40代転職

「転職は厳しいかも」と思った40代が試したい2つのこと

「転職は厳しいかも」と思った40代が試したい2つのことの画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「年齢的に転職は厳しいかも…」と悩んでいませんか?

40代以降は、希望に見合う転職ができるか不安になりますよね。

この記事では、転職に自信がないときに試してほしい2つのことをお伝えしますね。

「年齢的に転職は厳しい!?40代の転職は不安でいっぱい」

Aさん
転職を考えているのですが、年齡的に厳しいかなと思っているんです。

40代なので、年で落とされたり、希望に合う転職先が見つからなかったらどうしようと心配で。。。

シュン
なるほど…たしかに、転職活動で年齡を不安に思う40代の方は多いです。
Aさん
この年齡で転職に失敗したり、給料が下がってしまったらきついですし。
シュン
Aさんがおっしゃるように、転職にリスクはつきものです。ただ、それは40代の方に限ったことではありません。

また、転職を考えているなら、チャレンジせずに後悔するのだけは避けたいですよね。

ここは、少しだけ考え方をチェンジして、転職に向き合ってみてはいかがでしょうか?

Aさん
考え方を変える?
シュン
はい、「40代=転職は厳しい」と思わずに、40代ならではの強みに焦点を当ててみましょう。

そして、頭であれこれ考えるだけでなく行動してみることも大切です。

詳しくお話ししていくので、ぜひ参考にしてくださいね。

「40代は転職が厳しい」という考えをチェンジして転職と向き合おう

あなたもAさんのように、「40代だし、転職は厳しいかもしれない」と悩んでいるのではないでしょうか?

一般的には、「35歳を過ぎると転職しにくい」というイメージも根強いので、不安ですよね。

 

実際、40代で転職を考える方は、

  • 年齡で落とされるかもしれない
  • 希望に見合う転職先が見つからないかもしれない
  • 給料のダウン・待遇が悪くなるかもしれない

このような不安を抱えながら転職活動を進めていることが多いです。

 

たしかに、年齡が高くなればなるほど、応募可能な求人自体が減る傾向にあることは確か。希望が叶わなかったり、転職できたとしても給料が下がってしまうケースもあります。

 

しかし、近年のトレンドとしては、35歳以上のミドル層の求人募集は増加傾向にあると言えます。

その背景にあるのは、

  • 全体的に労働人口が減少していること
  • 人手不足の業界が増えていること

が挙げられます。

とくに中小企業の人手不足は深刻なケースも多いですから、きちんと情報を集めることができれば、40代以降でもチャンスはあります。

人手不足に関する調査データ例

【人手不足を感じていますか?】

  • YES 73.7%
  • NO 26.3%

【人手不足をどの程度感じていますか?(YES回答者のみ)】

  • かなり深刻 19.7%
  • 深刻 33.1%
  • なんとかやっていける程度 47.2%

参照データ:「中小企業基盤整備機構より一部抜粋 http://www.smrj.go.jp/kikou/dbps_data/_material_/g_0_kikou/news/pdf/20170508_questionnaire.pdf

こうした転職市場の動向を押さえることもひとつですが、なんとなく「40代だから転職は厳しい」というイメージに流されずに、転職と向き合っていきましょう。

「40代ならではの強み、期待されること」を考えてみる

転職活動をするにしても、「40代だから厳しい・不利」と思っていては、スタートを切るまえから20代や30代の転職者に気持ちの面で大きな差をつけられてしまいます。

 

そこで考えてほしいのが、

  • 40代ならではの強み
  • 40代だからこそ期待されること

この2つです。

 

20代や30代には若さやポテンシャル、体力といった強みがありますが、同じように40代にも強みはあります。

その強みをきちんと活かすこと、そして、求人を出している企業は40代の転職者にどんなことを期待しているかを知った上で、転職活動を進めることが大切です。

 

40代ならではの強みの大半は、企業が期待することと一致します。具体的には、

  • 即戦力になること(円熟したスキルや経験値が高いこと)
  • 育成能力が高いこと
  • マネジメント力が高いこと
  • 柔軟性に富んでいること

などですね。

40代以降の転職者に対しては、ある程度の裁量をあたえ、責任あるポジションを任せる企業は多いですから、こうした強みが求められると言えるというわけです。

 

フレッシュさや人材の可能性を高く評価する企業がある一方で、経験値の高さや円熟したスキル、マネジメント力の高い人材、つまり40代以降の転職者を必要としている企業は多いです。

これまでのキャリアをきちんと振り返れば、”40代ならではの強み”としてアピールできるポイントは見つかるはずですから、”厳しい”と思わずに転職を考えていきましょう。

40代だから転職は厳しいと諦めて後悔しないためにチャレンジだけはしてみる

頭のなかで「転職は厳しいかもしれない」「40代だから年齡がネックだ」とあれこれ考えていても、時間が過ぎるだけです。

50代になって、「やっぱり、40代で転職を考えたとき行動しておけば良かった。。。」と後悔しても時間は取り戻せませんよね。

転職がプラス・マイナスどちらに働くかは分かりませんが、少なくともチャレンジする価値はあります。

 

ただ、そうは言っても、

転職に失敗したらどうするの?

と不安な方も多いと思います。

 

そこでおすすめしたいのが、転職活動のファーストステップとして、”本当に自分に見合った情報”を集めることです。

「チャレンジ」と言っても、いきなり現職を辞める必要はありません。むしろ、いきなり辞めるのは大きなリスクです。

きちんと情報を集めることができれば、

  • そもそも転職できそうか
  • 給料や待遇はどの程度期待できるか
  • 転職することで不満が改善できるか
  • 要望は叶えられそうか

などの見通しがある程度は立ちますから、それから転職するかどうかを考えても遅くはありませんよ。

情報収集をして、本当に転職が厳しいかどうかを見極めることが大切です。

情報収集にはエージェントサービスを併用するのがおすすめ

すでに求人サイトなどで求人検索をしている方も多いかもしれませんが、それだけでは40代の自分の良さを活かせる仕事はなかなか巡り会えないかもしれません。

求人サイトには、ボリュームが多い20代・30代転職者の求人が集まりやすいですし、膨大な求人から自分に見合う情報を取捨選択するのは大変だからです。

 

そこでおすすめしたいのは、エージェントサービスを併用することです。

”キャリアアドバイザー”と呼ばれる担当者に転職を相談できるため、ひとりで情報収集するよりも遥かに自分に見合った情報が集まりやすくなります。

そのため、先ほど挙げた、

  • そもそも転職できそうか
  • 給料や待遇はどの程度期待できるか
  • 転職することで不満が改善できるか
  • 要望は叶えられそうか

などの見通しが立ちやすくなるというわけです。

 

エージェントサービスは無料で活用できますし、登録したからといって必ず転職しなくてはいけないというわけでもありません。

まずはエージェントを使って情報収集をして、転職の可能性を探ってみるのは非常におすすめです。

 

「転職エージェント」と言っても、さまざまな企業が運営していますが、登録しておきたいのはやはり大手のサービスです。

人材業界最大手のリクルートが運営している「リクルートエージェント」は、求人の数が最大規模なだけでなく、サービスの質や転職ノウハウも群を抜いています。

リクルートキャリア・リクルートエージェント

40代にフィットした求人、他では紹介してもらえない求人も多いですから、まずはここを軸に情報収集を進めていくと良いですよ。

会員登録もしやすいです。

⇒リクルートエージェントの公式サイト