30代転職

ここが知りたい!33歳で未経験職種への転職はできる?

ここが知りたい!33歳で未経験職種への転職はできる?
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

「33歳で未経験職種への転職ができる!?」
これは不安になりますよね。

この記事では、
「33歳で未経験職種へ転職したいときのコツ」
をお伝えします。

33歳で未経験職種に転職できるの!?

Aさん
今年で33歳になるのですが、未経験職への転職を考えているんです。

経験が無いのはハンデだと覚悟はしていますが、やっぱり難しいですか?

シュン
33歳で未経験職種に転職ですか。。。

結論から言うと、難しい部分もあることに間違いはありませんが、チャレンジするのが完全に遅いというわけではありませんよ

Aさん
そうですか。。。まだ望みはあるってことですか!?
シュン
逆に言えば、33歳は未経験に挑戦するなら最後のチャンスです。

転職するためのコツを詳しくお話していきますね。

33歳でも未経験転職にチャレンジはできる!ただし『経験を活かそう』

33歳でも未経験転職にチャレンジは可能!ただし経験を活かそう

33歳で転職を考える人の中には、様々な理由から「未経験職」を希望する人もいるはずです。

しかし、

  • 「30代で「未経験の仕事」にチャレンジできるのかな!?」
  • 「この選択が正しいのかわからない。。。」

と不安に思う人もいるのではないでしょうか?

 

どんな仕事をしていても、33歳にもなれば、経験やスキルをそれなりに積んでいるはずですから、悩みますよね。

 

ここで頭に入れておいてほしいのは、一般的に人材業界では、未経験職種にチャレンジできるのは「34歳くらいまで」と言われていることです。

 

これは、35歳を過ぎた転職者に対しては、求人が少なくなり「未経験でもOK」とする企業が激減することが関係しています。

そのため、同じ30代でも、33歳と38歳ではかなり状況が違ってくるのが実情です。

 

つまり、33歳の未経験職種への転職は、ギリギリセーフ。

一般的に言えばですが、「絶対に無理!」というわけではないことになります。

 

ただし、未経験の仕事へ転職する場合でも、「これまでに培ってきた経験やスキルは必要になってくる」と考えてください。

 

「全くのゼロから新しくスタートしたい」という気持ちがあっても、ひとまずは「これまでの経験・スキルをベースに、自分が未経験分野でどう活躍できるか」を考えて転職に臨みましょう。

20代の若いライバルに勝つには33歳でも自己分析が欠かせない!

33歳の未経験分野への転職は、

  • これまでの経験をどう活かして貢献できるか?
  • これまで得たスキルを未経験職でどう応用できるのか?

これをしっかり整理して、ある程度クリアにしておくことが大切です。

いわゆる「自己分析」ですね。

 

これはなぜかというと、やはり未経験者の採用は、20代の若い人材に注目が集まりやすいからです。

 

30代転職者の大きな武器である「これまで積んだキャリア」をきちんと伝える準備ができていなければ、”未経験”は大きなハンデになってしまいます。

 

33歳で未経験転職を成功させるには、採用担当者が30代のあなたを採用したくなる自己アピールが必要です。

「キャリアの棚卸し」をして、未経験職でなにか通用する経験をしていないか、スキルがないかなど、自己分析を忘れないようにしましょうね。

33歳の未経験転職は「同じ業種か違う業種か」で難易度が変わる

33歳の未経験転職は「同じ業種か違う業種か」で難易度が変わる

33歳の未経験職種への転職を考える上で大事なのが、

  • 同じ業種で違う職種に転職したいのか?
  • 違う業種の違う職種に転職したいのか?

どちらを選ぶのかということです。

 

同じ業種で違う職種へと転職したい場合は、仕事の内容は変わっても同じ業界のため、比較的馴染みやすいと言えます。

 

ただし、同じ業種で職種を変えるのであれば、わざわざ勤務先を変える必要がない場合もあり、「異動を希望すれば自分の望みが叶う可能性もありますよね。

転職面接でも、「なぜ前職で人事異動を希望せずに、ウチに転職しようと思ったのか?」というような質問を受ける可能性は高いので、このあたりをよく考えておく必要があります。

 

それに対して、違う業種で違う職種に転職したい場合は、ハードルが高くなることを頭に入れておかなくてはいけません。

これまでのキャリアが一旦ゼロになるので、転職先にアピールできること、伝えられることが、少なくなってしまうイメージです。

 

一般的にどんな企業も、未経験というカテゴリーには20代の若い人材を優先的に招き入れる傾向があります。

先程もお話したように、33歳でも、いかに採用担当者の気を惹けるか・納得させられるかが勝負です。

 

また、いずれの場合も「給与アップ」や「待遇アップ」を期待して未経験職種に転職すると、厳しい現実が待っているケースが多いことも頭に入れておいてください。

何を優先したいかをしっかり考えて、「熱意」と「覚悟」をもって、33歳の転職活動を進めていきましょうね。

33歳の未経験転職で大事にしたいコトとは!?

33歳の未経験転職で大事にしたいこととは!?
Aさん
33歳で未経験の仕事にチャレンジするのは、大変そうですね。。。
シュン
たしかに大変ですが、33歳の今が最後のチャンスかもしれません。

 

未経験の仕事に転職するには、事前の情報収集と良い求人との出会いがなにより大事になってきます。

諦めずにチャレンジしましょう。

 

33歳で未経験職種にチャレンジしたいと真剣に考えているなら、まずは徹底的に情報収集をすることがとても大切です。

  • 「どんな求人が出ているか」
  • 「待遇はどんなものか」
  • 「その業界で30代未経験者の転職事例はあるのか」

など、本格的に転職活動を開始する前から、アンテナを張り巡らせておくといいですね。

 

ただし、1人で出来る情報収集には限界があるのも事実です。

さらに、未経験職種にチャレンジするには、自分が希望する分野で「33歳でも応募可能な求人」と出会わなくてはいけません。

 

これが難しく、「転職活動がなかなか進まない」という人が多いんですね。

 

ですから、転職活動をスムーズに進めるために、転職支援サービスをどんどん利用するのがおすすめです。

転職支援サービスを使って33歳の未経験職種への転職を有利に進める

転職支援サービスというのは、登録をすると、キャリアアドバイザーという担当者が、

  • 希望や経験に合った求人探し
  • 応募書類や面接・自己PRなどのアドバイス
  • 求人企業の内情や詳細情報の提供

などを無料でサポートしてくれるサービスのことですね。

転職支援サービスキャリアアドバイザー

どうしてこれがおすすめかというと、キャリアアドバイザーは、あなたの経験やスキルを未経験分野の求人と結びつけて求人を探してくれる存在だからです。

つまり、キャリアアドバイザーを通したほうが、応募可能な求人が増え、仕事選びの幅が広がるわけです。

 

また、未経験職種に転職することに集中していると、周りが見えなくなることも多いです。

そんなとき、キャリアアドバイザーの助言がきっかけで本当に自分に合った仕事に出会えた、という人も多いですから、うまく活用しましょう。

 

また、キャリアアドバイザーから紹介してもらう求人企業であれば、求人票や企業のホームページでは決して知ることが出来ない情報を聞き出すチャンスもあります。

 

33歳での未経験職種への転職は、とくに事前の情報収集が大切です。

キャリアアドバイザーに相談してから求人応募や面接を進めると、希望の転職を叶えやすくなりますよ。

33歳の転職におすすめできる情報収集に使えるエージェントは!?

ちなみに、30代の転職に強い転職支援サービスとしておすすめできるのは、

の2社です。

 

「リクルートエージェント」は、人材業界最大手のリクルートキャリアが運営する、成功実績No.1のエージェントです。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 求人の数が圧倒的に多い
  • 企業とのつながりが強い
  • 転職成功事例が多い

これらが大きな魅力です。

30代の転職に欠かせない「事前の情報収集」も、リクルートエージェントであれば安心。キャリアアドバイザーが親切に対応してくれるので相談しやすいですよ。

⇒リクルートエージェントの公式サイト

 

 

『JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)』は、日本で30年以上転職サポートを行っているサービス。

JAC Recruitment
  • 30代以上のミドルの転職
  • 専門職・マネジメント職
  • 日系・外資系企業への転職

などに強い非常にエージェントです。

JAC Recruitmentを使えば、30代までに培った経験を生かした転職が可能です。

ホームページはハイクラスを押し出していますが、未経験でキャリアアップしたい場合や異業種への転職も丁寧にサポートしてくれます。

30代以上の転職には外せないエージェントですから、必ず登録しておきましょう。もちろん、サービスはすべて無料です。

⇒JAC Recruitment公式サイト

 

シュン

30代の転職では、

の2社を併用すれば、転職エージェント選びで失敗することはないはずです。

ぜひ参考にしていただければと思います。