20代転職悩み

20代で仕事が決まらない・見つからないときの対処法【不安は1人で抱えない事が大切】

転職先を探しているけど、仕事が見つからない。。。
どうしたらいい?
正社員で就職したいけど、仕事がなかなか決まらない。。。
内定が遠い。。。

このように悩んでいませんか?

シュン
シュン
はじめまして!転職成功プランナーのシュンです。

転職先や就職先が見つからないと、先行きが不安で焦りますよね。

ぼくも数回転職経験がありますが、はじめての転職は書類すら通過しない時期が続き、不安になりました。

 

しかし、20代には転職チャンス・就職チャンスが十分にあります。

とくに近年は、雇用状況が上向きで「転職者や就活者に有利な状況」が続いています。

『労働力調査(基本集計) 』

  • 就業者数は6495万人。
    (前年同月に比べ63万人の増加。23か月連続の増加)
  • 雇用者数は5793万人。
    (前年同月に比べ89万人の増加。46か月連続の増加)

平成28年(2016年)10月分 (2016年11月29日公表)
出典:総務省統計局ホームページ

ですので、仕事がなかなか決まらなくても、

  • 諦めずに転活・就活を続ける
  • 転職活動や就活のコツを掴む
  • 情報収集を徹底する

ということが大切です。

 

この記事では、ぼくの転職経験・人事目線をもとに、

  • 20代で転職先が決まらないケース
  • 20代で就職先が見つからないケース(正社員経験がない場合)

それぞれに合わせた対処法をまとめてみました。

シュン
シュン
参考にしてもらえたら嬉しいです。

⇒転職先の仕事が決まらない方はこちら

⇒就職先の仕事が決まらない方はこちら

20代で『転職先の仕事が決まらない』ときの対処法

転職先の仕事が決まらないと、

「転職なんて考えるんじゃなかった…」

「本当に転職できるのかな…」

と不安になりますよね。

すでに仕事を辞めて転職活動をしている方は、金銭面やブランクが気になるはずです。

 

しかし20代の転職は、

  • 未経験職へのチャレンジ(キャリアチェンジ)
  • 経験を活かしたキャリアアップ

どちらも十分に可能性がある時期です。

もしかすると、些細なことが原因で仕事が決まらない・見つからないのかもしれません。

 

ここからは、転職先が決まらない場合にチェックしてほしい3つのポイントをお話ししていきます。

シュン
シュン
次の3つのポイントをチェックしてみてください。
  1. 応募書類のマナー・書き方を見直す
  2. 転職先への希望に優先順位をつける
  3. 面接で自分勝手なアピールはしない

応募書類のマナー・書き方で仕事が決まらないことも多い

もし、書類落ちが続いて面接に進めない状況が続いているなら、応募書類のマナーや書き方に改善できるポイントがあるはずです。

応募書類のマナー・書き方で仕事が決まらないことも多い
  • 応募書類を使い回している
  • 空白部分が多い
  • 誤字や脱字が多い
  • マニュアル通りの書類になっている

こうしたポイントはありませんか?

 

とくに、志望動機や自己PRなどを使い回すのはNGです。

志望動機や自己PRを使いまわしてしまうと、どうしても当たり障りのない内容になってしまいます。

採用担当者の心に響かない書類になり、書類落ちする可能性が高くなります。

 

また、20代の転職では「まだ経験が浅いからアピールできることが少ない」という方もいるかもしれませんが、書類は書き方次第で印象がガラリと変わります。

 

応募企業の採用担当者が書類を見た時に

面接官
この人には実際に会ってみたい!

と思ってもらえるように、

  • 具体的なエピソードを盛り込む
  • 具体的な数字を記載する(◯◯%の売上に貢献したなど)

などして、フックとなる要素(良い意味で引っかかる要素)を記載することをおすすめします。

転職先への希望は優先順位をつけて明確にしておくこと

なかなか転職が決まらないと、転職先への希望が段々ブレてきます。(「キャリアチェンジが目的のはずが、結局同じ職種に転職する」という感じです。)

転職先への希望がブレたまま転職活動をしてしまうと、結果的に、

こんなはずじゃなかった。。。

と失敗する可能性が高くなります。

また、そもそも転職に対する希望が曖昧なために、

  • 転職先が見つからない(迷う)
  • 応募書類や面接で明確なアピールができない

というケースもあります。

 

ですので、20代で転職を成功させたいのであれば、転職に対する希望を明確にして、きちんと優先順位をつけることが大切です。

 

転職に対する希望を明確にすれば、求人選びから自己PR、転職理由などに一貫性が出るため、説得力がグンと増します。

仕事が決まらない・見つからない、そんな不安なときこそ、「転職に対して何を望んでいるのか」をもう一度チェックしてみましょう。

面接で自分勝手なアピールをしていると仕事は決まらない

面接まで進んで不採用になる原因は、「求めている人材像とマッチしなかった」というケースが多いです。

あらかじめ企業は、

  • こんな経験の人材が欲しい
  • こんな人物像が希望

こうしたニーズをもとに採用活動をしているので、採用プランに合わない人材は不採用になってしまいます。

 

ですので、「自分がアピールしたいこと」を考えて面接に臨むより、

この企業はどんな人材を求めているんだろう!?

と「企業側のニーズ」を予測して面接対策をする姿勢が大切です。

 

そのためには、

  • 企業情報をきちんと下調べする
  • 採用活動の背景を知ること
    (なぜ採用活動をしているか)

が欠かせません。

シュン
シュン
自分目線ではなく、企業の採用担当者は「どんな人材を欲しがっているのか」まで考えることが大切です。

仕事が決まらない転職の不安はひとりで抱え込まない

最後にお伝えしておきたいことは、転職の不安はひとりで抱えこむ必要はないということです。

 

転職先が見つからない不安や焦りをひとりで抱えてしまうと、転職活動はますます辛くなってしまいます。

  • 転職が決まらない
  • モチベーションが下がる
  • ますます面接がうまくいかない
  • 現職の仕事にも影響がでる

このように負の連鎖が起こる可能性も高くなります。

 

ですので、ひとりで悩まず、キャリアアドバイザー(コンサルタント)などの「転職の専門家」に相談しながら転職活動を進めることをおすすめします。

 

転職エージェント系のサービスを活用すれば、無料で担当のキャリアアドバイザーが仕事が決まらない理由を客観的に分析してくれます。

改善点を見つけやすくなり、転職活動がグンと楽になります。

 

また、転職を考えている方の大半は、リクナビNEXTなどの求人情報サイトで転職先を探しているかもしれませんが、それだけでは情報収集が不十分です。

キャリアアドバイザーやコンサルタントに相談できるエージェントも活用して、

  • 応募できる求人はどんなものがあるか
  • 年収や待遇はどの程度が期待できそうか
  • 将来的にどんなキャリアプランを描けそうか

以上3つは最低限チェックしておきましょう。

そうすれば、転職後の自分をイメージしやすくなり、転職に対する不安が軽減されます。

シュン
シュン
まずは転職エージェントを活用して、在職中に情報収集を徹底しておきましょう。

20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切

転職エージェントは、20代の転職に強いサービスを選ぶことが大切です。

20代の転職に特化しているエージェントのほうが、

  • 転職先を紹介してもらいやすい
  • 良い条件で転職しやすい
  • 第二新卒や経験不足でも内定が得やすい

などのメリットがあるからです。

 

大手マイナビ系列の「マイナビジョブ20’s」は、名前のとおり20代の転職に特化したエージェントサービスです。

20代の転職にマイナビジョブ20’s

24歳から29歳までの20代の転職を専門的にサポートしているので、

  • 社会人経験が少なくても応募できる求人が多い
  • 第二新卒でも相談しやすい
  • はじめての転職に最適

安心して利用できるエージェントサービスです。

サービスの対象地域は、

サポートエリアは、

  • 関東(東京・神奈川・埼玉・千葉)
  • 大阪
  • 京都
  • 愛知
  • 兵庫
  • 奈良
  • 滋賀

となっているので、このエリアで転職する20代の方は、マイナビジョブ20’sに相談してみましょう。

マイナビジョブ20’s
公式サイト≫

 

また、上記サポートエリア以外で転職する20代の方におすすめできるのは、大手リクルートキャリアが運営する「リクルートエージェント」です。

リクルートキャリア・リクルートエージェント
  • 転職成功者数は業界1位。最大手リクルートのサービスで安心
  • リクルートだけの非公開求人も多数(10万件以上)
  • 全国に拠点が多いので相談しやすい

業界最大手のリクルートが運営するエージェントだけあって、「登録しておかないと損!」と言える、高いサポート力が魅力です。

「転職成功者が多い=転職ノウハウが蓄積されているサービス」という証拠なので、まずはここに登録しておけば安心ですよ。

リクルートエージェント
公式サイト≫


20代で『就職先の仕事が決まらない』ときの対処法

就職先が決まらないと将来が不安になりますよね。経済的、年齢的に焦りを感じている方が多いのではないでしょうか?

 

中途採用は、「社会人経験がある転職者」もライバルです。

そのため、フリーターや既卒、派遣から正社員を目指す場合は不利になりやすいと言えます。

 

しかし、近年既卒者の内定率は45%前後で安定しています。

【既卒者の調査時点での内定率】

  • 2018年度 45.0%
  • 2017年度 44.0%
  • 2016年度 45.0%
  • 2015年度 43.2%
  • 2014年度 30.7%
  • 2013年度 29.0%

※マイナビ既卒者の就職活動に関する調査より抜粋して作成
(参照データ:マイナビニュースより一部抜粋

上記のマイナビが調査したデータを見ると分かるように、内定率は平成13年度と比較すると約15%も上昇しているんです。

 

ですので、社会人経験がないフリーターや既卒、ニートの方でも、20代であれば、

  • 人手が足りない業界
  • ポテンシャル(将来性)重視の企業

にきちんとアプローチすることで就職チャンスはあります。

諦めずに、応募する職種・業界の幅を広げてどんどんトライしていきましょう。

シュン
シュン
ここからは、仕事が決まらないときのチェックポイントをお伝えしていきます。

書類マナーが理由で書類落ちにつながっているかもしれない

フリーターや派遣から就職を目指す方のなかには、「応募書類に自信が持てない」と悩んでいる方もいるはずです。

  • 「空欄が目立つ」
  • 「アピール不足」
  • 「応募書類のマナーが悪い」

など、書類落ちを招く履歴書や職務経歴書を作成しがちです。

ですのでまずは、履歴書や職務経歴書の精度を高めることから始めましょう。

完璧な応募書類を目指す必要はありませんが、最低限クリアしたいのは次の3つです。

  • 誤字や脱字などがないようにする
  • 書類に空欄がないようにする
  • 自分のアピールポイントを明確に示す

 

とくに、見本例をコピペしたような志望動機や自己PRはNG。

できる限り、

  • 自分は何ができる人材か
  • なぜその会社を選んだか
  • 就職したらどんな活躍がしたいか

が伝わる書類を目指してください。

 

企業が社会人経験がない20代の応募者に期待しているのは「キレイな書類」ではありません。「やる気や熱意、人柄が伝わる書類」です。

シュン
シュン
きちんと面接に呼ばれるためにも、書類の精度を高めることが先決です。

就職先の職種や業種にこだわりすぎると仕事はなかなか決まらない

就職先の職種や業界にこだわりすぎていませんか?

  • 憧れの◯◯業界以外は考えられない
  • 自分に向いているのは「◯◯」だけ
  • 希望をすべて満たしている必要がある

このように過度なこだわりを持つと、視野が狭くなり、就職チャンスは激減してしまいます。

 

フリーターや既卒など未経験で就職する場合、最初から条件を厳しく設定すると仕事はなかなか見つかりません。

まずは、

  1. フリーター歓迎・未経験募集の求人を幅広く集める
  2. 仕事内容をきちんとリサーチして自分に合う求人を見極める
  3. なるべくたくさんの企業にアプローチしてみる

このようなステップで仕事を探すことをおすすめします。

 

もちろん、希望を明確にすることは大切ですが、仮にすぐ希望が叶わなくても、

  • 似通った職種や業界に就職する
  • 経験を積んで転職・キャリアアップ

という道もあります。

3〜5年後を見据えて、長期的な目線で就活を考えるのもひとつの方法です。

シュン
シュン
まずはできるだけ、いろいろな可能性を考えることが大切です。

「なんでもやります!」という姿勢で就活すると仕事は決まりにくい!?

フリーターや既卒、派遣など経歴に不安を感じている場合、

  • 「なんでもやります!」
  • 「勉強させてください!」

こんな姿勢で就活を進めている方は多いかもしれません。

 

もちろん、「やる気」や「熱意」、「がんばり」をアピールする必要はありますが、

  • 中身がない「なんでもやります」
  • メリットを感じさせない「勉強させてください」

こうしたアピールは、はっきり言って逆効果です。

 

採用担当者や面接官にしてみれば、「なんでもやります」という姿勢は、

面接官
なにができる人なのか分からない。。。
それに、就職できればなんでもいいってこと?

と感じますし、「勉強させてください」というアピールは、

面接官
勉強は学校でしてほしい。
会社に貢献する姿勢がないのかも。。。

このように自分勝手な理由に映ります。

また、正社員は「自ら動くこと」が必要なので、指示を与えないと動けない人材というイメージを与えかねません。

 

ですので、面接の自己アピールでは、「なんでもやります」「勉強させてください」ではなく、

  • 自分ができることをきちんと伝える
  • 勉強したら会社にどう貢献したいかを伝える

この2点を意識してみてください。

シュン
シュン
ポテンシャルをアピールするためにも、「入社したらどんな活躍がしたいか」を自己アピールに組み込みましょう。

就活が決まらない焦りはひとりで抱え込まない

最後のポイントは、仕事が見つからない就活の不安や焦りはひとりで抱えないということです。

お話したように、20代のうちであれば就職チャンスはたくさんあります。

しかし、フリーターや既卒など未経験からの就活は、簡単ではありません。良い求人やチャンスに巡り合う前に就活を諦めてしまったら、せっかくの努力も水の泡です。

 

ですので、就活の不安や焦りはひとりで抱えずに、就活サービスを活用して「キャリアアドバイザー」などに相談しながら進めることをおすすめします。

エージェントサービスを活用すれば、担当のキャリアアドバイザーが「仕事が見つからない理由」を客観的に分析してくれます。

改善点や対処法をアドバイスしてもらえるので、就活がグンと進みやすくなります。

 

また、就職を考えている方の大半は、リクナビNEXTなどの求人情報サイトで転職先を探しているかもしれませんが、それだけでは情報収集が不十分です。

キャリアアドバイザーやコンサルタントに相談できるエージェントも活用して、

  • どんな求人に応募できるか
  • 企業別の面接・書類対策
  • 応募する職場の雰囲気(ブラック対策)

などは最低限チェックしておきましょう。

そうすれば、就職後の自分をイメージしやすくなり不安や焦りが軽減されます。

シュン
シュン
まずはエージェントを活用して、不安なポイントをクリアにしておきましょう。

未経験の就職に強いサービスを選ぶ

就職エージェントは、フリーターや既卒など、「未経験」に強いサービスを選ぶことが大切です。

 

一般的に「エージェント」と言えば、リクルートエージェントやマイナビエージェントなどが有名ですが、そうしたサービスは主に転職者を対象としています。

サポートが受けられない可能性も高いので、未経験の就職に強いサービスを選んだほうが良いです。

 

未経験の就職に強いサービスでおすすめできるのは、レバレジーズ株式会社が運営するハタラクティブというエージェントです。

ハタラクティブの画像

フリーターや既卒、ニートなどの未経験に特化したサービスなので、経験やスキルに自信がなくてもきちんとサポートしてくれるのが特徴です。

また、気軽に相談しやすい雰囲気のエージェントなので、はじめて就活サポートを受ける方にはとくにおすすめできます。

サポートエリアは、

  • 東京
  • 神奈川
  • 埼玉
  • 千葉
  • 大阪
  • 愛知
  • 福岡

となっているので、対象の方は会員登録してどんどん活用しましょう。

⇒ハタラクティブの公式サイト

会員登録後は担当者から「0120-979-185」の番号で、今後のサポートについての電話連絡がきます。電話を受けられないと困るので、時間帯等は登録時の備考欄に記入しておくことをおすすめします。