業員の年収は決して多いほうではありません。

また、ボーナスが支給される会社も土木業界は少ない傾向にあります。

そのため、将来的・経済的な不安を理由に転職を考える土木作業員も多いようです。

人間関係がつらい

  • 先輩との関係がうまくいかない
  • 上司と反りが合わない
  • 周りの雰囲気に馴染めない

など、人間関係が発端で土木作業員を辞めたいと考える人も多いようです。

人間関係の悩みは土木業界に限ったことではありませんが、上下関係が厳しい傾向にあるため、人間関係が原因で仕事を辞めるケースが目立ちます。

土木作業員を辞めて転職するなら早めに動き出すことが大切

シュン
それでは、土木作業員を辞めたいなら知っておきたい転職のコツについて話を進めていきますね。

まず非常に大切なのが、土木作業員から異業種・異職種へ転職する場合は、なるべく早めに動き出すことです。

これはどうしてかというと、「土木作業員⇒営業職へ」「土木作業員⇒事務職へ」など、未経験の仕事へ転職する場合、

  • 「年齢的に若いこと」
  • 「将来性があること」

が評価されやすいからです。

 

一般的に転職は、「これまでの経験やスキルを応募先の企業で活かせること」が最大の武器になります。

しかし、土木作業員を辞めて異業種・異職種に転職する場合は、その最大の武器を100%活かせないケースが多くなりますよね。

そのため、転職を考えているなら、少しでも早めに動き出したほうが有利になりやすいと言えるのです。

 

とくに、25歳、30歳、35歳、など区切りの良い年齢は、あなたの印象を大きく左右します。

  • 28〜29歳であれば30歳になる前に転職を進める
  • 33〜34歳であれば35歳になる前に転職を進める

など、年齢を意識して計画を立てましょう。

1番若いのは今日ですから(過去には戻れないため)、先延ばしにしないで転職と向き合うことが大切ですね。

 

ただし、転職活動は「タイミング」「求人を出している企業のニーズ」を考えて行う必要もあります。

あとでお話ししますが、転職活動を進めるならまずはエージェントサービスを活用して情報を集めておくことをおすすめします。

辞めたい業界でも経験は財産!土木作業員経験を活かして転職活動をしよう

土木作業員を辞めたい人のなかには、

もう土木業界とは関わりたくない。。。

全く別の仕事に転職して一からがんばるしかない

と考えている人もいるのではないしょうか?

新たなキャリアを積むために心機一転する気持ちは大切です。

しかし、転職を成功させるには、土木作業員として培った経験やスキルはなるべく活かすべきです。

 

先ほど、土木作業員を辞めて異業種・異職種に転職する場合は、最大の武器である経験やスキルを100%活かせないとお話ししました。しかし、たとえ30%でも50%でも活かせる部分があるなら、経験やスキルをアピールしましょう。

土木作業員は、

  • 体力や自己管理能力
  • 精神的な強さ
  • 若手の指導力
  • 土木作業を通して得た知識

など、異業種や異職種に転職しても活かせる経験やスキルを積んでいるはずです。

体力や健康管理能力の高さはもちろん、厳しい現場で培った精神的なタフさ、部下を指導した経験などは、高く評価されるポイント。

また、土木工事の仕事は多岐に渡るため、仕事で得た知識が思わぬところで役立つケースもあります。

 

例えば営業職へ転職する場合、体力や精神的な強さを評価される可能性は高いですし、資格を取得すればトラック運転手やバス運転手など自己管理能力を問われるドライバー関連の仕事も目指しやすいかもしれません。

いずれにしても、土木作業員経験しかないから転職が難しいと思わずに、さまざまな角度から自分の経験やスキルを見つめ直しましょう。

そうすれば、転職の可能性は広がるはずです。

土木作業員を辞める不安を解消!エージェントを活用して転職活動をスタートさせる

では、土木作業員を辞めたいと思っているなら、具体的に何をすべきなのでしょうか。

先程もお話ししたように、先延ばしにしないで転職と向き合うことが大切です。

と言っても、土木作業員の仕事をすぐに辞めてしまえばいいというわけではありません。それはリスクの高い転職方法です。

まずは、転職の見通しを立てるための転職活動を始めましょう。

 

冒頭でAさんが話していたように、土木作業員を辞めるにしても「転職できるのか」「本当にやめてしまっていいのか」と不安に思っている人が大半ですよね。

その不安を解消するためには、情報をきちんと集めて、

  • どんな仕事に転職できそうか
  • 給料は上がるのか下がるのか
  • 転職が将来のプラスになるのか

などの見通しを立てることが非常に大切になってきます。

そこで役立つのが、転職サイトが運営しているエージェント系のサービスです。

リクルートエージェント、マイナビエージェント、DODAなどが有名ですね。

 

こうしたサービスは、キャリアアドバイザー(コンサルタント)と呼ばれる担当者が、個別に転職活動を手伝ってくれます。

希望に合う求人企業を紹介してくれたり、企業の情報を教えてくれたり、面接対策や企業とのやり取り代行なども無料でやってくれます。

エージェントに登録して相談しておけば、

  • どんな仕事に転職できそうか
  • 給料は上がるのか下がるのか
  • 転職が将来のプラスになるのか

このあたりがクリアになるので、土木作業員を辞めたあとの転職の見通しを圧倒的に立てやすくなります。

 

もちろん、エージェントの担当者にすべて任せっきりで大丈夫というわけではありませんが、エージェントを使うのと使わないのとでは、転職活動に大きな差がでます。

ですからまずは、エージェントに相談してみることをおすすめします。求人を紹介してもらうだけでも、転職の可能性がグンと広がりますよ。

情報収集のために必ず登録しておきたいエージェントサービス

ちなみに、20代の方におすすめできるエージェントサービスは、大手マイナビワークスが手がけているマイナビジョブ20’sです。

20代転職者のみ限定(24歳から29歳)でサポートをしているので、20代にマッチする求人が多く、とても丁寧なサポートが最大の魅力です。

今後のキャリアや転職の悩みも相談しやすく、20代ならここは外せません。

また、マイナビジョブ20’sだけの求人が充実しているのもおすすめポイントです。

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、

  • 上記サポートエリア以外で転職する20代の方
  • 30代以上の方

に幅広くおすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

⇒リクルートエージェント公式サイト