40代転職

40代で転職失敗しないための鉄板エージェント活用術

シュン
転職アドバイザーのシュンです。

転職に失敗しないか、40代ともなれば不安になりますよね。

この記事では、
「40代で転職失敗しないためのエージェント活用術」
をお伝えしますね。

40代で転職失敗しないか不安…

Aさん
今40代なのですが、転職を考えています。
でも、転職失敗したらどうしようって不安で。。。

さすがに、40代を何度も転職を繰り返すわけにもいかないので、結構悩んでいるんです。。。

シュン
なるほど、、、40代で転職失敗は不安ですよね。

たしかに、失敗したときのダメージは大きくなるので、敏感になるのは当然だと思います。

Aさん
転職に失敗しないためにできることってありますか?
シュン
40代転職ならではの注意すべきポイントがありますから、そこを押さえて転職に臨むといいですよ。

具体的には、

  • 採用担当者が不安に感じること
  • 長いキャリアの伝え方
  • 転職先企業への思いの向け方

ですね。

Aさん
40代転職ならではのポイントですか。。。
シュン
はい、そしておすすめなのは、転職エージェントのキャリアアドバイザーに相談しながら転職を進めることです。

詳しくお話していきますね。

40代で転職失敗しないために注意すべき3つのポイント

40代の転職は、キャリアが長いために「その経験をうまく活かせる人」「うまく活かせない人」の差がつきやすくなってしまいます。

なにがその差を生むかといえば、もちろんキャリアの中身は大切なのですが、「40代転職のポイントを要所要所おさえられているかどうか」で雲泥の差が生まれてしまいます。

簡単に言えば、「見せ方」で採用担当者の捉え方に大きな影響を与えてしまうので、これからお伝えするポイントはとくに注意して、転職を進めてみてください。

また、自分の経験を活かせる転職先かどうかを見極めることも、「転職失敗・成功」の分岐点です。このあたりは、あとでお話するキャリアアドバイザーによく相談すると、失敗がなくなります。

採用担当者が不安を感じる40代転職者の経歴とは?

40代で転職する方は、長いキャリアが次の2つの傾向に分かれるはずです。

勤続年数が長く1社〜2社にずっと勤務している

転職回数が多くいろいろな経験を積んでいる

それぞれメリットはあるのですが、どちらにしても「採用担当者は不安を覚えるかもしれない」と考えておいたほうが良いです。

大抵、勤続年数が長く同じ会社にずっと勤務していれば、「継続して働く姿勢」「忍耐力」などを高く評価されるから問題ないだろうと考えますよね。

しかし実は、その勤続年数の長さが逆に、

40代で新しい職場に慣れることができるだろうか?

若い社員とうまくやれるだろうか?

前職の考え方に凝り固まってないだろうか?

など不安を採用担当者は感じることも多いのです。

これを予測しておかないと、「新しい職場への不安はありませんか?」「若い社員が多いですが、大丈夫ですか?」というような問いに上手く答えることができません。

なるべく具体的に、「自分は順応性がある」ということを、エピソードを交えてアピールできるようにしておくことがポイントです。

例としては、「部署が変わったときもこんな結果を残してきた」「若い部下が多かったのでこんなコミュニケーションをとっていた」などですね。

逆に、転職回数が多い方は、「順応性はある」「フレキシブルに動けそう」という評価を受ける一方で、

すぐに辞められると困る。。。

もしかして飽きっぽい性格なのか?

という不安を採用担当者に感じさせてしまいます。

この場合は、転職回数に質問が及ぶことは十分に考えられるので、転職歴の中になにか一貫した軸がないかを見つけ出しておくことをおすすめしたいです。

例えば、いろいろな職場に移ったけれど、「一貫して顧客を喜ばせる仕事に携わって経験値を増やしてきた」とか、転職をしたからこそ「◯◯業界に関しては豊富な知識と経験を得ている」などです。

転職失敗につながってしまう40代の長いキャリアのアピールとは?

もうひとつ、40代の長いキャリアがあるからこそ陥ってしまうのが、「アピールしたいポイントがありすぎて、なんでもかんでもアピールしてしまう」ということです。

豊富な経験やスキルはあるに越したことはないですが、それを上手く整理して、応募企業に響くポイントに注力してアピールすることがとても大切です。

経験を羅列すると、「この人はいろいろな経験を積んでいる人なんだな」ということは伝わっても、「一体何が得意なのか」「どこがウチの仕事とリンクしているのか」ということが埋もれてしまいます。

求人企業にしてみると、自分たちの仕事と関係のない経験やスキルは、評価対象にはできません。ですから、40代の長いキャリアを考えて、何と何が応募企業で役に立つか、アピールポイントになるか、をしっかり見極めておくことが必要です。

転職活動では、数社〜数十社受けることは普通ですから、すべての求人企業に同じ自己アピールをするのは良い方法ではありません。
なかなか良い返事がもらえないときは、ここに問題があるかもしれないということを覚えておくといいですよ。

最後に物を言う!転職先企業への想いとは?

最後に注意しておきたいのが、応募企業の企業理念や価値観などに、共感出来る姿勢を示せるかどうかということです。

転職者が20代の若い内であれば、その社員を育てて行く中で、企業の価値観を共有していく、ということが出来ますが、転職者が40代ともなると「育てる」ということに会社は注力しません。

むしろ、マネジメント力を期待することが多くなるので、企業理念や企業の価値観と合わないということは、かなり致命的なマイナス評価になります。

この辺は、企業のホームページを見て探ったり、社長の著書やブログなどをチャックしたりなど、アンテナを張り巡らせて情報収集するのがおすすめです。

「やる気や熱意を示すのは、新卒や20代のやること」とは思わずに、転職したいという気持ちをぶつけることも大切です。

転職エージェントを活用して40代転職失敗を防ぐ

いかがでしたでしょうか?ここまでお話した内容は、広く応用ができる一般的なものです。実際は、応募企業のニーズや求人背景によって、どんなポイントに力を注げば、転職失敗を防げるかは微妙に変わってきます。

また、転職失敗の原因は「求人選び」にあることも多いので、その求人が世間的にどうか(有名とか給与が高いなど)ではなく、あなたにとって最適な求人を選択することがかなり重要です。

それを実現するには、冒頭でもお話したキャリアアドバイザーの力を借りるのが近道です。

キャリアアドバイザーというのは、転職エージェントに登録すれば様々なサポートを直接してくれる担当者のことです。

転職エージェントは、

希望や経験・スキルに沿った求人探し

自己アピールの仕方や応募書類作成のアドバイス

面接セッティングや企業とのやり取り

転職の不安や悩みのカウンセリング

などを無料でサポートしてくれるので、転職をするときには欠かせないツールになっています。

仕事探しと言えば、ハローワークのイメージが強いですが、転職活動に利用されるツールは、すでに転職エージェントと転職求人サイトを合わせると70%近くを占めていて、とくに優良求人は転職エージェントに集まりやすくなっています。

40代で転職失敗をしないためにも、まずはキャリアアドバイザーとコネクションを持つことから転職活動を進めるといいですよ。

40代の転職におすすめの転職エージェントとは!?

転職エージェントといっても、世の中には本当にたくさんの会社があって、どこに登録すればいいのか、迷ってしまう人も多いはずです。

まずは有名所に、ということで「リクルート」「マイナビ」などの名前が浮かぶ方も多いかもしれませんが、40代の転職でおすすめなのは、Jac recruitmentという老舗の転職エージェントです。

歴史のあるエージェントらしく、転職ノウハウが多く、とくに年代が高め(30代から40代)の転職支援にかなり積極的な転職エージェントです。

はじめて転職エージェントを利用する方でも、安心してサポートを受けられますから、まずはキャリアアドバイザーの話を聞いてみることをおすすめします。

JAC recruitmentの登録はウェブで簡単にできます。

こちらの公式サイトで、必要事項を入力するだけです。

登録後は、担当のキャリアアドバイザーから電話やメールなどでコンタクトがあるので、気軽に転職相談をしてみてください。

「悩んでいるよりは相談する」これが転職を成功させるコツです。