転職のコツ

転職を絶対失敗したくないなら『甘い考え』を見直そう。

転職を絶対失敗したくないなら『甘い考え』を見直そう。の画像
シュン
転職成功プランナーのシュンです。

転職に失敗した人がよく言うのが「考えが甘かった…」というフレーズです。

この記事では、
「転職に失敗しないための甘い考えを見直す方法」
をお伝えしますね。

転職を絶対失敗したくないなら甘い考えを見直そう

  • 転職活動をしているのに全然内定がとれない
  • 会社を辞めてしまったのに転職先が決まる気配がない
  • 転職できたはいいけれど合わないので辞めたい…

希望をもって転職を決断したのに、こうなってしまったら大変です。転職失敗は絶対に避けたいですよね。

 

実は、転職活動が上手くいかない人には共通点があることを知っていますか?

それは、「転職に関するリサーチが十分にできていない」ということです。

 

なんとなく「経験もスキルもそこそこあるから転職先には困らないはず」くらいに考えていたり、自分の希望だけを考えて転職条件を高く設定したり、このように転職を甘く見ると、当然ながら失敗する確率は高くなります。

とくに、相手目線(企業のニーズを理解すること)が抜け落ちているのは致命的です。

 

転職では、

  • 自分の状況(価値)がどのくらいなのか?を見極めること
  • 企業のニーズはあるか?など情報収集を徹底すること

この2つがなによりも大切です。

あなたはこれからお話しするような甘い考えや思い込みで転職活動を進めようとしていませんか?ぜひ、チェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

転職失敗は甘い考えにアリ!大事にすべきは『相手目線』

転職失敗は甘い考えにアリ!大事にすべきは『相手目線』

転職活動をネガティブに考えて転職のモチベーションを下げるのは考えものですが、甘い考えで自分勝手な楽観視は転職失敗を招いてしまいます。

大事なのは、あくまでも「相手目線」で物事を考えることです。「応募先の採用担当者はどう思うだろう?」と思いを巡らせることが転職失敗を防ぐと言えます。

 

あなたは、以下のような甘い考えや思い込みをしていないでしょうか?事実に対する採用担当者の一般的な気持ちをお伝えするので、ギャップがないかをチェックしていきましょう。

「大手企業に在職している」場合の甘い考えや思い込み

あなた
自分は人気企業(大手企業など)に勤めてるから、転職も簡単に決まるんじゃないかな!?

 

【採用担当者の気持ち】

面接官
企業の規模や人気よりも、自社でどれだけ活躍できるかが鍵になる。

「高学歴」の場合の甘い考えや思い込み

Aさん
自分は◯◯大卒だから、それなりに高評価されるんじゃないかな!?

 

【採用担当者の気持ち】

面接官
仕事でどんな業績を残したのか知りたい。勉強と仕事は別問題だからな。。。

「資格をたくさん保有している」場合の甘い考えや思い込み

Aさん
自分はいろいろな資格をとっているから、すぐに雇ってもらえるはず…

 

【採用担当者の気持ち】

面接官
仕事に関連性のある資格は?
実務でどれだけ使いこなせるのかな?

「実績がある」場合の甘い考えや思い込み

Aさん
自分は営業成績が社内ナンバーワンだったから、転職では高い評価をされるはず。

 

【採用担当者の気持ち】

面接官
我が社のやり方に合っているだろうか?
自分1人の功績のように思っていないかな?

「月収◯◯」の場合の甘い考えや思い込み

Aさん
自分は今月収◯◯円だから、それ以上はもらえるはず。。。

 

【採用担当者の気持ち】

面接官
働きぶりをみてみないことには、
給与は自社の規定に従ってもらうしかない。
スポンサードリンク

転職を甘く見ないで客観的に自分の立ち位置を見極めよう!

転職を甘く見ないで客観的に自分の立ち位置を見極めよう!

いかがでしたか?採用担当者はあなたの甘い考えや思い込みに反して、冷静に事実を捉えようとすることが多いことがお分かりいただけたと思います。

もちろん、ポジティブな気持ちで転職活動を進めることも必要ですが、「相手がどう考えるか」を大切にすることで様々なリスク回避になります。

 

そして、転職失敗を防ぐために最初にしておきたいのが、「転職市場での自分の価値」を見極めることです。

  • 自分の経験やスキルには企業のニーズがあるか
  • どんな求人に応募できるか
  • どれくらいの年収が期待できるか

これらを事前に知っていれば、転職活動のプランニングは格段にしやすくなります。

 

例えば、転職を希望する仕事に対して、自分の経験やスキルが合致した求人がたくさんあることが分かれば、

  • 「転職活動の期間は2ヶ月に設定しよう」
  • 「退職に向けて早めに動き出しておいてもよさそう」
  • 「応募書類にはあの経験を記載しよう」

とプランニングできますよね。

 

一方で、希望する仕事に対して、自分の経験やスキルが物足りないと分かれば、

  • 「転職活動は半年くらいを見よう」
  • 「並行してスキルアップもしておこう」
  • 「他の仕事も検討してみよう」

と、リスク回避をしながら転職活動をプランニングできます。

転職を甘く見ずに客観的に自分の立ち位置を見極めようとする人の方が、やはり転職は成功しやすいです。

スポンサードリンク

自分の立ち位置を客観的に把握するために転職エージェントを利用する

自分の立ち位置を客観的に把握するために転職エージェントを利用する

転職市場での自分の価値を判断するには、転職エージェントを活用するのが最も確実です。

転職エージェントというのは、求人を探して応募できるだけの転職サイトとは違って、

  • 希望に沿った求人紹介
  • キャリアプランの相談
  • 書類や面接のアドバイス
  • 応募企業の詳細な情報提供

などを、キャリアアドバイザーという担当者が無料で直接サポートしてくれるサービスのことです。

転職エージェントに登録することで、キャリアアドバイザーはあなたのキャリアやスキルに合致した求人を探し出してくれるので、自分の人材としての価値が紹介される求人に現れるというわけですね。

 

企業のニーズを満たせる人材には、良質な求人が集まるようになっています。

ですから、担当のキャリアアドバイザーが「こんな案件もあります!」と求人をたくさん紹介してくれる場合もあれば、「今はご紹介できる案件が不足しています。。。」と求人紹介を渋るケースもあります。

 

いずれにしても、キャリアアドバイザーに相談する中で転職市場の自分の価値を把握しておくことが大切。早めにトライして転職活動を有利に進めていきましょう。

 

以下の記事では、自分の価値を判断するのにおすすめの情報収集に強い転職エージェントをまとめています。参考にしていただけると嬉しいです。

情報収集におすすめ!登録しておきたい転職エージェントまとめ。の画像
情報収集におすすめ!登録しておきたい転職エージェントまとめ。 自分にフィットした情報を集めるために転職エージェントを活用しよう! 転職を考えたとき、まずは最初にやっておきたいのが「情報...
スポンサードリンク